映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ミスト
2008年05月28日 (水) | 編集 |


2007年(米)
監督・脚本:フランク・ダラボン
原作:スティーヴン・キング
出演:トーマス・ジェーン/マーシャ・ゲイ・ハーデン/ローリー・ホールデン/アンドレ・ブラウアー/トビー・ジョーンズ
ウィリアム・サドラー/ジェフリー・デマン/フランシス・スターンハーゲン/アレクサ・ダヴァロス他
【ストーリー】
のどかな田舎町を襲った激しい嵐の翌日、デヴィッドは湖の向こう岸に発生した異様に深い霧に懸念を抱きながら息子と共にスーパーマーケットへ買い出しに出掛けた。するとやはり、その濃い霧は間もなく買い物客でごった返すマーケットに迫り、ついには町全体を飲み込むように覆っていく。人々がマーケットに缶詰状態となる中、霧の中に潜む不気味な触手生物を発見するデヴィッド。彼を信じた者たちはただちに店のバリケードを作り始め、武器になる物もかき集める。その一方、骨董品店の女主人カーモディは狂信めいた発言で人々の不安を煽ってしまう。そして夜、突如として霧の中から現れたものは‥。
■感想
キング原作のホラーで「ショーシャンクの空に」のフランク・ダラボン監督・脚本とあって期待していた作品です。

キャッチコピーの
霧(ミスト)の中には“何”が待っていたのか──
映画史上かつてない、震撼のラスト15分   も大変気になるところでした。

いやいや。凄い作品でしたね。
得体の知れない霧に包まれた「なにか」が突如静かな街を襲い、スーパマーケットに缶詰になる人々。

「なにか」の正体は何なのか。街の住民はこの「なにか」から逃れることができるのか。
そして主人公デヴィッドは息子を守り通すことができるのか‥。

かつて遭遇したことのない恐怖に対峙する人々の反応がそれぞれに描かれます。

おぞましいものがいっぱい出てくるわけだけど、一番おぞましかったのはマーシャ・ゲイ・ハーデン演じる狂信者でした。
人の不安につけ込んで、自分こそが神から選ばれたものだと陶酔し、暴走してしまう。
「シャラーーーーープッ!!!!!」と叫びたくなりましたね。
新興宗教に傾倒していく人たちってこんな感じなのかと、身震いする思いでした。

そしてこの作品の面白いところは(面白いと言っていいかどうか、、ですが)
ことごとく期待を裏切られるところです。想定の範囲内ということが存在しない!

一見いかにも鈍臭そうなスーパーの店員オリーが、勇敢なカッコいいヤツだったり、
店一番の可愛い店員が醜い姿で死んでいったり、、(哀)

勇敢に行動したことが、必ずしも良い結果を生まず、傍観者が美味しい思いをしたり‥。
あー、あまりにも不条理です。

そして問題のラスト、、まさに驚愕でした。
哀しすぎました。号泣したくなりました。

それでも人間の業や弱さを描いたパニック映画としては見応えのあるものでしたね。

ただ、あまりに救いがない映画は辛いものがあります。。

追い込まれた人々の心理、人間の醜さ、文明や宗教への批判を含めながら
信じていたことが、必ずしも正しいわけではない、、ということも思い知らされ金槌で頭を殴られたような気分でした。