映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】あん
2016年11月29日 (火) | 編集 |
an.png  

 あん(2015)日本

監督/脚本:河瀬直美
原作:ドリアン助川
出演:樹木希林/永瀬正敏/内田伽羅/市原悦子/水野美紀

【あらすじ】
あることがキッカケで刑務所暮しを経験し、どら焼き屋の雇われ店長として日々を過ごしていた千太郎。ある日、店で働くことを懇願する老女、徳江が現れ、彼女が作る粒あんの美味しさが評判を呼んで店は繁盛していく。しかし、徳江がかつてハンセン病を患っていたという噂が流れたことで客足が遠のいてしまい・・

久々の邦画です。

桜の咲くころ、70半ばと思われる女性が小さなどら焼きショップの店長千太郎(永瀬正敏)に声をかけ、雇って欲しいと言いますす。お金に困っているわけではなくて、彼女を引き付けたのは実は千太郎の孤独。
徳江というその女性は、若い頃からハンセン病を患い、人生の大半を療養施設で過ごしてきた。
偏見にさらされてきたはずなのに、世間を恨むといった風でなく、自然体の徳江を樹木希林さんが演じています。
Sweet-Bean-518x345.jpg
希林さんは随分と昔からおばあさんを演じてましたが、ようやく実年齢でおばあさんを演る歳になったんだ。だけどなんでしょ。この生まれたての赤ちゃんみたいなかわいらしさは。
木々や風の音に耳を傾け、鳥や小豆の心の声まで聴く徳江は、精霊みたいにも見えてくるもんなぁ。

粒あんを作る過程をじっくりじっくり見せてくれるのもいい。
愛情とひと手間で美味しいあんこが出来上がる
こんな風にアクを流せばいいんだ なんて学びながら
鍋の中にふつふつとわいてくる、生きるための知恵みたいなものをすくいとる。

どら焼き食べたい
dora.jpg


甘いものが嫌いなのにどら焼き屋をやってる千太郎に、徳江が「なんで?」と驚くシーンも印象的。
多分様々な不条理にあえぎ、色んな事を我慢してきた彼に「好きだから仕事にする」という概念はなかったんでしょう。徳江のシンプルすぎる「なんで?」にぽかんとしつつも、彼の中で何かが変わり始める。
そしてあのラストに繋がるんですよね。千太郎はもう大丈夫。

一方、前向きに自分を肯定してみても、どうしても抗えないものがあって
それが徳江にとっては病気であり世間の目でした。
「なんで?」と憤ってもかなわなかった夢を、たとえわずかな時間でも実現できたことを
「楽しかったぁ」とはかなげに笑う徳江の姿に涙が溢れた。希林さんは天才。
an_uchida.jpg
ワカナを演じた内田伽羅は実の孫だったんやね。
というか、モックンの娘かい!
いつのまにか大きくなってて(小さい時を知らないけどw)、そっちの方にびっくりだったわ。


河瀬監督作品気になりながらこちらではDVDもなし。今回初鑑賞と相成りました。
桜や木々や月など自然の描写が驚くほどに美しく、心の琴線に触れるいい映画でした。
ありがとうNetflix!(ストリーミングにて)



ブログパーツ


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。