映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ライオン ~25年目のただいま~
2017年02月15日 (水) | 編集 |
Lion poster  
ライオン ~25年目のただいま~(2015) オーストラリア
原題:Lion
原作:サル―・ブライアリー
監督:ガース・デイヴィス
脚本:ルーク・デイヴィス

出演:
デヴ・パテル/ルーニー・マーラ/デヴィッド・ウェンハム/ニコール・キッドマン/サニー・パワーll

【あらすじ】
5歳の時にインドの駅で迷子になったサル―は、その後オーストラリア人夫婦に引き取られる。しかし彼の心には常に母や兄への思いがあった。

【感想】
 サル―・ブライアリーが自身の数奇な人生を綴った自伝小説『25年目の「ただいま」』を、本作が映画初監督作品というガース・デイヴィスが映画化した感動のドラマです。

初監督作品で作品賞にノミネートされるとは凄いなと思ったら、もともとかんとくはCM筋の作家として高い評価を受けてきた人らしい。
インドで迷子になった5歳の少年がオーストラリアで暮らすことになり、25年目にグーグルの力で故郷に戻ることができた
ストーリー自体が映画みたいなものだから、どう転んでも面白くはなりそうだけど、美術、音楽、映像すべてが美しく一本の映画としてのクオリティーが高い。少年時代のサルー少年がむちゃくちゃ可愛らしくて、少年の冒険を描く前半にも大いに引き付けられました。
lion_anatomy_-_5_-_embed_-_2016.jpg
どこのあらすじにも書いてるので書きますが・・サルーの故郷探しにはグーグルアースが大きな役割を果たしたんですね。
私も初めての場所に行くときなど、前もってグーグルでチェックするようにしています。
先日も、交差点がロータリーになってるのが分かったので、その場で戸惑わずに済みましたよ。ありがたいことです。

この世にグーグルがなかったら、おそらくサルー少年は一生故郷を見つけることはできなかったでしょう。
5歳の子供の記憶力では、土地名も駅名もわからないのだから。
lionkidman.jpg
オーストラリアでの暮らしは普通に裕福で両親も優しい
でも少年が一番幸せだったのは、家族と暮らした少年時代だったのだろうと
何も説明されなくてもわかるほど、インドの描写がいい!
貧しくても互いに助け合い、家族と繋がることの素晴らしさを描いた作品でもありますね。
lion brothers

デブ・パテル君の助演もいいですが、私ならサルーを演じたサニー・パワー君に賞をあげたいです。