映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】 単騎、千里を走る。
2014年05月16日 (金) | 編集 |




 

単騎、千里を走る。(2005)中国/日本 
英題:Riding Alone for Thousands of Miles
監督:チャン・イーモウ
出演:高倉健/寺島しのぶ/リー・ジャーミン/チュー・リン他


 

ストーリー

高田の元に東京で暮らす息子が入院したとの連絡が届く。長年確執があり面会も拒まれた高田だったが、息子の仕事を録画したテープから、息子が中国の仮面劇の俳優と再会の約束を交わしながら果たせていないことに気づき、単身中国へと赴く・・



 

 日本版『南極物語』で検索し、残念ながら『南極物語』はなかったのですが、代わりに高倉健さん主演の本作を見つけたのでレンタルしてみました。

 中国映画界の巨匠チャン・イーモウが監督し、日本撮影の分は日本のスタッフに任せる形で日中共同で製作された本作は、長年疎遠であった父と息子が最後に心を通わせる究極のヒューマンドラマです。

息子が再会を約束していた舞踏家と会い、三国志の一篇である仮面劇「単騎、千里を走る。」をビデオに収める。
3日くらいでやりとげられると思ったその仕事は、思わぬことから困難を極めることになり、健さん演じる父は言葉も通じない異国の地でひたすら息子の思いを遂げようとふんばります。

 

息子に依頼されたわけでもない、
それが息子にとって重要なことかどうかもわからない。
けれど、父は息子がその地で何を見て何を想ったのかを知りたい
そうすることでしか、息子に近づく術を思いつかなかったんですねぇ。

 



映画に登場する皆さんが本当に素朴でね、

健さんを迎えるために狭い路地にテーブルをいくつも連ねて
村人総出とも思える食事会を開いてくれたり
携帯のシグナルを求めてみんなで坂を上り詰めてみたり
チャン・イーモウの映画には、日本人には想像もできない映像とともに私たちが忘れてしまった素朴さや心の美しさが反映されてるのが好き。
そんな中国で、健さんが少しづつ変わっていきます。
寡黙な彼が自分の目的を語り実直にお願いしたり、わが子に向けるようなまなざしで舞踏家の子供ヤンヤンに向き合う。すべては息子に対しすべきだったこと。その過程が息子との溝を溝を埋めていくのだと感じて もう途中から涙が止まらなくなるのです。
お歳を召して、なお渋い健さんの 思いがけない弱さや素直さを感じさせてくれる奥深い演技もいい。

もちろん山間の色合いや空の青さなど、美しい風景を切り取ったチャン・イーモウの映像も特筆すべきものがありました。

残念ながら三国志にもまったく詳しくなく、「単騎、千里を走る」がどんな一節であるのかもわかりません。でもきっと単身中国にわたり、困難を乗り越え目的に近づこうとする主人公に言葉を重ね合わせているのでしょうね。

心洗われる珠玉の一本です。

 

 

チャン・イーモウ作品ではこちらもお勧め

あの子を探して』(1999)(シネマ・クレシェンド)

 

 

■トラックバックありがとうございます


 







リドリー・スコット『ブラック・レイン』
2012年06月05日 (火) | 編集 |
『プロメテウス』公開カウントダウンで、リドリー・スコット強化中~。
今日は異国の地、大阪を舞台に、逃走した犯人を執念で追い詰める刑事の姿を
日米の刑事同士の友情を絡め、サスペンスフルに描くアクション・スリラー『ブラック・レイン』



ブラック・レイン
1989年(アメリカ)
原題:Black Rain
監督:リドリー・スコット
出演:マイケル・ダグラス高倉健アンディ・ガルシア
松田優作ケイト・キャプショー


アメリカのレストランで、殺人事件に出くわしたニックとチャーリーの刑事コンビは
犯人の佐藤を追い逮捕。日本に連行します。
ところが空港で、佐藤はまんまと逃走。
ニックとチャーリーは、刑事としての行動を許されない日本で
ジレンマと戦いながらも、佐藤に迫る  というお話。





ニックにマイケル・ダグラス、チャーリーにアンディ・ガルシア
犯人佐藤に松田優作
ニックらを保護監視しながら、次第に友情を深めていく日本人刑事に高倉健
その他ヤクザのドンに若松富三郎など、日米の豪華メンバーが結集しました。
中でもこれが遺作となった松田優作の、強烈な存在感が光ります。





大阪が舞台となる本作ですが、道頓堀のネオンや市場の喧騒
その空気感までもが異国情緒を漂わせ、
どこか『ブレードランナー』を思い出させます。
要所要所での霧や湯気、光線が映像に深みを出し、
鉄工所や肉屋でのチェイスシーンも凄くいい。

でもなんだろう。色々に違和感を感じるのは、私が日本人だからか。
日本とアメリカの違いについて健さんが語る台詞や、
ヤクザと暴走族がごっちゃになってるところや
映画のタイトル『ブラック・レイン』がどこから出てきたのかということにも
極論過ぎて違和感。

警察の方針の一貫性のなさもありえない感じだし
佐藤の身柄を確保したいだけのはずのダグラスと健さんが、
ヤクザの面々に銃をぶっ放すのもハリウッド的で、日本の舞台にそぐわない。

それでも、異国の地におけるダグラスの孤独が際立ち、
ケイト・キャプショーと繋がりを求めたり、
健さんと信頼関係を築いていくバディもの的な展開が良かったですね。
健さんは自分の殻を破っていき、ダグラスは健さんの誠実さに触れる・・。

ただね、ダグラスのキャラ(腐敗度)がイマイチ判りづらく
感動すべきラストシーンで自分としては混乱してしまった(笑)
健さんの誠実さに感化されたダグラスのお茶目な善行ととっても良いの?
ま、いいか。

バイクを駆使した前半のシーンに、後半への伏線を仕込んでいるも
お!って思ったし、
日本が舞台でなかったら、違った印象だったかもしれません。

★★★★