映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

孤島の王
2012年05月31日 (木) | 編集 |
ノルウェーのバストイ島の少年更正施設で実際に起きた脱走劇を描くサスペンス。
ノルウェーの権威あるアマンダ賞で作品賞、脚本賞など4部門を制した作品です。



孤島の王
2010年(ノルウェー・フランス・スウェーデン・ポーランド)
原題:Kongen av Bastoy
監督:マリウス・ホルスト
出演:ステラン・スカルスガルドクリストッフェル・ヨーネル
ベンヤミン・ヘールスタートロン・ニルセン

 1915年、ノルウェー・バストイ島の非行少年矯正施設に
非行少年エーリングが送られてくる。
ここでは厳しい規律の元、少年たちは重労働を課せられ、共同生活を送っている。
エーリングはやがて、模範的な施設という表の顔とは違う院の実態に直面し、
反抗心をあらわにしていく。

監督のマリウス・ホルストがこの映画を撮ろうと思ったのは
偶然にこの施設で少年時代を過ごした老人から話を聞いたからだそうです。
理想の矯正施設と思われたバストイ島では、
見せしめとしての暴力や、性的虐待までもが存在したことに驚き
今にも通じる問題として、リサーチに基づき真相を映画にしたのだとか。




少年たちはc-19などの通し番号で呼ばれ、個人などあってないようなもの。
その多くが犯罪者ではなく、孤児であったことにも驚きます。
エーリングの存在は少年たちに変化をもたらします。
不屈な精神で虐待に抗議し、施設からの脱出を図るとするエーリングに
初めは戸惑っていた少年たちも、徐々に共鳴し、
密かに期待と羨望を持ちはじめる。
少年たちの心の変化の描き方が丁寧で、演技も秀逸。
極寒のノルウェーでの撮影はかなりハードだったことでしょうが
その厳しさが映画に陰鬱さと重みを与えてますね。

途中、エーリングの回想シーンとして、銛を打たれ、傷つきながらも
必死に生き延びようと荒れ狂う鯨の姿が何度も映し出されます。
それは次第に屈強な精神で立ち向かう
エーリング自身の姿に重なって見えました。

厳格な院長を演じるのがステラン・スカルスガルド
おそらくは理想的な院を目指す教育者が、欲や名声、しがらみから
変わっていったのか。悲しき孤島の王を静かに演じて映画を引き締めます。

閉鎖された環境で、虐待に苦しむケースは
100年経った現在も、そこここであるのでしょう。
重い作品ですが、監督のメッセージは感じる作品で見ごたえがありました。

★★★★


スポンサーサイト
ソダーバーグ新作『エージェント・マロリー』
2012年05月30日 (水) | 編集 |
スティーヴン・ソダーバーグの新作は、美貌の格闘家ジーナ・カラーノを主演に迎え
本格的アクションで魅せるスパイものスリラーです。



エージェント・マロリー
2012年(アメリカ)
原題:Haywire
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ジーナ・カラーノマイケル・ファスベンダー
ユアン・マクレガービル・パクストン
チャニング・テイタムアントニオ・バンデラス
マイケル・ダグラスマチュー・カソビッツ、マイケル・アンガラノ



ジーナ・カラーノ演じるマロリーは、民間軍事業のもとで働く女工作員。
バルセロナで人質事件を成功に収めた直後、
経営者ケネスの指示でダブリンへと飛ぶ。しかしそれは罠だった。




ソダーバーグに見出され、映画デビューを飾った主演のジーナ・カラーノは、
アメリカで美貌実力ともにナンバーワンの格闘家らしく
身体能力の高さを見せ付けます。
アクションもCGでそれなりに見せることは可能な昨今とはいえ
本物のアクションが一味違うのは、ジェイソン・ステイサムの映画を観ても明らかで
カラーノの存在は、アクション映画に新しい風を吹き込みそうな予感。

内容はダブリンで突如命の危険にさらされることになるマロリーが
陰謀の元を探りながら立ち向かうさまを描くというシンプルなものだけど
女優としては素人のカラーノを支える俳優人がたいそう豪華でね
民間軍事事業所の所長ケネスにユアン・マクレガー
事業所に委託する政治家にマイケル・ダグラス
バルセロナでコンビを組むエージョントにチャニング・テイタム
ダブリンで恋人を装うイギリス人諜報員にマイケル・ファスベンダーなど!!

時間軸が前後することから、最初少し判りにくいですが
殴る蹴るの格闘技的アクションにこだわった本作は
女相手に死闘を繰り広げる有名俳優たちの姿に唖然とする
これが正しい見方ですねw

はさみ技に至ってはレナ・オリンか!?だし、
さり気にユーモラスで楽しめました。
さて、カラーノにボコボコにされるのは誰でしょう(笑)

バルセロナでの一連のシーンを映像のみで見せるなど
ソダーバーグの実験心も垣間見れます。

日本公開は9/28~

★★★☆




『脱出』苦い後味を残すサバイバル映画の秀作
2012年05月29日 (火) | 編集 |

今日は究極のサバイバル映画ということで、本作をチョイス。
冒険心を楽しもうと山間の川下りに挑んだ男たちが、思いがけない事態に遭遇し、
危険からの脱出に命をかけることになるサスペンス・アドベンチャー。
ジェームズ・ディッキーの原作をジョン・ブアマンが監督しました。



脱出

1972年(アメリカ)
原題:Deliverance
監督:ジョン・ブアマン
出演:ジョン・ヴォイト、バート・レイノルズ、ロニー・コックス
ネッド・ヴィーティ、ビル・マッキーニー

ダム建設によって消えてしまう前に川下りをしようと
田舎の渓谷にやってきた都会の4人組が
地元住民とのトラブルから、とんでもない危険にさらされるという話です。

いわゆる「田舎に行ったら襲われた」系の作品ですが、
巨乳ギャルが逃げ惑う『テキサスチェーンソウ』の類と違うのは
4人組のムサい顔ぶれを見ればおわかりでしょう。





「俺が男だ」風のバート・レイノルズは弓まで持ってる(汗)
これが良かったのか悪かったのか、
地元の山男ヒルビリーに襲われ、思わず反撃に出た彼らは
ヒルビリーの恨みを買い、執拗に追われることとなる。

そこからは、こんな物騒なところ早く逃げ出せ~っていう
脱出アドベンチャーになるわけです。
しかし、この映画の面白いのはそれだけにとどまらない。
それぞれに知性も良識もあり、無教養で野蛮なヒルビリーたちと
対照的に描かれていたはずの都会人たちが
危機に瀕すや、ヒルビリー以上の暴力性を露にする。
さらには全ての隠蔽を図るなど、利己的な手段に出るわけですから、
本当に怖いのはどっちだって話。
 
この映画でヒルビリーと呼ばれる人たちのことを垣間見ることができますね。
まず立ち寄った給油所でロニー・コックスのギターとセッションを見せるバンジョー少年。
彼らが演奏する「デュエリング・バンジョー」も素晴らしく、映画の見所の一つですが、この少年、風貌からどうやら精神障害がある様子。
さらに民家を覗けば、枯れたばあちゃんと、やはり障害のありそうな女の子。
おそらくは近親者による結婚により、障害児が多く生まれているのでしょう。
また若い女性の姿など一切見なかったように、
この村では男たちは女に不自由しているのかもしれない。
まぁ、それが事件のきっかけにもなっていくんですけどね。
これが映画デビューとなるネッド・ヴィーティのお気の毒な姿には・・
すみません、笑いますw

川下りの様子は迫力で、手に汗握るシーンの連続。
予算を抑えるため、出演者には保険もかけられてなかったそうで
ジョン・ヴォイトの崖のぼりもスタントなし。
バート・レイノルズに至っては、急流を下る際に尾てい骨を骨折したらしく
一番活躍するだろう思われた彼が、後半は足を骨折し、ただ寝てるだけという役割。
最後の脱出シーンでは、カヌーで大人しく気絶してなきゃいけなかったでしょうに
痛みを訴えギャーギャー騒いでましたよ。いやはやお気の毒。

閉鎖的な田舎の歪んだ恐ろしさを感じると同時に
人間の弱さや醜さも知ることになる本作は
単なるサバイバル映画と一味違う後味を残す傑作です。

旧ブログ記事に加筆しています。

★★★★☆




『黒衣の花嫁』 トリュフォーからヒッチコックへのオマージュ
2012年05月28日 (月) | 編集 |
しつこく「ブラック」繋がりで、今日はフランソワ・トリュフォー作品を。
コーネル・ウーリッチのミステリ小説をジャンヌ・モロー主演で映画化した『黒衣の花嫁』です。



黒衣の花嫁
1968年(フランス/イタリア)
原題:La mari?e ?tait en noir
監督:フランソワ・トリュフォー
出演:ジャンヌ・モロージャン=クロード・ブリアリ
ミシェル・ブーケシャルル・デネクロード・リッシュ
ミシェル・ロンズデール


コートダジュールで独身生活を楽しんでいた男、
その近くの町の銀行員、若手政治家……と
連続殺人が起こる。その現場にはいつも謎の女性がいた。
彼女の目的は何か……。(映画.comより)




ジャンヌ・モロー演じるヒロインは5人の男たちを冷徹に殺していく。
その目的は何かという作品。

ヒッチコックを尊敬するトリュフォーが、ヒッチコックにオマージュを捧げたものだそうで
音楽に『サイコ』などで知られるバーナード・ハーマンを起用したことで
ヒッチコックらしい風合いの作品に仕上がってますね。

タイトルからも想像できるし、早々に明かされるので書きますが、
モローは花婿を殺された復讐を果たそうとしてるんですね。
幼い頃から彼だけを見つめて大人になり、ようやく結ばれたと思った矢先・・
そう思うと非常に切ないものがあり、モローの気持ちも理解できる。

ただね、年齢的にちょっと「?」なんですよね。
5年の準備期間があったとは言え、モローは老けすぎな気が(汗)
何よりも違和感があったのは、モローさんが少し太り気味なところ。





復讐手段の多様さが面白い。
姿を見せることなく、復讐を締めくくるラストシーンに
オーケストラのウェディングマーチが高鳴る、これが見事でした。

★★★★



リドリー・スコット『ブラックホーク・ダウン』
2012年05月28日 (月) | 編集 |
今日は今月のキーワードリドリー・スコットから
監督作品『ブラックホーク・ダウン』を。ブラック繋がりだしw
ソマリア内戦への国連介入と失敗を描くノンフィクション小説『ブラックホーク・ダウン アメリカ最強特殊部隊の戦闘記録』をもとに、1993年にソマリアで起こった市街戦を描く戦争映画です。



ラッホーク・ダウン
2001年(アメリカ)
原題:Black Hawk Down
監督:リドリー・スコット
出演:ジョシュ・ハートネットユアン・マクレガー
トム・サイズモアサム・シェパードエリック・バナ
ジェイソン・アイザックスウィリアム・フィクトナー
ユアン・ブレムナー、ガブリエル・カソーズキム・コーツ
オーランド・ブルームトム・ハーディ



ソマリア内戦は記憶に新しいところですが、米軍を含む国連が介入し
こんな壮絶な戦いを繰り広げたことも漠然としか知りませんでした。

内戦の激化で難民の飢餓が国際問題となり、
国連はアイディード派による敵対者たちへの軍事的包囲をやめさせ、
飢餓を救うべく、軍事介入を行います。
そんな中、国連の構成メンバーである米軍は、モハメッド・ファッラ・アイディードの副官2名を捕らえる作戦を独自に計画。
30分で終わると思われたその作戦は15時間にも及び、
結果、市民を含む多数の死傷者を出しながらミッションは失敗。
その壮絶な市街戦「モガディッシュの戦闘」を描くのが、本作なんですね。
ちなみにタイトルは、米軍ヘリブラックホークの撃墜を確認した通信時の言葉
「We got a Blackhawk down」から。

米軍の軍事作戦の中でも史上最悪と評される戦いとなってしまったわけだけど
リアルな映像の迫力に圧倒される作品でした。
アイディード派は情報を素早くキャッチし、手回しをする。
一般市民を民兵の前に置くことで、射撃をためらわせるなど
長く内戦を戦ってきただけあって、彼らは思った以上に賢く強い。
一方作戦を戦う米軍兵士の中には、人を撃ったこと等ない兵士もいる
米軍の考えの甘さも露呈するところです。

『ホテル・ルワンダ』で、国連の介入が及び腰だったのには
この作戦の失敗も無関係ではない様子。
軍事介入の難しさを考えさせられますね。
何故他国の戦争を闘うのか、兵士でさえ答えを見いだせない。でも、飢餓やジェノサイトを見逃すことはできない。
兵士たちは、極限状態の中、命を差し出し戦っているわけで
国の方策は置いておいても、この作品で描かれる兵士一人一人の志は尊く
胸に迫るものがありました。





豪華出演者の中で印象的だったのはデルタ・フォースの軍曹を演じたエリック・バナ
彼が戦争を戦うのは、ヒロイズムからではなく、
そこに戦争があり、救うべきものがある限りは戦い抜くという姿勢。
病的に描かれてはいないけれど、
彼の中にも『ハートロッカー』のジェレミー・レナーを見た思いです。

本来参加するはずの無かったレンジャー班のユアン・マクレガーが
怪我人に代わって作戦に参加することになり、建前と本音の複雑な表情を見せる。
そうだよなぁ、誰だって怖いよね、と共感を呼ぶ役どころですね。

主演にジョシュ・ハートネット
兵士の中にトム・ハーディがいたのは嬉しい発見でした。
これがハーディのハリウッドデビュー作品だったんですね。

★★★★


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。