映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ブレードランナー 2049
2017年10月13日 (金) | 編集 |
bladerunnerposter.jpg
 ブレードランナー 2049(2017アメリカ
原題:Blade Runner 2049
監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ
出演:ライアン・ゴズリング/ハリソン・フォード/ロビン・ライト/ジャレッド・レトー/アナ・デ・アルマス



【感想】
前作から30年が経過した2049年を舞台にした『ブレードランナー』の続編です。
リドリー・スコットは製作総指揮に回り、カナダの新鋭ドゥニ・ヴィルヌーヴがメガホンをとりました。

2049年、前作でレプリカントを製作していたタイレル社に代わって、ウォレス(ジャレッド・レトー)が従順なレプリカント「ネクサス9」を労力として世に送り出している。
ライアン・ゴズリング演じるLAPDの刑事「K」はすでに解任されたタイレル社製の「ネクサス8」をハンティングするブレードランナー。
レンガの壁も平気で破る頑強ぶりからkが生身の人間でないことがうかがえます。
Gosling.jpg
デッカードがレプリカントか否かは35年に及ぶ議論を呼んできたのに
今度はいやにあっさりと・・と思ったのだけど、いやはや
それがそう簡単でもなくってね。
ハンティングしたレプリカント、モートンの言葉から、kは自分のアイデンティティを模索することになり
私たちは謎を解き明かすミステリーを楽しむのです。



いや~、面白かった。
ハリソン・フォードの登場は思いのほか遅いんですが
彼がそのまんまの役で登場することが貴重だし、逃避行後の思いを知る過程ではノスタルジーも相まって感無量になります。でも監督が凄いのは、単なる懐古主義に終わらせず、映画のさらなる深みに観客を誘ってくれるところ。

デッカードや新ブレードランナーkは勿論のこと
kのバーチャルな恋人AIのジョイ(『ノック、ノック』のアナ・デ・アルマス!)や
ウォレス社で製作される新しいレプリカントらなど
それぞれが背負わされた運命と彼らの葛藤をしっかり描いてくれていて深い。
Blade-Runner-2049-13.jpg
結局デッカードはレプリカントなのか?については明白な答えは出していませんが
この映画は彼がレプリカントかどうかを追及する映画ではないのだと思いましたね。
それよりも人間以上に「人」としての人生を渇望するレプリカントやAIの姿が切なく
私たちは果たして彼らの手本になれる存在だろうかと思ってしまいます。

人としてどう生きるかを問う映画なのでしょう。

序盤は正直少し眠くなるところもあるんですが、あの涙は・・等々
言動の一つ一つに意味があったことに気づいて、今はもう再見したい気持ちでいっぱい。

映像と音に言及すれば
ダウンタウンの猥雑とした世界観を継承していて嬉しいし
美しい近未来映像も秀逸で、撮影関連でオスカーに絡んでくることは間違いなし。
地面に響く音響には、自分がそこにいるかのような感覚に陥るし、体感する映画になっている点で
ドゥニ監督のが新しい時代をけん引する監督なのを実感しました。

ロスに降り積もる雪が印象的。
二時間44分という尺ですが、色んなミステリーが解き明かされることもあり
後半長さを感じることはありませんでした。
美しく物悲しい 珠玉の一本です。




ブログパーツ




[READ MORE...]
【映画】『ブレードランナー』を大スクリーンで。新作への準備が整いました。
2017年10月07日 (土) | 編集 |
 blade.jpg

ブレードランナー(1982アメリカ/香港
原題:Blade Runner
監督:リドリー・スコット
出演:ハリソン・フォード/ルトガー・ハウアー/ショーン・ヤング/エドワード・ジェームズ・オルモス/ダリル・ハンナ/ブライオン・ジェームズ/ジョアンナ・キャシディ

【あらすじ】
植民惑星から4体の人造人間=レプリカントが脱走し、“ブレードランナー”デッカードは、地球に潜入したレプリカントたちを追うが……。


【感想】
新作の前に前作を観ておかなくっちゃと思っていたところ、近所の映画館のレトロ枠でやってくれました。
このレトロ枠というのは不定期の水曜日に古い映画を16時と19時の二回上映してくれるレトロ・ナイトという企画です。二階席もある大きなシアターのグランドスクリーンで上映されてお値段も5ドルぽっきりという、ありがたーいものなんですが、この時間帯主婦にはちと厳しくて、これまでに一度も利用してなかったんですよね。
でも今回は頑張って行ってきました!

『ブレードランナー』はいくつかバージョンがあるらしいですね。
私が唯一観たのがファイナルカット版。他のを観てないので今回観たのがどのバージョンかよくわからないんだけど、バージョン違いのキーらしい「ユニコーンの夢」のシーンがあったので、多分ファイナルカット版だったかも。

総体的な感想は2008年にブログに書いたものとそんなに変わりません。
だけど、スクリーンで観ると静寂感やレプリカント追走劇の迫力と刹那感のどれもが際立って感動もひとしおでした。

もう語りつくされているだろうと思うので書きますけど、
前作では「デッカードはレプリカントなのか?」と示唆する終わり方になっています。

続編では30年間行方の分からないままになっているデッカードを、ライアン・ゴズリング演じる若いブレードランナーが探すという話らしく、ハリソンも出演してるので、必然的にデッカード=レプリカント説の答えも明らかになるわけかな。

おそらくは4年間の命を終えたであろうレイチェルと別れ、自らもレプリカントであることを知ったとしたら・・。
レプリカントを殺す任務についていたデッカードの長い苦悩を思うと胸が痛みます。
今回監督を任せられたのは『灼熱の嵐』『メッセージ』のドゥニ・ヴィルヌーヴ。
アイデンティティを模索する映画を撮り続けるドゥニ監督が、デッカードの葛藤をどう描いているのか、
そしてゴズリングがどう絡んでくるのか、これはもう確認しないわけにはいきません。

というわけで、新作近いうちに観てきます。



ブログパーツ

【映画】エイリアン3
2017年08月30日 (水) | 編集 |
Alien3-1992.jpg

エイリアン3(1992
アメリカ
原題:Alien³
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:
シガーニー・ウィーヴァー/ チャールズ・S・ダットン /チャールズ・ダンス /ポール・マッギャン /ブライアン・グローヴァー /ラルフ・ブラウン

【あらすじ】
2270年、エイリアンの脅威から逃れたリプリーの乗る救命艇が囚人惑星フィオリーナに不時着。唯一の生存者だったリプリーは男ばかりの惑星に波紋を起こす。そんな中、エイリアンが惑星に紛れ込んでおり、囚人たちを次々と襲撃し・・


【感想】
ようやくネットが復活。色々やることがあって映画生活にどっぷりとはいかないんですが、今日はテレビで『エイリアン3』を観たので感想を。
恥ずかしながら『エイリアン3』、これまできちんと腰据えて観てなかったわ。

これ、エイリアンと死闘を繰り広げたリプリーが他の生存者とともに救命艇に乗り込んだところで終わる『2』の正当な続編という形ですね。その後救命艇は宇宙を漂流し、たどり着いたのは囚人たちの惑星。
案の定エイリアンを連れてきていて惑星で大暴れという設定。
alien3.jpg

監督はこれが長編初監督となるデヴィッド・フィンチャー
まだ無名の新人だったせいか、当時の評判はイマイチ。
新人監督がフルに手腕を発揮する環境ではなかったでしょうから、作品のアラはやむを得ないところもあるのかな。
囚人たちがリレーのようにエイリアンを溶鉱炉に追い込むさまはなかなかスリリングだったし、エイリアン目線と思われる逆さ映像も緊迫感があってよかったけどね。

古い映画なのでネタバレしますので未見の方はご注意ください。


個人的にはリプリーがチャールズ・ダンスさん演じる医師にモーションかけたのにはビックリw
リプリーってそんなキャラだった?(笑)
でもリプリーも女性だというのは強調されたのかな。
ボウズ頭でもシガニーさん美しかったわ。
Alien-3-A.jpg
『2』で守り抜いた少女の死を悲しむ姿には母性を感じたし
それでもエイリアンの存在を確かめなければならないところに、リプリーの背負った悲しき使命をみたよね。
その点はラストのリプリーの行動への伏線とも感じた。
Clemens_profile.jpg

まぁ、囚人たちのキャラをそれぞれに掘り下げてては時間が足りないでしょうから、ドラマ的にはこの程度でいいとして、それでもダンスさんの背負った十字架がきちんと説明されていたのはよかったな。

今観るとエイリアンが犬に寄生したとこなんかは『遊星からの物体X』だし、『ターミネーター』を彷彿とさせるところなど古い作品へのオマージュを感じるところも。
逆にエイリアンとの鬼ごっこは『ライフ』的で、新しい映画に影響を与えていくのも名作ってもんですね。

あと『エイリアン コヴェナント』を観た今これを観ると、あるキャラクターの言動が別の意味を持ってくるように感じる。
ここはネタバレできないけど、『コヴェナント』を観る前にこれもチェックしておくといいのでは?と思います。




ブログパーツ


[READ MORE...]
【映画】『ライフ』そいつを地球に持ち帰ってはヤバい
2017年04月02日 (日) | 編集 |
life
ライフ
(2017)アメリカ
原題:Life
監督:ダニエル・エスピノーサ
脚本:レット・リース/ポール・ワーニック
出演:ジェイク・ギレンホール/レベッカ・ファーガソン/ライアン・レイノルズ/真田広之/アリヨン・バカレ/オルガ・ディホヴィチナヤ
【あらすじ】
国際宇宙ステーション(ISS)のクルーは火星探査機の回収に成功した。探査機が持ち帰ったサンプルを分析した結果、地球外生命体の存在を示すものであることが判明。喜びに沸くクルーだったが


【感想】
『デンジャラス・ラン』『チャイルド44 森に消えた子供たち』のダニエル・エスピノーサ監督の新作は、宇宙空間で繰り広げられる未知の生命体とのバトルを描くSFスリラーです。

『チャイルド44~』のと聞いたところでちょっと嫌な感じがしてましたが、冒頭からの独白による説明が退屈で、眠りこけそうになりました。でも謎の生命体と対峙するところから一気にスリラーが加速!
むっちゃ怖かったがな。
life.jpg
生命体と思われるサンプルを調べていたら、そいつが意外な凶暴性を示したことから
「やっちまいな!」になり、「生命体」VSクルーのバトルが幕を開けます。
宇宙空間で繰り広げられるサバイバル劇は確かにエイリアン的。

しかし、本作の「そいつ」はエイリアンよりももっと頭がよさそうで
ヒトデ型の小さな生命体相手に苦戦を強いられるこになるんですね。

タイトルの『Life』はおそらく「生命体」とクルーの命や、生きる力を表現しているんでしょうけど
知力の上回るものが生き延びる これ世の常あるね。

Life_2017-8.jpg
ジェイク・ギレンホールライアン・レイノルズ他、われらが真田さん等、インターナショナルなキャストが豪華。
スケジュールの都合で主演をジェイクに渡したライアンは、「なるほど時間がなかった」な出演ながら
結構なグロに貢献しております。

スリラーの種類としては「追いかけっこ」がワンパターンなのは少し残念。
「生命体」をやっつけるという決断も意外とすんなりなされているけど、そこもう少しためてクルー感の確執を描いてもよかったかも。
それでも「ヤツ」の能力が未知で、そんなことまでできるのかという恐怖と『遊星からの物体X』的な疑心暗鬼をスリリングに描いていて面白い。最後まで生き延びるのは誰かを予測する楽しみもありますね。

脚本のレット・リースとポール・ワーニックは『デッドプール』のコンビとあって
最後のオチにさり気にコメディを配したのは納得。

冒頭の宇宙ゴミも後半への伏線だったんだなと。


お気に入り度4.0


ブログパーツ

【映画】パッセンジャー
2016年12月22日 (木) | 編集 |
passengersposter.jpg

 パッセンジャー(2016 アメリカ
原題:Passengers
監督:モルテン・ティルドゥム
脚本:ジョン・スペイツ
出演:クリス・プラットジェニファー・ローレンス/マイケル・シーン/ローレンス・フィッシュバーン

【あらすじ】
5,259 人の乗客を乗せて地球を後にした豪華宇宙客船アヴァロン号。目的地となるコロニー、ホームステッドまで乗客は120年間カプセルの中で眠るはずだが、2人の男女だけが90年も早く目覚めてしまう。絶望的状況の中惹かれ合う2人だったが・・


クリスマスを前に話題作が続々公開になります。
全部観たいけど、そういうわけにもなぁ。
今日は『アサシン・クリード』と迷ってこちらをチョイス。
クリス・プラットジェニファー・ローレンスが120年の長い宇宙旅行の途中、90年も早く目覚めてしまった乗客を演じるSF大作です。
メガホンをとったのは『ヘッドハンター』『イミテーション・ゲーム』のノルウェー監督モルテン・ティルドゥム

最近は退廃的な地球を舞台にした近未来ものが多い中、舞台が完全に宇宙(宇宙船内)というのはまずクール。
船内に男女が2人という設定は『青い珊瑚礁』なんかの好きな漂流ものを彷彿とさせるわけで面白くないわけがない。しかも90年も早く目覚めたら、どう頑張っても目的地に着くまでに老衰!2人のサバイバルにどんなオプションがあるのかと興味津々で見ることになりました。

passengers2016-6b.jpg
まずはエンジニアであるクリスが色んな道具を持ち出して壊したり作ったりするのが楽しい。
そもそも彼がコロニーへの移住を決めたのは、物作りに生きがいを持っていた彼が地球ではもはや必要とされないことに絶望していたから。こういう漂流サバイバルものには一番必要な人物かも。
ただし、船内には必要なものは全部そろっていて、もの作りの技がさほどサバイバルに生かされないのは残念。

ジェニファーに恋する様子も微笑ましい。考えたらクリスの正当な恋愛ものを見るのは初めてじゃないかな。ロマンスとしては問題含みで、中盤まではかなり面白かった。

ところが、後半の展開が早すぎて凄くもったいなんですよねぇ。
今起きてる問題が何なのか、それにどう立ち向かおうとしてるのかが見えにくいから置いてけぼりを食らってしまう。
もっと2人の思考の過程をじっくり見せるとまた全然違った面白いものになったんじゃないかな。

テクノロジーに関しては「未来にはできるんだろう」と思えるからいいのだけど、技能面では少しツッコミたい感じ。たいした宇宙訓練を受けたわけでもなかろう人間が『ゼログラヴィティ』みたいなこと簡単にできるんかなとか、色んな無理を感じてしまった。

ま、でも、ロマンス、アクション、ドラマ、サスペンスと多様なジャンルを盛り込んだ作品で、クリスの演技をじっくり見れたのが最高の収穫。主演2人+マイケル・シーンは文句なしにグッジョブです。
近未来映像もスタイリッシュでキレイ。ところどころかわいらしい笑いが投入されているのも好みでした。
passengers2016-2b.jpg
人間だれしもいつかは死ぬわけで、限りある命をどう生きるかというのが本作のテーマでしょうね。
最後に二人の映像を少し入れてくれるともっと感動できたかも。

ブログパーツ
[READ MORE...]