映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ハスラー
2015年09月26日 (土) | 編集 |
newman

9/26は2008年に83歳で亡くなったポール・ニューマン7回目の命日です。
今日、明日はニューマンの代表作でもある『ハスラー』『ハスラー2』を観て
ニューマンを偲びたいと思います。まずは61年の『ハスラー』から。

hustler poster

【作品情報】
ハスラー(1961)アメリカ
原題:The Hustler
監督:ロバート・ロッセン
脚本:ロバート・ロッセン /シドニー・キャロル
出演:ポール・ニューマン/ ジャッキー・グリーソン/ パイパー・ローリー/ ジョージ・C・スコット/ マーレイ・ハミルトン/ マイロン・マコーミック/ マイケル・コンスタンティン

【感想】
本作でニューマンが演じるのは名うてのハスラー、エディ・フェルソン。
ハスラーというのはビリヤードのプロの賭け師みたいなもので
コンベンションで地方を回り賞金を稼ぎ、時には素人相手に賭けをふっかける。
華やかなプロプレイヤーというより、むしろ裏世界に暗躍する勝負師といったところ。

hustler

自信家のエディが15年負け知らずの”ミネソタ・ファッツ”に挑む冒頭から
35時間にも及ぶゲームの世界が展開。
名前のとおり「デブ」なのにキレのある所作でゲームを進めるジャッキー・グリーソンがなかなかカッコいい。
さて、われ等がニューマンはというと、キューを構える姿は美しいし、ビリヤードを知らない私が見てもなんだか上手そうよ。でも調子こいて酒を煽り、気づけばスッカラカン。
腕はあるのに自分をコントロールできない駄目ハスラーぶりが情けないんだわ。

勿論最初から頂点に立ったのでは映画にならないわけで
それから再びファッツに対戦する日が来るわけですが・・・

こういう話で期待するのはエディの成長と再生 でしょ。
でも本作はスポ根的なさわやかなサクセスストーリーになってないところが味噌。
なぜなら映画は裏社会のどす黒さを描く諦念のドラマだから。

エディは自分のふがいなさから恋人サラ(パイパー・ローリー)を失い
サラのために再生をかけゲームに挑むことになります。
序盤と打って変わって真剣なエディのゲーム運びと会場の緊張を映すカットが秀逸。

The-Hustler-03

しかしゲームに勝ってもハスラーの世界では葬られることになるであろうエディの抵抗が虚しいんですよね。
計算しつくされた間の空気と、バート役のジョージ・C・スコットの憎らしさが最高。
『華やかな情事』で見たばかりなのに別人とも思える強欲さがゆるぎない悪役っぷり。
エディが立ち去った後、何事もなかったかのように動き出す人々の姿に
闇の世界にもルールが存在することを思い知らされます。

最後にファットと力を称えあうシーンに、そこには確かに男の世界があることが
せめてもの救いでした。

虚しいからこそクールとも言える、最高に面白い映画でしたね。
サラの物語も深いものがあって触れると長くなりそうなので、いつかまた。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
いやだもぉぉぉ❤pu-koさんてばニューマン攻めなんだから!w
そーです!これはこのビターなエンディングがいいんだよー。
鼻っ柱が強いのにどこか甘ったれな青臭いところがたまんないキャラ。
ポール・ニューマンだからよりハマる気がする。若い!美しい!チャーミング!
裏の世界の黒さに呆然としながらもキューを離せない……おおお……って初見時は全くわからなかった、わはは!
ううーこれはオスカークラスな演技だと思うんだけどな。
長くなるけど言わせてー。当時……とゆーか、作品てんこ盛りの頃のポール・ニューマンてアイドル扱いだったんすかね?彼の演技にたいする評価がもっと早く行われなかったのか凄く不思議で……。
次はトムちん共演の2かー。
おお、いきなりpu-koみーすけ秋のニューマン祭りか?(笑)
2015/09/26(土) 05:45:15 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
へへ、やっぱりここはニューマンで。
エンディングのビターな虚しさが最高だったね~。
闇の掟のもと、エディに同情はしても助けることは出来ないファッツの心情もよく分かる。
ニューマンのエディははまり役でしたね。ほんと綺麗でヒモでもチャーミングw
そうだね~60年代は魅力爆発なのに、イケメン俳優を評価しないというアカデミーの風潮はこの頃からあったんかなぁ。
『2』は時の流れを感じるのが寂しいところだけどしかと受け止めます。
はい、味覚の秋、ニューマンを食い尽くしましょ(笑)
といいながら来月はホラー祭りだよw
2015/09/26(土) 10:25:36 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
これは渋くて面白かった~
2での貫禄で主演男優賞ゲットだったけど、やっぱりこっちだよね(笑)
やっぱりイケメン評価しない風潮あったんかもねぃ。
主役本人ももちろんいいんだけど、相手役や悪役がウマいと一層栄えますな~
また観たくなりました!
2015/09/27(日) 02:59:23 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
これは内容をあまりおぼえていませんが、ずいぶん前に2度は観ているはずです。
でもそのたびに忘れてしまうということは、ポール・ニューマンの生き方になじめなかったのかもしれません。
でも、学生の頃、友人とビリヤード場にはしばらく通ってやっていました。その頃は街にビリヤード場が結構ありましたので。
2015/09/27(日) 05:48:05 | URL | yymoon #79D/WHSg[ 編集]
何かとニューマンと比較されるマックィーンにも勝負映画は
『シンシナティ・キッド』(1965)があったけど、
こっちの『ハスラー』の方がドラマとしても見応えあったわ。
パイパー・ローリーやジョージ・C・スコットもよかったし。
ニューマン自身が出ないからって黙殺されている監督処女作
『レーチェル、レーチェル』(1968)にもライトを当ててやって
ほしいな。
2015/09/27(日) 07:44:53 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
映画としては私もこっちが好きだったな。
やっぱりニューマンが綺麗だしw
うん、ニューマン賞を取るまで時間かかりすぎたことを思うと、そういう風潮を疑うよね。
ただこの映画も脇役の存在感が際立ってたし、ベテラン勢が上手すぎた時代かもね。
2015/09/27(日) 08:34:11 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
yymoonさん>
確かにこのエディは酒飲みの自信家でヒモでもあるし、決して褒められない男ですよね。エディの生き方には共感しがたいものがあります。
ビリヤードされるんですね。カッコいい~。
この映画も日本でビリヤードが流行るきっかけになったのかな。
2015/09/27(日) 09:07:10 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
『シンシナティ・キッド』は未見。。というかマックィーンもあまり観てないんですよねぇ。
いつかマックィーン作品にも挑戦しなくては。
パイパーさんは『キャリー』のお母さんでしたよね。
ジョージ・C・スコットは憎たらしかったけど最高でしたね。やっぱり上手い。
今回はこれにしようか、『レーチェル、レーチェル』しようかと迷ったんですよね。
監督作品もそのうちに。
2015/09/27(日) 09:12:34 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
ほんっとポール・にューマンはハンサム代表だわ💕
2015/09/27(日) 22:48:30 | URL | 翔 #79D/WHSg[ 編集]
翔さん>
ハンサムだよね~。でもってこの頃は特に綺麗。
2015/09/28(月) 08:45:15 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック