映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】動く標的
2015年09月23日 (水) | 編集 |
harper-movie-poster-1966-1020195640

【作品情報】
動く標的(1966)アメリカ
原題:Harper
監督:ジャック・スマイト
脚本:ウィリアム・ゴールドマン
出演:ポール・ニューマン/ ローレン・バコール/ ジュリー・ハリス/ ジャネット・リー/ ロバート・ワグナー/ シェリー・ウィンタース/ パメラ・ティフィン / アーサー・ヒル

【あらすじ】
私立探偵ハーパー(ポール・ニューマン)は友人の弁護士アルバート(アーサー・ヒル)の紹介で、失踪した大富豪サンプソンの捜索を引き受ける。依頼者のサンプソン夫人(ローレン・バコール)は夫の浮気を疑うが、やがて欲につき動かされた人間たちの犯罪の構図が見えてくる・・

【感想】
ロス・マクドナルド原作の私立探偵ルー・アーチャーものミステリー小説をジャック・スマイトが映画化しました。
役名がルー・アーチャーではなくハーパーなのはニューマンがHから始まる名前にこだわりがあったからだそう。

この映画、なんたって印象的なのはジャジーでスタイリッシュな音楽と効果音の使い方ですね。
harper

朝、暗い部屋に目覚まし時計が鳴り響く瞬間からの冒頭のシークエンスがとにかくカッコいい。
時計を止めると小さな振動音が響き、ブラインドを開け、陽光が射し込んだ瞬間にジャン!と音楽が始まる。
身支度を整え、出がらしで淹れたコーヒーにウへ
ハエを「バン!」と叩くと廊下でおじさんがモップで床を「バン!」。
音の連動が見事でスタイリッシュな演出にハート鷲づかみにされます。
harper3

豪邸を訪ねると富豪夫人が失踪の夫の捜索を依頼するというのはハンプリー・ボガート主演の『三つ数えろ』(1946)を思い出します。『三つ数えろ』で富豪の娘だったローレン・バコールを本作では富豪夫人に起用してるのも偶然とは思えません。

原作は未読ですが、犯罪組織に迫るさまはハーパーの類稀なる勘のよさと偶然に頼る感もあり
ミステリーとして面白いかは疑問です。
でも向こう見ずでお茶目なニューマンの魅力炸裂で、なんかいいんですよねぇ。

好きなのはハーパーが別居中の妻の元を訪ねるシーン。
思えば冒頭、ハーパーが目覚ましの鳴る前から起きていたのは、妻のことを考えていたからでしょう。
妻と離婚の話し合いをすることになっていたその日に仕事を入れるのは、妻と別れたくない気持ちもあったから。でも彼は危険と背中合わせの仕事が妻に負担をかけていることも分かっている。
だから妻を自由にするのもハーパーの愛。
命を落とすかもしれない仕事に立ち向かいながら、妻を訪ねるのは
これが最後になるかもしれないという思いからでしょう。
ハーパーと仕事もまた切り離せないことを思い知らされ、
ちなみに妻スーザンはジャネット・リーだったのね。
妻がルンルンで作った目玉焼きの黄身を潰す動作に重なる効果音は『サイコ』ッぽくもありw

harper-leigh

犯人と疑いながらも、心の中ではそうであって欲しくないと願ってしまうハーパーは本当に命知らずで探偵としては失格かもしれない。
でもその人間性こそがハーパーの魅力で、それによって犯罪を防ぐこともあるのかなぁと
とにかくニューマンがカッコいい映画でした。

関連記事

コメント
この記事へのコメント
いやーーーん!!❤
大好きなんだよーー!!❤
そーです、何と言ってもこの作品は冒頭の5分ですよね。
起床して、出勤準備して、出掛けて、依頼者宅に到着するまでのハーパーの様子を素敵な音楽と共に味わう5分!
ここ何回繰り返して観たことか。
ストーリーは、偶然とか感とか巻き込まれとかで、あらら、あららら?な展開もあるんだけれど、なんせポール・ニューマンのカッコよさ、お茶目さが美味しすぎてたまんない映画ですね。
キャストも豪華だし、この時代の細身のスーツやクラシカルなワンピースとかファッション素敵。
目玉焼き焼いてるジャネット・リーのボーダーが可愛い。
うー、また観たくなったのでちょっと今から観るね(笑)
2015/09/22(火) 18:38:16 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
いーよねーー冒頭のあれ。
私も仕草やタイミング全て覚えてるほどそこだけ何回も観ても(笑)
そして、うんうんニューマンがいいわぁ。
ファッションもレトロだけどそれも新鮮。
ぎゃは、観ちゃって~。
2015/09/23(水) 06:55:51 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
冒頭のコーヒーを切らして屑籠にある出がらしでモーニングコーヒーを
飲むシーンはこのしがない私立探偵の置かれた境遇をワンカットで
表現した素晴らしいシーンです。
う~ん、パメラ・ティフィン エロい。
アメリカ国内では HARPER
海外では MOVING TARGET のタイトルで公開されたんだ。
だから邦題は国際タイトルの直訳。
2015/09/27(日) 07:50:57 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
コーヒーのシーン、いいよねぇ。
>しがない私立探偵の置かれた境遇をワンカットで
なるほど、さすが。そう説明しなくちゃね。
ダンスシーンやベッドで誘うシーンなど、パメラさんの若いお色気がよかったね。
そもそもはハーパーという名前でもなかったのにね。
ニューマン作品は役名をタイトルにしてるの多いですね。
2015/09/27(日) 09:18:04 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
ありゃ、、これはこれはルー・ハーパーじゃないですか?このシリーズは原作も全部読みましたし映画も、、同じ時代にシナトラがやはり私立探偵役でトニー・ローマってのを演じてたんですが圧倒的にポール・ニューマンの勝ちでした。今だに我が家のスパゲッティソースはポール・ニューマンだし、、(*´∀`*)。
2015/09/28(月) 17:55:56 | URL | guch63 #79D/WHSg[ 編集]
guchさん>
お越しいただきありがとうございます。
探偵ものやミステリーはお得意の分野ですね。
原作を全部読まれてるとは凄い!
色んな役者が同じキャラクターを演じるものが多いですが、原作のイメージあってるとかあってないというのもわかるでしょうね。
ニューマンのパスタソース私もたまに使います。
ワインとかBBQソースとか、ニューマン亡き後もラベルでお顔を見ることが出来ますね。
2015/09/28(月) 23:16:00 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
動く標的、、
あれっ、書こうと思ったら以前も同じ事を書いてましたね、、今夜のスパゲッティはポールニューマンでいこうかな??
2016/05/30(月) 00:13:10 | URL | guch #-[ 編集]
Re: 動く標的、、
ニューマンのパスタソース食べたことあります!
あとワインとドレッシング!(笑)
この映画はスタイリッシュな見せ方がお気に入りです。
2016/05/30(月) 16:40:09 | URL | pu-ko #SFo5/nok[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック