映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】マリアンヌ
2016年11月26日 (土) | 編集 |
alliedheader.jpg

 マリアンヌ
(2016)アメリカ
原題:Allied
監督:ロバート・ゼメキス
脚本:スティーヴン・ナイト
出演:ブラッド・ピットマリオン・コティヤール/ジャレッド・ハリス/サイモン・マクバーニー/リジー・キャプラン
日本公開:2017/2/10

【あらすじ】
パラシュートで砂漠の地に降り立ったカナダ人諜報員のマックスはカサブランカでフランス軍レジスタンスのマリアンヌと会う。彼らのミッションは夫婦を装い、パーティの席でドイツ大使を殺害すること・・。

ブラッド・ピット、マリオン・コティーヤールを主演に、ロバート・ゼメキスがメガホンをとったラブストーリーです。
allied-brad-pitt-marion-cotillard.jpg
序盤はかの『カサブランカ』同様に、第二次世界大戦中のカサブランカが舞台。
ここで主人公2人に与えられたミッションはドイツ大使の殺害です。
自由を求めてアメリカに渡りたいお金持ちが集まる、複雑な土地にして社交界の縮図のようなカサブランカで夫婦を装うスパイカップルのブラピとマリオンが美しい。
CprGolbUMAAknZv.jpg
いつしか愛し合うようになる2人は、ミッションを成功させた後イギリスで本当の夫婦として新生活をスタートさせる。子宝にも恵まれ幸せな日々を送るある日、マックスは
上官からマリアンヌにスパイの疑いがあることを告げられるんですね。

愛する妻は本当にスパイなのか? という以上にブラピの若返りはボトックスかCGか?が話題ですがw
確かにブラピが久々に美しいんです。
40年代のカサブランカの上流な装いも、イギリスでのユニフォーム姿もファンにはたまらないのでは。
猜疑心と愛とのはざまで苦悩する姿もよし。
brad.png
ただしゼメキス映画と思って観ると少し違う感じがするかも。
ところどころスリリングなシーンはあるものの、全編にわたってテンポはゆっくり
私なんか同じスパイ夫婦ものの『Mr&Mrsスミス』みたいなバトルを期待してたので
終盤少し寝てしまいました(笑)

でもムードたっぷりのロマンス映画として観ればしっとり素敵。


なにせ二人がスクリーンに現れると一面に薔薇の香りの漂うがごとしで
格の高さを感じてしまうのですよ。これがスターというものでしょうかね。
マリオンの美しさと演技力も際立ってました。

残念だったのはフランス語シーンの英語字幕が速くて、読み終えないうちに消えてしまうことw
アメリカ人が字幕映画を嫌う理由がわかるってもんです。

色んなバージョンのポスターもいいよ
c5bcb7631f62b7aba6c366848d680f22.jpg

allied-2016-3.jpg

alliedposter.jpg
【映画】世界一キライなあなたに
2016年09月29日 (木) | 編集 |
 
6835_5068.jpg
世界一キライなあなたに(2016 アメリカ /イギリス
原題:Me Before You
監督:テア・シャーロック
脚本/原作:ジョジョ・モイーズ
出演:エミリア・クラーク
サム・クラフリン/ジャネット・マクティア/チャールズ・ダンス/ブレンダン・コイル/スティーヴン・ピーコック
日本公開:2016/10/1

感想
ジョジョ・モイーズの『ミー・ビフォー・ユー きみと選んだ明日』というベストセラー小説の映画化だそうです。

「英国男優50人斬り」今日のイギリス男優は主人公ウィルを演じるサム・クラフリン
ウィルは事故で四肢麻痺になり、2年間介護を受けながら暮らしています。

エミリー・クラーク(『ターミネーター:新起動/ジェニシス』)演じるルイーザ(ルー)は、6年間勤めたカフェの閉店で職を失い、職安でウィルの介護の仕事を斡旋されるのです。

お洋服が大好きというルーのファッションがダサ可愛いくてね
ウィルはそのセンスを面白がりつつ明るいルーに心を開き始め、ルーもウィルに惹かれていきます。
でもウィルはルーに会う前にある重大な決心をしていたのです。

MBY-00934r-large_trans__piVx42joSuAkZ0bE9ijUnGH28ZiNHzwg9svuZLxrn1U.jpg

てっきり『最強のふたり』の恋愛バージョンみたいなものを想像してたんですが、これがちょっと違った。
というのも、恋も仕事も充実し人生を謳歌していた矢先に事故に遭ってしまったウィルのその喪失はとてつもなく大きくて、何をもってしても埋めることなどできないんですよ。

切ないなぁ。多分これ障害者には辛い映画で反論も多くあるでしょうね。
でも生きる上でどこに意味を見出すかは人それぞれ、こればっかりは自分の価値観や一般論を振りかざして、どうのと言えない。

でもウィルとルーを対比させ、クオリティ・オブ・ライフ(人生の質)について考えさせるのがこの映画の主題だと思う。
最後はちょっとお膳立てしすぎと思うところはあるけれど、なんでもできるのに何もせず、世界を狭めていたルーの前向きな変化には清々しいものがありました。
max.jpg
エミリー・クラークは眉毛が表情ありすぎだけどキュートよね。
サム・クラフリンはウルバリン以前のヒュー・ジャックマン似の王子様系ハンサム君。
瞳がきれいで一気に惚れた(笑)
本作ではほぼ動きがない役だったけど、アクションもいけそうなので、次の次あたりボンドにどうでしょう。

ウィルのお父さん役のチャールズ・ダンスさんが、息子を愛しすべてを受け入れる富豪の父親をあたたかく演じていて最高でした。

劇中流れる映画は『神々と男たち』かな。
字幕映画を嫌うのはイギリスもアメリカと同じだと知った。



[READ MORE...]
【映画】アントン君追悼『5時から7時の恋人カンケイ』はほろ苦い大人のラブストーリー
2016年06月26日 (日) | 編集 |
five_to_seven_ver2.jpg  
5時から7時の恋人カンケイ(2014)
アメリカ
原題:5 to 7
監督・脚本:ヴィクター・レヴィン
出演:アントン・イェルチンベレニス・マルローオリヴィア・サールビーランバート・ウィルソン /フランク・ランジェラ/グレン・クローズ 

アントン君追悼ラストは、アントン君には珍しい恋愛もの。

5to7_03.jpg 

アントン君が演じるのは24歳、作家の卵ブライン。
通りの向こうに見かけた煙草の似合う大人な女性アリエルに引き寄せられるように接近し、フランス語で話しかける
別れ際「また会う?」と誘ってきたのは彼女の方。
二人は「5時から7時まで」という決まりでデートを重ねる。
しかし彼女は結婚し二人の子供のいる33歳だった。

これはなかなか拾いものでした。

アリエルを演じるのは『スカイフォール』のボンドガール、ベレニス・マルロー
実は彼女の夫(ランバート・ウィルソン )には愛人がいてアリエルは自分の恋愛も自由だと思っている。
「それでも不倫に変わりはない」と別れを切り出すブライアンだけど、
彼はすでにアリエルを愛し始めていた
二人の恋の行方は という話。

5-to-7.jpg  

この映画まず面白いのは、アリエルの家の結婚象です。
愛人にどっぷりの夫を認め、さらに夫は妻のボ-イフレンドとしてブライアンを受け入れ
家族ぐるみでおおらかに付き合おうとする。

いやいやいや・・いくらフランス人一家ったって
そりゃ無理でしょ

5to7still.jpg 

戸惑いながらも真剣にアリエスを愛するアントン君が可愛くてね
お相手はボンドガールで背丈も同じくらいなもので、
どうしても最初は不釣り合いに見えるのだけど
ベレニス・マルローの笑顔が思いのほかキュートで
ドライに思えた夫婦の関係にも実はとっても傷ついていたことが分かってくると
優しいアントン君との新たな幸せを願ってしまったもんね。

『今日、キミに会えたら』以来久々に見た恋愛もののアントン君は
責任感という意味でうんと大人になっていて、それでも繊細さは失わず
誠実でピュアなブライアンがぴったりでした。


ブライアンの両親にフランク・ランジェラとグレン・クローズ
アリエルの夫の愛人で、のちにブライアンの小説の編集者となるオリヴィア・サールビー(『ジャッジ・ドレッド』)も魅力的。

映画を引き立てる素敵な音楽や、街角の風景
ベンチに書かれたメッセージプレートなどのアイテムも小じゃれていて
スタイリッシュでいてほろ苦い大人のラブストーリーに仕上がってます。

幸せな結婚だったかなんて、人生に黄昏が近づいて初めてわかるのかもしれない。
黄昏も知らずに逝ってしまったアントン君
もっともっと渋い演技も見せて欲しかったよ。
安らかに。










ブログパーツ



【映画】ラブストーリーズ:Them
2015年02月05日 (木) | 編集 |

ラブストーリーズ:Them(2014)アメリカ
原題:The Disappearance of Eleanor Rigby: Them
オフィシャルサイト

ジェームズ・マカヴォイジェシカ・チャステイン主演で喪失から始る男女の別れと再生を、男の視点、女の視点から、2つの映画で描きだすラブストーリー・・
のはずなんですが、私が観たものは「Them」バージョン。


 
エリナー(ジェシカ・チャステイン)はあることからコナー(ジェームズ・マカヴォイ)の前から姿を消す
。オフィシャルサイトでは簡単に説明されてるけどw私が観た「Them」バージョンではそれが判るまで結構時間がかるんですよ。そうなると、観客は宙ぶらりんにエリナーの憂鬱を眺めるしかなく、彼女の悲しみに共感したくても共感しようがない。
もしこれ一本で見せるのなら、短くてももっとうまく繋いで欲しかったですが
多分監督は「コナーの涙」「エリナーの愛情」と「Them」の3本で三部作構成というつもりで作ってるんでしょうね。

Themだけを観てしまった感想としては、とにかく端折りすぎ。
エリナーとコナーの関係だけでなく、家族との関係や問題がイマイチわかりにくい。
エリナーの母親役のイザベル・ユペールもなんでプチアル中状態なのかとか結局よくわからなかったし。
そんな中にあって、大学講師役のヴィオラ・デイヴィスはフランクな人柄が、殻に閉じこもったエリナーの心を融かし、エリナーが自然に悲しみに向き合うことを助けていてグッジョブ。

愛し合っていると思っていても、一緒にいては問題が解決しないこともあるんだろうな。
とことん傷ついて、ようやく立ち上がったとき、人の痛みをわかるようになったり
そんな小さな「あるある」を感じさせてくれる作品。
ちなみに監督は無名の頃のジェシカ・チャステインと4年間恋人同士だったそうです。
エリナーをひたすら追うコナーに、監督は自分の思いを重ねたのかな と勝手に想像しちゃったな。
ショートカットのジェシカ可愛いっす。


日本ではちゃんと「コナーの涙」「エリナーの愛情」と分けて公開するようですね。
私も順番に観たかった。





【映画】イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち
2014年12月21日 (日) | 編集 |
inyoureyesposter.jpg

イン・ユア・アイズ 近くて遠い恋人たち(2014)アメリカ
原題:In Your Eyes
監督:ブリン・ヒル
出演:ゾーイ・カザン/マイケル・スタール=デヴィッド /ニッキー・リード
日本公開:2015/
医者の夫とニューハンプシャーに暮らすレベッカと、ミューメキシコに暮らす前科者のディランは、頭の中で誰かの声を聴き、誰かの見ているものを見るという不思議な力を持っている。あるとき声の主が遠くで実在する人物だと知った二人は、戸惑いながらも言葉を交わすのだが・・



クリスマスにはファンタジーを  ということで今日は『イン・ユア・アイズ(原題)』
『アベンジャーズ』のジェス・ウェドンが脚本を書き、新鋭ブリン・ヒルがメガホンを取ったファンタジー・ロマンスです。

レベッカ(ゾーイ・カザン)とディラン(マイケル・スタール=デヴィッド )は、幼いときからテレパシー能力に気づいているものの、誰にも明かすことが出来ないまま大人になっています。
ひょんなことから彼らの見ているものが実在する特定の相手のもので、その能力を互いに共有してることを知り、二人は秘密を共有しながら惹かれ始めることに。言ってみればエスパー同士の遠距離恋愛が始まるわけです。
「誰かの声を聴き、相手の痛みまで伝わる」ことで、周囲から孤立し、ある意味人生をあきらめていた二人が、互いに恋することで新しい道を見出していく話。

iyoureyes2.jpg

『ルビースパークス』ではじめて意識したゾーイ・カザンは可愛らしく、不思議ちゃん系な雰囲気がファンタジーにはまりますが、どこかダークな側面も感じさせるところが深みとなりますね。
ただ、『クローバーフィールド』のマイケル・スタール=デヴィッド演じるディランの、恋は盲目という感じは初々しくていいのだけど、既婚者であるレベッカがテレパシーを公の場で使ったり、世間の目に疎すぎるところは理解しにくいところがありました。ラスト付近の展開もやや物足りない。

inyour3.png

それでも斬新な設定と、彼らがどこに行き着くのかが気になってずっと興味を持続させられます。
レベッカを支配する夫、ディランの観察員などの共演者もそれぞれグッジョブ。

二つの土地の風景も美しく、ファンタジーなロマンスがお好きなら楽しめるかと。


今日のクリスマスソングはスティーヴィー・ワンダー『Someday At Christmas』です。