映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】スティル・クレイジー
2016年08月31日 (水) | 編集 |
u0cO0O1AdMt7J87gC8lfPIifZLL-510x765.jpg

スティル・クレイジー(1998
イギリス
原題:Still Crazy
監督:ブライアン・ギブソン
脚本:ディック・クレメント/ イアン・ラ・フレネ
出演: スティーヴン・レイ/ジミー・ネイル/ ティモシー・スポール/ ビル・ナイ/ ジュリエット・オーブリー/
 ビリー・コノリー / ブルース・ロビンソン

【あらすじ
伝説のウィズベック野外ロック・コンサートを最後に解散した人気バンド“ストレンジ・フルーツ”のキーボード トニーはウィズベック20周年記念フェスティバルに参加してはと誘われる。元マネージャーのカレンに声をかけ、メンバー招集に動き出すトニーだったが・・


【感想
伝説のロックバンド「ストレンジ・フルーツ」が解散後20年ぶりに集結し、なんとヨーロッパツアーましてしまうというロック・コメディ。

自販機の補充業や屋根葺きなどメンバーたちはバンドと程遠い職についていて、唯一音楽に携わるボーカルのレイも豪邸を売りに出だそうとしていたりと、内情はそれぞれに厳しい様子。
トニーの声かけでメンバーが集結し、テストツアーとしてリバイバルコンサートを敢行するまで比較的スムーズなのは、みんなお金が必要だから。
でも、そもそもメンバー間の確執もあって解散に至ったバンドなのに再結成して上手くいくの?
そうこうするうちに、やっぱり問題が出てくるんだな。
Still-Crazy-film-still-001-510x333.jpg
おっさんバンドのリユニオンってことで、ハチャメチャB級なものを想像してたんですが、いや~これは面白かった。

まず凄いのは架空の「ストレンジ・フルーツ」が本物のロックバンドに見えてしまうところ。
こちらが20年前

still_crazy_003.jpg


演奏はプロが吹き替え、歌はキャストが歌ってるようだけど、そのパフォーマンスがさまになるんです。
特にボーカルのレイを演じるビル・ナイは声の張りや振りのキレ具合など、怖れや緊張、開き直りなどその時々の状況でコントロールしてるのが凄い。
派手なビジュアルに哀愁が漂わせ、絶妙に間を取るあたり、今さらながらただものじゃないと思ってしまった。
still-crazy.jpg


スティーヴン・レイもコン○ーム補充業に甘んじながらも、名刺にはちゃっかり「ロックスター」と入れていたり、ジミヘンの歯をペンダントにして身に着けてたりと、彼の中にはまだロックへの情熱がくすぶってるという設定が好き。そんなレイの誘いだからこそ、みんなが集結する。
彼らの心を動かすのはロック魂であり、かつての煌きなんだというところに共感するし、何よりも歌は楽しい。
278360_full.jpg
いつしか顔を寄せあい歌う姿に、会場のみんなと一緒にノリノリになりながら泣いてましたよ。
映画が終わるころにはすっかりストレンジ・フルーツのファンでした。

ちなみにブライアン役のブルース・ロビンソンは『ウィズネイルと僕』の監督だったのね。
出番は少ないのに本物のロッカーに見えてかっこいいし、カリスマ性半端なし。

ということで、「英国男優50人斬り」今日はスティーヴン・レイビル・ナイの二人を斬りました!



ブログパーツ

[READ MORE...]
スポンサーサイト
【映画】ナタリー・ポートマン主演ウエスタン『ジェーン』
2016年08月30日 (火) | 編集 |
jane-got-a-gun-trailer-natalie-portman-00.jpg

ジェーン(2016
アメリカ
原題:Jane Got a Gun
監督:ギャヴィン・オコナー
脚本:ブライアン・ダフィールド他
出演:ナタリー・ポートマン  / ジョエル・エドガートン / ノア・エメリッヒ/ ユアン・マクレガー
日本公開:2016/10/22 

【あらすじ
南北戦争後のアメリカ西部、背中に銃弾を受け瀕死のハモンドが妻ジェーンのもとに帰ってくる。
「ビショップ一味が追ってくる」。ジェーンは家族を守るためかつての恋人ダンに助けを求めるが・・

【感想
『英国俳優50人斬り』、今日はナタリー・ポートマンが主演&製作を務めたことで話題の『ジェーン』
荒野で人生を切り拓くため、銃を手にするヒロインを描くウェスタンです。

そもそも『少年は残酷な弓を射る』の女性監督のリン・ラムジーがメガホンをとるはずが、撮影初日にドタキャンとなり、『ウォーリアー』のギャヴィン・オコナーに交代。
キャストもポートマンの恋人ダン役に抜擢されていたファスベンダーがスケジュールの都合で降板し、悪役をやるはずのジョエル・エドガートンがダンにスイッチ。ジュード・ロウ、ブラッドリー・クーパーを経て、最終的に悪役にユアン・マクレガーを迎え入れてようやく完成をみたようです。

そんなゴタゴタも影響してか世間の評価は賛否両論のようだけど、個人的には気に入ってます。

夫と娘をギャングから守るため、ある男の元を訪ねるジェーン。
何故か男はつれない素振りでジェーンを追い返すのだけど、帰路、悪党に襲われそうになったジェーンを助け、結局は用心棒を引き受ける。フラッシュバックから、男がジェーンと結婚を約束していた元恋人のダンだと知ることになります。
jane-got-a-got-01-fr-670-380.jpg
別の男と結婚した元恋人に複雑な思いを抱きながらも、ジェーンを守らずにいられないダン。
ダンに心を残しながら自らの人生を受け止め前を向こうとするジェーンと、揺れる二人の心の描写が丁寧で三角関係含むロマンス部分がマル。

難を言えば、フラッシュバックを多用しすぎかな。
だんだんに真実に迫るのはいいのだけど、リズムが悪いのと、時系列がやや混乱する。
あれほど重傷を負ったハモンドがギャング一味をどう巻いたのかとか、ストーリーに突っ込みどころもあります。オコナー監督の依頼で脚本の書き直しを手掛けたエドガートンが「存在自体が奇蹟」というくらいだから、よほど時間が足りなかったんでしょう。
それでもオコナー監督作品らしく、登場人物のキャラがたった演出は見事。


さて、50人斬りの3人目はビショップを演じるユアン・マクレガー!!
そもそもユアンの悪役というのも珍しいんですが、びっくりなのは、言われなければ彼とわからない風貌になっていること。
Jane.jpg

「誰これ?」

ギャングとはいっても売春宿などを有する賑やかな街を建設するビショップは、土地の発展に貢献する地主の顔も持っている。ただし、自分のものを横取りされるのは大嫌いとあって、彼を怒らせたらただでは済まない。
マクレガーは執拗なまでに残忍なビショップを、優し気な声とのミスマッチで演じていて、私は不気味に感じて面白かったんですが、弱いと感じるかで評価が分かれるのかも。


西部を生きることは難しい。それでも先駆者たちは夢や希望を持ち続け、道を切り拓いてきたんでしょう。
広大な荒野を映す引きの映像も美しかった。


ブログパーツ

[READ MORE...]
【映画】高慢と偏見とゾンビ
2016年08月27日 (土) | 編集 |
PridePrejudiceZombies-1024x680.jpg


高慢と偏見とゾンビ(2016
アメリカ
原題:Pride and Prejudice and Zombies
監督/脚本:バー・スティアーズ
出演:リリー・ジェームズ / サム・ライリー /  ジャック・ヒューストン/ ベラ・ヒースコート/ ダグラス・ブース
日本公開:2016/9/30 

【あらすじ
片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、裕福な男性との結婚を夢見ながら、日々ゾンビとの戦いに備えスキルを磨いていた。

【感想
英国男優総選挙のっかりシリーズ『英国俳優50人斬り』をスタートしましょう。
1本目は、『シンデレラ』のリリー・ジェームズを主演に迎えた『高慢と偏見とゾンビ』です。

舞台となるのは18世紀後半のイギリス。
この時代、女性には家を相続する権利がなく、男の子のいないベネット家ではお父さんが死んだらいとこのコリンズが家を相続することになるんですって。だから年頃の5人姉妹を抱えるベネット家の最大の関心ごとは姉妹が良縁に恵まれること。そんな折、お隣に富豪の男子が越してきたとあってがぜん盛り上がるわけです。

え?ゾンビは? 
clairestbearestreviews_filmreview_prideprejudicezombies_slaying.jpg 

心配ご無用、ゾンビもしっかり出てきます。
男の子のいないベネット家の姉妹たちは日々ゾンビと戦うし、ダーシーに至っては冷酷なまでにゾンビをやっつける。
でもね、恋愛の機微やらもちゃんと描かれていて思いのほかジェーン・オースティンの世界なんですよ。

英国男優50人斬り、今日は2人一緒に斬っちゃいますが
まずはダーシーを演じるサム・ライリーですね。
b65919b7cab0341e6c09c2d9ff88c21d5423ddbb1a7a6e4cae8ef0cf93d278cd.jpg 

ダーシーと言えば、ハンサムでお金持ちだけど高慢で気難しく、人との付き合いも下手
中流階級を下に見る発言もありエリザベスに反感を食らったりする役どころ。

私はBBC版の『高慢と偏見』は未見ですが、現代版『高慢と偏見』である『ブリジット・ジョーンズの日記』のダーシー役のイメージからして、コリン・ファースがピッタリなんだろうと思います。サム・ライリーは暗めで人づきあいが下手そうではあるけれど、複雑に屈折してシニカル、それでいてそこはかとなくユーモアを醸し出すコリンのダーシーには及びません。それでも、根の誠実さは感じられて、エリザベス役のリリーとの相性もいい。
二人の喧嘩シーンも壮絶で、アクションコメディとしても見せ場を作ってくれました。
2DBE495E00000578-0-image-m-24_1445728155499.jpg 

50人斬りもう一人は、ベネット家のお父さん、Mrベネットを演じたチャールズ・ダンス。
女系家族の中にあって、結婚結婚とうるさいお母さんとは違って穏便で事なかれ主義。しっかり者のエリザベスをとても愛していて、よき理解者でもあるという役どころですが、正直言うとダンスさんにはちょっと物足りないなぁ。
できればゾンビになった姿を見たかった(笑)


ともすれば退屈になりがちな文芸ものですが、ゾンビを投入したことで、私みたいな人間にはとても見やすいものになってました。ただし、コアなホラーファンや純粋な文芸もの好きにはどっちつかずってことになるのかな。
とはいえ、人間VSゾンビの戦いはシビルウォー的な迫力もあり、全体にわたって手抜きなし。
多分ろうそくの灯りだけで撮影したのかなと思われる、室内の舞踏会シーンなども趣があり。

なかなかのクオリティですぞ。



ブログパーツ



[READ MORE...]
英国男優総選挙が始まるよ!
2016年08月25日 (木) | 編集 |
201260.jpg  

一年経つのは早いもので、今年も英国男優総選挙の季節がやってきました。

昨年、第一位に輝いたのはトム・ヒドルストンでした。
今年はカンバーバッチが王座を奪還するか、はたまた新王者が誕生するのでしょうか。

今年も一緒に盛り上がりたいなということで、ネットを検索すると、、
こんなのがありました。

イマジカBSが「英国を観よう」と題した特設サイトを立ち上げております。
映画×英国男優 ドラマ×英国男優ということで、映画、ドラマ双方から出演作品を放映する様子。
プロフィールとして60人の男優たちも紹介されていてこちらがその一覧

私もこれに乗っかってリストの俳優の出演作品を観ていこうと思ったんですが
あれ?あの人は?的に足りない面々が多いことに気づきまして、
ならばと自分なりに14人を加え、ドラマ系のメンバーを減らすなどして計50人を選んでみました。

加えたメンバーがこちら

guy-pearce-iphone-4s_01044530dc00f55306b0c64c05b7e5d3_raw.jpg ガイ・ピアース
mv5bmtu2mdc0mtiymf5bml5banbnxkftztywotk4mzu2-_v1-_sx450_sy330_1.jpg クリストファー・リー
2149d77cf831e8f43de65fa3aa2214c0.jpg サイモン・ペッグ
BuHJEY1CUAA5LLs.jpg サム・ライリー
470_246_f.jpg スティーヴン・レイ
kingsman_secret_service_taron_egerton.jpg タロン・エガートン
Danstevensstill002small.jpg ダン・スティーヴンス
B2CMXkfCUAAa0MB.jpg チャールズ・ダンス
A5EJMJ0R.jpg ドーナル・グリーソン
images.jpg ニコラス・ホルト
movies-man-of-steel-henry-cavill-superman.jpg ヘンリー・カヴィル
MEZ3V.jpg マーク・ストロング
b0063958_23305861.jpg マーク・ライランス
lmN-H7QV.jpg マシュー・グード

厳密にいうと英国およびその周辺(アイルランド含む)ということになりますが
10月21日の投票結果発表まで、厳選した英国男優50人の出演作品を観ていきます!(無理かもww)


≪追記≫
8/28
ドミニク・クーパーをメンバーに追加します!

imagesG1C0Z1J6.jpg



ブログパーツ



[READ MORE...]
【映画】怪談
2016年08月24日 (水) | 編集 |
kwaidan.jpg 

怪談(1965
日本
英題:Kwaidan
監督:小林正樹
原作:小泉八雲(ラフカディオ・ハーン)
脚本:水木洋子
出演:三国連太郎 /  岸恵子 / 新珠三千代/ 仲代達矢/ 丹波哲郎/ 中村嘉葎雄/ 志村喬/ 中村翫右衛門/ 杉村春子/ 仲谷昇/ 奈良岡朋子/ 中村鴈治郎 / 渡辺美佐子

【あらすじ
【黒髪】
貧しい武士の男は、妻を捨て金持ちの娘と結婚するが・・

【雪女】
吹雪にあい山小屋に一泊した夜、白い着物姿の女が現れ・・

【耳なし芳一の話】
盲目の琵琶法師の芳一は、ある夜、甲冑姿の男に連れられ『平家物語』の壇ノ浦の合戦の下りを奏でるが・・

【茶碗の中】
茶碗に水を汲みと、そこに見知らぬ男の顔が映っていて・・

【感想

小泉八雲の同名原作をもとに『切腹』の小林正樹が4話のオムニバスに仕上げた日本のホラーです。

昔、怪談といえばお盆に『四谷怪談』や『皿屋敷』が放映されて、一人で顔を覆った指の間から観たものでした。怖がりなのに観たがりだったけど、今の方が観る勇気ないかもしれない。日本のホラーが怖くて年々苦手になっていきます。そんなわけで、随分前に録画したまま放置していた本作を特集に乗じてようやく鑑賞しました。

まずキャストが凄いよ。
『黒髪』では主人公の武士に三国廉連太郎、捨てられた妻に新珠三千代、新しい妻に渡辺美佐子。
『雪女』の木こりに仲代達也、雪女に岸惠子。仲代は雪女に「ハンサムだから殺さないであげよう」と思わせるほどいい男だわ。村の女に菅井きんさんも出てました。あまり変わらないw
『耳なし芳一の話』では芳一に 中村嘉葎雄、住職に 志村喬、甲冑の武士を演じていたのが丹波哲郎なのは気づかなかった。寺男に田中邦衛さんまでいたね。
『茶碗の中』でも中村翫右衛門、杉村春子、奈良岡朋子等そうそうたるメンバーだ。
0_45_48.jpg 

ホラーとして怖かったのは、『黒髪』で長い黒髪が布団の上でザワワとうごめくシーン。
雪女の岸惠子の白塗りは今どきのJホラーの大元みたいなものだけど、ベルトコンベアに乗ってるかのように、ススーっと移動するのは妙に不気味だった。

kwaidan-hoichi-battlehymn2.jpg 

なんといっても圧巻なのは『耳なし芳一の話』でしょう。
冒頭から、壇ノ浦の戦いを丁寧に描いていて、絵巻物を交えた描写は歴史ものとしても観る価値がある。
有名な話ではあるけれど全身に経文を書き込んだ芳一のビジュアルにも圧倒される。
しかも武士の亡霊が芳一の耳をちぎるシーンが思いのほか執拗なのよね(汗)
多分アニメか本で見たそのシーンは簡単に両手でぶっちーっとちぎっていた印象だったのに、映画では結構時間をかけ、力づくでもぎっていて、もうやめて~と思ってしまった。
芳一を迎える平家の亡霊たちも哀れにして美しく、鬼火の飛び交う墓場で弾き語る琵琶も見事。
アート作品としても格式の高い仕上がり。181分という長い作品ですがこれは観てよかった。

カンヌで審査員特別賞を受賞しています。

ブログパーツ

[READ MORE...]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。