映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
さよなら、アドルフ
2013年05月30日 (木) | 編集 |



エバート氏two thumbs up塗りつぶしから、今日はオーストラリア作品『Lore』を。
さよなら、アドルフ(2012)オーストラリア
原題:Lore
監督/脚本:ケイト・ショートランド
出演:ザスキア・ローゼンダール、カイ・マリーナ、ネーレ・トゥレブス、ウルシーナ・ラルディ Lardi、Hans-Jochen Wagner、Mika Seidel、Andr? Frid、Camera Adam Arkapaw
日本公開:2014/1・11
 終戦前夜、ナチス党員のローレ一家は、銀食器とわずかな身の周りの物だけを持ち、逃げるように家を出た。村はずれの農家の離れに身を寄せる一家。しかし母は翌朝家を出たまま戻らない。農夫にも追い出されたローレは、幼い弟妹を連れ、ハンブルグの祖母の家に向かうことにした・・。

ホロコーストを描く映画は多いし、ヒトラー自身の陥落を描く映画もいくつか観たけれど、終戦後ナチス党員の家族に何が起きたのかを描くものは珍しいんじゃないかな。




本作は、タイトルロールのローレが、戦後、赤ん坊を含む4人の弟妹を連れ、祖母の家を目指す、一種のロードムービーです。
一家の長女であるローレは15、6歳といったところでしょうか。
彼女は『縞模様のパジャマの少年』のお姉ちゃんがそうだったように、ナチス崇拝の教育を受けているのでしょう。身を寄せた農夫への挨拶も「ハイル、ヒトラー!」のナチス式。
彼女は当然のようにユダヤ人を嫌い卑下している。
ところが、ヒトラーが死に、ドイツがアメリカ、ロシアなどの支配下に置かれるようになると、立場は逆転。
駐留のアメリカ兵はユダヤ人を擁護し、今度はナチス側が追われる身になるんですよねぇ。
映画は、兄弟のサバイバルな旅を描くと同時に、ローレが知ることになるナチスドイツの真実を、彼女の心の変化とともに描きます。



途中、ユダヤ人の身分証明書を持つトーマスという青年が現れ、ローレたちを助けるのだけど
ローレは彼に惹かれる一方で、ユダヤ人への卑下の気持ちを拭いきれない。
全てを委ねたいと思えば思うほど、憎悪を感じてしまうという皮肉に、洗脳の恐ろしさを感じます。

それでも旅を通し、ローレは徐々に真実を知っていく。
少女の目線でナチスの罪を描くと言うのはなんとも過酷で、女性監督らしいのかなと思ったり。
末っ子を赤ちゃんとし、周囲の思いを引き出しているのもうまいところで、
誰もが赤ちゃんにだけは優しいという描写には母性を感じました。

暗く重い内容だけど瑞々しく繊細に、ナチスの落とした影を、ローレの思春期ドラマに重ね描き挙げた秀作ですね。
エバート氏の満点評価も納得。これは面白かった。


      

トラックバック一覧

  1. 1. 「さよならアドルフ」は一人の女の子の破壊と再生の物語です。

    • [今昔映画館(静岡・神奈川・東京)]
    • February 12, 2014 20:06
    • 今回は、新作の「さよならアドルフ」を静岡シネギャラリー2で観て来ました。改装後は初めてなんですが、座席の前後の幅ができて、その分、スクリーンの近くまで座席が配置されるようになっていました。DCPによる上映は、メジャーシネコンと同じ画質になりまして、ここな
  2. 2. さよなら、アドルフ

    • [マープルのつぶやき]
    • August 14, 2014 10:18
    • JUGEMテーマ:洋画 「さよなら、アドルフ」 原題:Lore 監督:ケイト・ショートランド 2012年 オーストリア=ドイツ=イギリス映画 109分 PG-12 キャスト:サスキア・ローゼンタール      ネイ・トゥレープス      ウルシーナ・ラルディ



キルスティン・ダンストの 大統領に気をつけろ!
2013年05月30日 (木) | 編集 |





キルスティン・ダンストの 大統領に気をつけろ!<未>(1999)アメリカ
原題:Dick監督:アンドリュー・フレミング
出演: キルステン・ダンスト、ミシェル・ウィリアムズ、 ダン・ヘダヤ、 デイヴ・フォーリー、 ウィル・フェレル、 ブルース・マックロック、 テリー・ガー、 アナ・ガステヤー


いや~、これはウケた、ウケたw 
1974年にニクソン大統領を現役からの辞任に追い込んだウォーターゲート事件を題材に、事件を目撃した女子高生が繰りひろげる騒動を描く青春コメディ。
ワシントン・ポストの2人の記者がディープスロートと名づけた提供者からの情報を元に事件を暴いていくわけですが、本作はディープスロートは実は15歳の2人の女の子だったとする半フィクションな歴史コメディなのです。

女の子たち演じるのが、キルスティン・ダンストミシェル・ウィリアムズ!!
この映画が面白いのは、箸が転んでも可笑しい年頃の二人が、実に女子高生らしい関心からホワイトハウスに接近し、ニクソン大統領と係わっていくこと。
ミシェルに至っては大統領に恋してしまい、次第に綺麗になっていくしw 
偶然に見つけたある証拠から、大統領が嘘つきであると確信する二人は、傷つけられた乙女心へのリベンジと高校生らしい正義感で事件の証拠を得ようとする。後半の大活躍はちょっと行きすぎな感もあるけど、能天気さと大胆さを併せ持つ、ティーンならではのハチャメチャぶりが楽しい。
証拠テープの謎の空白は、そういうことだったのね、とかw
歴史的事実を絶妙に、しかもシモネタ絡みで盛り込んでいて最高でした。
そもそも、原題のDick(映画ではニクソンのニックネーム) って男性のアレだし、ディープスロートだってアダルト用語なのねw






『大統領の陰謀』でロバート・レッドフォードとダスティン・ホフマンが演じた記者を本作ではウィル・フェレルとブルース・マックロックと言う冴えない2人が演じてるのも笑える。





何よりも女子高生に翻弄されるニクソン大統領のあたふたぶりが最高で、ニクソンにそっくりなダン・ヘダヤがグッジョブ。
ホワイトハウスを去る日、ピースで飛行機に乗り込む歴史的なシーンにも爆笑
事件に詳しいほど、仕込まれたネタに笑えるはず。上手い作品ですよ。


■トラックバックいただいてます


Tracked from CINEmaCITTA&.. at 2013-05-30 00:24 x

タイトル : キルスティン・ダンストの 大統領に気をつけろ!
"ディープスロート" の正体は、じつはおバカな女子高生2人組だった 深夜放送で観ちゃいました~、のシリーズが出来そうですが・・・これも先日の放映でした。(・ω・)bグッ キルスティン・ダンスト と ミシェル・ウィリアムズ が演じる女子高生2人組が、なんとあの歴史的事件 "ウォーターゲート事件" の影の主役だった! ってな設定の仮想コメディです。 そうなんですよ~、あの事件をスクープしたワシントン・ポストの記者、 ボブ・ウッドワード と ......more




きっと、うまくいく
2013年05月28日 (火) | 編集 |



くろねこちゃんがツィッターでお薦めしてくれたインドの作品、DVDで観ました。
良かったよ~。
きっと、うまくいく(2009)インド
原題:3 Idiots
監督:ラージクマール・ヒラニ
出演:アーミル・カーン、 カリーナ・カプール、 R・マドハヴァン、 シャルマン・ジョシ、 オミ・ヴァイディア、 ボーマン・イラ
日本公開中
冒頭、離陸間際の飛行機内、携帯にかかった電話を受けた一人の男が、心臓麻痺を起こしたフリをして飛行機を降りる事に成功。そうまでして彼が向かう先には、10年前に謎の失踪を遂げたある人物がいるはずだった・・

ってな具合で始まる本作は、名門大学に入学した3人の若者の出会いと学生生活を、10年後の再会と交錯させつつ描き、学ぶことと友情の素晴らしさを謳い上げる青春人生賛歌です。

原題やポスターの画像から、ドタバタおばか映画とばかり思ったら違いましたね~。
小学校で20段の九九を習うほど教育水準の高いインド。
しかし一方で『スラムドッグ$ミリオネア』に見るように貧しい子供は小学校にもいけない。
名門大学に学ぶ主人公ら3人は選ばれた人ではあるけれど、入ってからの競争も厳しく、思いがけず深刻な事態にも見舞われる。それでも「きっとうまくいく」の言葉を合言葉に、互いに助け合い友情を深め、道を進んでいきます。
ともすればくさいとも思える描き方なのに、彼らの純粋さに心洗われ、友情に深く感動してしまいました。
どうみても本物に見える涙にもやられたなぁ。

しかし、これほど大きな友情を築きながら、卒業と同時にランチョーが姿を消したのは何故なのか。
そんな謎をミステリアスに盛り込みつつ、インドの教育事情や学歴主義などのお国事情を浮き彫りにする構成も面白い。
トンチの効いた台詞やユーモア、勿論インド映画らしく歌や踊りでも楽しませてくれます。

学ぶことの意味や価値観についても考えさせられました。これは良かった!




 

トラックバック一覧

  1. 1. 「きっと、うまくいく」は笑いと涙のエンタテイメント、ボリュームたっぷりのデカ盛り定食

    • [今昔映画館(静岡・神奈川・東京)]
    • June 02, 2013 23:40
    • 今回は新作の「きっと、うまくいく」を川崎チネチッタ7で観てきました。ボリウッド4本立て企画の1本目ということでミニシアター企画かと思っていたらシネコンでも上映していてびっくり。パンフレットは4本分で1冊なんですが、チネチッタの売店では、「これは4本分なの
  2. 2. 映画「きっと、うまくいく」 監督 ラージクマール・ヒラニ

    • [アンダンテ あっち行って ホイ♪]
    • July 07, 2013 11:41
    • 前評判 抜群 観た感想は期待を裏切らず それ以上 初めて知ったのは「あさイチ」のエンタメ情報 ブロ友さんの評判も上々でいやが上にも期待は高まります やっと観た感想は・・・大感動&100%楽しめる・・・ストーリーも映像も「 すってきな」作品でした


          ペパーミント・フラッペ
          2013年05月27日 (月) | 編集 |




           
          ペパーミント・フラッペ(1967)スペイン
          原題:Peppermint Frappé
          監督:カルロス・サウラ
          出演: ジェラルディン・チャップリン、 ホセ・ルイス・ロペス・バスケス、 アルフレード・メイヨ、 エミリアーノ・レドンド、 アナ・マリア・カストディオ


          中年の独身の医者フリアンは、幼馴染のパブロと再会し、新妻エレナに目を奪われる。
          エレナはかつて出会い、フリアンの心を占領する憧れの女性だった・・・。

          スペインのカルロス・サウラ監督の初期の作品です。

          主人公は幼馴染の妻に恋心を募らせていく中年男フリアン
          彼は医院に働くナース、アナをエレナ風に改造し始める。
          このアナとエレナの両方をジェラルディン・チャップリンが演じているところがミソで
          地味でコンサバな黒髪のアナとファッショナブルで奔放なブロンドのエレナは別人のよう。



           




          徐々にフリアンに心を惹かれていくアナ。
          しかし、フリアンに思わせぶりな態度をとりつつも、エレナの思いは夫にあり
          そのことはフリアンにとんでもない行動を起こさせるんですねぇ。
          タイトルのペパーミント・フラッペはフリアンの好物で
          クラッシュした氷にペパーミントを注いだ爽やかな色目が美しい飲み物ですが
          これが誘惑の様々なシーンで使われ、最後には思わぬ凶器にも・・

          中年男の歪んだ恋の結末は驚愕のもの
          結局エレナがフリアンの憧れの女性だったかどうかも曖昧なまま、アナがエレナと一体化してしまった。さらにはエレナをも超え、フリアンの欲するものへと変貌したとも言えるラストシーンはファンタジックでもあり不思議な後味を残します。


          おしゃれで陰湿、傲慢でミステリアス
          カルロス・サウラ監督の才能の一端を感じる作品かと思いますね。
          ちなみにこの映画がもとで監督とジェラルディン・チャップリンは結婚
          まだ若くてかわいらしいジェラルディン嬢ですよ。
          ブニュエルにオマージュを捧げた作品だそうです。









          藁の楯 わらのたて
          2013年05月27日 (月) | 編集 |
          日本滞在最終日(帰国前日)、夫は東京で2件の仕事が入ったため私のみ成田に直行。
          ホテルにチェックインしたあと、夕方までの時間をイオンモールで潰し、ついでに映画を観てきました。
          映画館のチラシをチェックしたのが3時ちょっと前。映画の開始が3時25分。。。
          でもホテルに着いて、お菓子を少し食べただけだったので、迷った挙句フードコートへ。
          よせばいいのに、ばくだん丼セットなる、ねばねば系丼にお蕎麦のついたセットを6分ほどでかっ込み、行ったこともない映画館へと走ったのでした。どんだけ早食い大将やネン!
          というか、もっと味わって食べたかった(笑)


          藁の楯 わらのたて(2013)日本
          監督:三池崇史
          出演:大沢たかお、松嶋菜々子、藤原竜也、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗、余貴美子、山崎努
           政財界を牛耳る蜷川の孫娘が殺され、事件の3か月後に、蜷川によって容疑者・清丸のクビに金がかけられる。その額は10億円。日本中がその額に色めきだつ中、恐怖を感じた清丸は自首。銘苅、白岩ら警視庁警備部は、清丸の身を守り、彼を移送する任務を受ける。

          ってなわけで、『藁の楯』観てきました。
          観てて思ったのは、日本もこんな大掛かりな映画を作るんだなぁと言うこと。
          カークラッシュなどのアクションも派手、機動隊などのエキストラも相当な数だったでしょう。
          噂に違わずエンタメ性があって面白いですよね。
          なんたって、10億円の懸賞目当てに、日本中が清丸の命を狙うと言う設定が面白い。
          刺客がどこから現れるか分らないばかりか、内部の誰が裏切り者か分らないところが緊張感を生む。
          そんな中、護送を担当するSPらの葛藤が描かれるわけですが、
          「こんな虫けらみたいなヤツを命をかけて守る意味があるのか」と言った台詞は早いうちに出てくるので、後半は何か他のメッセージがあるのだろうと期待したんですが、
          肝心の大沢たかおのキャラがブレてるというのか、彼を突き動かすものの正体が正義とはちょっと違ったものだったところに、個人的には少し冷めてしまい、ドラマとして物足りなかった。

          全体的に男性コミック誌の原画を観てる感じでしたね。
          勿論それを実写にしちゃったのは天晴れというべきでしょうが。
          アクションスリラーとして退屈せずに観たけど、感動は残らず観終わってモヤモヤした。

          清丸を演じた藤原竜也の、天使の顔をした悪魔っぷりが良かったですね。
          性犯罪に走るものの本性は揺るがない。
          こんな輩を精神鑑定にかけたりして保護しては、死んだものは浮かばれない。
          その辺りが隠されたメッセージだったかしら。





                

          トラックバック一覧

          1. 1. ■藁の楯■’13(邦2)

            • [ティアドロップス〜涙の数だけ〜]
            • May 27, 2013 16:30
            • ■藁の楯■     チェック:『ビー・バップ・ハイスクール』シリーズで知られる漫画家の木内一裕の小説家としてのデビュー作品を、三池崇史監督が映画化したサスペンス・アクション。凶悪な殺人犯に10億円の懸賞金がかかり、犯人を移送することになった刑事たち
          2. 2. ◆藁の楯◆ 劇場にて

            • [■翔room CINEMA■]
            • May 28, 2013 08:35
            • 藁の楯  2013年/日本/125分       監督 : 三池崇史 出演 : 大沢たかお /松嶋菜々子 /岸谷五朗 / 伊武雅刀 /永山絢斗 / 余貴美子 /藤原竜也 /山崎努       観てきた────♪   たかおが待ってるから────♪
          3. 3. 駄作か?名作か?カンヌで酷評?『藁の盾』

            • [字幕映画のススメ]
            • May 29, 2013 00:14
            •       『 藁の盾 』(2013)   原作は 木内一裕 。40代以上の方は懐かしいと思う あのヤングマガジンで『 ビーバップ・ハイスクール 』を描いていた 漫画家、 きうちかずひろ 氏の小説を元に 三池崇史 が演出。 九州・鹿児島から東京
          4. 4. 映画「藁の楯〜わらのたて」 2013年 監督 三池崇史

            • [アンダンテ あっち行って ホイ♪]
            • May 29, 2013 12:09
            • 本日公開の「藁の楯」観ました 期待以上に面白かった!  エンタメ作品でありながら ちょっと考えさせられもして アクションというより日本という大きな密室での 息詰まる神経戦の様でもありました   作中のセリフにもあるように「誰にでも何か はある・
          5. 5. 『藁の楯』

            • [京の昼寝〜♪]
            • August 29, 2013 12:37
            • □作品オフィシャルサイト 「藁の楯」□監督 三池崇史□脚本 林 民夫□原作 木内一裕□キャスト 大沢たかお、松嶋菜々子、岸谷五朗、伊武雅刀、永山絢斗■鑑賞日 4月29日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<
          6. 6. 映画『藁の楯』を観て

            • [kintyre's Diary 新館]
            • September 14, 2013 23:00
            • 13-35.藁の楯■配給:ワーナー・ブラザース■製作年、国:2013年、日本■上映時間:125分■観賞日:4月29日、TOHOシネマズ渋谷■料金:1,800円□監督:三池崇史◆大沢たかお(銘苅一基)◆松嶋菜々子(白岩篤子)◆岸谷五朗(奥村武)◆伊武雅刀(関谷賢示)
          7. 7. 藁の楯

            • [マープルのつぶやき]
            • September 19, 2013 09:17
            • JUGEMテーマ:サスペンス映画全般「藁の楯」監督:三池崇史2013年  日本映画  124分キャスト:大沢たかお     松嶋菜々子     岸谷五朗     伊武雅刀     永山絢斗     藤原竜也少女惨殺事件が起き、その犯人として清丸が指名手配される
          8. 8. 「藁の楯 わらのたて」 言い訳

            • [はらやんの映画徒然草]
            • September 23, 2013 15:14
            • しかし、三池崇史監督の作品というのは、いつもいつも大きな熱量を持っているな、と思
          9. 9. 藁の楯 わらのたて

            • [いやいやえん]
            • September 24, 2013 09:36
            • 懸賞金10億のクズ(-凶悪犯-)を、命懸けで移送せよ! たしかに10億もの賞金をかけられてたら、真剣に探しちゃうかも、殺意向けちゃうかも、という荒唐無稽さはありますが納得出来る部分もあり。 孫娘を殺された財界の大物が、その犯人と思われ指名手配をされている清丸
          10. 10. ◆藁の楯 わらのたて。

            • [「らりるれろ」通信 Remark On The MGS]
            • June 04, 2014 02:50
            •               「藁の楯 わらのたて」(2013)。 監督三池崇史 出演 大沢たかお      銘苅一基    松嶋菜々子       白岩篤子    岸谷五朗         奥村武    伊武雅刀         関谷