映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ジョン・ウィック チャプター2
2017年02月13日 (月) | 編集 |
john-wick-2.jpg

 ジョン・ウィック チャプター2(2017) アメリカ
原題:John Wick Chapter2
監督:チャド・スタエルスキ
脚本:デレク・コルスタッド

出演:
キアヌ・リーヴス/コモン/ローレンス・フィッシュバーン/リッカルド・スカマルチョ/ルビー・ローズ /ジョン・レグイザモ /イアン・マクシェーン

【あらすじ】


【感想】
 前作が面白かったので、初日に行ってきました。ジョン・ウィック 続編でございます。

johnwick0022.jpg


主演は勿論キアヌ・リーヴス
前作で妻に贈られた子犬を殺され、ロシアン・マフィアのバカ息子に復讐した元殺し屋ジョン・ウィック。
ボロボロになりながらも新しい犬も買い、何とか日常に戻ったジョンだったが、奪われた愛車のことが忘れられず
レグイザモ働く闇の修理工場に足を運んで第2ラウンド開始ww

まだ顔の傷も癒えないうちから、続編作られるの早かったね(笑)
まぁ、誰かを殺ればそこに恨みも生じるわけで、復讐合戦がエンドレスなのは闇の世界も表の世界も同じ事。

そのうちに恩のある大物に殺しを依頼されたりして、テンポラリーに殺し屋稼業に復帰するジョン。
キアヌがまたしても凄腕を披露してくれるんですが、
今回はコメディ色が強くなってまして、キアヌが一言発するたびに会場に笑いが起きるというね。
壮絶アクションとシュールな可笑しみのマッチングがたまりません。

前作でもホテルと闇の殺し屋組織の繋がりを垣間見せていたのだけど、今回はその組織の断片がまた見えてきて
しかもそれがとてつもないスケールであることを匂わせる。
組織で使われる黄金のコインとか、今どきのネットワークとアナログな通信手段との対比とかも目新しい。
高級紳士服屋の裏の『キングスマン』しかり、日常からかけ離れた世界観をいかに構築するかが成功のカギですね。
johnwick2-10082016.jpg


後半になるにつれアクションが迫力を増してくるのも、流石スタントマン出身の監督。
見せ方をわかってらっしゃる。

今回キアヌは格闘技でも頑張ってました。
チャプター3はさらにとんでもないことになりそう!!


お気に入り度4.3