映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】インフェルノ
2016年11月03日 (木) | 編集 |
cover-10.jpg  

インフェルノ(2016 アメリカ
原題:Inferno
監督:ロン・ハワード
脚本:デヴィッド・コープ
出演:トム・ハンクス/フェリシティ・ジョーンズ/イルファン・カーン/オマール・シー/ジョン・フォスター

【あらすじ】
ハーバード大学の宗教象徴学者ラングドン教授は、数日分の記憶を失った状態で、フィレンツェの病院で目を覚ます。謎の襲撃者に狙われたラングドンは、美しい女医シエナ・ブルックスに助けられて病院を脱出。何者かから追われる身となり・・


【感想】
トム・ハンクスが大学教授として難問に挑戦するミステリーシリーズの第三弾・・ですが
私は『ダヴィンチ・コード』を途中までしか観ないまま返済期限のためレンタルを戻し、そのまま。
2本目も観てませんが単独で完結するシリーズらしいということで、本作の鑑賞に臨みました。

今回、ハンクス演じるラングドン教授は、なぜか頭に傷を負い病院のベッドに横たわっています。
主治医の美しい女医シエナ(フェリシティ・ジョーンズ)の診察を受けていると、警官の格好をした女性に射撃され、わけのわからないまま、シエナとともに逃走することに。
誰が何の目的でラングドンを襲うのかという謎を、冒頭の生物学者ゾブリストの死と絡めながら探っていく作品です。

ゾブリストの考えは、人類は人口が増えすぎて破滅の道をたどっているということ
その解決策として数を半分にしましょうというのは、もはやテロでして
ラングドンの肩にはそれを阻止する重責がのしかかってきます。

トム・ハンクスは不確かな記憶をたどりつつも、謎に迫っていくラングドンを安定のパフォーマンスで演じてくれるんですが、いかんせん映画が面白くなっていかない。
113.jpg
多分、私が美術品に興味がない詳しくないのと、シリーズを知らないのでラングドンの解析能力に面白さを見出せなかったこと、ゾブリスト関連の問題が大きすぎてピンとこないのが要因かと思うんですが、登場人物、特にイルファン・カーンの役どころなど現実的でないものも多く、どこか上の空的に観てしまった感。

内部の陰謀や利害関係でツイストがあってもふーんくらい。
ある人物の繋がりに、あーそうだったのかと思うところがあっても、心を動かされるまでのドラマがないのは残念でした。

トム・ハンクスのスーツももう少しちんちくりんじゃないとおかしいよね。


[READ MORE...]
ラッシュ プライドと友情
2013年10月13日 (日) | 編集 |



「走りが印象的な映画」シリーズ
今日の走りは車 しかもF1!!
ロン・ハワードの新作『ラッシュ プライドと友情』です。
ラッシュ プライドと友情(2013)アメリカ
原題:Rush
監督:ロン・ハワード
出演:クリス・ヘムズワース/ダニエル・ブリュール/アレクサンドル・マリア・ララ/オリヴィア・ワイルド
日本公開:2014/2
70年代のF1の世界でライバルとして競い合った二人のトップレーサーを描く伝記ドラマ。
快楽主義のプレイボーイ、イギリス人レーサー ジェームズ・ハントにクリス・ヘムズワース
ストイックな天才、オーストリアのニキ・ラウダにダニエル・ブリュールが扮します。

映画はそれぞれの人柄とレースのスタイルを見せ、ハントとラウダの闘いの軌跡を見せるというもの。
特記すべきは、死と隣り合わせの音速の世界を描く映像の素晴らしさですね。
まるで自分がハンドルを握っているかのような臨場感でアドレナリンが噴出する。
ただ、ゲーセンでカーレースのゲームを楽しむ感覚というか
運転しているハントやラウダの姿がついてこない印象で、彼らのテクニックをあまり感じられなかったのは残念。

見所は壮絶なクラシュから生還し、ラウダが僅か6週間でレースに復帰するシークエンス。
正直、ここだけを見せたいがために映画を作ったんじゃないかとも思う。
ストイックだけど社交性に欠けるラウダだけでは物足りないので
ここは快楽主義でスター性のあるハントで華を添えよう 的な。

ま、こんな意地悪を言うのは、期待したほど感動しなかったからなんですね。
間逆な性格ながら互いにリスペクトしてるのは分かるし、
互いの存在がモチベーションをあげさせたのも分かる。けれど、二人の関係は至極あっさりで
副題の「プライドと友情」も「ないほうがいいんじゃないの?」と思うほど。
レースに勝ったあとのハントには「あ、そう」ってなもんでちょっと引いたしね(笑)

実話だから仕方ないかもだけど、ドラマ部分でもう少し感情を揺さぶる演出が欲しかった。
とはいえ、レースの行方がどうなるのかは面白く見れたし、最後が日本なのも嬉しいところでした。




ヘムズワースは陽気なプレイボーイをらしく演じてたけど、彼にはもっと誠実な役が似合うと思う。
でもご本人には似てますね。(↑)
ダニエル・ブリュールは怪演でしょう。
妻を演じたアレクサンドル・マリア・ララとの出会いのシーンは唯一ユーモアもあって好きでした。




あまり好意的な感想になってないですが、IMDbで8.3など概ね高評価ですね。
前述したようにレースシーンの映像は最高なので、両レーサーをご存知の方や
車好きにはたまらない映画だろうとは思います。




エドtv
2013年03月02日 (土) | 編集 |


3月になりました。
こちらでは何かしら特集をしていきたいなと思ってまして
まずは最近観て気に入ったウィリアム・フリードキン監督新作『キラー・スナイパー』を応援すべく、出演者や監督作品を観て行こうと思います。
トップバッターは勿論主演のマシュー・マコノヒー





エドtv(1999)アメリカ
原題:ED TV
出演:マシュー・マコノヒーウディ・ハレルソン、 ジェナ・エルフマン、 マーティン・ランドー 、 デニス・ホッパー、エレン・デジェネレス、 エリザベス・ハーレイ、 サリー・カークランド

ケーブル・チャンネル“トゥルーTV”の視聴率の低迷を受け、番組ディレクターのシンシアが起死回生のためにブチ上げた企画は“台本、俳優、編集ナシ。主役はごく普通の人。24時間ぶっ通しで、その人の生活をカメラが追う”というもの。かくしてエドは一日にして人気者となるが……。

今も昔もリアリティ番組というのは人気で、最近では「アメリカンアイドル」などの出世ものからデート系、変身ものなどカテゴリーも多岐に渡ります。
日本でも「電波少年」「あいのり」あたりが人気なのは、素人のリアルな日常を覗き込む野次馬根性によるものでしょうか。

本作もエド(マシュー・マコノヒー)を24時間撮り続ける「エドtv」はあっというまに人番組となり、エドは恋愛や家族関係の恥部までもさらけ出すことになります。
視聴者はますますエキサイト、番組側はさらに密着。
気づいたときにはエドは単なる商品と化し、身動きの取れない状況になるわけですね。



要するにマスコミの行き過ぎに対し警鐘を鳴らすという社会派なテーマが盛り込まれているわけで、プロデューサー役にエレン・デジェネレスを使ったのも意味があるなと思いましたね。あ、この頃トーク番組の司会をしてたかどうは知らないですけど。

ま、しかし、マシューはエドを素人臭くキュートに演じていて、
紆余曲折のラブコメとしての要素もあり。
義理の兄役のウディ・ハレルソンのおバカなキャラも彼らしく軽いノリで楽しめました。
「お前が言うな!」という終わり方も痛快でしたね。


 

■トラックバックいただいてます

Tracked from THE MOVIEST .. at 2013-03-02 13:05 x

タイトル : 「エドtv」 2008 SHIGE'S CIN..
「エドtv」 1999年 上映時間:123分 製作国:アメリカ 原題:ED TV 今日は最近人気急上昇中の「ぐぅ~~~」って違うかぁ! まぁ、この題名やと必然的にこのくだりは入れとかんとな。。^^ マシュー・マコノヒーウディ・ハレルソン主演で 内容的にはジム・キャリーの「トゥルーマン・ショー」似てるよ~な似てないよ~な。。 でもこの作品の方が面白いと思うな~。 ストーリーは・・ケーブル・チャンネル“トゥルーTV”の視聴率は、放......more