映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】『インシデント・アット・ロック・ネス(原題)』ヘルツォーク主演のネッシー探しドキュメンタリー
2016年07月11日 (月) | 編集 |
incident-at-loch-ness-original.jpg 

インシデント・アット・ロック・ネス(原題
イギリス

原題:Incident at Loch Ness
監督/脚本:ザック・ペン
出演:ヴェルナー・ヘルツォークザック・ペン
 /キタナ・ベイカー 

【感想 
ネス湖のネッシーって本当にいるのかな?

今頃ネッシーかい!と笑われそうだけど
ネッシーのミステリーに迫るドキュメンタリーを制作するというドキュメンタリーを観てしまったのです。

なんか言葉がダブってない?と気づいた方は正解。
実はこれ『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』や『トロール・ハンター』に代表される
フェイク・ドキュメンタリーなんですわ。

ドイツの巨匠ヴェルナー・ヘルツォークがドキュメンタリーのプロデューサーとして参加してて、監督のザック・ペン他クルーらとボートでスコットランドにあるネス湖に繰り出すという内容です。

incident3.jpg 

映画の冒頭でも説明されるのだけど、ヘルツォークは危険を冒して映画を作ることでも知られていて
根っからの冒険者でもあるらしい。

監督のザックは『X-MEN2』などで知られる脚本家ですが、こいつがかなりやりたい放題w
ヘルツォークに内緒で模型のネッシーを持ち込んで撮影したりしようとするので
純粋にドキュメンタリーを撮ろうとするヘルツォークとぶつかるわけ

inciden1.jpg 

そんな一部始終にもカメラが回っているので、フェイクなのは薄々気づくのだけど
クルーのうち、誰が真実を知ってて誰が知らないかわからないから
ザックの暴言を受けてのスタッフの反応にヒヤヒヤ。
特にヘルツォークがいつ爆発するかとネッシーの登場以上にハラハラさせられるんです。
しかも最後までどこまで本当だったのかわからないところが面白さでした。

この変なドキュメンタリーを記事にしようと思ったのは、ひとえにヘルツォークがかっこよかったから。
映画愛にあふれ責任感の強いヘルツォークいいわぁ。

普段は見ることのない映画つくりの裏側が見えるのも楽しい。
それぞれ自分の仕事にプライドを持つクルーをまとめるの大変そうだけど
この映画みたいに、終わるころには監督を殺してやりたいと思うほどの確執を生むこともあるんだろうな。

でも監督は完全に悪者を演じていたわけで
もしもヘルツォークが全部を知っていたとしたら相当な役者じゃない?
フェイクに気づいたら気づいたで、コメディ的な面白味もありました。

ちなみに、DVDのコメンタリーでも監督とヘルツォークは映画製作の考え方で意見を戦わせ
ヘルツォークは途中退室となったみたい。
演技?本気?いつまでやるんだ~w

映画の中で紹介されていたヘルツォークの『フィッツカラルド』を知っているとより楽しめるシーンもあったようで
これは観なければ。

ヘルツウォークの自宅での食事会から始まる本作、料理をするヘルツォークを見れたり、部屋に飾った映画で使ったアイテムを紹介してくれたり、プライベートなヘルツォークも観ることができますよ。
奥さんが可愛いんだから。



vlcsnap-2016-07-11-14h56m55s099.png






ブログパーツ



スポンサーサイト
【映画】AMY エイミー
2016年03月29日 (火) | 編集 |
amy-capri.jpg

AMY エイミー(2015)
イギリス/アメリカ
原題:Amy
監督:アシフ・カパディア
出演:エイミー・ワインハウス
日本公開:2016/7/16
オフィシャルサイト



【感想
アフター・オスカー特集
今日はアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞
27歳でこの世を去ったイギリスの歌姫エイミー・ワインハウスの半生を描くドキュメンタリー『AMY エイミー』です。

エイミー・ワインスタイン死亡のニュースが流れたのは2011年の7月ですか。
私などはそのときに初めて名前を知ったくらいなんですが
ひと世代前のジャズシンガーを思わせるハスキーボイスに惹かれ聴いたアルバムで
彼女の才能を知りました。アルバムタイトル曲の『Back to Black』とか凄くいいんだよねぇ。

la-et-mn-amy-winehouse-documentary-trailer-asif-kapadia-20150520.jpg 

様々な賞を獲り、世界にその名を知られていくエイミーですが
その一方で彼女は酒やドラッグに溺れ、スキャンダルにまみれて
最期は孤独に死んでいった。

ドラッグに手を出したのは結婚がきっかけだったかもしれないけど
それ以前からエイミーは過食症や、アルコール依存、欝を患っていて
彼女のトラブルの根っこはもっと幼い頃に静かに育っていってたように思う。
それは父親からの愛情に飢えていたことに起因するのかなと
これは勝手な想像。

amy-2015-movie-documentary-winehouse-sick-emaciated-review.jpg

酒や薬によって頭や身体の自由も奪われて
思いどうりに歌えない悲しみが一層に彼女を苦しめる
どんどん痩せて表情も虚ろになっていく様子がとにかく痛々しかった。
こうなる前に誰か救いの手を差し伸べることは出来なかったのかな。

ダメなものはダメと、誰かに言ってもらっていたら彼女の人生は違ったのではないか。
そして彼女が言うように、小さなジャズクラブで数人の客を相手に
好きな歌を歌っていた方が幸せだったかもしれない。

でもそれが許されないほどの才能の持ち主だったことは
コンサートやスタジオ収録映像などからも見て取れるわけで・・

パワフルな歌声とともに彼女の曲が残っていくのはせめてもの救い。
孤独な死だったけど、やっと苦しみから解放されたのかなと思う。

エイミー・ワインハウスの光と影が描かれたドキュメンタリーでした。




ブログパーツ

【映画】ソークト・イン・ブリーチ カート・コバーン 死の疑惑
2015年12月10日 (木) | 編集 |
soakedinbleachposter.jpg

ソークト・イン・ブリーチ カート・コバーン 死の疑惑(2015)アメリカ
原題:Soaked in Bleach
監督:ベンジャミン・スタットラー
脚本:ベンジャミン・スタットラー / ドニー・アイカー/リチャード・ミドルトン
出演: ダニエル・ローバック / サラ・スコット/エリザベス・バンクス/ オーガスト・エマーソン

【あらすじ】
カートが亡くなる数日前に、妻コートニー・ラヴからカートの捜索依頼を受けた私立探偵のトム・グラントは、
カートの訃報に衝撃を受ける。自殺という公式見解に疑問を抱くグラントは独自に調査を続け・・



ニルヴァーナっていうグループ名は聞いたことあったけど、カート・コバーンについても何も知らなかったので
youtubeでライブ映像を観るところから始めました(汗)
カート・コバーンカッコいいね。

1994年にショットガンで自殺を図ったことも、知らないのは私だけなのかな(汗)
本作はニルヴァーナのフロントマンカート・コバーンの死の真相に迫るドキュメンタリーです。

元々ヘロイン中毒で、死ぬ直前もリハビリ施設に入所していたらしいカート
施設を出て連絡が取れなくなったということで、妻コートニーに雇われた私立探偵トム・グラントが捜索に当たります。
ところが一週間後、カートは自宅のグリーンハウスと呼ばれる別棟で死んでいるところを発見されるんですね。
ショットガンで顔ぶっ放して・・

映画はカート自殺説に疑問を抱くグラントの見解を再現ドラマで見せていきます。

怪しすぎる遺書のことやらなんやらで、これ観るとコートニーが何らかの形で
夫殺害に係わったと思わずにいられないんだけど
気をつけないといけないのが、これはグラントさんの視点だということよね。
専門家の見解も聞いてはいるけれど、所詮は彼の言い分を支持する面々を集めているわけで
客観的に見れているのかははなはだ疑問。

「自殺」を疑問視する理由も主には警察の捜査の穴を追及する形で
「他殺」ならどういう形で殺されたのかについての推理は示されていないもんね。

真実を求めることに執着する気持ちはわかるものの、
なにか死体発見当日、情報提供を申し出たのに警察に無視されたことが
グラントさんの追及の原動力になってると言うか
「私立探偵だとバカにしやがって」みたいな 意固地なものを感じて、ちょっと引っかかったな。

Soaked-In-Bleach-–-Benjamin-Statler-Shock-Entertainment-The-Clothesline-950x500

コートニーを演じた女優さんもそっくりで(露出狂)、再現ドラマとして面白かったですけどね。
もし「自殺」が事実だとしたら、犯人扱いされた人の名誉はどうなるんだろうか。
娘さんのことや、カートの死をようやく受け入れたであろうファンの気持ちもあるし
20年という時を経て蒸し返すのはちょっと痛いなぁとちと複雑だったわ。


ブログパーツ
【ドキュメンタリー】And the Oscar Goes To
2015年02月10日 (火) | 編集 |


アカデミー賞も今年で87回目!
1927年に始ったというのだから、その歴史の長さに驚きますよね。

今日は、TCMのオスカー特集の初日に放送された『And the Oscar Goes To』というドキュメンタリーを紹介します。
これTCM制作らしんですが、アカデミー賞の歴史を描く面白い作品になっていました。


アカデミー賞第一回の作品賞に輝いたのは『つばさ』という戦争映画。
もっとも当時は、これが大変な栄誉になるなど思いもしなかったでしょうね。
実際授賞式も、ホテルで歓談しながらと、簡素なものだったとか。
そんなアカデミー賞も年を重ねるごとに華やかになっていく。

 
 
映画は過去の授賞式のハイライトシーンを見せながら、ジョージ・クルーニー、ヘレン・ミレンや、ジェイソン・ライトマン、ウーピー・ゴールドバーグ、ベニチオ・デル・トロなど、過去の受賞者が受賞作品やオスカーにまつわるエピソードを語る形でオスカーの歴史を紐解きます。



ある年の授賞式のこの場面を覚えてる方も多いでしょ。



印象的だったのは、黒人で最初に助演女優賞を獲得したハティ・マクダニエルの授賞式でのエピソード。
『風と共に去りぬ』が公開された1939なんて、まだまだ黒人差別も激しい時代ですから
ハティさんの席は会場の後方、隅の隅だったそうですけど、その彼女が受賞したわけだからねぇ。そこを語るウーピーの歓喜の表情が良かった。

赤狩りにあった人には賞を与えないと発表したときもあったり、アカデミーの歴史は映画の歴史であると同時に世情も反映してるわけで、そんな部分も面白く観ました。
ただ、詳しい人の中には、あれもこれも入ってないと、不足部分を指摘する人もいるでしょうね。
監督や俳優のオスカーや作品にまつわるエピソードも個人的には楽しめたのだけど、主題がぼやけ気味になるかな。途中退屈に思う部分もあったので、もう少し編集でまとめても良かったかも。

とは言え、若きマーロン・ブランドやニューマンなどの素の姿を拝めるだけでも楽しかったし、番組制作にしてはかなりのクオリティだと思います。

もしもYouTubeにアップロードできたら公開しますね。
残り14分のところから進まないところを見ると、許可下りないのかも。
そのうちにDVDになるかな。

ナレーターにアンジェリカ・ヒューストン。
監督のロブ・エプスタインとジェフリー・フリードマンは『ラブレース』のコンビですね。




【ドキュメンタリー】 The Lady in Number 6
2014年06月15日 (日) | 編集 |



The Lady in Number 6: Music Saved My Life(2013)カナダ/アメリカ/イギリス
原題:The Lady in Number 6: Music Saved My Life
監督:マルコム・クラーク
出演:アリス・ヘルツ・ゾマー他
日本公開:
今年のアカデミー賞 短編ドキュメンタリー賞を受賞した作品です。

主人公は「6号室」で毎日軽やかにピアノを奏でる109歳(!)のアリス・ヘルツ・ゾマーおばあちゃん。
それだけでも十分凄いんだけど、なんと彼女はナチスドイツによるユダヤ人迫害で強制収容所に収容された経験を持つ方。最高齢のホロコースト生存者だったんですね。

残念ながら今年2月に110歳でお亡くなりになってますが、本作は撮影時109歳のアリスおばあちゃんが、音楽とともに生きた彼女の人生を語ってくれています。
なんたって一世紀以上を生きた方ですから、重みが違います。
話の中にマーラーやカフカといった歴史的な人物がお母さんの友人として登場したり、収容所での経験を語るときもメンゲラ博士の話なんかが出てくるわけだからまさに生き証人ですよ。



 
でもおばあちゃんが魅力的なのは、何よりもそのポジティブな生き方にあります。
幼い頃からピアノに親しみ、音楽が我が人生と声を大にする彼女は、強制収容所で過ごした日々さえもポジティブに捉えている。実際収容所では音楽家たちは演奏隊で演奏することを許され、ガス室行きを免れた人も多かった様子。アリスおばあちゃんも音楽が彼女を救ってくれたことに感謝し、同時に自分のピアノが収容者やドイツの将校たちをも癒したことに意義を感じているんですね。

「物事には良い面、悪い面があるけれど、私は良い面を見ることにしているの。
すべてのものは美しい、悪いことでさえ美しい。」

最愛の息子が64歳で急死したことについても、
「彼は明日自分が死ぬことさえ知らず、恐れも苦しみもないままに天に召された。神に何百回も感謝したわ」と語るおばあちゃん。
そんな見方もあるんだと驚くと同時に、考え方次第で人生はまるで違うものになるんだと気づかされます。

力強さの秘訣は好きなことをとことん追求し、笑いを忘れず、物事の良い面を見ること。
おばあちゃんのようにチャーミングに生きたい。
人生を変える一本かもです。








上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。