映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】 47 RONIN
2014年05月30日 (金) | 編集 |






47 RONIN(2013)アメリカ
原題:47 RONIN
監督:カール・リンシュ
出演:キアヌ・リーヴス、 真田広之、 浅野忠信、 菊地凛子、 柴咲コウ、 赤西仁、 田中泯、 ケイリー=ヒロユキ・タガワ


 ご存知”忠臣蔵”をハリウッドがファンタジー仕込に作り上げた一本。

キアヌ・リーヴスを赤穂藩藩主・浅野内匠頭に命を救われた混血の異人として登場させ、真田さんはじめ、ハリウッドで活躍する俳優人を起用していることでも話題になりました。
先にも書いたように、これファンタジー仕込ということで、魔物やら巨人やら天狗やら(?)wなどをCG映像で見せてまして、、
古典のリメイクになにするねん?って思ったし、あまり評判もよくなかったので劇場もスルーしたんですけど、見てみたら意外や面白かったんですよ!
リメイク特集の一環にしてしまったけど、リメイクではなくハリウッドが描いたらこうなったというところかな。






時代劇にも日本の歴史にも詳しくなくて「忠臣蔵」についても概要しか知らなかったんですが、みなさんご存知でしょう。
大石内蔵助が中心となって浅野内匠頭のあだを討つという大筋は網羅してまして
大きなテーマである「忠誠」をきっちり描いてくれてるのがうれしい。






キアヌ演じるカイは命を救い育ててくれた浅野に忠誠を誓い、大石らに加わるという役どころ。
侍になりたくてもなれないカイが、主を失い浪人となった大石らと戦うチャンスを得るというところが泣かせる。
浅野の娘を演じる柴崎コウとのロマンスにもキュンとするんですよね。






吉良上野介を演じる浅野忠信がインタビューの中で「きっと吉良は自分をよくしようと思ってきただろうし、その野心が裏目に出て自分が悪いことをしてることにさえ気づけないのが悲しい。ただの悪役として演じたくない」と答えていましたが、浅野さんの演じる吉良には嫌味がなくて、思うように表現できたのではないかな。ミカへの想いも本物と感じさせてくれたしとっても良かった。


ファンタジー映像は賛否あるでしょうけど、キアヌや真田さんのアクションも見もので映像は圧巻。
侍の心と忠誠に重きを置いた壮大な時代絵巻として十分楽しめる一本でした。


ちなみに私が観たのは英語バージョンでしたが、撮影は日本語版と英語版それぞれを撮ってるらしいですね。柴咲コウさんなんか英語も頑張ってました。


今回インタビュー記事のコメントで知ったことだけど、彼女は『バトルロワイヤル』でアメリカで知名度も高いんですね。「着信アリ」なんかもテレビで放映されるしね。ハリウッドで頑張ってみたらいいのに、などと思いました。



スポンサーサイト
【映画】 レイルウェイ 運命の旅路
2014年05月30日 (金) | 編集 |




ギャンドルちゃん特集は来月に向けてボチボチいきます。
今日は劇場鑑賞してきたこんな一本を
レイルウェイ 運命の旅路(2013)オーストラリア/イギリス
原題:The Railway Man
監督:ジョナサン・テプリツキー
出演:コリン・ファース/ジェレミー・アーヴァイン/二コール・キッドマン/真田広之/石田淡朗/ステラン・スカルスガルド
 
【ストーリー】
元英国人兵士のエリック・ローマクス(コリン・ファース)は列車の旅でであった女性(二コール・キッドマン)と恋に落ちまもなく結婚。しかしエリックはあるトラウマを抱えていた。


第二次世界大戦中、日本兵の捕虜となった元英兵エリック・ローマクス氏の自伝『泰緬鉄道 癒される時を求めて』をもとに映画化されたヒューマンドラマ  




太平洋戦争中、日本兵は物資輸送のためタイとビルマを結ぶ鉄道の建設に乗り出し、連合軍兵士を捕虜とし建設を手伝わせたんですね。過酷な労働と拷問が国際的に問題になったとのこと。
コリン・ファース演じるエリックもシンガポール陥落時に日本軍に捕らえられ拷問を受けた過去を持ち、戦後も数十年間に渡り悪夢に悩まされています。
そんなエリックを心配した妻の存在が、彼をトラウマに立ち向かわせることになり
悪夢に登場する日本兵の通訳永瀬(真田広之)の生存を知ったエリックは、永瀬に会うことを決意するのでした。


 何の情報も得ないまま友達と観にいって、劇場鑑賞したことを後悔してしまいました(汗)
日本人としてはとにかく居心地が悪く、せめて一人で観たかった。

 自伝が元ということで、エリック視線で物語は進み、彼がいかに過酷な拷問に耐え
心を病んできたかが嫌と言うほど描かれるわけです。
もちろん真実を知り、過去の過ちを受け止めることは必要だと思うのだけど
日本=悪とした一方的な視点には違和感を感じてしまって・・あかんかった。

 さらに、鑑賞後にこんなレポート(英語)を発見し、再会のシーンは映画を盛り立てるための
作り事だったことを知って、それも納得いかないんですよね。



 コリン・ファースはじめ主要キャストの演技はよかったし、実在の人物としての永瀬氏の戦争を伝えるという精神にも日本人として心を動かされます。
人は悲しみを断ち切れるということを主眼に、戦争のトラウマを抱えたもの同士の和解の物語を個人レベルで描いた作品と捉えれば感動もできるし、実際終盤は涙も流れたのだけどね。
従軍慰安婦問題はじめ、日本の歴史認識が問われる昨今ゆえ、どうしても過敏になり
「赦し」のシーンを素直に受け入れることができなかったのは残念です。

繊細なテーマなだけに、和解の過程を事実に沿って丁寧に描いて欲しかった。

ポスターの雰囲気も随分違いますね










【映画】 天使の処刑人 バイオレット&デイジー
2014年05月28日 (水) | 編集 |



天使の処刑人 バイオレット&デイジー(2011)アメリカ
原題:Violet & Daisy
監督:ジェフリー・フレッチャー
出演:シアーシャ・ローナン、 アレクシス・ブレデル、 ジェームズ・ガンドルフィーニ、 ダニー・トレホ、 マリアンヌ・ジャン=バプティスト、 タチアナ・マズラニー、 コディ・ホーン 
 
【ストーリー】
ニューヨークに暮らす仲良しティーンエイジャーバイオレット(アレクシス・ブレデル)とデイジー(シアーシャ・ローナン)の仕事はなんと殺し屋。
普段は簡単な殺ししか請け負わない2人だったがお気に入りポップスターデザインのお洋服欲しさに報酬の高い仕事を引き受けることに・・。



ジェームズ・ガンドルフィーニ
映画2本目は、シアーシャ・ローナン、アレクシス・ブレデル と競演したクライム・アクション・コメディです。
本作でギャンドルちゃんが演じるのは、ギャル2人の殺しのターゲットとなるマイケル。

 映画はマイケルが「殺されることをむしろ歓迎していた」ことから、仕事の出鼻をくじかれた殺し屋2人が、予想外の敵とも戦いながら、自身のアイデンティティを模索するお話。
タランティーノ流ブラックなアクションから始まって次第にヒューマンな色合いを濃くし、最後はティーンエイジャーの成長物語になってるのが意外な展開でした。

 監督は『プレシャス』でアカデミー脚本賞を受賞したジェフリー・フレッチャー
本作が初監督作品ということらしいですが、ハーバード大学で心理学を学んだという監督は、空想の中に登場人物の心理を投影するのを得意としている様子。
本作でも途中空想と思われるシーンが登場するんですよね。
映画なので思い切り非現実的でもいいじゃないかという監督の意見には異論はなく
ギャル2人がマフィア数人をあっという間に皆殺しにしたり、ブラックな笑いを入れてるのもOK。
だけど、せっかく入れた空想シーンが何を意味するのかわかりにくく、個人的にはモヤモヤが残ってしまいました。心理学に通じていると理解できたのかしら。




 まぁ不消化なところもあるのだけど、この映画が素晴らしいのはやっぱりギャンドルちゃんの存在感です。
不覚にもソファーで眠りこけてしまった2人にそっと掛け物をかけてあげたり
クッキーを焼いて振舞ったりね(笑)
厳しい現実を抱えながらも、デイジーたちには父親のような包容力も見せるギャンドルちゃんが素敵過ぎ。
物悲しさと優しさの合わさった瞳にノックアウトでした。

 デイジーとバイオレットは同一人物なのかなとか、自転車の持つ意味はなんだったかなとか、さまざまな疑問も残ってしまったけど、終わってみれば切なさと爽快感を感じ、嫌いじゃなかったです。
もう一回観るともっと映画の本髄を理解できるかも。




【音楽】映画『Not Fade Away』OSTから「Time is on My Side」
2014年05月28日 (水) | 編集 |


映画『Not Fade Away』ではビートルズやローリング・ストーンズといった60年代を彩った音楽がたくさんでてきます。


主人公のバンドが映画の中で演奏するカバー曲の中で一番好きだったのはこれ。



こちらはローリング・ストーンズによるオリジナルの「Time is on My Side」

ミック・ジャガーわっか。


追加ですがこちらがおみゃあさんに教えていただいた元祖
Irma Thomas バージョンです。ソウルフルで迫力あって最高ですね。





【映画】 ノット・フェイド・アウェイ(原題)
2014年05月26日 (月) | 編集 |



ジェームズ・ガンドルフィーニが亡くなって6月で一年。
遅ればせながらギャンドルちゃん(みーすけさん風に呼んでみました)作品を少し観ていこうと思います。
まずは、日本未公開のこんな一本を。
ノット・フェイド・アウェイ(2012)アメリカ
原題:Not Fade Away
監督:デヴィッド・チェイス
出演:ジョン・マガロ/ジャック・ヒューストン/Meg Guzulescuジェームズ・ガンドルフィーニ
日本公開:
 
電車で出会ったミックとキースがブルースについてお喋りをしてローリング・ストーンズが誕生。2年後、ストーンズに憧れドラムを始めたダグラスは、ニュージャージーの楽器店の前でジョーと出会い、彼のバンドに加わった。
 
 60年代のアメリカを舞台に、バンドのメンバーとして青春を駆け抜けた若者の姿を描く音楽映画。
冒頭、ストーンズの出会いが描かれ、てっきりローリングストーンズ物語だと思ってね、
ギャンドルちゃんはメンバーの誰を演じるんだろうなどと思いながら観てたら、ちょっと違った(笑)
本作は『ソプラノズ』の製作者でもあるデヴィッド・チェイス監督が、スティーヴン・ヴァン・ザントと知り合って以来語りつくした60年代の音楽への思い出を映画にしたものであり、一部監督自身のバイオグラフィ的要素もあるのだそうです。



 
 60年代、ビートルズやストーンズに影響を受け、多くの若者がスターダムを目指したんですね。
アメリカに暮らすダグラスもまた、ロックに目覚めドラムを始めた若者の一人。
ガンドルフィーニの出演は『ソプラノズ』繋がりかな。
彼が演じるのは、ダグラスのお父さんでイタリアからの移民のパット。
労働階級で懸命に息子を大学に通わせるパットは、髪を伸ばしロックに没頭する息子を不良扱い。
そんなことならベトナムに行けという父親に息子は持論で応戦する。
ヒッピー全盛の頃、若者には若者の主張が確かにあったんですよね。





バンドメンバー間の確執、恋愛など時代を背景にした若者の夢と挫折を60年代のロックミュージックとともに見せる映画。
ダグラスを演じたジョン・マガロの歌声も悪くないし、スティーヴン・ヴァン・ザントが技術指導までしたバンドの演奏もなかなかいい。




 観てる間、映画がどこに向かうのかが見えにくく、話もあちこちにいく印象は否めないのだけど
終わってみれば、そんな時代だったんだなと不思議に穏やかな気持ちになりました。
何よりも思わずリズムに身体を揺らしてしまう懐かしい曲がいっぱいで、
この頃の音楽が好きなら観て損はないと思います。
ガンドルフィーニは最後は彼らしい可愛らしいところも見せてくれました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。