映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ノスフェラトゥ
2015年10月16日 (金) | 編集 |

裏ブログでタイムリミット付きの特集始めると、こっちがおろそかになる(汗)
更新できないのも寂しいので、
死にブログと化してるヤフーの旧ブログから
レトロ系で残したいものを、見直したり加筆をしてこっちに移そうと思います。

ハロウィン特集ということで、今日はヘルツォーク版『ノスフェラトゥ』を。
dracula

【作品情報】
ノスフェラトゥ(1978)西ドイツ/フランス
原題:Nosferatu-Phantom der Nacht
監督:ヴェルナー・ヘルツォーク
脚本:ヴェルナー・ヘルツォーク
出演:イザベル・アジャーニ/クラウス・キンスキー/ブルーノ・ガンツ/ローランド・トパー

【あらすじ】
中世ドイツのブレーメンに住む不動産業者ジョナサン(ブルーノ・ガンツ)は

ジョナサンはトランシルヴァニアの伯爵からら新しい邸を買いたいとの依頼を請け、
勘の強い妻ルーシー(イザベル・アジャーニ)がとめるのをきかず、長い旅に出る。
ようやくたどり着いた屋敷でジョナサンを迎え入れたのは、
世にも恐ろしい風貌のドラキュラ伯爵(クラウス・キンスキー)だった。
nos-02

【感想】
F・W・ムルナウの『吸血鬼ノスフェラトゥ』(22)のリメイクです。
内容はオリジナルとほぼ同じ。

ルーシーの写真を見たドラキュラは、その美しい首筋に一目ぼれw
ジョナサンを残し、船でブルーメンへと向かい、
そのときにペスト菌も運んでしまうわけです。

ブレーメンの街にネズミが溢れ、やがて棺おけの行列が出来る
これを上空から捕らえる映像に漂う終末観といったら。
ドラキュラのビジュアルの異様さもただ事じゃない。
怪優と言われたキンスキーが、本物だろと言われたムルナウ版のシュレックにも負けないほど
おぞましい風貌でドラキュラに扮していて、不気味なことこの上ない。
指の動きはこうもりの動きを模したようにも見えます。
Nosferatu-Phantom der Nacht

でもなんだろ
アジャーニの寝込みを襲うシーンのエロはw
なぜかアジャーニの寝巻きの裾をめくり
長い爪に裾がちょこっと引っかかった状態で、アジャーニの首に食らいつく姿には
そこはかとなく可笑しみもあったりして(笑)

おかしなせむし男にも、ガンツさんの最後の顔にも笑ってしまったのだけど
どっしりとした風格とコミカルさとの入り混じる、
不思議テイストのホラーに仕上がってました。
 
静かに流れる荘厳なミサのような音楽を聴き続けると
黄泉の世界に引きずり込まれそうで危険かも(笑)

低く垂れ込める雲、青っぽい霧、壁に映る陰影なども詩的な効果を高めるのに
一役買ってました。
ドラキュラが美しくなくても耽美な芸術作品になるのだなと思った次第。
関連記事

コメント
この記事へのコメント
懐かしい・・・。
昔、夜中のテレビ(たぶん)で見た時にアジャーニさんの美しさにガッツンされまして、しばらくアジャーニ中毒になってたのを思い出しました。
原作まで買ったんだよなー、変な女子校生だったわ。
そーそー、妙にエロいんだよ吸血シーンが。キンスキーさん思いっきり楽しんじゃってますねって感じで、しかも無駄に吸血が長かったと記憶。
若いガンツさんの青々とした髭あとが東京某所にお住いのさる高貴な宮様のようでやだわーとか誰かに言ったことのある戦時中なら不敬罪で逮捕な腐女子ですw
全編赤みの無い映像が幻想的ですっごく不思議なテイストの映画だったよね。
これ見れば見るほど、デフォー版の成り切り度が凄かったんだなーと別方向からの感動。ウィレム・デフォー万歳(笑)
2015/10/15(木) 20:22:57 | URL | みーすけ #79D/WHSg[ 編集]
ヴェルナー・ヘルツォーク ってちょっと不思議な作風ですよね。
格調高いって云うのともちょっと違うような。
いやいや、充分芸術的なんですけどねw
ブルーノ・ガンツなのか~。再見してみたいですね。
アジャーニ様もきれいな頃ですねw
2015/10/16(金) 04:46:03 | URL | miskatonic #79D/WHSg[ 編集]
みーすけさん>
アジャーニの美しさに触れるの忘れた。
ほんときれい、でもっておののく姿が怖かった(笑)
吸血シーンはエロくて長くてしまいには笑いが出るよねw
それにしてもキンスキーさん凄い風貌で。
青々とした・・www
あかん、戦時中でなくてよかった(笑)
デフォーさんのノスフェラトゥもよかったね。
そんだけ役者人のほんもの感が凄かったってことだな。
あ、昨日つよしくんのショートのも観ました(笑)
2015/10/16(金) 09:29:13 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
miskatonicさん>
そう、不思議な作品。
カラーで音も出るけどオリジナルのサイレントな雰囲気をかもし出しますよね。
絵でみせる力が半端ない。音楽の選択も独特でした。
2015/10/16(金) 09:31:58 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
おっとと、これは観れてない~
オリジナルは観てるんだけど、リメイク何作かあるよね?(^^;
不思議テイストですか~。放送あったらチェックしまっす!
2015/10/17(土) 23:41:14 | URL | じゅり #79D/WHSg[ 編集]
こんばんは!
イザベル・アジャーニは、私のとって今も昔も唯一無二なシネマ女神なんです!美しくて演技が巧い女優はいっぱいいるけど、イザベル・アジャーニはそういうのを超越してる究極女優って感じがするんです。
ノスフェラトゥは、彼女が最も美しい作品のひとつじゃないでしょうか。あの日本の歌舞伎っぽい白塗りメイクが強烈でした。そして、あの美しすぎる首筋!ノスフェラトゥじゃなくても噛みつきたくなる妖しさでした。また観たくなってきました!
2015/10/18(日) 07:12:44 | URL | 松たけ子 #79D/WHSg[ 編集]
じゅりさん>
そうそう、リメイクの中でもこれは一番サイレントの原作に忠実な感じで、
デフォーさんのはオリジナルの役者が本物のヴァンパイアじゃないのかっていう、変わったアプローチでしたね。
でもほんとそういいたくなるほど、それぞれの俳優嵌ってるもんね。
アジャーにも美しいです。テレビ出てきたらぜひ。
2015/10/18(日) 20:20:58 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
松さん>
おおーー、アジャーニ唯一無二でしたか。
本当にこの頃は神がかりに美しい。
白塗りでしたね~。呪怨の元祖かしらと思うくらいw
そうそう、噛まれる時に首のラインの美しさも極だって
エロをかもし出すんですよね。ゆっくりなのが余計に官能的でした。
ぜひまた観てね~。
2015/10/18(日) 20:26:21 | URL | alice #79D/WHSg[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック