映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】パラダイスの夕暮れ
2017年07月12日 (水) | 編集 |
paradice.jpg

 パラダイスの夕暮れ(1986フィンランド
英題:Shadows in Paradise 
監督:アキ・カウリスマキ
出演:マッティ・ペロンパー/カティ・オウティネン/サカリ・クオスマネン/エスコ・ニッカリ
【あらすじ】
仲間の死によって独立の道を断たれた、ゴミ収集車の運転手ニカンデル。スーパーのレジ係イロナに恋をした彼は、彼女をデートに誘ったものの、ビンゴ会場に連れて行ってしまい大失敗。ところが、仕事をクビになったイロナが彼のもとに転がり込んでくる。2人の関係はうまくいったかのように見えたが……。


【感想】
アキ・カウリスマキ監督の長編三作目。
めずらしくテレビでかかったので観ました。

ゴミ収集車の運転手ニカンデルとスーパーのレジ係(をクビになる)イロナ
ともに明日に希望を見出せない、労働階級の孤独な中年同士の出会いと恋の行く末を描くドラマです。

カウリスマキ作品は沢山は観てないんですけど
いわゆる人生の負け犬的な労働者階級の人々が不思議な可笑しみと哀愁を漂わせるのが特徴ですね。

主人公のニカンデルも車を修理すれば手に怪我をするし、同僚から一緒に新しい仕事を始めないかと持ち掛けられたと思えば、同僚はあっさり現場で死んで独立話はおじゃんになる。
その場から野良犬が勢いよく走り去る姿に、ニカンデルのかすかな夢が凄い勢いで消え去るさまを重ね、切ないやら可笑しいやら。

shadows-in-paradise-thumbnail.jpg


落胆しレストランで暴れて挙句牢屋に入れられたりと、ツイテないことこの上ないニカンデルだけど、修理の時に怪我をしたから、スーパーのレジ係のイロナと接近できたんだし、牢屋に入ったから新しい友人もできた。
悪いことがあれば、いいこともあるよ というところにカウリスマキのやさしさを感じます。

しなしながら負け犬人生が長くなると、人は勇気を失くしてしまう。
ふがいない自分をわかっているだけに、ふがいなさを指摘されることが辛いんだな。
でも彼は友人に背中を押してもらって少しの勇気を振り絞る
kau3.jpg


つましいながらも、きっちりしてこぎれいな暮らしぶりと仕事に対しても真面目な姿勢に
彼はその気になれば絶対に頑張れる人だと思えるのもいい。
だからダメもとでもやってみればいいよねというラストシーンに、涙がにじんだし幸せな気持ちにもなった。
友人の運転する清掃車だって、私にはリムジンに見えたしね。

初期にしてすでにほぼ完成していたと思えるペーソス溢れる作風
途中流れる音楽にもどこかノスタルジックで、やっぱりカウリスマキ監督いいわ。

ブログパーツ









【映画】ジーサンズ はじめての強盗
2017年04月29日 (土) | 編集 |
goinginstyleposter.jpg
ジーサンズ はじめての強盗
(2017)アメリカ
原題:Going in Style
監督:ザック・ブラフ
脚本:セオドア・メルフィ
出演:マイケル・ケイン/モーガン・フリーマン/アラン・アーキン/アン・マーグレット/マット・ディロン/クリストファー・ロイド

【あらすじ】
鮮やかな銀行強盗の現場を目撃したジョーは、長年勤めた会社の年金がもらえない事態になったことから、自分たちの金を取り戻そうと、仲間に銀行強盗を持ち掛ける・・


【感想】
こちらではご無沙汰してます。引っ越しの予定が少し延びてちょっと中休み。
ということで、モーガン・フリーマン、マイケル・ケイン、アラン・アーキンの共演が話題のクライム・コメディ『ジーサンズ はじめての強盗』を観てきました。邦題凄いねw

これマーティン・ブレストが監督した『お達者コメディ/シルバー・ギャング』(1979)のリメイクなんですね。
オリジナルはお年寄りの哀愁がにじみ出て好きな作品でした。

本作でも、冒頭からマイケル・ケインに年寄りネタやらせて笑わせてくれたり、健康問題やらも仕込んではいるものの
なんだろ、哀愁少なめなのは3人にあまり爺さん臭さがないからだろうか。
アラン・アーキン演じるアル爺さんなんか、まだあちらも現役ですからね。
going-in-style.jpg
今回、老後の暮らしが保障されないという社会問題を含有しているのは時代の変遷というべきか。
実際日本でも年金支給年齢は上がる一方で、老後には一抹の不安があるよね。
年寄りが働こうと思っても、機械化や安い賃金で働く外国人の労働力により、チャンスは減る一方。
穏やかで何もない日常から逃れるための強盗だったオリジナルに比べると設定は随分と世知辛くなりました。
年寄りが犯罪を犯してでも自分で何とかするしかないことが現実的なのが怖い話でもありますね。
GIS-MDillon-1024x682.jpg
正直友情とか家族の問題とかは表面的で、もっと深められただろうにと思わないでもないですが
この3人がコメディで共演して銀行強盗までやらかしてくれるんだから、そりゃ貴重ですよ。
実際3人の醸し出すケミストリーでそこそこ楽しめるし、お久しぶり!のマット・ディロンが刑事役で出てたり、アン・マーグリットとアラン・アーキンのデュエットまで聴けて、クリストファー・ロイドのお姿まで拝めたのだからありがたや。
観て損はない一本かと。
日本公開は6月24日です。

お気に入り度3.8


ブログパーツ

【映画】マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ
2017年01月24日 (火) | 編集 |
maggiesplanposter.png

 マギーズ・プラン 幸せのあとしまつ(2015 アメリカ
原題:Maggie's Plan
監督/脚本:レベッカ・ミラー
出演:グレタ・ガーウィグイーサン・ホークジュリアン・ムーア/ビル・ヘイダー/マーヤ・ルドルフ/トラヴィス・フィメル
【あらすじ】
ニューヨークの大学で働くマギーは、妻子持ちの文化人類学者ジョンと恋に落ちる。仕事ひとすじで家庭を顧みない妻ジョーゼットに愛想を尽かしたジョンは離婚を決意し、マギーと再婚。数年後、ジョンとマギーは子どもにも恵まれ幸せな毎日を送っているかに見えたが、小説家になるため仕事を辞めたジョンとの生活にマギーは不安を感じていた。

【感想】
 ニューヨークを舞台に3人の男女の奇妙な関係を描くハートフルコメディです。

グレタ・ガーウィグ演じるマギーは、数学に秀でた男性の精子の提供を受け、シングルマザーになることを計画中のニューヨーカー。偶然知り合った小説家志望で妻子持ちのジョン(イーサン・ホーク)と小説を通じて親しくなり、やがて求婚され結婚するマギー。数年後、マギーには可愛い女の子が生まれています。

ところがジョンと幸せな結婚生活を送っているはずのマギーの心境は複雑。
元妻との間にできた子供たちの世話もマギーに任せ小説に没頭するジョンとの暮らしに不安を感じ、マギーは、まだジョンに思いを残す元妻ジョゼットにジョンを返すことを計画するのです。

グレタ・ガーウィグは実はたまたま観た出演作2本があまりピンとこなくて、これまで興味を持てない女優の位置づけでしたが、本作を見てイメージが変わりました。今やメグ・ライアンに代わるニューヨークの似合うラブコメ女優とされるグレタ。
決して垢ぬけてはいないし、メグ・ライアンみたいにキュートというのでもないけれど、不器用でも前向きに、自分らしく生きるヒロインがハマります。
ストーリーだけ読んだらまるで共感できそうにないマギーというキャラも、グレタだと嫌味がなくて自然に受け入れられるんですよね。

マギーの両親のエピソードに触れているから、マギーがシングルマザーを目指していたことも、結婚生活で孤独を感じることには耐えられないことも理解できる。マギーの部屋のインテリアや友人との会話からも、マギーの飾りっ気のない正直さがうかがえる演出は、脚本も手掛ける女性監督レベッカ・ミラーのうまさでしょう。
maggies-plan750.jpg
ジョンにイーサン・ホークをキャスティングしてるのも絶妙ですよね。
そもそも好きな小説を書くことが最優先で、それを支えてもらいたいだけのジョンこそがトラブルの元凶なわけだけど、そんな優柔不断な役も大人子供が板についたイーサンだと憎めない。得な男だよねぇ。

『アリスのままで』とはまた違った種類のハイソな知的さを漂わせつつも、可愛い大人の女の情念と懐の深さを演じてみせるジョゼットにジュリアン・ムーア。お団子ヘアにモフモフファッション、フレンチ訛りもかわゆす。
Maggies-Plan-Photo-6.png

ビル・ヘイダーは相変わらず信頼できるバイプレイヤーだし、ガイ役のトラヴィス・フィメルもいい。

ラストシーンから想像するに、おそらくマギーはジョンに気兼ねなくオリジナルのプランに戻るのでしょう。
パパ付きのプランBもいいのでは?など想像を膨らませてみるのも楽しい。

複雑で滑稽で、でもそれぞれの方法で幸せを探そうとするニューヨーカーの生きざまを小粋なラブコメにした本作
ウディ・アレンほどくどくなく、終始ニマニマになる面白さがありました。これ好き。
でも邦題の副題「幸せのあとしまつ」っていうのはなんか違う気がするなぁ。



ちなみに監督のお父さんは劇作家で『クルーシブル』などの脚本も手掛けるアーサー・ミラー。
夫はなんとダニエル・デイ=ルイスだそうです。





お気に入り度★★★★


今年からお気に入り度で好き加減を(★5つで満点)記録に残すことにしました。
世間の評価とはかけ離れるものもあるかと思いますが、ご了承ください。


ブログパーツ

【映画】スターター・フォー・テン(原題)
2016年10月26日 (水) | 編集 |
 
英国男優総選挙、投票結果がついにサイトで発表になりました!

ふむふむ、なるほどー。


トムヒ二連覇ならずでしたが、コリン・ファースの一位も嬉しい。
トムハもようやくトップ10にこぎつけましたね。

さて、今日は日本未公開の英国産コメディで3位のジェームズ・マカヴォイと、7位フィニッシュのベネディクト・カンバーバッチのふたり斬り・・にするはずだったけど、50人斬りが怪しくなったので延べ人数でカウントすることにしますww
前出のドミニク・クーパー、チャールズ・ダンスさん加えて4人斬りだよ!!(笑)

main_img.jpg
スターター・フォー・テン(原題)(2006 イギリス
原題:Sterter for Ten
監督:トム・ヴォーン
脚本:デヴィッド・ニコルズ
出演:ジェームズ・マカヴォイアリス・イヴ/レベッカ・ホール/ドミニク・クーパー/ベネディクト・カンバーバッチ

【あらすじ
晴れて大学一年生になったブライアンはクイズ部に入部。憧れの大学選手権を目指すが・・



【感想
大学生活を始めた主人公の恋や挫折を描く青春コメディです。

タイトルのスターター・フォー・10というのは映画の中で大学クイズ選手権で司会者が使う有名なフレーズで、
「まずは10ポイントから」ってところかな。
このタイトルは新しい岐路に立ったブライアンの、人生の始まりを意味してもいるんですね。

大学生役にはやや歳のいったマカヴォイだけど、イノセントな若者を純粋に演じて違和感を感じさせません。
女の子と出会ったり、勉強以外のことを学んだり。80年代を舞台にしてることもあって
音楽にしろ、服装にしろ何か懐かしい感じ。

親元を離れるのは不安になるものだけど、それは親も同じ。
ブライアンと別れるときいつも「新鮮な果物を食べてね」と言うお母さんの気持ちわかるな。
でも若ものに失敗はつきもの。
失敗してもそれを生かして、次に頑張ればいいんだと、タイトルの意味含めそういう映画でしょう。

終盤挫折を乗り越え、友情を修復し、新しい恋に向かうブライアンに、地味に気持ちが高まりました。
80年代映画テイストなのもよかった。


starter-for-10-university-challenge-scene.jpg
共演はブライアンが入部するクイズ部の部長パトリックに当時30歳のカンバーバッチ。
卒業生なのに部に所属し、選手権に挑戦し続けてるというから迷惑極まりないw
KYで几帳面なキャラで笑わせてくれるベネさんは流石のコメディセンスですわ。

核反対など社会的な活動にいそしむ女性に、本作が映画デビューとなるレベッカ・ホール。
ブライアンの田舎の友人にドミニク・クーパー。
チャールズ・ダンスさんはアリスのお父さん役で出演してます。





DSC01880.jpg

田舎の同級生
[READ MORE...]
【映画】『ブラザーズ・グリムスビー(原題)』サシャ・バロン・コーエン、マーク・ストロング共演のスパイ・アクションコメディ
2016年10月06日 (木) | 編集 |
brothers-grimsby-red-band-trailer-coen-strong.jpg  
ブラザー・グリムスビー(2016 イギリス/オーストラリア/アメリカ
原題:The Brothers Grimsby
監督:ルイ・リテリエ
脚本:サシャ・バロン・コーエン/フィル・ジョンストン他
出演:サシャ・バロン・コーエン/マーク・スロトング
  / レベル・ウィルソン/ペネロペ・クルス

【あらすじ
イギリスの漁師町グリムスビー出身のノビー(サシャ・バロン・コーエン)は、9人の子供とガールフレンドに囲まれ熱烈なサッカーサポーター暮らしを満喫している。ある日、幼いころに生き別れた弟のセバスチャン(マーク・ストロング)と28年ぶりに再会したノビーは、嬉しさのあまりセバスチャンを後ろから抱きしめる。しかしそれはセバスチャンの大事なミッションを失敗させ彼の命を危険にさらすことになり・・
1295777.jpg
感想
『トランスポーター』シリーズのルイ・レテリエ監督によるアクション・スパイ・コメディです。
本日の「英国男優」はマーク・ストロングサシャ・バロン・コーエン2人斬り!

28年ぶりに再会したノビー(サシャ・バロン・コーエン)とセバスチャン(マーク・ストロング
なんとセバスチャンはイギリスの情報機関イギリスの情報機関MI6のエリート工作員になっていたんですが、ノビーの邪魔によりミッションを失敗したセバスチャンはMI6に追われる立場になってしまうんですね。
身を隠すため、やむなくノビーの協力を得るセバスチャン。
一方、悪の正体を突き止めたい彼はひそかに調査を進め、ノビーとともに敵に立ち向かうことになるという話。
brothers-grimsy.jpg
サシャが脚本も手掛けてますからね、普通のスパイアクションに終わるはずもなくw冒頭から下ネタ満載
相変わらずお尻出しまくりのサシャはともかくも、剛さんが?「えー??」みたいな(笑)
マーク・ストロングが身体を張って、こんなこと、あんなことまでやってくれるのが最高に可笑しいんですよ。
いやー、よくやったわ。

下ネタ的にはとことん過激で笑うというよりウワァ・・・なシーンが多かったですがw
映画のオマージュや、俳優の名前をおちょくっていたり、有名人(ご本人ではない)の登場に思わず吹き出すことも多く、個人的には程よい笑いを楽しみました。

タイトルのグリムスビーというのは、2人が幼い頃に過ごした土地の名前。
わざわざこんな土地名をタイトルにつけているのは、兄弟の絆や家族の大切さを描くため。
幼い頃の思い出をフラッシュバックで見せ、セバスチャンの心の傷を修復していく過程が思いのほか温かい。
the-brothers-grimsby-penelope-cruz.jpg
人種ネタやマイノリティを笑うことをネタにしてきたサシャらしいコメディを期待すると物足りなく感じられるかもしれないけど、結婚して家族も持ちったサシャ自身の変化を反映してるのかもですね。
悪役に相変わらず美しいペネロペ・クルス
劇場公開は無理としても、ソフトにはしてほしい。
マーク・ストロングの肉体美も確認できますよん。

トレイラーです

 



ブログパーツ


[READ MORE...]