映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】インフェルノ
2016年11月03日 (木) | 編集 |
cover-10.jpg  

インフェルノ(2016 アメリカ
原題:Inferno
監督:ロン・ハワード
脚本:デヴィッド・コープ
出演:トム・ハンクス/フェリシティ・ジョーンズ/イルファン・カーン/オマール・シー/ジョン・フォスター

【あらすじ】
ハーバード大学の宗教象徴学者ラングドン教授は、数日分の記憶を失った状態で、フィレンツェの病院で目を覚ます。謎の襲撃者に狙われたラングドンは、美しい女医シエナ・ブルックスに助けられて病院を脱出。何者かから追われる身となり・・


【感想】
トム・ハンクスが大学教授として難問に挑戦するミステリーシリーズの第三弾・・ですが
私は『ダヴィンチ・コード』を途中までしか観ないまま返済期限のためレンタルを戻し、そのまま。
2本目も観てませんが単独で完結するシリーズらしいということで、本作の鑑賞に臨みました。

今回、ハンクス演じるラングドン教授は、なぜか頭に傷を負い病院のベッドに横たわっています。
主治医の美しい女医シエナ(フェリシティ・ジョーンズ)の診察を受けていると、警官の格好をした女性に射撃され、わけのわからないまま、シエナとともに逃走することに。
誰が何の目的でラングドンを襲うのかという謎を、冒頭の生物学者ゾブリストの死と絡めながら探っていく作品です。

ゾブリストの考えは、人類は人口が増えすぎて破滅の道をたどっているということ
その解決策として数を半分にしましょうというのは、もはやテロでして
ラングドンの肩にはそれを阻止する重責がのしかかってきます。

トム・ハンクスは不確かな記憶をたどりつつも、謎に迫っていくラングドンを安定のパフォーマンスで演じてくれるんですが、いかんせん映画が面白くなっていかない。
113.jpg
多分、私が美術品に興味がない詳しくないのと、シリーズを知らないのでラングドンの解析能力に面白さを見出せなかったこと、ゾブリスト関連の問題が大きすぎてピンとこないのが要因かと思うんですが、登場人物、特にイルファン・カーンの役どころなど現実的でないものも多く、どこか上の空的に観てしまった感。

内部の陰謀や利害関係でツイストがあってもふーんくらい。
ある人物の繋がりに、あーそうだったのかと思うところがあっても、心を動かされるまでのドラマがないのは残念でした。

トム・ハンクスのスーツももう少しちんちくりんじゃないとおかしいよね。


[READ MORE...]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。