映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】20センチュリー・ウーマン
2017年03月30日 (木) | 編集 |
 centurywomenposter.jpg

20センチュリー・ウーマン(2016)アメリカ
原題:20th Century Women
監督/脚本:マイク・ミルズ
出演:アネット・ベニングルーカス・ジェイド・ズマン/エル・ファニング/グレタ・ガーウィグ/ビリー・クラダップ
【あらすじ】
1979年のカリフォルニア州サンタバーバラ、自由奔放なシングルマザーのドロシア(アネット・ベニング)は、15歳の息子ジェイミー(ルーカス・ジェイド・ズマン)の教育に頭を悩ませ、間貸ししているアビー(グレタ・ガーウィグ)と、近所に暮らすジェイミーの幼なじみジュリー(エル・ファニング)に相談する。


【感想】
『人生はビギナーズ』で、ゲイをオープンにした実の父親の物語を描いたマイク・ミルズ監督6年ぶりの新作です。

40歳で子供を産み、夫とは早くに別れたドロシアは15歳の息子を持つシングルマザー。
息子ジェイミーを心から愛しているけれど「アイラブユー」を連発するタイプでもなく、思春期の息子の冒険にも不安な思いをぐっと飲みこんで様子を見守る、ドロシアはそんな女性。
大恐慌時代を生き抜いてきた彼女は、近所で助け合って子供を育てた自分の時代に習って、身近な2人の女性に15歳になった息子ジェイミーの教育をお願いする。

前作で実の父親を描いたように、今回もドロシアには監督のお母さんを投影
これは育ててくれた女性陣へのラブレターであり、監督自身の青春のひと時を描くヒューマンドラマです。

甘酸っぱくて胸がきゅんとする作品でした。
アネット・ベニングがとにかくいい。
自分が得られなかった幸せを息子には目いっぱい感じて欲しいと願う母親。
さっぱりしてある意味男前な彼女は、その思いをストレートに表現しないことから確執を生むこともあるけれど、次第に親子が心を通じ合わせる過程に静かに感動。くりくりヘアーのルーカス・ジェイド・ズマン君もナチュラルにジェイミーの心情を表現していて巧いです。

20th.png
唯一の大人の男性として登場するビリー・クラダップのちょっとずれてるけど誠実な感じとか
赤いヘアーでがん患者を演じるグレタ嬢の切実なパンク感とか、大人と子供のはざまで背伸びしてるエルちゃんとか
出演者のキャラを引き立てる脚本もよし。(アカデミー脚本賞ノミネート)

70年代が舞台ということで、当時流行った音楽もたくさん出てくるし、『カサブランカ』の挿入歌「Time goes by」などドロシアが好んで聴くオールディーズも多くかかって、これがまた心地よいのです。

最近、ニュースで昔は宅配の品を近所で預かり合ったりしていたけれど今はそれがなくなったと言っていた。
この映画の舞台の70年代には、日本にもまだ近所で助け合う風潮があった気がするなぁと、自分の子供時代のことも思いだされる。そんなノスタルジーを引き出してくれるのもこの映画の魅力ですね。

しみじみといい作品。これはお薦め。

お気に入り度4.5

ブログパーツ





【映画】LOGAN/ローガン 
2017年03月21日 (火) | 編集 |
logan.jpg

 LOGAN/ローガン(2017)アメリカ
原題:Logan
監督:ジェームズ・マンゴールド
脚本:マイケル・グリーン/
スコット・フランク/ジェームズ・マンゴールド
出演:ヒュー・ジャックマン/パトリック・スチュワート/リチャード・E・グラント/ボイド・ホルブルック/スティーヴン・マーチャント/ダフネ・キーン

【あらすじ】
ミュータントがほぼ全滅した荒廃した近未来。ローガンは治癒能力を失いつつあった。


【感想】
X-menシーリーズ、ヒュー・ジャックマン主演の『ウルヴァリン』スピンオフ、シリーズ3作目。
ヒュー・ジャックマンと、パトリック・スチュアートは本作でX-menシリーズ卒業だそうで、
何か寂しい思いに駆られて劇場に足を運びました。


舞台は2029年。
ミュータントはほぼ絶滅し、X-menはコミック誌の中の昔話となりはてています。
わずかな生き残りの一人、ウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)はしがないリムジン運転手として細々と生計を立て、年老いたプロフェッサーX、チャールズ(パトリック・スチュワート)の面倒をみている という、マジか?な設定。
logancar-554173.jpg
冒頭、車内で仮眠中のローガンのリムジンのタイヤを奪おうとする強盗集団が登場し、ローガンが制裁を加えるんですが、「あれっ?」と思うのが、アクションの残酷性。ウルヴァリンの爪が敵の頭を貫通しますからね。案の定R指定。

そしてもひとつあれ?となるのが、ローガンの傷が完全に癒えないこと。
ローガンは傷ついた足をその後もずっと引きずっている。
彼は回復能力を失いつつあるんです。
logan_2017_movie8734q_1366x768.jpg
その後ローガンは、ある女性に託されたローラという少女を安全な場所に連れていく役割を担う。
チャールズとローガンとローラ。
おじいちゃんと父娘と言った風な3人の旅は、『ペーペームーン』次第に絆を深めるロードムービーのごとし。

ユーモアもありつつ、信頼を感じさせるヒュー・ジャックマンとパトリック・スチュワートのやり取りもツボで
インタビューで「エモーショナルになったシーン」を問われたヒュー・ジャックマンが、
チャールズを抱えて階段上るシーンと答えていて、私も泣けてきた。
このシーン、特に泣かせるシーンではないし、ローガンも後ろ姿しか映らないのだけど
ヒューの思いに、年老いた親を持つすべての人が共感するよね。
長いシリーズを終える感慨みたいなのもあったんだろう。
logan movie still patrick steward hugh jackman



ローガンからローラへの言葉やラストシーンなどグッとくるシーンはいくつかあるのだけど
かつて家族を失い、怒りを力に変えてきたローガンが、ローラの膝で穏やかに寝息をたてる瞬間でさえ静かな感動がある。
X--メンに通じていればいるほど泣ける、渋い大人の映画だと思うな。



ビルを壊したり、空を飛んだり、X-men本来の派手なアクションはなく
生身のアクションが売りの西部劇&ロードムービー、そして愛のお話。
私としてはそこが良かった。

かなり身体を酷使したであろうヒュー・ジャックマンには心からお疲れさまと言いたいです。
日本公開は6月1日。

お気に入り度4.3



ブログパーツ


【映画】ある一点に向かって運命が交錯する『イレブン・ミニッツ』
2016年08月20日 (土) | 編集 |
11-minute-1.jpg


イレブン・ミニッツ(2015
ポーランド/アイルランド
原題:11Munites
監督/脚本:イエジー・スコリモフスキ
出演:リチャード・ドーマー / パウリナ・ハプコ / ヴォイチェフ・メツファルドフスキ/  アンジェイ・ヒラ/  ダヴィッド・オグロドニック/  アガタ・ブゼク/ ピョートル・グロヴァツキ/ ヤン・ノヴィツキ/ イフィ・ウデ
日本公開:2016/8/20

【あらすじ

ホテルの一室で面接を受けようとする女優のアンナ、アンナを連れ戻したいやきもちやきの夫、ドラッグを届けるバイク便の男、ホットドッグ屋、画家、パラメディック、シスターたち・・それぞれの5時が始まろうとしていた・・

【感想
『アンナと過ごした4日間』『エッセンシャル・キリング』のイエジー・スコリモフスキ監督の新作は、女優アンナ(パウリナ・ハプコ)とアンナを面接する自称映画監督(リチャード・ドーマー)、面接を阻止しようとホテルに踏み込む女優の夫(ヴォイチェフ・メツファルドフスキ)のエピソードを中心に様々な人の5時からの11分をで描くちょっと変わった群像スリラーです。
ROB_7027.jpg 

11分といっても、簡単なエピローグがあって、登場人物は携帯カメラや防犯カメラでを紹介されます。
低飛行でジェット見たり、5時を告げる時計台の鐘の音を聴いたりすることから、彼らが同じ街で同じ時間を共有していることがわかってくる。
彼らは街ですれちがったり、同じビルを眺めたり。
07ca95d419fddbe247a7db2296d7f3d6.jpg 

そしてひとたび運命が時を刻み始めると、ある運命の一点に向かって集結するのです。
袖振り合うも多生の縁といいますが、スピリチュアルな視点でいえば全てははじめからプログラムされていたこと。ジグソーパズルのピースは運命共同体なのです。
11_minutes_2.jpg 

11という数字やジェット機のシーンなどは否が応でもNYの同時多発テロを思い出しますが、監督は本作で911を表現したわけではないと言います。
ただし、ニュースで見たジェット機の映像はトラウマ的に残ったそうで、そのイメージから解放されるために映画に取り入れたというから、まったく関係ないとは言えないのでしょうね。
2012年に息子さんを亡くしたことも、運命について考えるきっかけになったのかな。
11minutes_0.jpg 

効果音にもあおられ、ドキドキしながら「その時」を迎える至福。
再見すると一度目に気づかなかったことも発見できて一層楽しめます。
あの「黒い点」は予言なのか、はたまた宇宙侵略なのか。
最後まで答えを見出せないとしてもそれも面白さのうち。
77歳のイエジー監督の遊び心には感服です。

ブログパーツ

[READ MORE...]
【映画】COP CAR コップ・カー
2016年04月25日 (月) | 編集 |
tumblr_nsb3jws1co1tzkv3ko1_1280.jpg


COP CAR コップ・カー
(2015)アメリカ
原題:Cop Car
監督:ジョン・ワッツ
脚本:ジョン・ワッツ/クリストファー・フォード
出演:ケヴィン・ベーコン/  ジェームズ・フリードソン=ジャクソン/ ヘイズ・ウェルフォード/ カムリン・マンハイム / シェー・ウィガム 
  
 【あらすじ
荒野でパトカーを盗んだ家出中の悪ガキ二人組。
それが悪徳警官のパトカーだったからさぁ大変!

【感想
冒頭から卑しい言葉を言い合って遊ぶ家出中らしき男の子二人
なんだかわざわざ悪ぶってる感がある二人は、やがてやがて無人のパトカーを見つける。
盗んで逃走したら持ち主の保安官に追いかけられたというお話です。
copcarthumb-1432833060394_1280w.jpg
時間を巻き戻し、パトカーの主がケヴィン・ベーコンさんだとわかるのが嬉しいw
しかも「あなた何やってんの?」なご登場(笑)

何が何でもパトカーを取り戻さなければならないベーコンさんが悪人顔を引きつらせ
子供相手に苦戦する様子がおかしくてね。
必死で荒野を走る姿を引きで撮るシーンには緩い笑いがこみ上げたわ。



cop_car_03.jpg  
しかし本作の主人公はむしろ子供たち二人でしょうね。
片っ方が運動神経もちょっと上で、その子に見下されたくなくてトロい方も無理して頑張るといった
男の子の世界観がうまく描かれてますね。
無知な子供故に観ているこちらがハラハラすることも多く、サスペンスフルな犯罪ものに
子供たちのアドベンチャーがうまく絡み合って飽きさせません。

緊張とユーモアが程よくミックスされ、無慈悲な描写でさえちょっと笑えるのはコーエン作品にも通じるところ。
最初はいかにもへたっぴーに思えた子供たちも、次第に演技にすごみが増し映画の中の二人同様に成長して見えた。
無謀な冒険には「痛み」が伴う。ちょっぴり苦い青春ものでもありました。

監督のジョン・ワッツは『スパイダーマン』シリーズの新作を任せられた期待の新鋭とのこと。
どんなスパイダーマンを見せてくれるのかも楽しみですね。


ブログパーツ



【映画】AMY エイミー
2016年03月29日 (火) | 編集 |
amy-capri.jpg

AMY エイミー(2015)
イギリス/アメリカ
原題:Amy
監督:アシフ・カパディア
出演:エイミー・ワインハウス
日本公開:2016/7/16
オフィシャルサイト



【感想
アフター・オスカー特集
今日はアカデミー賞長編ドキュメンタリー賞受賞
27歳でこの世を去ったイギリスの歌姫エイミー・ワインハウスの半生を描くドキュメンタリー『AMY エイミー』です。

エイミー・ワインスタイン死亡のニュースが流れたのは2011年の7月ですか。
私などはそのときに初めて名前を知ったくらいなんですが
ひと世代前のジャズシンガーを思わせるハスキーボイスに惹かれ聴いたアルバムで
彼女の才能を知りました。アルバムタイトル曲の『Back to Black』とか凄くいいんだよねぇ。

la-et-mn-amy-winehouse-documentary-trailer-asif-kapadia-20150520.jpg 

様々な賞を獲り、世界にその名を知られていくエイミーですが
その一方で彼女は酒やドラッグに溺れ、スキャンダルにまみれて
最期は孤独に死んでいった。

ドラッグに手を出したのは結婚がきっかけだったかもしれないけど
それ以前からエイミーは過食症や、アルコール依存、欝を患っていて
彼女のトラブルの根っこはもっと幼い頃に静かに育っていってたように思う。
それは父親からの愛情に飢えていたことに起因するのかなと
これは勝手な想像。

amy-2015-movie-documentary-winehouse-sick-emaciated-review.jpg

酒や薬によって頭や身体の自由も奪われて
思いどうりに歌えない悲しみが一層に彼女を苦しめる
どんどん痩せて表情も虚ろになっていく様子がとにかく痛々しかった。
こうなる前に誰か救いの手を差し伸べることは出来なかったのかな。

ダメなものはダメと、誰かに言ってもらっていたら彼女の人生は違ったのではないか。
そして彼女が言うように、小さなジャズクラブで数人の客を相手に
好きな歌を歌っていた方が幸せだったかもしれない。

でもそれが許されないほどの才能の持ち主だったことは
コンサートやスタジオ収録映像などからも見て取れるわけで・・

パワフルな歌声とともに彼女の曲が残っていくのはせめてもの救い。
孤独な死だったけど、やっと苦しみから解放されたのかなと思う。

エイミー・ワインハウスの光と影が描かれたドキュメンタリーでした。




ブログパーツ