映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】『Far from the Madding Crowd(原題)』-遙か群衆を離れてー
2015年05月30日 (土) | 編集 |



Far from the Madding Crowd (原題)(2015 )
イギリス/アメリカ原題:Far from the Madding Crowd
日本公開:未定

あらすじ
19世紀のイギリス南部。叔父から相続した農場切り盛りする女主人のバスシーバは3人の男性から求婚される。
トレーラー

感想

『偽らざる者』のトマス・ヴィンターベアが、イギリスの文豪トマス・ハーディの原作小説『遙か群衆を離れて』を映画化した一本。
19世紀のイギリス南部を舞台に、3人の異なるタイプの男に愛された女農場主の姿を描く文芸ドラマです。

農場主バスシーバを演じるのはキャリー・マリガン
バスシーバは叔父から相続した農場を守るために、働きの悪い労働者をくびにすることも辞さないしっかり者の女性。しかも美しく可憐ですからね、農夫のゲイブリエル(マティアス・スナールツ)、隣の大地主のボールウッド(マイケル・シーン)、軍曹のトロイ(トム・スターリッジ)といった面々が次々と彼女に魅了され求婚する。バスシーバのハートを射止めるのは・・という話。


ふむ、四角関係を119分でまとめるって至難の業だったんじゃないだろうか。
出会ってすぐにプロポーズされる(ように見える)という展開に無理を感じて
正直ちょっと苦笑いになっちゃったんですが(笑)
それでも2時間で各キャラクターの特徴を的確に描き、理解に支障ないのは凄い。

バスシーバはこの時代には珍しく独立心のある女性で、人に所有されることを嫌うがゆえに図らずも男性を翻弄してしまう。そんな彼女も三人三様の魅力に心を動かされる。

特に印象に残ったのは軍曹トロイと恋に落ちるシーン。
トロイのサディスティックな行動はともすれば失笑を買うところだけど
二人の間に存在する危険で甘い官能にはちょっとドキッとするし、ポスターにもあるように
トロイの勝負服 軍服の緋が効いて、なんたって映像が美しい。

シリアスドラマを手がけてきたヴィンターベア監督がこういう文芸ロマンスもいけるというのは意外でもあったな。 風景の美しさも際立ってました。
トレーラーのマリガンの美しい歌声もぜひ聴いていただきたい。

ところで、コスチューム姿のマリガンはウエストが驚くほど細かったのだけど
このプレミアのお写真から推察するに、ご懐妊なのかな。




ちなみに68年のジョン・シュレシンジャー版は170分の大作。
バスシーバにジュリー・クリスティ、ゲイブリエルにアラン・ベイツ、ボールウッドにピーター・フィンチ、トロイにテレンス・スタンプというキャストもいけてるし、撮影がニコラス・ローグというのが気になる。


トラックバックされた記事

 
忠愛の男

 アイルランド⇔日本 機内映画鑑賞記?  「Far From the Madding Crowd」  19世紀のイギリス西部エセックス。聡明で独立心の強い農家の娘バスシーバは、羊飼いのガブリエルに求婚されるが男は要らないと断る。叔父から遺産を相続したバスシーバは、不運な事故で全財産... 

2015/10/10(土) 午後 6:25 [ まつたけ秘帖 ]


スポンサーサイト
【映画】靴職人と魔法のミシン
2015年05月28日 (木) | 編集 |


靴職人と魔法のミシン(2014)アメリカ
原題:The cobbler
監督:トム・マッカーシー
日本公開:2015/6/5

あらすじ
ニューヨークの下町の小さな靴修理店で働くマックス(アダム・サンドラー)は、老母と変化のない毎日を送っていた。ある日、愛用のミシンが壊れてしまい先祖代々伝わる旧式ミシンで直した靴を試し履きしたところ、何と靴の持ち主に変身し・・・
      
感想
扉をたたく人』のトム・マッカーシーによる本作は、魔法のミシンにより人生を変えていく男の話。
主演にアダム・サンドラー。
にわかにファンになってしまったダン・スティーヴンスが主人公のご近所さんのイケメン君を演じてます。



4代続く小さな靴修理店を営むマックス(アダム・サンドラー)は、どう見ても暗く
仕事の腕は悪くないが意欲的とは言えない感じ。
マックスはある日、急ぎで依頼された靴を修理中、ミシンが壊れたことからやむなく古いミシンを出してきます。
無事修理を終え、さりげに履いてみたらば持ち主の姿に変身してしまってびっくり仰天 という話。

古いミシンに魔法の力があることを悟り、変身していたずらを楽しむマックスの様子がコミカルで楽しい。
でもマックスが変身した姿は別の役者が演じているわけで
コミカルな部分を担当するのは、アダム以外の役者ということになるんですね(笑)




その中でひときわ上手さを見せてくれたのが、ダン・スティーヴンス
外見はイケメン、でも中身はアダム・サンドラー(マックス)というダンのオフビートな演技が最高。
ちなみに、私がこれまでに観た2作品は本来のダンと外見も随分違っていて
彼の演じる英国ドラマ『ダウントン・アビー』のマシューファンからは悲痛な叫びも聞こえてくるほどなんですが、本作のダンは人のよさそうなイケメン君でファンは少し安心したかな。
私は知れば知るほどファンになっちゃいます。

映画に話を戻して・・と

本作ではマックスがなぜこんな暗い人間になってるのかというのが、実は大きなポイントでして
魔法のミシンに出会い、冒険を体験しながらマックスが本来の優しさや強さを発揮し
またトラウマを克服することで、人生を変えて行くところが感動のお話になっています。




途中ちょっとドタバタする部分があるし、人の靴を履くとその人になる というアイディアもそれほど生かされてないというのはあります。
ラストもイマイチすっきりしない(笑)
それでも隣人を演じるブシェミ先生やダスティン・ホフマンなどの共演者が素晴らしく
ショコラ風の音楽も耳に心地よく、しっとりとした味わいもあって素敵でした。



【映画】恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ
2015年05月24日 (日) | 編集 |



恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ(1989)アメリカ
原題:The Fabulous Baker Boys
監督:スティーヴ・クローヴス

作品情報
あらすじ
風采の上がらないジャズ・ピアニスト・コンビが、起死回生に美人シンガー、スージーを迎え、やがて人気を博していくが・・・
トレーラー
恋のゆくえ ファビュラス・ベイカーボーイズ [DVD]


感想
80年代特集、最後の作品は1989年制作の『恋のゆくえ/ファビュラス・ベイカー・ボーイズ』。
ジェフ&ボーのブリッジズ兄弟とミシェル・ファイファーを主演に、それぞれの葛藤やホロ苦い恋の行方を描くドラマです。

まず特筆すべきは吹き替え無しにシンガーを演じたミシェル・ファイファーでしょうか。
兄弟に発掘されたスージー(ミシェル)は、ステージに立つとどんどん輝いていく。



赤いドレスに身を包みピアノ上で歌うミシェルの魅力的なこと。
背景の詳細は明かされないものの、身を売ることで暮らしを繋いできたスージーは、誰よりも現実的で上昇志向のある女性。
そんなスージーには、夢を置き去りに、そこに留まる兄弟は負け犬同然に映ったのかもしれません。3人の関係はやがて壊れ、それぞれに苦い現実をたたきつけることになります。
兄弟に運をもたらしたかに見えたスージーがデュオの存続に危機をもたらすのは皮肉に思えます。でも彼女は兄弟の人生に新たな道を開かせるという役割を担っているという見せ方が上手い。

監督は『ハリポタ』シリーズの脚本を手がけたスティーヴ・クローヴス
29歳でこの脚本を書いたというのだから凄いですね。
兄弟のステージがいかにマンネリかを見せ、弟ジャックの苦悩を浮き彫りにする構成と演出は秀逸。だからこそ、抜け殻みたいになっていたジャックが変ろうとする姿に胸が高鳴ります。

兄を悪者に描いてないところもこの映画の優しいところで
家族のために安定を求める兄の姿に、きっと男性の多くは共感することでしょう。
ボーがまた憎めないキャラなんですよね。
禿隠しのスプレーシーンの止めのポーズと表情が楽しくて、何回観ても笑う(笑)



そして、やっぱり兄弟は兄弟
一緒にピアノを奏でれば直ぐに心が通じ合う感じも心地よい。

ジャックのアパートに遊びにくる子供のエピソードしかり
現実から目を背けず、しっかり前を向いて希望を持ち続ければ
何かが変わるんだと思える作品でした。
「これから始まる」大人の恋の行方にもホッと一息。

ジャジーな音楽もかっこいい、大好きすぎる粋な大人映画でした。




インスタグラムはじめてみた
2015年05月23日 (土) | 編集 |



タレントさんやモデルの皆さんがおしゃれな写真を投稿してて
少し前から気になってたインスタグラム(Instagram)

写真のみと聞いて私には無理だと思ってたんですけど
はずみで始めてみました(笑)

これ、基本的にiphoneなどの端末からアプリを使って
写真を投稿共有するサービスで、SNSの一つになるのかな。

今日でやっと一週間
なんか楽しい(笑)

多分ipadのカメラが簡単で私向きなのと
文も要らず(書いてもいいですが)、気ままに投稿できるのがいいのかな。
他の人の素敵な写真を見てると、自分でも上手くなりたいと思ってくるし
刺激にもなります。
有名人のアカウントも探せばあるようで
今朝はマーク・ラファロを見つけたのでフォローしました。
家族の写真など投稿していて素顔が見えるのがいいですよ。

技術もセンスもない私ですが
暮らしのひとこまや、撮りためたものを引っ張り出して
投稿していこうと思いますので、よかったら覗いてください。
ブログ上方のタブにリンクを追加しています。

画像は今日の投稿から。(これはデジカメ撮影です)






【映画】マッド・マックス 怒りのデス・ロード
2015年05月21日 (木) | 編集 |


マッド・マックス 怒りのデス・ロード(2015)オーストラリア
原題:Mad Max :Fury Road
日本公開:2015/6/20
作品情報

あらすじ
石油も水も尽きかけた世界。元警官のマックス(トム・ハーディ)は、愛する者を奪われ、本能だけで生き長らえていた。資源を独占し、民衆を支配するジョーの軍団に捕えられ・・
トレーラー       

感想

ご存知『マッド・マックス』シリーズの第4弾です。
前作から30年も経ってるのにジョージ・ミラー監督の狂気は健在・・
どころかよりクレージーでカオスな世界感を楽しめる作品に仕上がっています!!

まず凄いのはノンストップの超絶アクション。
ロードムービーにつきほぼカーアクションなんですが、壮絶なのに美しくその迫力に息をするのも忘れるほど。車の造形も特筆すべきで、懐かしい車を改したようなものから、ウニだかハリセンボンっぽいものまでユニークなフォルムを楽しめるのも車ファンには嬉しいでしょ。車上で火を吹くエレキギターを弾きまくるパンクな野郎もいたりして、まぁほんとクレイジーですから。
 


そして今回マックスを演じるのは大好きなトム・ハーディ
ハーディ演じるマックスは無法者の暴走族に妻子を殺された元警官というギブソ@マックスの背景を引き継いでるんですが、マックスはシャーリーズ・セロン演じる女戦士らと半ばなりゆきで逃亡する。
しかし、全てのものと訣別したドライな一匹狼のマックスが、女たちと車を走らせるうち、次第に「守る心」みたいなのを取り戻していく。命知らずで寡黙なのにちらりと優しさを覗かせる、トムハの魅力全開でした。
監督は2009年にトムハを見初めたと言うからお目が高い。
シャーリーズ、ニコラス・ホルトをキャスティングするセンスにも脱帽。


日本公開前なので細かく書きませんけど資源が枯渇し、法も情けも存在しない荒廃した近未来で、希望を求め命をかける人々の姿に興奮し感動する。
単なるアクション映画に終わっていない超絶面白い映画でした!!
 冒頭で時代やマックスの背景は軽く紹介されるので、前作を観ていなくても支障ないですが、オマージュを楽しめるという点で「1」「2」は再見して臨むといいかも。  

関係ないけど、ハーディのインタビューを見るとスタントを同席させてるんですよね。
双子のギャングを演じる新作『レジェンド』のインタビューでもボディ・ダブルの役者を同席させている。そういうところトムハのいいところだよね。

トラックバックされた記事

 
マッドマックス 怒りのデスロード

【概略】 石油も水も尽きかけた世界。元警官のマックスは愛する者を奪われ、本能だけで生き長らえていた。資源を独占し、恐怖と暴力で民衆を支配するジョーの軍団に捕えられた彼は、ジョーに囚われた女たち“ワイブズ”を率いて反逆を企てるフュリオサ、全身白塗りの男ニュークスと共に自由への逃走を開始する。 アクション 映画館鑑賞。 ヤバイ!すげぇ面白い!!…とりあえず問答無用に雄たけびをあげたくなる。ヒャッハーー!!! マックス役にトム・ハーディ。共演にシャーリーズ・セロン、ニコラス・ 

2015/7/24(金) 午前 8:08 [ いやいやえん ]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。