映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】人生はシネマティック!
2017年11月15日 (水) | 編集 |

their finest poster
人生はシネマティック!(2016
イギリス
原題:Their Finest
監督:ロネ・シェルフィグ
出演:ジェマ・アータ-トン、サム・クラフリンビル・ナイ、ジャック・ヒューストン、エディ・マーサン


【あらすじ】
第二次世界大戦中の1940年のロンドン。コピーライターの秘書として働くカトリンだったが、人手不足で代わりに書いたコピーが情報省映画局の特別顧問のバックリーの目に留まり、新作映画の脚本陣に加わることに。ダンケルクで双子姉妹が兵士を救出した感動秘話の映画化が決まったが・・


【感想】
戦時下のロンドンで、プロパガンダ映画の製作を任された映画陣の奮闘を描くコメディドラマです。

イギリスはゲイや女性、労働者階級など弱者が力を合わせて頑張るお話が得意ですよね。『キンキーブーツ』『カレンダー・ガールズ』『フルモンティ』、最近では『パレードへようこそ』など、実話ベースの秀作がいくつも作られています。
theirfinest.jpg  
本作の舞台となるのは映画製作の現場とあって、市井の物語とは少し違うんですけど、ジェマ・アータートン演じる名もないコピーライターのカトリンを主人公にした女性進出の話でもあり、窮地に立たされた人々が、問題をクリアしながら、仲間と心を一つに大きな仕事を成し遂げていくというところも、前述の映画たちに通じるところがありますね。

ただ、カトリンが脚本家として認められる過程が思いのほかスムーズのため、彼女の物語としては達成感がやや薄い。
映画製作の現場でも女性はすでに男性に引けを取らない働きをしていたし、ビル・ナイ演じる往年のスターのエージョントの後釜にその姉がすんなり座るというのもへーという感じで、この時代のイギリス女性の社会的な地位は実際にはどうだったんだろうと、懐疑的に観てしまった。

プロパガンダ映画を求める政府にしても政治的な悪意は感じられず、製作側とも「国民を励ましたい」という思いを共有していたことになります。悪者が登場しないのが本作のいいところではあるけれど、問題打破の物語として観れば物足りないところでもあるかな。

their-finest-thumb.jpg


とはいえ、映画製作の現場が舞台であり、ビル・ナイが安定の可愛らしさでこれでもかの大活躍をしてくれるのだから面白くないわけがない。今まで特に意識したことのなかったジェマも笑顔や泣き顔が美しく好きになったし、お気に入りのサム・クラフリンがちょび髭+丸眼鏡でいつもと違う感じを楽しめました。今回はキュート系のエディ・マーサンの多彩なキャラづくりにも感心。
ノーランの『ダンケルク』を観ていたので、劇中劇にも入り込みやすかったですね。

監督は大好きな『17歳の肖像』のロネ・シェルフリン。
イギリス映画らしいアイロニーを漂わせながらも、笑いあり涙ありで心を揺さぶってくる。
数秒後の命の保証などない戦時下で、「生」の輝きを伝える脚本が秀逸。

空襲が頻発していても映画館で映画を楽しむ人々の姿に、イギリスの懐の深さを見た思いでした。

ブログパーツ

【映画】『パターソン』シンプルな日常が愛しいと思える映画
2017年09月03日 (日) | 編集 |
Patersonposter.jpg  
パターソン(2016アメリカ
原題:Paterrson
監督:ジム・ジャームッシュ
出演:アダム・ドライバー/ ゴルシフテ・ファラハニ /バリー・シャバカ・ヘンリー /クリフ・スミス /チェイセン・ハーモン
ウィリアム・ジャクソン・ハーパー /永瀬正敏
【あらすじ】
ニュージャージー州パターソン。町名と同じ名前のバス運転手パターソンは代わり映えしない毎日ながら、日常の些細な出来事の中から詩を紡ぎ出し、ノートにしたためていく


【感想】
ジム・ジャームッシュによるドラマです。

アダム・ドライヴァー演じるパターソンはパターソンという街のバスドライバー・・
「なにそれ?駄洒落か?」と聞きたくなるしょ?(笑)
多分、これクリストファー・プラマーが主人公なら仕事はプラマー(水道工事屋)だったと思う(笑)
映画はそんな言葉の響きに、詩が韻を踏むようなリズムとさりげないユーモアを漂わせるのだけど
観ていくうちに私たちは「重ねること」に意味を見出すことになります。
Paterson-movie-Adam-Driver.jpg
パターソンは毎日同じ時間に起き、隣で眠る妻にキスをして、
一人チェリオ(シリアル)の朝食をとり仕事に向かう。
仕事始めに詩をしたため、同僚の愚痴を聞いたのちに同じルートの路線バスを走らせる。
夕食の後はペットのワンコを散歩させがてら、行きつけのバーでいつものビールを注文する・・
判を押したようにパターン化されたパターソンの日常

普通ならそんな映画を見せられたら眠くなりそうなものだけど、そうならず、
むしろ次第に幸福感に包まれていく不思議

Paterson-5-620x412.png
正直、夫の出勤時に起きてこない妻に、最初はダメ妻の印象を持ったのだけど
パターソンとは真逆でチャレンジ精神旺盛な妻ローラは、常に新しい趣味を模索し、刺激を与えてくれる。ア―ティスティックでパターソンを心から愛しているのも伝わって、だんだんに彼女への見方も変わっていった。パターソンは時には実験的で不味いパイを水で流し込むことになったとしても、文句ひとつ言わない。たまの外食や映画デートにささやかな幸せを見出す2人が微笑ましくて、こちらまで幸せな気分になるのです。


「詩」が日常を切り取りながらも、違った世界を作り出していくように
一つの事象も見方を変えれば違った側面が見えてくる。
色々文句を言う前に、楽しいことを発見して暮らす方が幸せだよなぁ。そんなことを思ってしまった。
untitled_201709031801225b9.png
かすかな表情の変化で心情を表現するアダム・ドライヴァーの演技力もさることながら
パターソンの気持ちを代弁するように全身で演技する犬のマーヴィンの演技力とぶさ可愛いさに完全にやられた。

劇中双子がたくさん登場するのは、「詩」に通じる「重なり」を表現するためかな とか
終盤登場する永瀬さんのキャラの意味合いとか(個人的にはパターソンの分身的な存在と解釈)
自分で明確な答えを見出せない事柄についてあれこれ考えるのもこの映画の楽しみ方の一つだと思う。


次第に輝いてくる映像も、さり気に心に残る音楽もいい。
久々に好きな映画に出会った気分。

ところで、永瀬さんの「A-Ha!」という台詞は日本語字幕ではどう訳したのかな。
観た方は教えてください。

ブログパーツ



[READ MORE...]
【映画】僕のワンダフル・ライフ
2017年07月15日 (土) | 編集 |
27-dog-purpose.jpg
僕のワンダフル・ライフ(2017
アメリカ
原題:A Dog's Purpose
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:K・J・アパ/ブリット・ロバートソン/ジョン・オーティス/デニス・クエイド/ペギー・リプトン
【あらすじ】
ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーは、自分の命を救ってくれた少年イーサンと固い絆で結ばれていく。やがて寿命を終えたベイリーは、愛するイーサンにまた会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すようになるが、なかなかイーサンに遭遇できない。3度目でようやくイーサンに出会えたベイリーは、自身に与えられたある使命に気づく。(映画.comより)


【感想】
今日はラッセ・ハルストレム監督の新作
50年間に三度転生した犬と飼い主の絆を描くファンタジー・ドラマです。

bailey-ein-freund-fürs-leben-2
幼い少年イーサンに飼われた犬のベイリー
ベイリーの台詞は『アナと雪の女王』でオラフの声を当てたジョシュ・ギャッドが担当していて、犬ゆえに少々ボキャブラリー不足、でも意外に観察力はしっかりしていて、彼のおっとりしたナレーションがまた楽しい。

とってもいい子のイーサンだけど、アル中の父親の存在がイーサンの人生に暗い影を落としていく
イーサンとともに成長し、固い絆で結ばれていくベイリーもやがて年老いて・・
でもご安心あれ、ベイリーは新しいワンコとして生まれ変わるのです!(笑)

原題は「ある犬の目的」
ベイリーが何度も生まれ変わる そのわけは・・って部分は
人間様の自己中心的な発想に思えたりもするんだけど
さらりと描かれる転生と言う部分に、意味を与えるかどうかは観る人の宗教観とかによっても違うかな。
なんにせよ、大切なペットを失くし「愛犬にまた会いたい」と思ったことのある人には、これはたまらないはず。
ワンコ好きさん必見の最高にハートウォーミングな一本です。
Dogs-Purpose-2017.jpg
ところでね、この映画で犬への虐待があったと聞いて、凄く残念に思っていたんだけど、中年期のイーサンを演じたデニス・クエイドによると、TMZで流された、「嫌がるシェパード犬を笑いながら流れの速い水の中に落とそうとする」フッテージは、映画撮影者とは全く関係のない何者かによるものだったらしいんです。
スマホ映像を後半の本物の撮影シーンと合体させているというから悪質。投稿者は特定されてないらしいですがプレミアの前に公開されて、プレミアは中止。ラッセ監督は動物虐待者と批判されたそうだからなんとも酷い話ですよね。
実際には安全に配慮され撮影されたらしいので、虐待の噂を信じて観るのをやめるという人が少ないことを願います。

ブログパーツ









[READ MORE...]
『パトリオット・デイ』 ボストンマラソンテロ事件で強固になる愛国心
2017年05月04日 (木) | 編集 |
Patriots_Day_Onesheet_AU_LR.jpg
パトリオット・デイ
(2016)アメリカ
原題:Patriots Day
監督:ピーター・バーグ
脚本:セオドア・メルフィ
出演:マーク・ウォールバーグジョン・グッドマン/ケヴィン・ベーコン/J・K・シモンズ/ミシェル・モナハン
【あらすじ】
13年4月15日。ボストン警察の殺人課に所属する刑事トミーはボストンマラソンの警備にあたっていた。50万人の観衆で会場が埋め尽くされる中、トミーの背後で突如として大規模な爆発が発生し・・


【感想】
『ローン・サバイバー』から快進撃を続けるピーター・バーグ監督が今回選んだのは、2013年に起きたボストンマラソン爆弾テロ事件。膝から下が引き裂かれたカーテンみたいになって車いすで搬送される被害者の様子などショッキングな映像が映し出されたのも印象的でしたが、まもなく犯人と思われる2人の写真が公開され、犯人が潜伏したウォータータウンの民家を捜索する映像などニュースから目が離せない数日間でしたね。
Patriots-Day-3.jpg
犯人の特定に関しては、ここでも監視カメラが大活躍。
現場の観衆から集めたスマホ映像などを解析する捜査の鮮やかさには感心しきり。
クールなFBI捜査官を演じたケヴィン・ベーコンと地道で実直なボストン警察の殺人課の刑事トミー(マーク・ウォールバーグ)のキャラクターは対照的で、だからこそそれぞれの役割が強調されてもいます。

タイトルのパトリオット・デイというのはボストン・マラソンがパトリオット・デイに開催されたからというのもあるんですが、事件によってより強固なものになるアメリカ人の愛国心がこの映画のテーマになってるからなんですね。

そのため、犯人側の思惑にはあまり深入りすることなく事件の進展を描き、関わった人々の活躍にフォーカスする作り。
銃と爆弾を武器に抵抗を続ける犯人に果敢に立ち向かう銃撃戦のシーンの緊張感たるや!
警察の勇気には敬意を払うしかありません。
patriotsday0002.jpg
ただ一つ疑問に思うのは、ウォールバーグ演じるトミーが架空の人物である点。
目の前で起きた事件の衝撃をリアルに伝えるという点では成功してるし、トミーの存在が映画をより人間味のあるものに仕上げていていいんですが、捜査の場面でのウォルバーグの活躍は作り事だったの?と思うと、実録ものとしての信頼性が低下する気がしてちょっと複雑な気分。

それでも、事件解決後のボストン市民の一体感は、ニュースからも伝わるところで、愛をもって事件をポジティブな視点で見つめているのがいい。
日本で「愛国心」というと右寄りなものを想像してしまうけれど、元来愛国心というのは純粋に国を愛するということ。
悲惨な事件を体験して人々が助け合い支え合う姿が感動的で、どんな邪悪な敵にも愛をもって立ち向かうことができると・・
文字にするときれいごとだけど、そのメッセージには心を揺さぶられます。

ただ、アルカイダにしろ北朝鮮にしろ、邪悪な敵の皆さんも彼らなりの愛国心を持っているんだよね、きっと。
愛国心をテーマにするのなら、爆弾犯の動機などにも触れないと偏ったものになるんじゃないかという気はしましたね。
とはいえ、捜査の全容を明かしつつ、事件現場のカオスを緊張感たっぷりに描いた実録スリラーとしては大変面白く見ごたえもたっぷりでした。


お気に入り度4.0


ブログパーツ

【映画】20センチュリー・ウーマン
2017年03月30日 (木) | 編集 |
 centurywomenposter.jpg

20センチュリー・ウーマン(2016)アメリカ
原題:20th Century Women
監督/脚本:マイク・ミルズ
出演:アネット・ベニングルーカス・ジェイド・ズマン/エル・ファニング/グレタ・ガーウィグ/ビリー・クラダップ
【あらすじ】
1979年のカリフォルニア州サンタバーバラ、自由奔放なシングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、15歳の息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に頭を悩ませ、間貸ししているアビー(グレタ・ガーウィグ)と、近所に暮らすジェイミーの幼なじみジュリー(エル・ファニング)に相談する。


【感想】
『人生はビギナーズ』で、ゲイをオープンにした実の父親の物語を描いたマイク・ミルズ監督6年ぶりの新作です。

40歳で子供を産み、夫とは早くに別れたドロシアは15歳の息子を持つシングルマザー。
息子ジェイミーを心から愛しているけれど「アイラブユー」を連発するタイプでもなく、思春期の息子の冒険にも不安な思いをぐっと飲みこんで様子を見守る、ドロシアはそんな女性。
大恐慌時代を生き抜いてきた彼女は、近所で助け合って子供を育てた自分の時代に習って、身近な2人の女性に15歳になった息子ジェイミーの教育をお願いする。

前作で実の父親を描いたように、今回もドロシアには監督のお母さんを投影
これは育ててくれた女性陣へのラブレターであり、監督自身の青春のひと時を描くヒューマンドラマです。

甘酸っぱくて胸がきゅんとする作品でした。
アネット・ベニングがとにかくいい。
自分が得られなかった幸せを息子には目いっぱい感じて欲しいと願う母親。
さっぱりしてある意味男前な彼女は、その思いをストレートに表現しないことから確執を生むこともあるけれど、次第に親子が心を通じ合わせる過程に静かに感動。くりくりヘアーのルーカス・ジェイド・ズマン君もナチュラルにジェイミーの心情を表現していて巧いです。

20th.png
唯一の大人の男性として登場するビリー・クラダップのちょっとずれてるけど誠実な感じとか
赤いヘアーでがん患者を演じるグレタ嬢の切実なパンク感とか、大人と子供のはざまで背伸びしてるエルちゃんとか
出演者のキャラを引き立てる脚本もよし。(アカデミー脚本賞ノミネート)

70年代が舞台ということで、当時流行った音楽もたくさん出てくるし、『カサブランカ』の挿入歌「Time goes by」などドロシアが好んで聴くオールディーズも多くかかって、これがまた心地よいのです。

最近、ニュースで昔は宅配の品を近所で預かり合ったりしていたけれど今はそれがなくなったと言っていた。
この映画の舞台の70年代には、日本にもまだ近所で助け合う風潮があった気がするなぁと、自分の子供時代のことも思いだされる。そんなノスタルジーを引き出してくれるのもこの映画の魅力ですね。

しみじみといい作品。これはお薦め。

お気に入り度4.5

ブログパーツ