映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】エル(原題)
2017年03月23日 (木) | 編集 |
elle-thumb.jpg

エル(原題)
(2016)フランス
原題:Elle
監督:ポール・ヴァーホ―ヴェン
脚本:
デヴィッド・バーク
出演:イザベル・ユペール/ロラン・ラフィット/アンヌ・コンシニ/シャルル・ベルリング/ヴィルジニー・エフィラ/ジョナ・ブロケ

【あらすじ】
テレビゲーム制作会社のディレクター、ミシェル(ユぺール)は自宅で覆面の男に襲われる。
警察に通報しないのは、過去を蒸し返されたくないからだ。
その後、犯人と思われる男からEmailが届き、その日の服装をどこかで観ているらしき内容に恐怖を覚えるミシェルは・・


【感想】
ポール・ヴァ―ホ―ヴェンが監督し、イザベル・ユペールがアカデミー主演女優賞にノミネートされたサスペンスドラマ。
DVDで鑑賞しました。

あらすじを見て「あれ?ヒロインはエルという名前じゃないの?」と思った人がきっといると思う。
私も完全にそう思ってました。
じゃタイトルの【Elle】は何かというと、「彼女」という意味のフランス語らしいのね。
常識?すみません。。

elle3.png
冒頭から強烈な強姦シーン
男が立ち去った後、ユペール演じるミシェルは割れた食器の散乱する床を掃き、湯船につかる。
表面に赤い血が浮かんでくる描写も生々しいけれど、
両の手でそれを揺らして混ぜ、何事もなかったかのように無表情のユペールに
なぜ彼女は静かにことを受け流そうとするのか と ここまでのシークエンスだけですでに衝撃的。

ミシェルが警察に通報しないのは、実は過去に関係があり、彼女は蒸し返されたくない秘密を持っている。
ところが、犯人からと思われるEmailが身近なものの犯行を匂わせたことから、誰がやったんだということに。
elle.png
90年代ならば、ヒロインの過去を暴きつつ、犯人を捜しリベンジするエロチックスリラーになりそうだけど
本作はそれだけに終わりません。
レイプをきっかけにミシェルの中で何かが弾け、ある転機とも重なって、彼女に変化をもたらす。

時にユーモアを湛え、ヴァーホ―ヴェンらしいインモラルな部分も盛り込みつつ
湯船のシーンのように、たおやかにことを受け流し前を向くヒロインを筆頭に
女はみんなサバイバーというヒューマンドラマが意外にも爽快でした。
還暦すぎとは思えない美しい肢体にも驚くけれど
ヒロインを辛辣に、でも正直で可愛らしく演じたユペールが最高。
受賞は逃したけど、間違いなくオスカー級!!

お気に入り度4.1

【映画】トレスパス・アゲンスト・アス(原題)
2017年03月11日 (土) | 編集 |
trespassagainstus2.jpg

トレスパス・アゲンスト・アス(原題)(
2016 イギリス
原題:Trespass Against Us
監督:アダム・スミス
脚本: Alastair Siddons
出演:マイケル・ファスベンダーブレンダン・グリーソン/リンゼイ・マーシャル/ジョージ―・スミス

【あらすじ】

父親にコントロールされ、トレイラーハウスで移動しながら犯罪を繰り返すコミュニティに生きるチャドは、将来に不安を感じていた。


【感想】

長編初メガホンのアダム・スミスが監督したクライムアクションドラマです。
主演はマイケル・ファスベンダー
trespass.jpg
ファス演じるチャドはトレイラーハウスでジプシー生活を送るコミュニティに生きる男。
2人の子供を持つチャドは、コミュニティを支配する父親のコルビー(ブレンダン・グリーソン)に命じられ犯罪を繰り返す暮らしから抜け出したいと思っている。
しかし学校に行かず読み書きのできないチャドの自立には壁があり、何より父親がそれを許さない。
子供を守りたい、でもそのためには犯罪を犯すしかないという主人公のジレンマが悲しい映画です。

ファスベンダーがとにかく走る 走る! 走る!!の大活躍。 
華麗なるドライビングテクニックを披露しつつ、パトカーから逃げ、犬から逃げ、ヘリコプターから逃げる。
憤りに顔をゆがませ、邪悪な行動に出て自己嫌悪に陥ったかと思えば、優しい瞳で子供を見つめたりと 
様々なアクション&表情のファスを拝める点でこれはファン必見と思いますです。はい。
Trespass-Against-Us.jpg
ただ映画としては、賛否が分かれてしまいますね。
犯罪生活に見切りをつけたいと思いながら、結局は父親に従うしかないチャドに
その気になれば身体を使ったどんな仕事でもできるんじゃないのー?とか思ってしまう。
小さい頃から暴力で抑えられてきたであろうことは想像できるけれど、チャドが父に感じる恐れなどが今いち伝わないから、ラストシーンにもほかに選択がなかったの?っていうか、それはないわぁって気になるしね。

でもチャドの行動の可否を問うのは作り手の思うところではないかもしれない。
多分この映画は、三世代の親子の関係を通し、親と子供の愛情や、責任なんかを描いているのだと思う。
本当の親の愛は子供に可能性を与えてあげることだなと思ってみたり。

ともあれ、ファスベンダーにブレンソン、妻役のリンゼル・マーシャルが、それぞれの立場の愛情を表現してうまい。
ファスベンダーに感化されたか、息子役のジョージ―・スミスの最後の演技も秀逸で、演技者はみな素晴らしかった。

ラストシーンをどう解釈するかで印象は変わるかな。
エンタメ性もあり、私は楽しめました。

日本公開は未定。


お気に入り度3.8



ブログパーツ





















【映画】さざなみ
2017年03月08日 (水) | 編集 |
45yearsposter.jpg

 さざなみ(2015 イギリス
原題:45 Years
監督/脚本:アンドリュー・ヘイ
出演:シャーロット・ランプリング/トム・コートネイ/ジェラルディン・ジェームズ/ドリー・ウェルズ


【あらすじ】
イギリスの片田舎で穏やかな毎日を送る老夫婦のジェフとケイト。5日後に結婚45周年の記念パーティを控える中、スイスの警察から1通の手紙が届く。それは、50年前にジェフと登山中にクレパスに転落して亡くなった当時の恋人カチャの遺体が、氷漬けのまま発見されたことを知らせるものだった。


【感想】
夫のかつての恋人が氷山の中から発見された

ある日突然そんなニュースを知らされたら、少なからずショックでしょう。
普通であれば、長い間平穏に結婚生活を送ってこれたことに勝る真実はないはずなんですが、
もしも、その恋人が夫の心をずっと支配し続けていたとしたら・・
猜疑心は、小さなさざなみとなって、妻の心をきしませるのです。
45years2.jpg
この映画で描かれるのは、たったの5日間。
なんたってシャーロット・ランプリングがうまいやねぇ。
台詞のないシーンでも彼女の中に渦巻く疑念が手に取るように伝わります。

夫を演じるトム・コートニイのこのままボケ散らかすんじゃないかと思えるような呆然とした演技も秀逸で
夫ジェフのイノセントさが余計に妻を傷つけていく。
次第に亀裂を深めていく2人の関係が非常にスリリングでリアリティがありました。

ラストシーンのあと、夫婦がどうなるのか
その解釈は観るものの結婚観に委ねられる気がしますね。

一つ言えるのは、そんな結果になろうとも
ケイトの中には、どうしたってわだかまりが残るだろうということ。

知らない方が幸せなことが、世の中にはあるんです。
45years3.jpg
適度な生活感がありながらセンスのいいケイトの家のインテリアが
バキバキにお洒落なアメリカのインテリア雑誌のそれより数段自分向けで、参考にしたいと思ったな。


お気に入り度4.2

【映画】ムーンライト
2017年03月01日 (水) | 編集 |
 moonlight movie poster

ムーンライト(2016 アメリカ
原題:Moonlight
監督/脚本:バリー・ジェンキンズ
出演:ト
レヴァンテ・ローズ/アンドレ・ホランド/ジャネール・モネイ/アレックス・R・ヒバート/ナオミ・ハリス
マハーシャラ・アリ

【あらすじ】
マイアミの貧困地域で暮らす内気な少年シャイロンは、学校では「チビ」と呼ばれていじめられ、家庭では麻薬常習者の母親ポーラから育児放棄されていた。そんなシャイロンに優しく接してくれるのは、近所に住む麻薬ディーラーのフアン夫妻と、唯一の男友達であるケビンだけ。やがてシャイロンは、ケビンに対して友情以上の思いを抱くようになるが・


【感想】
  歴史に残る今年のアカデミー賞で、大どんでん返しの作品賞をかっさらった『ムーンライト』
実は劇場で寝てしまい(咳止めの副作用でとにかく眠かった)記事も書けずじまいだったので、DVDで再見しました。


貧困地域に暮らすシャイロンの少年時代から、青年、大人になるまでを描く本作は、自分探しの青春映画にして、これは黒人社会への応援歌ですね。

この映画を観てまず思うのは、貧困地域で生まれ育った人間が、まっとうな道を歩くのは簡単ではないということ。
父親がいなくて母親はジャンキー、しかも少しだけ女の子っぽい歩き方をするシャイロンは学校でもいじめられ、悪がきに追い回されてます。この生まれながらにハンディを背負っているとも言えるシャイロンがやがて道を外すのは必然にも思えるんですが。。
でもある日彼は、偶然出会ったフアンに声をかけられ、初めて父性のようなものに触れる。
同級生のケヴィンとも馬が合い、彼はケヴィンに友情以上のものを感じ始めるのです。
moonlight-0236.jpg
現実的で絶望的と思えたシャイロンの物語が、そうした「大事な出会い」によって希望を感じさせるものに変わっていくところがこの映画の凄いところでしょうね。

フアンの会話の中で「月明りに照らされると黒人の肌は青く見える」というキューバのお年寄りの言葉が語られます。
黒人だから、貧困地域に生まれたからと言って人生をあきらめてはいけない。
黒い肌が月明りで蒼く輝くように、人は輝くことができる。どんな人間になるかを決めるのは自分自身。
『ムーンライト』というタイトルにはそんな作り手のメッセージを感じました。
moonlightbeach.jpg
ロマンスとしては非常に控えめで、むしろ本当の自分をみつけることの大切さを感じる描き方です。

アカデミー賞助演男優賞を獲得したマハーシャラ・アリのあたたかい演技も印象的ですが、強烈なのはフアンの母を演じたナオミ・ハリス!登場シーンごとにジャンキー度を強め、廃人化していく姿が壮絶でうまいのなんのって。
息子を思うように愛すことができなかった後悔を伝えるシーンでは泣けました。麻薬はアカンでー。
moonlightnaomi.png
麻薬ディーラーが出てくるからと言ってドンパチがあるわけでもなく、淡々とした作風故退屈に感じる人もいると思う。
おそらくはそれほど制作費もかかっていない、こういうインディーズな映画がオスカーを取る時代なんだなと、少し複雑に感じるのは私だけかな。

個人的な好みとしてはやっぱり『ラ・ラ・ランド』でした(笑)

お気に入り度4.0



ブログパーツ



【映画】ライオン ~25年目のただいま~
2017年02月15日 (水) | 編集 |
Lion poster  
ライオン ~25年目のただいま~(2015) オーストラリア
原題:Lion
原作:サル―・ブライアリー
監督:ガース・デイヴィス
脚本:ルーク・デイヴィス

出演:
デヴ・パテル/ルーニー・マーラ/デヴィッド・ウェンハム/ニコール・キッドマン/サニー・パワーll

【あらすじ】
5歳の時にインドの駅で迷子になったサル―は、その後オーストラリア人夫婦に引き取られる。しかし彼の心には常に母や兄への思いがあった。

【感想】
 サル―・ブライアリーが自身の数奇な人生を綴った自伝小説『25年目の「ただいま」』を、本作が映画初監督作品というガース・デイヴィスが映画化した感動のドラマです。

初監督作品で作品賞にノミネートされるとは凄いなと思ったら、もともとかんとくはCM筋の作家として高い評価を受けてきた人らしい。
インドで迷子になった5歳の少年がオーストラリアで暮らすことになり、25年目にグーグルの力で故郷に戻ることができた
ストーリー自体が映画みたいなものだから、どう転んでも面白くはなりそうだけど、美術、音楽、映像すべてが美しく一本の映画としてのクオリティーが高い。少年時代のサルー少年がむちゃくちゃ可愛らしくて、少年の冒険を描く前半にも大いに引き付けられました。
lion_anatomy_-_5_-_embed_-_2016.jpg
どこのあらすじにも書いてるので書きますが・・サルーの故郷探しにはグーグルアースが大きな役割を果たしたんですね。
私も初めての場所に行くときなど、前もってグーグルでチェックするようにしています。
先日も、交差点がロータリーになってるのが分かったので、その場で戸惑わずに済みましたよ。ありがたいことです。

この世にグーグルがなかったら、おそらくサルー少年は一生故郷を見つけることはできなかったでしょう。
5歳の子供の記憶力では、土地名も駅名もわからないのだから。
lionkidman.jpg
オーストラリアでの暮らしは普通に裕福で両親も優しい
でも少年が一番幸せだったのは、家族と暮らした少年時代だったのだろうと
何も説明されなくてもわかるほど、インドの描写がいい!
貧しくても互いに助け合い、家族と繋がることの素晴らしさを描いた作品でもありますね。
lion brothers

デブ・パテル君の助演もいいですが、私ならサルーを演じたサニー・パワー君に賞をあげたいです。


お気に入り度4.2

ブログパーツ