映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
戦場のメリークリスマス
2013年01月18日 (金) | 編集 |







戦場のメリークリスマス(1983)日本/イギリス
英題:Merry Christmas Mr. Lawrence
監督:大島渚
出演:デヴィッド・ボウイ坂本龍一ビートたけしトム・コンティ、ジャック・トンプソン



ジャワ山中の日本軍捕虜収容所
捕虜として囚われたイギリス軍中佐ロレンスは粗暴な軍曹ハラとは心を通わせていた。
ハラの上司でエリート仕官ヨノイはイギリス軍少佐セリアズの裁判に立会って以来心を乱されていく・・。

第二次世界大戦を背景にした戦争ドラマです。
と言っても戦闘や戦場は出てこない。
日本人軍人と西洋人捕虜との関係を通し、武士道や戦争に翻弄される人々の狂気、心の交流などを描く群像劇です。


ヨノイ役には最初沢田研二がキャスティングされたようですが、かなわず、
代わった坂本龍一は演技初心者ながら、美しいものを愛する男という役柄に説得力があります。
彼はセリアズ(デヴィッド・ボウイ)に心惹かれてしまう。
けれどヨノイの美学は武士道に対しても、それを遂行する自分自身にも持っていたのでしょう。



セリアズがヨノイの両頬にキスするシーン。
あれはかつて弟を救えなかったセリアズが、そのトラウマを乗り越えるものだと解釈しましたが、セリアズは殺されそうになるヒックスを救うことは勿論、ヨノイの心も救いたかったのではなかったか。
けれどヨノイは、威厳を保ち美学を全うするために、自らの愛を破壊するしか術を持たなかった。
言葉を発することなく、最期のときを迎えようとするセリアズの髪を持ち帰るヨノイの姿が哀しかった。
セリアズの耳に響く弟の歌うRide, Ride, Ride はまさに天使の歌声。
頭に止まった白い蛾もまた彼を迎える天使の姿に似て美しいシーンでした。



「Merry Christmas Mr. Lawrence !」
これまた演技初心者のたけしも怪演でしたね。
ハラとローレンス(トム・コンティ)、
敵でありながら同じ痛みを分かち合う二人が確かな友情を築き、
最高のクリスマスの思い出を共有したことが爽やかな後味を残スラストシーン
坂本龍一の主題歌が心に染み渡りました。








愛のコリーダ
2013年01月16日 (水) | 編集 |


 







愛のコリーダ(1976)日本/フランス
監督:大島渚
出演:藤竜也/松田暎子/中島葵/芹明香/阿部マリ子/三星東美/殿山泰司/藤ひろ子/白石奈緒美

昭和11年、ある猟奇事件が世間の興味を集めた。愛人を殺害した上、男根を切り取って懐に入れ、数日間逃亡していた阿部定という女が捕まったのだ。物語は、阿部定が中野の料亭に住み込み女中として雇われるところから始まる・・・・・・
大島監督がお亡くなりになりました。
これも引越し記事ですが、監督の追悼に私の初大島作品を。

昭和の色恋事件「阿部定事件」を題材に究極の愛とエロスを描き、世界にオーシマの名を響き渡らせた作品です。

過激な性描写により、当時日本では制限があったため共同資本のフランスでフィルムが編集され、カンヌ映画祭で初上映。

フランスで絶賛されたものの、日本ではかなり修正を加えた状態でしか上映が許されず、監督にしてみれば、かえってポルノまがいになっちゃったと嘆くしかなかったようですね。
それでも2000年には、ようやくノーカット版として再編集したものが公開されたのだとか。

私が観たものは完全版でしょうか。ボカしも施されていません。
「阿部定事件」については知ってましたけど、過激な定が愛にとち狂い愛人の男根をチョン切った猟奇事件という認識で、男の愛について考えたことなどなかった。

でも観てるうちに、あぁ、二人の愛はやっぱり究極だったんだと思うに至りました。
吉を演じる藤竜也がいい。
ガイコツになりそうなくらい、愛し続ける。
体力も限界。それでもお前が求めるのならと応じる。





ちょっとネタバレですが、もう有名な話しだからいいかな?
首を絞められて苦しくても定(松田瑛子)がさらに快感にむせぶ様子に「もっと強くしてもいいよ」と応じる吉は、この時点で死も覚悟してたのでしょうか。

とにかく片時も愛し合うことを止めない二人。
離れられないんだから、仕事にも行けず、彼らに未来なんてない。
定と一緒にこのまま死ねたら本望って思ったんじゃないかな。
観ている最中は、本番な映像にビックリ。
ひくシーンも多々・・・というのが正直なところ。

でも、あとで二人の愛は‥って考え始めると、なぜか涙がこぼれて来た。
これは昭和11年のお話らしいけど、もっと古い時代に感じるのは、芸者や料亭といった世界が舞台だからかな。

琴の音色、赤い襦袢、吉の登場時のキツネのお面。
エロスと鮮やかな彩りの日本情緒とのミックスも良かった。



監督のご冥福をお祈りします。


 ■トラックバックありがとうございます


Tracked from 字幕映画のススメ at 2013-01-28 15:58 x


タイトル : 官能の帝国 『愛のコリーダ』
 1976(C)Argos Films/oshima productions       『 愛のコリーダ 』(1976) L'Empire Des Sens     先日、亡くなった 大島渚 監督と昨年の秋に亡くなった 若松孝二 監督がタッグを組んだ日仏合作映画。 大島渚監督は『 夏の妹 』(1972)を最後に創造社を解散、 それまで大島の下......more