映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】クリーピー 偽りの隣人
2017年03月15日 (水) | 編集 |
クリーピーポスター

 クリーピー 偽りの隣人(2016 日本

監督:黒沢清
脚本:黒沢清/池田千尋
出演:
西島秀俊/香川照之/竹内結子/東出昌大/藤野涼子/川口春奈

【あらすじ】
大学で犯罪心理学を教える元刑事の高倉は郊外の一軒家に引っ越した。ある日、刑事の野上から6年前に起きた未解決の一家失踪事件の分析を依頼され、事件の鍵を握る一家の長女・早紀から話を聞くも事件の核心になかなか迫れない。そんな折、高倉と妻の康子は、隣人・西野の不可解な言動に振り回され始め…。


【感想】
久々の邦画です。
キャッチコピーの
あの人、
お父さんじゃありません。
全然知らない人です。
が結構衝撃的な一本。

新居に引っ越して、心新たに新生活をスタートさせようと思っても
隣人が変な奴だと憂鬱になるよね。
本作の隣人、香川照之扮する西野も、登場シーンから何か変で
高倉夫妻は違和感を感じまくりです。

そんな矢先、刑事時代の後輩が高野の犯罪心理分析能力を頼って
6年前に起きた未解決事件の協力を依頼してくる。
一家失踪と思われた事件は、やがて殺人事件へと発展

さて犯人は?となるわけですが、この映画いわゆる犯人探しのミステリーとはちと趣が違う。
というのも、犯人一択! ほかに怪しい奴など出てきませんから。

クリーピー
やー、気持ち悪かったね香川さん。
『レインマン』のホフマン歩きで、陰湿かと思えば妙に愛想が良かったり
人の心はどこに忘れてしまったのかと聞きたくなるような西野はとんでもサイコ野郎

これ観て思いだしたのが『ボーグマン』です。
いつのまにかやってきて、問題がある一家に入り込んでは人を殺す、
あるいは若い子は仲間にして、新しい住処を見つけるボーグマン。
冒頭、神父らに追われる様子から、彼らは「悪魔」なのかと想像するものの、正体は結局不明。
そんなボーグマンの雰囲気がこの映画にはあると思ったな。

クリーピー2


まずは問題のある家庭を選ぶ西野の嗅覚がボーグマン。
美男美女で素敵な夫婦に見える高倉夫妻だけど、妻の異常にも気づかない仕事バカ(しかも犯罪者の心理を追求するのはもはや趣味!)の夫との生活は壊れかけていたのかもしれない。

西野家の周囲で明らかに妙な「風」が吹くのは、よからぬことの前兆にも見えるけれど
近所のおばさんに「西野は鬼」と言わせているのも確信犯的で、私には西野は人間でないという演出にも感じられました。

終盤もはやファンタジーなのもボーグマン。
夏でもないのに扇風機に当たるという演出はよかったけど、薬剤の効用はリアリティ欠いたし
ま、そういう細かいことは追求しちゃいけないんだなと、振り上げそうになった拳を納めたよ。

何はともあれ、布団圧縮袋がボーグマンらによって爆買いされないことを祈ります。


お気に入り度4.0




[READ MORE...]