映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】『スプリット』23+1の人格を持つ男の物語が思わぬところに繋がってビックリ
2017年02月22日 (水) | 編集 |

split.jpg
 スプリット(2016)アメリカ
原題:Split
監督/脚本:M・ナイト・シャラマン
出演:ジェームズ・マカヴォイアーニャ・テイラー=ジョイ/ジェシカ・スーラ/ヘイリー・ルー・リチャードソン/ベティ・バックリー

【あらすじ】
3人の女子高生ケイシー、クレア、マルシアは、クレアの誕生日パーティーの帰り道、見知らぬ男に拉致され、密室に監禁されてしまう。

【感想】
ジェームズ・マカヴォイが多重人格者を演じて話題の、M・ナイト・シャラマンの新作です。

多重人格者が出てくる映画で一番古典的なのは『ジキル博士とハイド氏』でしょうか。
『殺しのドレス』『アイデンティティ』など別人格の起こす犯罪を主題にした映画は多いですね。


本作でマカヴォイ演じるケヴィンは23の人格を持つ男。
表向きには治療でコントロールされ、10年間仕事もしている。
しかしながら彼の中のデニスという人格が高校生を拉致監禁してしまうんですね。
splitmultipl.png
これはまずマカヴォイの演技に拍手でしょう。
よくもまぁ瞬時に別人格を、それとわかるように演じ分けたもんです。
おそらく『Xメン』のあとの撮影だったんでしょう。
この坊主頭がタートルネックにスカートといういで立ちの、女性キャラの異様さを際立たせて非常にナイスw
予告を何度も目にしていたので新鮮味はないものの、3人の高校生の驚きや絶望感には大いに共感してしまった。

ここでひとつ疑問に思ったのは、パトリシアというキャラが他人格と会話してること。
『サイコ』でもそうだったけど、別人格同士が会話するというのは実際には可能なの?と
清水アキラの谷村新司と研ナオコの物まねを思いだしつつ思っちゃったな(笑)
split2.jpg
拉致された高校生の一人、ケイシーを演じるのは『The Witch』のアーニャ・テイラー=ジョイ。
他の二人とは明らかに違う、冷静さの中に彼女の背景が透けて見える演技が秀逸。
他に良いところを言うと、3人が拉致された場所に色々とお役立ちグッズがあって、抗う余地があったこと
24番目のキャラ出現のマカヴォイにはなにこれと思いながらもパフォーマンスとして楽しめます。
Anya Taylor Joy Split Movie
でも映画として面白かったかと聞かれると疑問で、ふーんと終わりかけたところで
え??とラストシーンに目がテン(!!!)
マジか、そう繋がるのか

シャマランから明かすなと(トレーラーで)くぎを刺されてるので言及しませんが
シャマラン映画をそこそこ観てる人ならビックリ&ニマニマできるはず。

日本公開は5月です。

お気に入り度3.6

ブログパーツ

【映画】『ヴィジット』裏をかかれた
2016年02月04日 (木) | 編集 |
 visit.jpg    

ヴィジット
2015)アメリカ
原題:The Visit
監督/脚本:M・ナイト・シャマラン
出演:オリヴィア・デヨング  / エド・オクセンボウルド/ ディアナ・ダナガン/ ピーター・マクロビー/  キャスリン・ハーン

【あらすじ
休暇を利用して祖父母の待つペンシルバニア州メインビルへとやってきた姉妹は、優しい祖父と料理上手な祖母に迎えられ、田舎町での穏やかな1週間を過ごすことに。祖父母からは、完璧な時間を過ごすためにも「楽しい時間を過ごすこと」「好きなものは遠慮なく食べること」「夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと」という3つの約束を守るように言い渡される。(映画.comより)



【感想
シャマランにしては評判いいとなと思ったときには上映が終わってまして、やっとDVD鑑賞です。

visit-dinner.jpg 

今回まず思ったのは、いまどき珍しくもないPOV方式なんだなということ。
その効果のほどは置いといて、
姉のベラが「映画を撮ることに興味を持つ女の子」なのはシャマラン自身の投影だろうし
本作が低予算映画になっているところなどにも
初心に帰ろうとするシャマランの気持ちを(勝手に)感じて、勝手に膝を正したよ。


シャマランといえば「意外な正体」「ひねりのあるオチ」に期待してしまうんですが
今回は逆の意味でやってくれました。

まず「夜9時半以降は部屋から絶対に出ないこと」ってのがそそるよね。
日本人なら「鶴の恩返し」とかww想像するわけで(笑)
九時過ぎたら何が起きるの??
じいちゃん、ばあちゃんの正体は?にワクワク。

で、眠りにつこうとすると早速ドアの外でなにやら怪しい物音がして
開けてはいけないと言われていたドアを開ける・・・

うげ?・・

ま、でも出し惜しみも美学ということで

そこから祖父母の異様な行動を姉弟と一緒に目撃することになるんですが
ただ直ぐに昼間の奇行にシフトするところは個人的には不満で
夜から責めんかい、夜から!と思っちゃったけど
正体にしっかりオチを作ってくれたのでよし。

この先、半分ネタバレなので、読みたくない方はスルーしてくださいね。


[READ MORE...]
『サイン』はこんな映画だったんだ
2013年04月16日 (火) | 編集 |



旧ブログ記事を少しずつ引っ越す作業をしてますが、まぁ箸にも棒にもかからぬ記事ばかり。
ブログ始めてからでもこれで、ましてやそれ以前のものは、忘れてるだけでなく、どんな映画かもきちんと理解できてないものが多いんですよね(汗)
そんなわけで、昔に観た映画を見直そうと思う今日この頃。
まずはM・ナイト・シャマランの『サイン』から観てみました。

サイン(2002)アメリカ
原題:Signs
監督:M・ナイト・シャマラン
出演:メル・ギブソン、 ホアキン・フェニックス、 ロリー・カルキン、 アビゲイル・ブレスリン、 M・ナイト・シャマラン、 チェリー・ジョーンズ サイン [Blu-ray]

AMCという映画チャンネルは、CMが入るため普段Tivoが勝手録画してても
全く観ずに消去してたんですが、丁度観たいと思ってた『サイン』は観てみたんですね。
そしたらなんと、製作秘話、撮影秘話初め、トリビアが放送中テロップで表示されるという企画もので、映画の理解に凄く役立ちました。

以下、内容に触れていきますので全く未見の方はご注意ください。




[READ MORE...]