映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『彼は秘密の女ともだち』オゾン監督ならではのエンディングだけど解釈が分かれてるのが面白い
2016年04月29日 (金) | 編集 |
 newgirlfriendWebsite-Event-Image-Template01.jpg 

彼は秘密の女ともだち(2014)
フランス
原題:The New Girlfriend
監督/脚本:フランソワ・オゾン
出演:ロマン・デュリス /  アナイス・ドゥムースティエ/ ラファエル・ペルソナーズ / イジルド・ル・ベスコ/ オーロール・クレマン/ ジャン=クロード・ボル=レダ 

 【あらすじ
子どもの頃からの大親友ローラを亡くした主婦のクレール(
アナイス・ドゥムースティエ)。深い悲しみに暮れる彼女は、ローラの死からなかなか立ち直ることができない。しかし、残された夫ダヴィッドと生まれて間もない娘を守るとの約束を思い出し、2人のもとを訪ねる。彼女がそこで目にしたのは、ローラの服を着て娘をあやすダヴィッドの女装姿だった。

【感想
女装癖で記憶に新しいのは『リリーのすべて』ですが、本作ではロマン・デュリスが女装癖のあるダヴィッドを演じています。女装時の名前はヴィルジニア。

そもそもは女装癖があったようなんですが、妻の死装束のウェディングドレスを着せたことが、女装癖復活の引き金になったらしい。そのあたりもリリーに通じるものがありますね。
Une-nouvelle-amie-Clip-1-SD-GoldPoster.jpg 

心から愛した大親友のローラを亡くしたクレールでしたが、女装したダヴィッドとショッピングや食事を楽しむことはクレールにとってローラが自分のもとに帰ってきてくれたような錯覚を覚えるものだったんでしょうね。
一方ダヴィッドも自分の女装癖を受け止めてくれるクレールは、ローラ亡きあと、唯一心を開ける相手だったに違いありません。秘密のデートを重ねるうち二人の心は近づいていく。
でもクレールは自分の中のある秘密に気づくことになるんですね。
ダヴィッドとクレール、そしてクレールの夫ジルとの関係はどうなっていくの?という話
f0165567_517452.jpg 

監督の最近の作品の傾向を見ると、監督はご自分の子供を持つことを模索されてるのかなぁと想像します。

で、勝手に言わせていただけば『ぼくを葬る』『ムースの隠遁』と本作で「父への道」三部作ですね。

個人的にはこれっきゃないという究極のロマンスなんですが、面白いのは、観る者によってエンディングの捉え方が違っているということ。
そのあたり内容に触れずに語るのは難しいので以下ネタバレします。

[READ MORE...]
【映画】キアヌがダサい『ノック・ノック』 
2016年04月27日 (水) | 編集 |
254987.jpg 

ノック・ノック
(2015)アメリカ
原題:Knock Knock
監督:イーライ・ロス
脚本:イーライ・ロス  / ニコラス・ロペス  / ギジェルモ・アモエド
出演:キアヌ・リーヴス/ ロレンツァ・イッツォ / アナ・デ・アルマス/ アーロン・バーンズ/ イグナシア・アラマンド/ コリーン・キャンプ
日本公開:2016/6/11
    
【あらすじ
理想的な一家の主エヴァンが一人留守番をする夜、ドアをノックしたのは・・


【感想
イーライ・ロス監督、キアヌ・リーヴス主演のヴィジット・スリラーです。
pics-12.jpg 

建築家のエヴァン(キアヌ)はアーティストの妻と二人の子供と幸せに暮らすセレブ
一人自宅で仕事をすることになったある晩のこと
ドアをたたく音に出てみれば濡れネズミの美女二人( アナ・デ・アルマス/ロレンツァ・イッツォ)
knock.jpg 

親切心からか、女の子という油断があったからか、二人を家に上げてしまった主人公が
思わぬ事態に巻き込まれるという話です。

しかしまぁ、『ジョン・ウィック』で見直したばかりのキアヌは
なんでこんな映画に出たんかな(笑)

セレブなキアヌというのもピンとこないんだけど
幸せなファミリーマン全開の冒頭から似合わなすぎて苦笑いだし
半泣きで命乞いするキアヌにアクションスターの片りんは微塵も感じられない。

でもこういう作品にキアヌを起用するところがイーライ・ロスのセンスだな。
まるで『ジョン・ウィック』が幻だったかの如く本作のキアヌはダサく、
しかし、それこそが本作の楽しみどころ(笑)
低予算映画で魅力を発揮し始めていることを考えればキアヌの選択もまんざら間違ってないかも。

「髪切れば?」とか、「次はもっと大きなオブジェを作るわ」とか
朝のベッドシーンの寸止めなどがブラックユーモアに繋がる伏線の貼り方もナイス。
不条理で不快だけど、そこはかとなくおかしみの漂うスリラーに仕上がってます。

わんことキアヌ
635796559330424219-250b99ae-62d4-11e5-b765-005056b70bb8.jpg 




ブログパーツ


[READ MORE...]
【映画】COP CAR コップ・カー
2016年04月25日 (月) | 編集 |
tumblr_nsb3jws1co1tzkv3ko1_1280.jpg


COP CAR コップ・カー
(2015)アメリカ
原題:Cop Car
監督:ジョン・ワッツ
脚本:ジョン・ワッツ/クリストファー・フォード
出演:ケヴィン・ベーコン/  ジェームズ・フリードソン=ジャクソン/ ヘイズ・ウェルフォード/ カムリン・マンハイム / シェー・ウィガム 
  
 【あらすじ
荒野でパトカーを盗んだ家出中の悪ガキ二人組。
それが悪徳警官のパトカーだったからさぁ大変!

【感想
冒頭から卑しい言葉を言い合って遊ぶ家出中らしき男の子二人
なんだかわざわざ悪ぶってる感がある二人は、やがてやがて無人のパトカーを見つける。
盗んで逃走したら持ち主の保安官に追いかけられたというお話です。
copcarthumb-1432833060394_1280w.jpg
時間を巻き戻し、パトカーの主がケヴィン・ベーコンさんだとわかるのが嬉しいw
しかも「あなた何やってんの?」なご登場(笑)

何が何でもパトカーを取り戻さなければならないベーコンさんが悪人顔を引きつらせ
子供相手に苦戦する様子がおかしくてね。
必死で荒野を走る姿を引きで撮るシーンには緩い笑いがこみ上げたわ。



cop_car_03.jpg  
しかし本作の主人公はむしろ子供たち二人でしょうね。
片っ方が運動神経もちょっと上で、その子に見下されたくなくてトロい方も無理して頑張るといった
男の子の世界観がうまく描かれてますね。
無知な子供故に観ているこちらがハラハラすることも多く、サスペンスフルな犯罪ものに
子供たちのアドベンチャーがうまく絡み合って飽きさせません。

緊張とユーモアが程よくミックスされ、無慈悲な描写でさえちょっと笑えるのはコーエン作品にも通じるところ。
最初はいかにもへたっぴーに思えた子供たちも、次第に演技にすごみが増し映画の中の二人同様に成長して見えた。
無謀な冒険には「痛み」が伴う。ちょっぴり苦い青春ものでもありました。

監督のジョン・ワッツは『スパイダーマン』シリーズの新作を任せられた期待の新鋭とのこと。
どんなスパイダーマンを見せてくれるのかも楽しみですね。


ブログパーツ



【映画】ヴィクター・フランケンシュタイン
2016年04月22日 (金) | 編集 |
殿下プリンスが急逝されましたね。寂しいことです。
失われる命もあれば、生まれる命もある。昨日はエリザベス女王とジェームズ・マカヴォイ君のお誕生日でした。

一日遅れになりましたが、今日はエリザベス女王の新作・・はないので
マカヴォイ君がフランケンシュタイン博士を演じた『ヴィクター・フランケンシュタイン(原題)』を観ました。

Victor-Frankenstein-Poster.png 

ヴィクター・フランケンシュタイン(2015)
アメリカ
原題:Victor Frankenstein
監督:ポール・マクギガン
脚本:マックス・ランディス
出演:ジェームズ・マカヴォイ / ダニエル・ラドクリフ/  ジェシカ・ブラウン・フィンドレイ/チャールズ・ダンス  

 【あらすじ
サーカスのピエロ、せむし男のイゴールは、ひょんなことから医学生フランケンシュタインの秘密の研究を助けることになる・・


【感想
数あるフランケンシュタインものの中でもフランケンシュタインがまだ医学生という設定は珍しいのでは?
若きフランケンシュタインを演じるのはジェームズ・マカヴォイ
亡き者を蘇らせることにとりつかれた男。

もう一人の主人公はダニエル・ラドクリフ君演じるせむし男。
幼い頃からサーカスの見世物とされた孤児のせむし男ですが、彼は自分の身体の醜さからか、生体の構造などに深い興味をもち観察に余念がない。

そんなせむし男に目を付けるのがヴィクター・フランケンシュタイン。
彼はひょんなことからせむし男のサーカスからの脱出を手助けし、イゴールという名を与え男をアシスタントとして迎え入れるのです。
こうしてタッグを組んでしまった二人が作り出すのは勿論モンスターですね。

お誕生日企画で取り上げながらこんなこと言うのもなんですが、マッド・サイエンティストを演じたマカヴォイ君の狂気の表現はテンパりすぎて少々過剰。
図らずも今回は解剖学への興味とヴィクターへの忠心とモラルとのはざまで揺れるイゴールを演じたラドクリフ君のうまさが光りましたね。

せむし男としてのラドクリフ君の「動き」も絶賛したいところ。
どうやったらあんな風に歩けるんだ!
その後ヴィクターに背中のこぶを治療されて普通のラドクリフ君になるんですが、それでも手の格好とか
細かい部分でせむし男の特徴を維持しながら演じてるんですよね。
Victor_Frankenstein_2015_720p_Blu_Ray_mkv_0061954.jpg
本作はラドクリフ君の初恋物語でもあって、初めて男になった日の会心の笑顔は、『(500)日のサマー』のジョセフ君のダンスに匹敵する。お相手はマカヴォイちゃうよ、念のため(笑)
Screen20Shot202015-08-1820at2015_34_48.jpg 

監督は『SHERLOCK(シャーロック)』のシーズン1の監督としても知られるポール・マクギガン
設定もしっかりしてるし、二人を追う警察や医学生仲間など、登場人物それぞれのエゴや葛藤をきちんと描いているのもいい。
ただ後半アクション・ホラーになってしまってからはトーンダウンで個人的には退屈だった。
Victor-Frankenstein-2015-Movie-Wallpaper-27-1024x768.jpg 

モンスターの視点がないのは、フランケンシュタインものに期待するファンには物足りないかも。
せむしのこぶの治療シーンや失敗作のモンスターなど結構グロかった。

それにしてもラドクリフ君は狼男を地で演じられられそうだよね(汗)






ブログパーツ



【映画】『ミッドナイト・スペシャル(原題)』はSFスリラーとして観ると失敗する
2016年04月20日 (水) | 編集 |

share-1.jpg 

ミッドナイト・スペシャル
(2016)アメリカ

原題:Midnight Special
監督/脚本:ジェフ・ニコルズ
出演:マイケル・シャノンキルステン・ダンストジョエル・エドガートンジェイデン・リーバハーアダム・ドライヴァー
 
 【あらすじ
追っ手から息子を守るため、父は深夜車を走らせる


【感想
『MUD マッド』のジェフ・ニコルズ監督の新作はちょっと変わったSFです。

奇妙なサングラスをかけた子供(ジェイデン・リーバハー)と何やら緊張した面持ちの男が二人(マイケル・シャノンジョエル・エドガートン)。片方の顔が指名手配のニュースで映し出され、3人はモーテルを出て夜明けのハイウエイに車を走らせる。
wlkwcocr3c8fsbfxuppn.jpg 

何もわからぬまま、3人の逃避行を見守ることになる本作
正直、冒頭の10分を見損ねたのではないかと頭の中「@&?+%」状態となりますが
次第に彼らが政府とカルト集団の双方から追われていることが分かってきます。

ようやく身を寄せた家でガタガタピシピシ・・
ここでも大地震発生か??!!
と思いきや、それが子供の超がつく能力の一端であることを知るんですわ。
maxresdefault.jpg 

ジェフ・ニコルズ監督作品は好きでデビュー作から観てますが、監督の作品のほとんどが家族への責任や絆といった結婚生活で感じたことが題材になっているんですね。
本作も幼い息子が熱性けいれんを起こし、夫婦で怖い思いをした経験から生まれた作品だそうです。

けいれんを起こした人を間近に見た経験のあるかたはお分かりでしょうが
およそ人間とは思えないような動きや表情を目前にするのは怖いものがあります。
ましてや幼いわが子となれば、子供を失うのではないかとの不安にもかられるでしょう。

本作では監督のミューズ マイケル・シャノンが、息子の能力に畏怖しながらも、息子を愛しひたすら守ろうとする父を演じ、監督の思いを代弁しています。
SFという監督にしては珍しいジャンルながら根本に家族愛があるところは従来通り。
midnight-special-michael-shannon-joel-edgerton.jpg 

クライマックスに向けスケールも大きくなるし、結末に衝撃もあるものの
正直面白かったかといわれると微妙(汗)
リニューアルした劇場の革張りの座席が滑って姿勢が落ち着かず集中できなかったのもあるけど
スローな逃走劇に少々飽きたし疲れてしまった。

唯一よかったのは、『スターウォーズ/フォースの覚醒』でレンを演じたアダム・ドライヴァー
政府側のアナリストを演じるドライヴァーのどこかほのぼのした学者肌なキャラが退屈な作品(言っちゃったw)にユーモアと癒しを与えてくれました。

共演はほかにサム・シェパードとマイケル・シャノン
田舎のおばさんの風貌にはちょっとビックリなキルステン・ダンストが意外な母性を見せくれます。

はたして子供は何者かで家族は息子を守ることができるのか・・
SFスリラーを期待せずに観るのが正解かと。


ブログパーツ

[READ MORE...]