映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ジーサンズ はじめての強盗
2017年04月29日 (土) | 編集 |
goinginstyleposter.jpg
ジーサンズ はじめての強盗
(2017)アメリカ
原題:Going in Style
監督:ザック・ブラフ
脚本:セオドア・メルフィ
出演:マイケル・ケイン/モーガン・フリーマン/アラン・アーキン/アン・マーグレット/マット・ディロン/クリストファー・ロイド

【あらすじ】
鮮やかな銀行強盗の現場を目撃したジョーは、長年勤めた会社の年金がもらえない事態になったことから、自分たちの金を取り戻そうと、仲間に銀行強盗を持ち掛ける・・


【感想】
こちらではご無沙汰してます。引っ越しの予定が少し延びてちょっと中休み。
ということで、モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキンの共演が話題のクライム・コメディ『ジーサンズ はじめての強盗』を観てきました。邦題凄いねw

これマーティン・ブレストが監督した『お達者コメディ/シルバー・ギャング』(1979)のリメイクなんですね。
オリジナルはお年寄りの哀愁がにじみ出て好きな作品でした。

本作でも、冒頭からマイケル・ケインに年寄りネタやらせて笑わせてくれたり、健康問題やらも仕込んではいるものの
なんだろ、哀愁少なめなのは3人にあまり爺さん臭さがないからだろうか。
アラン・アーキン演じるアル爺さんなんか、まだあちらも現役ですからね。
going-in-style.jpg
今回、老後の暮らしが保障されないという社会問題を含有しているのは時代の変遷というべきか。
実際日本でも年金支給年齢は上がる一方で、老後には一抹の不安があるよね。
年寄りが働こうと思っても、機械化や安い賃金で働く外国人の労働力により、チャンスは減る一方。
穏やかで何もない日常から逃れるための強盗だったオリジナルに比べると設定は随分と世知辛くなりました。
年寄りが犯罪を犯してでも自分で何とかするしかないことが現実的なのが怖い話でもありますね。
GIS-MDillon-1024x682.jpg
正直友情とか家族の問題とかは表面的で、もっと深められただろうにと思わないでもないですが
この3人がコメディで共演して銀行強盗までやらかしてくれるんだから、そりゃ貴重ですよ。
実際3人の醸し出すケミストリーでそこそこ楽しめるし、お久しぶり!のマット・ディロンが刑事役で出てたり、アン・マーグリットとアラン・アーキンのデュエットまで聴けて、クリストファー・ロイドのお姿まで拝めたのだからありがたや。
観て損はない一本かと。
日本公開は6月24日です。

お気に入り度3.8


ブログパーツ

【映画】『ライフ』そいつを地球に持ち帰ってはヤバい
2017年04月02日 (日) | 編集 |
life
ライフ
(2017)アメリカ
原題:Life
監督:ダニエル・エスピノーサ
脚本:レット・リース/ポール・ワーニック
出演:ジェイク・ギレンホール/レベッカ・ファーガソン/ライアン・レイノルズ/真田広之/アリヨン・バカレ/オルガ・ディホヴィチナヤ
【あらすじ】
国際宇宙ステーション(ISS)のクルーは火星探査機の回収に成功した。探査機が持ち帰ったサンプルを分析した結果、地球外生命体の存在を示すものであることが判明。喜びに沸くクルーだったが


【感想】
『デンジャラス・ラン』『チャイルド44 森に消えた子供たち』のダニエル・エスピノーサ監督の新作は、宇宙空間で繰り広げられる未知の生命体とのバトルを描くSFスリラーです。

『チャイルド44~』のと聞いたところでちょっと嫌な感じがしてましたが、冒頭からの独白による説明が退屈で、眠りこけそうになりました。でも謎の生命体と対峙するところから一気にスリラーが加速!
むっちゃ怖かったがな。
life.jpg
生命体と思われるサンプルを調べていたら、そいつが意外な凶暴性を示したことから
「やっちまいな!」になり、「生命体」VSクルーのバトルが幕を開けます。
宇宙空間で繰り広げられるサバイバル劇は確かにエイリアン的。

しかし、本作の「そいつ」はエイリアンよりももっと頭がよさそうで
ヒトデ型の小さな生命体相手に苦戦を強いられるこになるんですね。

タイトルの『Life』はおそらく「生命体」とクルーの命や、生きる力を表現しているんでしょうけど
知力の上回るものが生き延びる これ世の常あるね。

Life_2017-8.jpg
ジェイク・ギレンホールライアン・レイノルズ他、われらが真田さん等、インターナショナルなキャストが豪華。
スケジュールの都合で主演をジェイクに渡したライアンは、「なるほど時間がなかった」な出演ながら
結構なグロに貢献しております。

スリラーの種類としては「追いかけっこ」がワンパターンなのは少し残念。
「生命体」をやっつけるという決断も意外とすんなりなされているけど、そこもう少しためてクルー感の確執を描いてもよかったかも。
それでも「ヤツ」の能力が未知で、そんなことまでできるのかという恐怖と『遊星からの物体X』的な疑心暗鬼をスリリングに描いていて面白い。最後まで生き延びるのは誰かを予測する楽しみもありますね。

脚本のレット・リースとポール・ワーニックは『デッドプール』のコンビとあって
最後のオチにさり気にコメディを配したのは納得。

冒頭の宇宙ゴミも後半への伏線だったんだなと。


お気に入り度4.0


ブログパーツ