映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】フール・フォア・ラブ
2015年11月13日 (金) | 編集 |

fool-for-love-poster


【作品情報】
フール・フォア・ラブ(1985)アメリカ
原題:Fool for Love
監督:ロバート・アルトマン
原作/脚本:サム・シェパード
出演:サム・シェパード /キム・ベイシンガー /ハリー・ディーン・スタントン /ランディ・クエイド/ マーサ・クロフォード

【ストーリー】
ニューメキシコ州モハベ砂漠に立つモーテルでひっそりと暮らす女メイ。そんな彼女のもとに、カウボーイ姿の男エディが現れる。愛憎をぶつけ合うエディとメイだったが・・

【感想】

老人の歩みでヨタヨタと進んでおりますシニア選手権(笑)
今日は『天国の日々』で気になって『ライトスタッフ』で惚れたサム・シェパードです。
Sam-Shepard-QA-010

役者としても渋いところを見せてくれるシェパードさんですがもともと劇作家で
ベンダース作品などで脚本を手がけていることでも知られてますね。

本作も元はサム・シェパードが書いた舞台劇。
映画化に際し、シェパードは監督にロバート・アルトマンを指名し
アルトマンがシェパードを主演に起用したという一本です。


舞台となるのは、砂漠に建つ場末のモーテル

foolf1

そこにカントリーミュージックを鳴らしながらトラックがやってくると
キム・ベイシンガー演じるメイは必死に身を隠すのです。

一度は去ったトラックが再び舞い戻り、降り立った男エディを演じるのがシェパードさん
エディは窓からメイの部屋を覗き、やがてドアを破って力ずくで押し入る。

fool-for-love


頭を抱え、エディを拒絶したかと思うと、
次にはセーターを脱ぎ、指で唇を弄んで誘うようなしぐさをするメイ
しばし抱き合い唇を重ねる二人ですが、次の瞬間にはメイの膝蹴りがエディの股間を襲うというねw

foolflovrev

欲し合いながら拒絶しあう男女のやりとりを
古びたトレーラー・ハウスに暮らすハリー・ディーン・スタントンが眺めているという
不思議な光景が続くのですよ。

やがて、マーティン(ランディ・クエイド)という来客を迎えると話は一気に動き始め
エディとメイをこんな風にしてしまったのは、実はスタントンであると知ることになるんですね。


昨日、ゴミ屋敷といわれる家に住む人が市によって強制的にゴミを撤去されたというニュースを見て
外から集めて来てまで溜め込むのはどういうことなんだろうと不思議だったのだけど
もしかしたらこの映画のスタントンに通じるものがあるのかなと、ふと思う。

スタントンはスクラップに囲まれたクズのようなトレーラーハウスをねぐらとしていて
そのスクラップの中には、エディが事故ったバイクまであった
彼は自分に繋がるものを近くに置くことで、心を慰めていたのかなと
そんなことを思ったのですよ。

優柔不断という優しさから世捨て人になるしかなかったスタントンは
同じくシェパードが脚本を手がけた『パリ・テキサス』のトラヴィスに見えてくる。
世捨て人を演じさせたらスタントンの右に出るものはいないよねぇ。

fool2

モーテルの住人の一組の母子は、かつてのメイと母親を投影しているのでしょう。
待ち人とともに車に乗ってモーテルを出た母子だけど
母子を車に乗せて立ち去る男とスタントンの目が合う瞬間
男は第二のスタントンであって、母子が舞い戻る確率は高いのではないかと思った。

終盤、求めても届かない愛と憎しみがぶつかり合うさまは、まさに舞台劇の迫力。
酒でごまかし口笛を吹き、飄々とすることで自分を保っていたスタントンだけど
繋がるものを無くした彼の、あれしかないというラストが切ない。

場末のモーテルの電飾、メイのドレス
乾いた映像の中の赤が印象的。
好きな映画です。

関連記事

コメント
この記事へのコメント
未見だわ。
レビュー追ってたら、シーンがアタマに浮かぶ。
凄ぇーわたし映画撮れんじゃん、って思ったら観てたよ(笑)
ずいぶん前だから詳細落ち過ぎだけど。
そーか、舞台が元々の下地にあるのか。
なんか不思議な演出に取り残されちゃって入り込めなかったような記憶が。
アルトマンさんだったというのも今回知りました。アルトマンは作品によって全然ダメな時あるんだなー。
しかし情けなくも悲しいハリーさんは凄く印象に残っておるよ。
みんな必死で痛々しいのになんかギャグっぽくて不思議な映画だったな。
2015/11/14(土) 02:25:00 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
ははは、観てましたね。
そう、ちょっとギャグっぽいと言うか、エキセントリックな演出がされてるのは舞台劇が元ってことなんでしょうね。
日本でも舞台になってるみたい。
私もアルトマンは苦手な監督に分類してた。同じだねぇ。
でも好きな作品もあるので、これからは苦手意識持たずに観ていこうと思うわ。
貧乏神に憑り付かれたような(失礼w)スタントンはこういうの嵌りすぎるほど嵌りますな。
2015/11/14(土) 09:32:39 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
この映画はだいぶ前に観ていますね。内容はよく憶えていませんが、自分にはちょっと合わなかったような記憶がありますが、もう一度観てみたいです。
サム・シェパードは「天国の日々」で陰のある農園主の役でに注目した好きな俳優です。
「ライトスタッフ」はとても良かったですが、その後の「カントリー」(ジェシカ・ラングと共演)はLDを買いましたが、イマイチでした。
彼の陰影は生い立ちに訳があったような記憶があります。自叙伝のような分厚い本が当時出版されていて読もうかどうか迷いましたが暗そうだったのでやめた憶えがあります。
2015/11/15(日) 10:00:22 | URL | yymoon #79D/WHSg[ 編集]
yymoonさん>
エキセントリックな演出は好みは分かれそうですね。
好きと言いながらシェパードさんのこと何も知りませんが、生い立ちが複雑なんですか。
『天国の日々』から気になったの同じですね。
ジェシカ・ラングとは長くパートナーだったようですね。
今回これを観るか、やはりジェシカさんと共演の『女優フランシス』を見るか迷ったんですが、『カントリー』は知りませんでした。
2015/11/15(日) 21:48:42 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。