映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
泣く泣く捨てる録画映画 タイトル一覧
2017年07月19日 (水) | 編集 |


誰の得にもならないんですけど
この20日間で録画したものの一覧を未練たらたらで書き留めてみました。
そんな暇あったら一本でも観ればって話だけどね(笑)

(録画順、最後の名前は監督名です)



DSC_0001.jpg


『猟奇島』(1932)アーネスト・B・シュードサック
『脱出』(1972)ジョン・ブアマン
『ハーパー探偵シリーズ/新・動く標的』(1975)スチュアート・ローゼンバーグ
『呪われた墓』(1973)ケヴィン・コナー
『吸血鬼』(1931)カール・テオドール・ドライエル
『Remember My Name 』(1978)アラン・ルドルフ
『ドクトル・ジバゴ』(1965)デヴィッド・リーン
『シェーン』(1953)ジョージ・スティーヴンス
『リトル・ロマンス』(1979)ジョージ・ロイ・ヒル
『トゥインクル・トゥインクル・キラー・カーン』(1980)ウィリアム・ピーター・ブラッティ
『脱出』(1944)ハワード・ホークス
『トパーズ』(1969)アルフレッド・ヒッチコック
『パラダイン夫人の恋』(1947)アルフレッド・ヒッチコック
『疑惑の影』(1942)アルフレッド・ヒッチコック
『ザ・スター』(1972)ヴィンセント・ミネリ
『古城の亡霊』(1963)ロジャー・コーマン
『ザ・プラマー/恐怖の訪問者』(1980)ピーター・ウィアー
『死霊の街』(1960)ジョン・リュウェリン・モクシー
『死体の告白』(1947)クリスティ・キャバンヌ
『逃走迷路』(1942)アルフレッド・ヒッチコック
『断崖』(1941)アルフレッド・ヒッチコック
『海外特派員』(1940)アルフレッド・ヒッチコック
『レベッカ』(1940)アルフレッド・ヒッチコック
『ハムレット』(1948)ローレンス・オリヴィエ
『ペーパーチェイス』(1973)ジェームズ・ブリッジス
『オーソン・ウェルズのフォルスタッフ』(1966)オーソン・ウェルズ
『蜘蛛巣城』(1957)黒澤明
『から騒ぎ』(1993)ケネス・ブラナー
『北北西に進路を取れ』(1959)アルフレッド・ヒッチコック
『フレンチ・コネクション』(1971)ウィリアム・フリードキン
『真夜中の虹』(1988)アキ・カウリスマキ
『パラダイスの夕暮れ』(1986)アキ・カウリスマキ
『危険な年』(1982)ピーター・ウィアー
『Mark of the Devil 』(1984)ヴァル・ゲスト     
『不屈の男 アンブロークン』(2014)アンジェリーナ・ジョリー
『フランケンシュタインの花嫁』(1935)ジェームズ・ホエール
『ダイナー』(1982)バリー・レヴィンソン
『イーグル・ジャンプ』(2016)デクスター・フレッチャー
『バルカン超特急』(1938)アルフレッド・ヒッチコック
『三十九夜』(1935)アルフレッド・ヒッチコック
『暗殺者の家』(1934)アルフレッド・ヒッチコック
『エベレスト』(2015)バルタザール・コルマウクル
『サイコ』(1960)アルフレッド・ヒッチコック
『ヒッチコック/トリュフォー』(2015)ケント・ジョーンズ
『白鯨との闘い』(2015)ロン・ハワード
『ゲッタウェイ』(1972)サム・ペキンパー
『ミス・ファイヤー・クラッカー』(1989)トーマス・シュラム
『ウェスト・サイド物語』(1961)ロバート・ワイズ
『移民者たち』(1971)ヤン・トロエル
『サイコ』(1960)アルフレッド・ヒッチコック
『ヒッチコック/トリュフォー』(2015)ケント・ジョーンズ
『白鯨との闘い』(2015)ロン・ハワード
『ゲッタウェイ』(1972)サム・ペキンパー
『ミス・ファイヤー・クラッカー』(1989)トーマス・シュラム
『ウェスト・サイド物語』(1961)ロバート・ワイズ
『移民者たち』(1971)ヤン・トロエル
『アメリカ アメリカ』(1963)エリア・カザン
『ナイズガイズ!』(2016)シェーン・ブラック
『ミッドナイト・スペシャル』(2016)ジェフ・ニコルズ
『The Children』(2008)トム・シャンクランド
『ドリームスケープ』(1984)ジョセフ・ルーベン
『プレイス・イン・ザ・ハート』(1984)ロバート・ベントン
『死霊館 エンフィールド事件』(2016)ジェームズ・ワン
『夜の人々』(1948)ニコラス・レイ
『ラビング 愛という名前のふたり』(2016)ジェフ・ニコルズ
『悪い種子(たね)』(1956)マーヴィン・ルロイ
『クーデター』(2015)ジョン・エリック・ドゥードル
『フォエバー・フレンズ』(1988)ゲイリー・マーシャル
『クリムゾン・ピーク』(2015)ギレルモ・デル・トロ
『地獄の逃避行』(1973)テレンス・マリック
『蠅の王』(1963)ピーター・ブルック
『ハドソン川の奇跡』(2016)クリント・イーストウッド
『翼よ!あれが巴里の灯だ』(1957)ビリー・ワイルダー
『フライド・グリーン・トマト』(1991)ジョン・アヴネット
『ミイラ再生』(1932)カール・フロイント
『ブロークバック・マウンテン』(2005)アン・リー
『レジェンド 狂気の美学』(2015)ブライアン・ヘルゲランド
『Tiny Furniture』(2010)レナ・ダナム 
『ジョニー・ハンサム』(1989)ウォルター・ヒル
『ダークネス』(2016)グレッグ・マクリーン
『レヴェナント:蘇りし者』(2015)アレハンドロ・G・イニャリトゥ
『ソラリス』(2002)スティーヴン・ソダーバーグ
『グラン・トリノ』(2008)クリント・イーストウッド


つ、疲れた(汗)

ヒッチコック特集してたのでタイトルに覚えのあるものをたくさん録画してました。
劇場鑑賞した新しめの作品も再見用に録画してますが
主に保存したかったのはTCMで放送された古い映画たちですね。
特に上映時間の長い作品や日本未公開のものをHDで保存したかった。
カウリスマキ作品も残したかったなぁ。

英国男優総選挙が始まるよ!
2016年08月25日 (木) | 編集 |
201260.jpg  

一年経つのは早いもので、今年も英国男優総選挙の季節がやってきました。

昨年、第一位に輝いたのはトム・ヒドルストンでした。
今年はカンバーバッチが王座を奪還するか、はたまた新王者が誕生するのでしょうか。

今年も一緒に盛り上がりたいなということで、ネットを検索すると、、
こんなのがありました。

イマジカBSが「英国を観よう」と題した特設サイトを立ち上げております。
映画×英国男優 ドラマ×英国男優ということで、映画、ドラマ双方から出演作品を放映する様子。
プロフィールとして60人の男優たちも紹介されていてこちらがその一覧

私もこれに乗っかってリストの俳優の出演作品を観ていこうと思ったんですが
あれ?あの人は?的に足りない面々が多いことに気づきまして、
ならばと自分なりに14人を加え、ドラマ系のメンバーを減らすなどして計50人を選んでみました。

加えたメンバーがこちら

guy-pearce-iphone-4s_01044530dc00f55306b0c64c05b7e5d3_raw.jpg ガイ・ピアース
mv5bmtu2mdc0mtiymf5bml5banbnxkftztywotk4mzu2-_v1-_sx450_sy330_1.jpg クリストファー・リー
2149d77cf831e8f43de65fa3aa2214c0.jpg サイモン・ペッグ
BuHJEY1CUAA5LLs.jpg サム・ライリー
470_246_f.jpg スティーヴン・レイ
kingsman_secret_service_taron_egerton.jpg タロン・エガートン
Danstevensstill002small.jpg ダン・スティーヴンス
B2CMXkfCUAAa0MB.jpg チャールズ・ダンス
A5EJMJ0R.jpg ドーナル・グリーソン
images.jpg ニコラス・ホルト
movies-man-of-steel-henry-cavill-superman.jpg ヘンリー・カヴィル
MEZ3V.jpg マーク・ストロング
b0063958_23305861.jpg マーク・ライランス
lmN-H7QV.jpg マシュー・グード

厳密にいうと英国およびその周辺(アイルランド含む)ということになりますが
10月21日の投票結果発表まで、厳選した英国男優50人の出演作品を観ていきます!(無理かもww)


≪追記≫
8/28
ドミニク・クーパーをメンバーに追加します!

imagesG1C0Z1J6.jpg



ブログパーツ



[READ MORE...]
アメリカの映画事情「ムービー・パス」
2016年07月29日 (金) | 編集 |
MoviePass-Banner.jpg  


今日は映画よもやま話を

昨日、会員登録している最寄りの映画館から
ムービー・パスを利用できるようになったよ」とのお知らせメールがきまして
それなぁに?ってなったの。

調べてみたら「ムービー・パス」というのは、一定の月額を支払うと映画が見放題になるという
プリペイド・フリーパスみたいなものらしい。

「一定の」というのは、利用期間や地域によって金額が異なるようで、
1年なら月30ドルだけど、3カ月パスが月40ドル、一カ月パスが50ドルと期間が短いと割高に
ロスなどの一部都会では1年パスで月35ドルのところもあるようです。

利点はまず、
加入映画館ならどこでも利用できること。
普段私が利用する近所の映画館すべてで使えます。
そしてなんといっても映画を安く観れるのがいいですよね。
それこそ映画好きで30日間毎日通えば、1本1ドルの鑑賞が可能になるんだから
ヘビーユーザーにはたまらんでしょ。

欠点としては
IMAXや3D上映には使えない
一日一本(1本/24時間)という制限があること。
一日に複数本観たいと思ってもそれはダメ。



KnW3lqwwwh5FXBd_drMetl5IVf3h7U8wumKWTdTa1F16ZShoo26gl3xFU2hUJ8cD5LI=h500_png.jpg 



あと、利用にはスマホが必要で、観ようとする映画をスマホのアプリから
直前に登録しなければいけないのはちょっと面倒かな。
(登録した映画の料金分が即座にカードにロードされ
映画館の窓口ではそのカードをデビットカードのように使う仕組み)
528315-c9824d94f3669881fa28604639e9fc6ee12d209e.jpg
まぁ、昨日もツイッターで呟き、今日記事にまでしたのは
利用しようかどうしようかと悩んでいるからなんですけどね。

たかだか30ドルで何を悩むことがあるんだと思われそうだけど
実はそろそろ帰国も考えていて、一年パスは無駄になる可能性が高い。
仮に3カ月パスをゲットしたとしたら、元を取るのに月6本ほど観なきゃいけない。
オスカー関連作品が出てくる時期なら軽いけど、そうでなかったらどうだろう。

仕事帰りにしか映画観れない人の場合は3本~4本も観れば元は取れるので
映画好きなら絶対お得だと思うんですけど
アーリーバード(6ドル~7ドル)を利用しせいぜい週一ペースの私の場合月30ドル使わないんだなぁ。
そもそも観たい映画がそんなにあるかってところですね。

映画館に人を引き込むことを狙った企画だと思うんですが
皆さん、このシステムどう思いますか?


ブログパーツ








[READ MORE...]
『ヘイル、シーザー!』予告編について
2016年02月19日 (金) | 編集 |
img3.jpg



今日はちょっと雑談
前回の記事にも貼りましたが、『ヘイル、シーザー!』のトレーラーの字幕が面白かったので紹介しますね。



クルーニーが誘拐されて多額の身代金が要求されると
スタジアムのフィクサーであるブローリンは内密にことを処理すべく身代金を用意します。
「色仕掛けで金を集めろ」と命じられたスカヨハが
生真面目な公証人ジョナ・ヒルのところに行く。

そこで交わされる会話(トレラー57秒あたり)は原文では
スカヨハ:You must have very strong forearms. Is it hard squeezing it like that?
ジョナヒル: It’s part of the job, miss.
となってて、直訳すると
スカヨハ「(アナタの腕とってもたくましそう。)そんな風にギュっとするのって難しい?」
ジョナヒル「仕事のうちですから」
と こんな感じなんですが

それが字幕では
スカヨハ「私もそんな風に強く押して欲しいわ
ジョナヒル「機械でですか?

となってますよねw

squeezeには押し込むという意味もあって、もっとエロいニュアンスでもあり
それを「機械で」を入れてアブノーマルな会話にしたのは上手いなぁと(笑)
トレーラーで興味を惹き付けるのは字幕監修者の腕の見せ所だと思った次第です。



ちなみに、前半クルーニーが台詞を忘れたシーン(トレーラー25秒あたり)で
カット!の前に監督らが「faith!」と忘れた台詞を叫んでいて、クルーニーも「faithだよ」と言ってるけど
そこは「オイ!」と「飛んだ」という台詞に変わってます。
トレーラーはこれでいいと思うんですが、このfaithは映画のキーワードでもあるので
本編ではどう訳すのか気になるところ。
faithという観念が日本人には馴染みがないので、こういうのは翻訳者泣かせよねぇ。


こちらはトレーラーその2
レイフ・ファインズとオールデン・エアエンライクが爆笑なので貼っておきます。



『スター・ウォーズ』はどの順番で観るのがベスト?
2015年11月19日 (木) | 編集 |
初投稿はこんなスレッドから

Star-Wars-Official-Poster.jpg

やあ、みんな!
僕まだ「スターウォーズ」を一本も観てないんだが、新作が公開される機会に観てみようと思うんだ。

で、素朴な疑問
どんな順番で観ればいいの?

公開された順に4、5、6と観て1、2、3に戻るのがいいの?
それとも1から6まで順番に観ればいいのかな。教えてくれ!!



スター・ウォーズをどの順番で観るか。
これはなじみのない者には切実な問題です。
という私自身、最新作『スター・ウォーズ/フォースの覚醒』公開までにちゃんと準備したいと思うものの、なにを観たのか観てないかも曖昧な『スター・ウォーズ』音痴なもので、タイトルを検索してあまりの関連作品の多さに唖然としてしまったのです。
そこでIMBdのスレッドを頼りに答えを探ってみることにしました。


【レス】
「1-6と観て感想を聞かせてくれ」

「あっかーーーんっ!! 公開順に観なあかんに決まってるがな!」

「4-5-6だ。また誰かがだめーーー!と泣くだろうが、新三部作はやめとけ。
   理由は観るべきじゃないからだ。
   疑問に思うやつはこれ見てみなhttps://www.youtube.com/watch?v=FxKtZmQgxrI」

「『スター・ウォーズ』
  『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』
  『スター・ウォーズ/ジェダイの復讐』
  それからどうしてももっと観たいのなら、2000年代に出た『スター・ウォーズ』の前に何が起きたのかって映画がいくつかあるがどれもCGまじりの子供映画だ。いい監督も脚本家も雇っちゃいない。だから別もんだ。
  ダース・ベイダーがどんなガキだったか知りたければ観ればいい。」

「まずはオリジナル。どうしても観たければ新三部作を観てもいいが、オリジナルだけで十分満足できるはずだ」

「新作をうんと楽しむためにこんな手もある。
    4、5、1、2、3、そして6と観るんだ。
   だが新三部作はオリジナルに矛盾するところがあるのを頭に置いておくべき。」

「多くの人がオリジナル三部作を先に観る様勧めているが、それだと新三部作を楽しむのが難しくなる。
   オリジナルのトーンやペースを期待してしまうからな。
   満遍なく楽しもうと思えばエピソード順(1→6)がいいよ。

「つまらん新三部作など見るのはやめておけ。金儲け目当ての茶番に過ぎないからな。
   それよりプリンケットのレビューを観るのを勧めるよ。 http://redlettermedia.com/plinkett/star-wars/.映画を観るより面白い。
   ネタバレもあるがそれでもくだらん新三部作を見るよりずっとましだよ。」

「今日、4 5 1 2 3 6の順で観てみたけど、公開順の 4 5 6 1 2 3の方がいい気がする。
   1 2 3 4 5 6でも悪くないかも。個人的にはね。」

「オリジナル三部作を観ずして新作を観てはだめだ。
新作は30年の時を経てオリジナルに続いているからね。
  時間に余裕があれば新三部作を観てもいいが、「7」の前に観なくても別にいい。
あくまでオプションだ。」



と、大体こんなところかな。
いくつかの意見はあるけれど、総合するとオリジナル三部作は公開順でマスト。
新三部作は余裕があれば という意見が多いようです。

みんな新作鑑賞の準備は万端かな?