映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】お帰りマット・デイモン!でも、やっちまったな『ジェイソン・ボーン』
2016年07月31日 (日) | 編集 |
jason-bourne-2016-movie-poster.jpg

ジェイソン・ボーン(
2016) アメリカ
原題:Jason Bourne
監督:ポール・グリーングラス
脚本:ポール・グリーングラス/クリストファー・ラウズ
出演:マット・デイモンアリシア・ヴィキャンデルトミー・リー・ジョーンズ/ヴァンサン・カッセル/ジュリア・スタイルズ
 日本公開:2016/10/7

【あらすじ 
ジェイソン・ボーンが帰ってきた

【感想
マット・デイモンが9年ぶりにジェイソン・ボーンを演じるボーン3部作の続編です。

かすかな記憶を辿りながらアイデンティティを追い求めてきたボーン
前作でほぼ記憶を取り戻し、姿をくらましていたボーンですが
本作ではストリートファイターみたいなことやってる姿で登場します。
jason-bourne-2.jpg 

それ本業?何年もそれで食いつないでいたの?
なんと言いますが、色んな疑問が沸くんですけど、本作では色んなことスルーで
またしてもCIAに追われる展開となり、アクションになだれ込みます。

こんなにセリフのない映画初めて観たってくらい前半はひたすらアクション
エモーショナルなことが起きてもさらりとかわしてまたアクション

これまでのボーンシリーズは同じ逃げるにしても、もっと知的な部分があったのに
そういうのが感じられない。
マット・デイモンのアクションのキレも以前ほどではないですしね
それにCIAによって殺人マシーンに作り上げられた男の悲しい性として観るのと
すべてを知ったボーンとして観るのとでは、こちらの受け止め方も違うというか
むやみに人を殺しまくることに違和感を感じてしまったんだよねぇ。

前半はとにかく退屈
後半に入ってヴェガスを舞台にしたド派手なカーチェイスでは流石に目が覚めたけど
車170台がらみの無謀なアクションはもはやワイルドスピードシリーズ(笑)

jason-bourne-alicia-vikander-tommy-lee-jones.jpg 

CIAのトップにトミー・リー・ジョーンズ
アリシア・ヴィキャンデルが007シリーズのQに近いITに強いエージェントを演じてますけど
立場的には前作のジョーン・アレンくらいなので、
20代の彼女がCIAでここまでの権力を持つのかっていうのはやや違和感。
立ち位置としては面白いし、クールビューティのアリシアちゃんも悪くなかったけど
終わってみれば、登場人物がみんな利己的に思えて誰にも共感できなかったというのが正直なところ。

単純にアクション映画として楽しめる人もいると思うけど私はダメだったな。
何かのインタビューでマットが「Iscrewed up」と言ってたけど
マット自身やっちまった感あるんじゃないだろうか。
というか、マットが脚本書けばいいのに。



日本公開は10月



ブログパーツ


[READ MORE...]
アメリカの映画事情「ムービー・パス」
2016年07月29日 (金) | 編集 |
MoviePass-Banner.jpg  


今日は映画よもやま話を

昨日、会員登録している最寄りの映画館から
ムービー・パスを利用できるようになったよ」とのお知らせメールがきまして
それなぁに?ってなったの。

調べてみたら「ムービー・パス」というのは、一定の月額を支払うと映画が見放題になるという
プリペイド・フリーパスみたいなものらしい。

「一定の」というのは、利用期間や地域によって金額が異なるようで、
1年なら月30ドルだけど、3カ月パスが月40ドル、一カ月パスが50ドルと期間が短いと割高に
ロスなどの一部都会では1年パスで月35ドルのところもあるようです。

利点はまず、
加入映画館ならどこでも利用できること。
普段私が利用する近所の映画館すべてで使えます。
そしてなんといっても映画を安く観れるのがいいですよね。
それこそ映画好きで30日間毎日通えば、1本1ドルの鑑賞が可能になるんだから
ヘビーユーザーにはたまらんでしょ。

欠点としては
IMAXや3D上映には使えない
一日一本(1本/24時間)という制限があること。
一日に複数本観たいと思ってもそれはダメ。



KnW3lqwwwh5FXBd_drMetl5IVf3h7U8wumKWTdTa1F16ZShoo26gl3xFU2hUJ8cD5LI=h500_png.jpg 



あと、利用にはスマホが必要で、観ようとする映画をスマホのアプリから
直前に登録しなければいけないのはちょっと面倒かな。
(登録した映画の料金分が即座にカードにロードされ
映画館の窓口ではそのカードをデビットカードのように使う仕組み)
528315-c9824d94f3669881fa28604639e9fc6ee12d209e.jpg
まぁ、昨日もツイッターで呟き、今日記事にまでしたのは
利用しようかどうしようかと悩んでいるからなんですけどね。

たかだか30ドルで何を悩むことがあるんだと思われそうだけど
実はそろそろ帰国も考えていて、一年パスは無駄になる可能性が高い。
仮に3カ月パスをゲットしたとしたら、元を取るのに月6本ほど観なきゃいけない。
オスカー関連作品が出てくる時期なら軽いけど、そうでなかったらどうだろう。

仕事帰りにしか映画観れない人の場合は3本~4本も観れば元は取れるので
映画好きなら絶対お得だと思うんですけど
アーリーバード(6ドル~7ドル)を利用しせいぜい週一ペースの私の場合月30ドル使わないんだなぁ。
そもそも観たい映画がそんなにあるかってところですね。

映画館に人を引き込むことを狙った企画だと思うんですが
皆さん、このシステムどう思いますか?


ブログパーツ








[READ MORE...]
【映画】『手紙は憶えている』認知症ナチハンター 復讐の旅路の果てに・・
2016年07月27日 (水) | 編集 |
poster.png  

手紙は憶えている(
2015) カナダ/ドイツ
原題:Remember
監督:アトム・エゴヤン
脚本:ベンジャミン・オーガスト
出演:クリストファー・プラマー  /マーティン・ランドー/ヘンリー・ツェーニー /ブルーノ・ガンツ 
日本公開:2016/10/28 

【あらすじ 
老人ホームに暮らすゼフ(クリストファー・プラマー)はあるミッションを遂行するためホームを抜け出した

【感想
アトム・エゴヤン監督の新作は、ある老人の復讐の旅路を描くサスペンス・ドラマです。

クリストファー・プラマー演じるゼヴはアメリカの老人ホームに暮らすお年寄り。
腕の数字の入れ墨から彼がホロコーストの生存者であることがうかがえます。
妻を亡くして一週間経ってもまだ朝起きると妻を探してしまうほどの認知症を患うゼヴですが
彼は老人ホームを抜け出し、あるミッションを遂行する旅に出る。
家族を殺したナチスドイツの残党に復讐しようとしているのです。


制作年の2015年は戦後70年の節目。
終戦時、20歳だった人ももう90歳。幹部級のナチス残党ともなれば100歳は超える計算になるわけで、
リアルタイムのナチスハンターを描くこういう映画が作られるのも、もうほとんど最後でしょうね。

ゼヴもまた90歳という高齢で、認知症を患う彼は、どうして見知らぬホテルにいるのか、自分が何をしているのかさえもわからない。そんなゼヴはホーム仲間であり、同じアウシュヴィッツの生存者のマックス((マーティン・ランドー)に渡された手紙を読み、腕の入れ墨を目にすることでかろうじてミッションを自覚しているというのが面白いところ。
remember.png 

つまりゼヴは自分の「恨み」の気持ちの実態を持たぬまま復讐を実行しようとしている。
アイデンティティの不確かさというのが映画のカギですね。

被害者と加害者の両方の思いを伝えつつノワールで終わらせ
でも気づけば見事に復讐を完結させているんだから、見事としか言いようがない。

9 Christopher Plummer - Remember 


人間、忘れることは幸せなこともあるかもしれない
あるいは知らないままでいたいこともある

タイトルの「リメンバー」が深く切ない余韻を残す傑作です。

remember-01.jpg

プラマー様のピアノも聴けるよ




ブログパーツ



[READ MORE...]
【映画】電気を消せなくなる映画『ライト/オフ』
2016年07月23日 (土) | 編集 |
lights-out-movie-2016-rXML.jpg


ライト/オフ(
2016)
原題:Light Out
監督:デヴィッド・F・サンドバーグ
脚本:エリック・ハイセラー
出演:テリーサ・パーマー  / ガブリエル・ベイトマン/ ビリー・バーク / マリア・ベロ

日本公開:2016/8/27 

【あらすじ 

ひとり暮らしのレベッカ(テリーサ・パーマー)(『ウォーム・ボディーズ』)は、幼い弟マーティン(ガブリエル・ベイトマン)から、「電気を消すと、何かが来る」と打ち明けられる。


【感想
2013年に動画サイトに投稿された2分半の動画が話題となり、『死霊館』のジェームズ・ワンがプロデュースした一本。動画は本作の監督であるデヴィッド・F・サンドバーグによるショートビデオで、今回はそれを長編作品として撮り直した形ですね。


恐怖の始まりはショートビデオと同じおばさん(ごめん、監督の奥様らしい)の登場シーンから。


電気を消すと暗がりの中に人の姿が浮かぶ
えっ?と電気をつけるとそこには何もない。
なんだ気のせいかと電気を消すと、そこにまた影が現われるんですわ。ひょえーっ。


 wp-1459062293974.jpg


「暗がりの中に何かがいる」
「いるはずのないものがいる」
しかも「それ」は電気を消すたびにだるまさんが転んだみたいに近づいてくるんだから、
その怖さと言ったらないですよ。

映画は「それ」におびえる幼い義理の弟を救うべく
モンスターの正体を突き止めようとする姉レベッカの奮闘を描きます。
母親(マリア・ベロ)は少し精神的に不安定で、幼い弟を残して家を出たことに罪悪感も感じていたんですね。


そもそもが電気を消すと暗闇に何かが浮かび上がるという、アイディア勝負のショートビデオにつき
長編にして顛末を描くのは大変だったろうと思います。
正体についても、職場のおばさんに見えるものなら、最後、あれでは解決にならないんじゃないかとか
自分としては納得のいかない部分が残ってしまった。



lights_out_movie.jpg 

ですが、人に心を開いてこなかったレベッカが弟のために頑張ったり
人を信じられるようになったりと、事件を通して成長するヒロインの描き方がいい。
一見頼りなさげなボーイフレンド、ベレットのキャラがよかったのも儲けもの。

ただ、モンスター(ダイアナ)の詳細を説明しきってない部分があるのが気になる。
続編ありかな。

ところで・・
この日客は私の他にはおばさんが一人の、お二人様鑑賞だったんですが
観てる間に何度か右手から物音がするのが気になったんですよ。
おばさんが席を揺らしてそれが影響してるのかなとも思ったけど
前の列の一番左に座っていて、そんな端までは響かんよなぁと。
何度か暗闇に目を凝らして、誰もいないはずの座席を見てしまったわ(汗)

もしかしたら映画の演出?


こちらオリジナルのショートフィルムです。


ブログパーツ


【映画】ザ・ボーイ 人形少年の館
2016年07月22日 (金) | 編集 |
Gruesome-Banner-TheBoy-Review-820x410.jpg 

ザ・ボーイ 人形少年の館(
2016)アメリカ
原題:The Boy
監督:ウィリアム・ブレント・ベル
脚本:Stacey Menear
出演:ローレン・コーハン/ルパート・エヴァンス
 /ジェームズ・ラッセル/ダイアナ・ハードキャッスル 

【あらすじ 
アメリカ人女性グレタは、イギリスの大きな屋敷にやってきた。
夫婦の旅行中に少年の世話をする約束だったが、紹介されたのは人形!

The_Boy_2016_7471635.jpg

【感想

ベビーシッターとして人形の世話をすることになったヒロインの恐怖を描くホラーです。
 
ふむ、人形の相手してお金をもらえるなんてこんな楽な仕事はないよね。
グレタ(ローレン・コーハン)もそう割り切って老夫妻の留守を守ることにするんですが、
目を離した隙にブラームスの姿勢が変わっていたり、シャワー中に着替えが無くなったり、
物音や声まで聞こえるようになって、恐怖心をぬぐいきれません。
家の中でいったい何が起きてるんでしょう という話ですね。
Screen-Shot-2016-01-20-at-3_38_32-PM.jpg  

グレタは、老夫婦がブラームス人形を可愛がり始めたいきさつなどを
デリバリーボーイ(おじさんですが)のマルコム(パート・エヴァンス)から聞いており
老夫婦への同情や自身の母性から、異常を感じながらもブラームスの世話を続ける。
TheBoy_06_675b895036.jpg 

と言っても、「どうせ人形」という思いから、老夫婦に示された「10のルール」は無視。
「ちゃんと世話してくれたらブラームスも悪さはしない」という警告をないがしろにするグレタに
いやぁな予感がしてくるわけです。

日本でも髪が伸びたり、昔から人形にまつわる不思議な話はあるわけで
人形に魂が宿ることもあるのだと漠然と信じている私は
ブラームスと名付けられたこの人形がいつ動き出すのか
はたまたどんな悪さをするのかと、ビクビクしながら観てしまいました。

ホラーのお定まりの夢オチを挟みつつ、自体はしかし、思いがけない結末へとなだれ込みます。
でも後から考えたら「10のルール」はしっかり伏線になってましたね。
ブラームスと思われる視線や声のくぐもりなども、ミステリーを解くカギ。
theboy-painting-820x410.jpg 

少し説明不足に感じるところはあるものの、老夫妻の子供への情愛や長年の苦悩などの
ドラマがちゃんと描かれているのがよかった。
後半は怖くなくなりますが、単なるクリーピーなスラッシャーものに終わらず、いい意味で予想外なミステリーホラーとなってました。

2016年7月~8月開催の<カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2016>にて上映ということだけど、一般公開はあるのかな。

 

ブログパーツ


[READ MORE...]