映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【追悼】ジョン・ハート『The Naked Civil Servant (原題)』
2017年02月05日 (日) | 編集 |
 
Civil-Servant-DVD-Cover.jpg
The Naked Civil Servant(原題)(1975) イギリス
原題:The Naked Civil Servant 
監督:ジャック・ゴールド
脚本:クエンティン・クリスプ(自伝)、フィリップ・マッキー(脚本)
出演:
ジョン・ハート/パトリシア・ホッジ

【あらすじ】
強盗仲間を裏切り、スペインで隠れ住む男の元へ二人の殺し屋が現れた。二人の目的は、組織のボスが待つパリへ男を連れていくこと。そこへ誘拐事件に巻き込まれた少女が加わり、奇妙な4人組の旅が始まった……。

【感想】
  ジョン・ハートの追悼最後は、役者ジョン・ハートの名を一躍有名にしたとされる『The Naked Civil Servant』
作家、モデル、役者、パフォーマーなどで活躍したクエンティン・クリスプ氏が1968年に出版した自伝小説の映画化です。
quentin2.png
こちら本物↑

ハート演じるクエンティン・クリスプは、10代の頃から「ホモセクシャル」をオープンにし、化粧にマニキュア、派手な衣装に身を包み堂々と生きてきた人。
まだ女装をする前から、道を歩けば同性愛者に見初められ、そちらへと流れていくのも極自然。
しかし、まだまだゲイに不寛容な時代ということで、時にはあらぬ暴力を受けたり、警察に捕まったり。
それでも、彼はどんなに辛い目に遭っても人を恨むことなく、その時々を飄々と生き抜いていくわけですねぇ。
the-naked-civil-servant.jpg
ジョン・ハートはいわゆるおかまちゃんなクエンティンを滑稽なほど大げさに演じているのに、不思議と可憐で品を損ねず、内面の美しさを感じさせるのが凄い。もともと小柄で色白なので女装した姿も自然だし、脱ぐとまたきれい。
時代を感じさせる音楽もいいし、どこか可笑しくて、どこか寂しいハートの演技も心地よい。

自分らしく生きるクエンティンの生き方に、ゲイの権利を感じずにはいられません。
長い年月をかけてようやく手に入れたものを、トランプの政策で奪われることがないよう願いたいですよ。

naked.jpg
TVムービーということで、日本ではソフトになってないようですが、youtubeに全編(8本に分けて)アップされてます。タイトルのNaked civil servantは裸体のモデルとして生計を立てることを決めたクエンティンが、自身をそう呼ぶところから。そのシーン含むパートの動画を貼っておきます。






ちなみに続編『An Englishman in New York』でもハートはニューヨークに舞台を移し活躍した老齢のクエンティンを演じているそうです。

若き日のクエンティン 美しい
quentin.png

お気に入り度3.8


ブログパーツ





スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。