映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】トリプルクロス
2015年11月08日 (日) | 編集 |


シニア選手権ですが、さらに枠を広げ全世界版にします(笑)
ヨーロッパ以外のおじさま俳優に好きな人が多いと気づいたんだな(笑)
あれこれすみません。

今日はカナダ出身のクリストファー・プラマーいきます。
85歳にして現役 今もイケメン!

christopher-plummer


triple-crossposter

作品情報】
トリプルクロス(1966)イギリス/フランス
原題:Triple Cross
監督:テレンス・ヤング
脚本:レネ・ハーディ
出演:クリストファー・プラマー /ユル・ブリンナー / ロミー・シュナイダー / トレヴァー・ハワード/ クローディーヌ・オージェ / ゲルト・フレーベ

【ストーリー】
強盗犯のエディ・チャップマンはドイツのために働くことを条件に釈放される。彼はスパイの訓練を受けて、イギリスの高官と接触するが……。

【感想】

『007/ドクター・ノオ』等、初期の007シリーズ3本を手がけたテレンス・ヤングが描くスパイ映画です。

クリストファー・プラマーが演じるのは第二次世界大戦中
ドイツとイギリスの二重スパイとなった実在の人物エディ・チャップマン。

強盗犯のチャップマンが捕まったのは、おりしも第二次世界大戦勃発の頃。
収監中のジャージー島の監獄がドイツの管理下におかれ、エディはイギリス人である自分が、
ドイツの役に立つ仕事が出来るとアピール。
ドイツ側もチャップマンの爆弾を用いた犯罪歴に興味を示し、
処刑したにみせかけ彼をスパイ要員に起用するですね。
やがてスパイとして任務を遂行するチャップマンですが、ちゃっかりドイツ側に報酬を請求。

しかも、潜入先のイギリスでもMI5にドイツの情報を提供することを自ら申し出、
スパイとして活躍することになるんですが、そこでも報酬を求めるという二重取り(笑)

言ってみればこうもりみたいな男だけど、
若きプラマーが演じるとこれが憎めない(笑)
モラルなんか糞くらえの奔放さは、夢のない時代ゆえかな。

しかも、プラマーさん驚くほど男前なんだわ。

smoke4

スーツ姿は勿論、イギリスとドイツの両方のユニフォームも似合ってます。
triple

痛快なアクションがあるわけでもなく、
007風を期待するとちょっと違うということになるけど
ドイツ、イギリスどちらの味方なのかと双方に疑われる展開は面白かった。

監督のテレンス・ヤングとはフラットメイトだったらしいし
ヤング自身がMI5のメンバーだったらしいと聞くと一層興味深いですよね。

ただ実話ベースゆえの制約もあってか、エンタメ性に走りきれないのが難
スパイグッズや諜報のスリルを駆使すればもう少し面白くなったのではと思うところ

triple-cross

最後までチャップマンを信じたユル・ブリンナーの悲哀や
ナチスドイツ崩壊の過程がぼんやりw伝わるところはよかったな。





ブログパーツ
関連記事

コメント
この記事へのコメント
は~素敵❤
わたしもプラマーさん好き!
てか、やっぱり中年以降の彼ばっか観てるというか・・・。
この頃のプラマーさんとファスを並べた画像が検索で引っ掛かったことがあって、プラマーさん好きな友人にごり押しで見せた(笑)
因みに彼女は「トラップ大佐」の若いプラマーさんしか嫌だそうで。
ファスと雰囲気似てるんだよなー。顔が長くて素敵←やっぱそこ!
ヤング監督と同居してたんのか、ふえ~。
あ、映画に触れてねーな、未見だスマセン💧
2015/11/08(日) 05:08:27 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
そうそう、画像検索するとファス画像がいっぱいついてくるの。
似てるってことだったのね。
これは「トラップ大佐」の頃とほぼ同じ頃の若く美しいプラマーさん。かっこいいよね。
あ、ヤング監督と同居はエディ・チャップマンさんのほうね。
ジグザグというコードネームでスパイ活動をしてたらしいこの人物の伝記小説や他の映画も出てるようです。
本作は日本ではDVDになってないみたいで、観てない人多いかも~。
2015/11/08(日) 09:27:52 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
おもしろそうですが、未見。残念~。
クリストファー・プラマーって、やっぱり「サウンド・オブ~」
で語られる事が多いと思うんですけど、あの役は大事だけれど、
そんなインパクトある役でもないんですね。
歌もそんな歌わないし。
声いいから、近年はぜんぜんやらない歌う役もやってほしいですけどね。
そう思うと年取ってからの方がインパクトあるかも、ですね。
ハンサムすぎて若い頃は役がないタイプかな。むしろ性格俳優ですよね。
もう20年早く生まれていれば、ものすごい人気だったと思うw
でも、トラップ大佐はハンサムなのは大きなファクターかも。
主役のマリアが大佐を好きになる明確なエピソードはないですしね。
ロミー・シュナイダー  トレヴァー・ハワード クローディーヌ・オージェ
いいキャストですね、みたいなぁ。
そう云えば、「トリプルクロス」だから
3重スパイですよね?
これネタバレ?
2015/11/09(月) 07:12:40 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
miskatonicさん>
えっとですね、映画として面白いかというとちょっと微妙なところがあります。
というのも私が観た米国版の他に20分ほど長い完全版があるらしく、米国版ではいきなりはしょってくるので、どうしてそうなったの?ってところが多いんですよ。
例えば最後、ナチス崩壊と同時にチャップマンは国外脱出するんだけど、どうゆう段取りでそうなったとか一切説明ないし。
でも実話というところが面白いですね。
あ、そうそうトリプルクロス!
実はフランスともスパイ契約を交わして3重スパイだったらしいんですが、カットされたのか私が見逃したのか、、映画の中でそういうシーンを思い出せないんです(汗)
にしてもすごい人ですよね。単にモラルがなかったと本人は言ってるようですけどw
プラマーさんは確かにハンサムすぎてこの頃はキャスティングしにくい役者だったかもですねぇ。
華やかな時代は終わり、ニューシネマに差し掛かる時期にあっては特に。
薄汚れた田舎町にこんな人いない・・みたいな(笑)
お歳を召して魅力を発揮されていて何よりです。お歌聴きたいですね。
あ、私はいまだにサウンドオブミュージックを観てなくて(汗)
美しいプラマーさん目当てに観る楽しみが出来ました(笑)
2015/11/09(月) 14:23:00 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
この『トリプルクロス』はかなり前にTVでちょっと観ましたが、
日本では変なスポーツ動画専門の会社からヴィデオで出ましたが、
世間はほぼ黙殺。国内ではDVDは出てません。
HDマスターがあれば知人はブルーレイを作る予定らしいけど
それもいつになるか。
2015/11/10(火) 07:57:35 | URL | GH字幕 #79D/WHSg[ 編集]
字幕さん>
ソフトになってないんですねぇ。
すごく面白いというものでもないので、仕方ないかもですが、このキャストだし、特にロミーファンは入手したいんじゃないでしょうか。
TCMもHDチャンネル準備中とのうわさもあり、そうなると古い映画を高画質で観れるんですがそれもいつのことか分かりません。
2015/11/10(火) 09:06:23 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
これは↑の大阪のおじさんがVHS探していて
その折に観たのだった。
でもエディ・チャップマンの伝記小説ベン・マッキンタイア『ナチが愛した二重スパイ』は
こちらでも面白いと評判になったから需要がないこともないと思うんだけど。
ちなみにそれはトム・ハンクスで映画化企画があったけど頓挫しました。
2015/11/12(木) 01:07:54 | URL | HK #79D/WHSg[ 編集]
HKさん>
多分それ読むと映画の端折った部分が埋まりそう。
題材として面白いですよね。
見直されて映画もソフト化されればいいと思うんだけど
するなら米国版じゃない方がいいだろうな。
他にジグザグの自伝映画があると読んだ気がしたけど、トム・ハンクスで映画化予定という段階だったのかな。実現しなかったのは残念。
2015/11/12(木) 10:48:51 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック