映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】クリミナル 2人の記憶を持つ男
2017年02月26日 (日) | 編集 |
Criminal-001.jpg  

クリミナル(2016)イギリス/アメリカ
原題:Criminal
監督:アリエル・ヴロメン
脚本:ダグラス・S・クック/デヴィッド・ワイズバーグ
出演:ケヴィン・コスナーライアン・レイノルズゲイリー・オールドマン/トミー・リー・ジョーンズ/ガル・ガドット/マイケル・ピット
【あらすじ】
謎のハッカー“ダッチマン”の居場所を知るCIAエージェントが任務中に死亡した。世界を救う最後の希望として彼の記憶は死刑囚ジェリコに移植され・・

【感想】
ケヴィン・コスナーがすっごい犯罪者を演じてると話題の本作。”2人の記憶を持つ男”という副題にもそそられました。
criminal2.jpg
冒頭、何者かから追われる様子のビリー(ライアン・レイノルズ)が捉えられ拷問の挙句に非業の死を遂げる
彼はCIAのエージェントで、謎のハッカー「ダッチマン」の居場所を知る唯一の人物だったことが分かります。

ダッチマン(マイケル・ピット)がテロリストに利用されれば世界は大変なことになるってんで
CIAはビリーの情報に辿りつく手段として、彼の脳を他人に移植するという荒業に出るんですな。

CIA指揮官はわれらがゲイリー・オールドマン。脳外科医にトミー・リー・ジョーンズ。
そして脳を移植され「2人の記憶を持つ男」になってしまうのがケヴィン・コスナーです。

これは面白かったね。



ケヴィン演じるジェリコという男、グリコみたいな名前で可愛いですが、これが折り紙付きの極悪人で
まずはケヴィンの悪童ぶりを堪能。
criminal3.jpg
彼はビリーの脳を移植させられたばかりに、CIAとテロリストの攻防に巻き込まれていくわけなんですが
面白いのはモラルもへったくれも持たない男が、移植されたビリーの脳に影響され始めるところ。

店員に悪態をついたかと思えば、そのあと謝ったりする。
そして、今謝ったのは自分じゃないからと言い訳するのがかわゆいの。

まぁね、記憶をつかさどる「脳」の移植が行動や人格に影響を与えるというのは眉唾で、ツッコミどころをあげればきりがないけども、極悪人が人の心を持ち始めるところにグッとくるのです。
しまいには犯罪者として身につけた技と、CIAエージェントのスキルの両方を駆使してテロリストに挑むというのが、一種ユーモラスでもあり、面白い。
criminal-poster1.jpg
ビリーには愛する家族がいて、ジェリコの中のビリーの家族愛がその原動力になってるんですが・・
もしも、もしもね、ジェリコを若くてカッコいい俳優さんが演じていたとしたら、妻ジル(ガル・ガドット)との間にロマンスが生まれても受け入れるかもしれないけれど、ケヴィンではあまりも老けすぎだよね。(身も蓋もなくてスマンw)
ともあれ、ジェリコの思いの処理があいまいなのは続編への布石なのか、そこのところはちょっとモヤっとしたな。

ライアン・レイノルズの役は『セルフレス』を思いだすところ。
家族への思いを残し死んでしまったものとして、『ゴースト ニューヨークの幻』みたいなことになるのかなと思ったら、後半に出番がなくてお気の毒。

続編は『ゴーストエージェント 2人の記憶を持つ男』でお願いします。

お気に入り度4.1


【映画】ジョン・ウィック チャプター2
2017年02月13日 (月) | 編集 |
john-wick-2.jpg

 ジョン・ウィック チャプター2(2017) アメリカ
原題:John Wick Chapter2
監督:チャド・スタエルスキ
脚本:デレク・コルスタッド

出演:
キアヌ・リーヴス/コモン/ローレンス・フィッシュバーン/リッカルド・スカマルチョ/ルビー・ローズ /ジョン・レグイザモ /イアン・マクシェーン

【あらすじ】


【感想】
 前作が面白かったので、初日に行ってきました。ジョン・ウィック 続編でございます。

johnwick0022.jpg


主演は勿論キアヌ・リーヴス
前作で妻に贈られた子犬を殺され、ロシアン・マフィアのバカ息子に復讐した元殺し屋ジョン・ウィック。
ボロボロになりながらも新しい犬も買い、何とか日常に戻ったジョンだったが、奪われた愛車のことが忘れられず
レグイザモ働く闇の修理工場に足を運んで第2ラウンド開始ww

まだ顔の傷も癒えないうちから、続編作られるの早かったね(笑)
まぁ、誰かを殺ればそこに恨みも生じるわけで、復讐合戦がエンドレスなのは闇の世界も表の世界も同じ事。

そのうちに恩のある大物に殺しを依頼されたりして、テンポラリーに殺し屋稼業に復帰するジョン。
キアヌがまたしても凄腕を披露してくれるんですが、
今回はコメディ色が強くなってまして、キアヌが一言発するたびに会場に笑いが起きるというね。
壮絶アクションとシュールな可笑しみのマッチングがたまりません。

前作でもホテルと闇の殺し屋組織の繋がりを垣間見せていたのだけど、今回はその組織の断片がまた見えてきて
しかもそれがとてつもないスケールであることを匂わせる。
組織で使われる黄金のコインとか、今どきのネットワークとアナログな通信手段との対比とかも目新しい。
高級紳士服屋の裏の『キングスマン』しかり、日常からかけ離れた世界観をいかに構築するかが成功のカギですね。
johnwick2-10082016.jpg


後半になるにつれアクションが迫力を増してくるのも、流石スタントマン出身の監督。
見せ方をわかってらっしゃる。

今回キアヌは格闘技でも頑張ってました。
チャプター3はさらにとんでもないことになりそう!!


お気に入り度4.3









【映画】コードネーム U.N.C.L.E.
2016年10月17日 (月) | 編集 |
5535d08d8fb2ffef5c5199d5c809f00e.png  

コードネーム U.N.C.L.E.(2015 アメリカ
原題:The Man from U.N.C.L.E.
監督/脚本:ガイ・リッチー
出演:ヘンリー・カヴィルアーミー・ハマーアリシア・ヴィキャンデル/エリザベス・デビッキ/ジャレッド・ハリス/ヒュー・グラント

【感想
1960年代の人気TVシリーズ『0011ナポレオン・ソロ』をヘンリー・カヴィルアーミー・ハマー主演で映画化したスパイアクションです。

ケネディ大統領がご存命の60年代前半、ナチスの残党が核兵器を入手しテロを起こそうとしているとの情報の元、CIAのエージェント、ナポレオン・ソロ(ヘンリー・カヴィル)と、KGBの工作員イリヤ・クリヤキン(アーミー・ハマー)が協力して世界を核の脅威から守るという話。

実はガイ・リッチーのスタイリッシュチックなアクション映画はちと苦手で、『ロック・ストック~』も、完全に忘却の彼方だし、案の定本作も、随分前にレンタルして何度トライする者の案の定前に進まない。
前半部分で10テイクはしたな。

ただし、今回はヒロインのアリシア・ヴィキャンデル含む主役3人がよくて
中盤から面白く観てしまった。
UNCLE-textless-Empire-poster-by-HenryCavillOrg.jpg


ヘンリー・カヴィルは軽いノリでもカッコいいし、ロシア訛りで超人的な肉体能力を誇る反面、ガラスメンタルなアーミー・ハマーも素朴でいい。
米ソのスパイガジェットを対比させつつのテンポ良い二人の掛け合いは楽しいし、アクションの見せ場もある。
60年代ファッション雑誌から抜け出したみたいなアリシアちゃんを射止めるのはどっちだ?
いや、ソロの好みはイリヤなのか?的な楽しみもあって、こうなると続編を観たくなるな。
holding-man–from-uncle-costume-designer-interview

英国男優総選挙の発表もまじかとなり、50人斬り無理そうで焦ってますがw
ヒュー・グラントも出てたね、ってことでエイヤ!と斬っときます(笑)


関係ないけどローマを愛犬とお散歩するアーミー・ハマーがナチュラルすぎてツボ
Armie_Hammer_walks_dog_Rome_AOTjdCAHBwJl.jpg


ブログパーツ


【映画】デイ・アフター 首都水没
2016年09月15日 (木) | 編集 |
e6ddb60da8a6d807776fcfe871e5c4b7.jpg  

デイ・アフター 首都水没(2007 イギリス/南アフリカ/カナダ
原題:Flood
監督:トニー・ミッチェル
脚本:ジャスティン・ボドル  / マシュー・コープ
出演:ロバート・カーライル
 ジェサリン・ギルシグ/ トム・コートネイ/  ジョアンヌ・ウォーリー/ デヴィッド・スーシェ/ 
 マーティン・ボール/トム・ハーディ

【あらすじ
スコットランド地方がハリケーン並みの暴風雨に襲われる中、エンジニアのロブ(ロバート・カーライル)はテムズ河口に設けられた巨大堤防・テムズバリアの点検にやってくる。ロブと疎遠になっている父親で天才科学者であるレナード(トム・コートネイ)は以前から指摘しているバリアの欠陥から、暴風雨による高波がロンドン市街を襲う危険性を気象庁に指摘するが・・

感想
主にテレビドラマの分野で活躍するカナダ人監督トニー・ミッチェルによるディザスター映画です。
主演にロバート・カーライル、若きトムハがちょい役で出ております。

いや~、はしょったね。
冒頭、いきなり洪水が起きてトムハが流され、カーライルさんが河に飛び込み、みんなあたふた。
てっきりダイジェスト版の予告が始まったのかと思いきや、本編だったっていうね
何が何だかわからず、観てるこちらがパニック状態。そっち系のディザスター映画?
長けりゃいいってもんじゃないけど、短けりゃいいってもんでもないでしょうよ。
ついでに言うと、いかにも『デイ・アフター・トゥモロー』にあやかったこの邦題はなんだんねん。
flood480.jpg
これ、でもダイジェスト版(笑)のあとは、洪水の被害を食い止めるため奮闘する人々の姿を描いていて結構まじめな映画なんですよ。

日本も津波対策に大防波堤を作るという話があったけど、あれどうなったんだっけ?
ロンドンではテムズ川にテムズバリアという障壁があって、これが水位を調整し災害に備えているらしい。
映画の中では、天才科学者のレナードがバリアの問題点を指摘し、独自に研究を進めていた。
未曽有の災害が起き、政府はそれまで無視していた博士に相談し、なんとか解決策を探ろうとするわけ。
Flood-20073.jpg
博士にはバリアの建設に関わったエンジニアの息子ロブ(ロバート・カーライル)がいて、確執のあった父と息子の和解がドラマを盛り上げるという作り。
トムハはこの頃はまだ無名の若造ですが、先輩格のビル(一枚目の写真左:荒井注さんじゃないよ)と一緒に地下鉄内で洪水に遭遇し、サバイバルするザックをアクション交じりに演じていて、出番は少ないながら光るものがあるよ(ひいき目)。
fd02ff8ac2b94c24c1aba6d2d713df0b.jpg
ちなみに今日(9/15)はトムハの39回目のお誕生日💛


全体としては、水没するロンドンの街など、どうやって撮ったんだろうと思う映像もあるけれど、サバイバル系のパニックアクションを期待すると、期待外れとなるかな。パニックシーンと役人たちが机上の論を闘わせるシーンが交錯するためリズムが悪いんですよね。

Flood4.jpg

こちらキャンベル副首相

あとどうしても冒頭のダイジェストが後を引き、途中まで乗り切れないのがイタい。
無駄に思うシーンもあったので、もっとうまく繋いでほしかったという印象です。

ところで、トムハ演じるザックはその後どうなったのかな。完全に無視されてましたね。
トムハシーンを編集したものを見つけたので貼っておきます。
これ見ると今回見た中に入ってなかったシーンもあるんだよね。オリジナルは何分だったんだろう。

ということで、今日はトムハとカーライルのお二人を斬りました。
「英国男優50人斬り」ただいま16人。・・・終わらんな(笑)



ブログパーツ



[READ MORE...]
【映画】お帰りマット・デイモン!でも、やっちまったな『ジェイソン・ボーン』
2016年07月31日 (日) | 編集 |
jason-bourne-2016-movie-poster.jpg

ジェイソン・ボーン(
2016) アメリカ
原題:Jason Bourne
監督:ポール・グリーングラス
脚本:ポール・グリーングラス/クリストファー・ラウズ
出演:マット・デイモンアリシア・ヴィキャンデルトミー・リー・ジョーンズ/ヴァンサン・カッセル/ジュリア・スタイルズ
 日本公開:2016/10/7

【あらすじ 
ジェイソン・ボーンが帰ってきた

【感想
マット・デイモンが9年ぶりにジェイソン・ボーンを演じるボーン3部作の続編です。

かすかな記憶を辿りながらアイデンティティを追い求めてきたボーン
前作でほぼ記憶を取り戻し、姿をくらましていたボーンですが
本作ではストリートファイターみたいなことやってる姿で登場します。
jason-bourne-2.jpg 

それ本業?何年もそれで食いつないでいたの?
なんと言いますが、色んな疑問が沸くんですけど、本作では色んなことスルーで
またしてもCIAに追われる展開となり、アクションになだれ込みます。

こんなにセリフのない映画初めて観たってくらい前半はひたすらアクション
エモーショナルなことが起きてもさらりとかわしてまたアクション

これまでのボーンシリーズは同じ逃げるにしても、もっと知的な部分があったのに
そういうのが感じられない。
マット・デイモンのアクションのキレも以前ほどではないですしね
それにCIAによって殺人マシーンに作り上げられた男の悲しい性として観るのと
すべてを知ったボーンとして観るのとでは、こちらの受け止め方も違うというか
むやみに人を殺しまくることに違和感を感じてしまったんだよねぇ。

前半はとにかく退屈
後半に入ってヴェガスを舞台にしたド派手なカーチェイスでは流石に目が覚めたけど
車170台がらみの無謀なアクションはもはやワイルドスピードシリーズ(笑)

jason-bourne-alicia-vikander-tommy-lee-jones.jpg 

CIAのトップにトミー・リー・ジョーンズ
アリシア・ヴィキャンデルが007シリーズのQに近いITに強いエージェントを演じてますけど
立場的には前作のジョーン・アレンくらいなので、
20代の彼女がCIAでここまでの権力を持つのかっていうのはやや違和感。
立ち位置としては面白いし、クールビューティのアリシアちゃんも悪くなかったけど
終わってみれば、登場人物がみんな利己的に思えて誰にも共感できなかったというのが正直なところ。

単純にアクション映画として楽しめる人もいると思うけど私はダメだったな。
何かのインタビューでマットが「Iscrewed up」と言ってたけど
マット自身やっちまった感あるんじゃないだろうか。
というか、マットが脚本書けばいいのに。



日本公開は10月



ブログパーツ


[READ MORE...]