映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】マリアンヌ
2016年11月26日 (土) | 編集 |
alliedheader.jpg

 マリアンヌ
(2016)アメリカ
原題:Allied
監督:ロバート・ゼメキス
脚本:スティーヴン・ナイト
出演:ブラッド・ピットマリオン・コティヤール/ジャレッド・ハリス/サイモン・マクバーニー/リジー・キャプラン
日本公開:2017/2/10

【あらすじ】
パラシュートで砂漠の地に降り立ったカナダ人諜報員のマックスはカサブランカでフランス軍レジスタンスのマリアンヌと会う。彼らのミッションは夫婦を装い、パーティの席でドイツ大使を殺害すること・・。

ブラッド・ピット、マリオン・コティーヤールを主演に、ロバート・ゼメキスがメガホンをとったラブストーリーです。
allied-brad-pitt-marion-cotillard.jpg
序盤はかの『カサブランカ』同様に、第二次世界大戦中のカサブランカが舞台。
ここで主人公2人に与えられたミッションはドイツ大使の殺害です。
自由を求めてアメリカに渡りたいお金持ちが集まる、複雑な土地にして社交界の縮図のようなカサブランカで夫婦を装うスパイカップルのブラピとマリオンが美しい。
CprGolbUMAAknZv.jpg
いつしか愛し合うようになる2人は、ミッションを成功させた後イギリスで本当の夫婦として新生活をスタートさせる。子宝にも恵まれ幸せな日々を送るある日、マックスは
上官からマリアンヌにスパイの疑いがあることを告げられるんですね。

愛する妻は本当にスパイなのか? という以上にブラピの若返りはボトックスかCGか?が話題ですがw
確かにブラピが久々に美しいんです。
40年代のカサブランカの上流な装いも、イギリスでのユニフォーム姿もファンにはたまらないのでは。
猜疑心と愛とのはざまで苦悩する姿もよし。
brad.png
ただしゼメキス映画と思って観ると少し違う感じがするかも。
ところどころスリリングなシーンはあるものの、全編にわたってテンポはゆっくり
私なんか同じスパイ夫婦ものの『Mr&Mrsスミス』みたいなバトルを期待してたので
終盤少し寝てしまいました(笑)

でもムードたっぷりのロマンス映画として観ればしっとり素敵。


なにせ二人がスクリーンに現れると一面に薔薇の香りの漂うがごとしで
格の高さを感じてしまうのですよ。これがスターというものでしょうかね。
マリオンの美しさと演技力も際立ってました。

残念だったのはフランス語シーンの英語字幕が速くて、読み終えないうちに消えてしまうことw
アメリカ人が字幕映画を嫌う理由がわかるってもんです。

色んなバージョンのポスターもいいよ
c5bcb7631f62b7aba6c366848d680f22.jpg

allied-2016-3.jpg

alliedposter.jpg
【映画】ザ・ウォーク
2016年01月18日 (月) | 編集 |
The-Walk-2015-01.jpg
ザ・ウォーク(
2015)アメリカ
原題:The Walk
監督:ロバート・ゼメキス
脚本:ロバート・ゼメキス/クリストファー・ブラウン
出演:ジョセフ・ゴードン=レヴィット/ ベン・キングズレー / シャルロット・ルボン /ジェームズ・バッジ・デール / ベン・シュワルツ他
日本公開:2016/1/23~


【あらすじ
綱渡りに情熱を捧げる曲芸師フィリップ・プティは、ツインタワー建設の記事を目にする


【感想
1974年にフランスの曲芸家フィリップ・プティがアなしとげた
”ツインタワーの間を綱渡りする”という偉業を再現するアクション・ドラマ。
監督はロバート・ゼメキス、フィリップ・プティ役にジョセフ・ゴードン=レヴィット

2008年にアカデミー賞のドキュメンタリー賞を獲得した『マン・オン・ワイヤー』が面白かったので
ジョセフ君主演で映画化されると知って凄く楽しみにしてました。
でも気分が悪くなる人続出というニュースにひるんで劇場鑑賞を見送ってしまい・・大後悔です。
これは劇場で観るべきでした。

 The-Walk-2015-Movie.jpg

命綱もつけずに(当時)世界一高いツインタワーの屋上(地上400メートル!)から綱渡りで移動する
どう見ても無謀にしか思えないのだけど
プティさんは幼い頃からの夢を果たすべくことに臨みます。

しかしそれは違法であり、秘密裏に行われるもの。
ビルに侵入しワイヤを張る段階で見つかれば計画は全ておジャンなわけで、
警備員をかわしながらの準備はハラハラドキドキの緊張の連続。

そして凄いのはワイヤウォークのシーンですね。
勿論実際にビルの間を歩いているわけではなく、背景をCG処理したものですが
ジョセフ君は本物のプティさんに指導を受け、低いながら実際にワイヤーウォークしてるらしいという’からビックリ。
自転車でマンハッタンを駆け抜けた『プレミアム・ラッシュ』でもジョセフ君の身体能力の高さは折り紙つき。
今回もバランス感覚、所作の美しさには驚くばかりでした。

ドキュメンタリーでは、地上からプティさんのワイヤー・ウォークを捉えた映像が少しだけ挟み込まれていて
豆粒のように小さい姿ではあるものの、まるで仙人を見るような美しさが感動的でしたが
1974年の出来事であり、近いところからプティさんを映像でとらえることは出来ていないんですね。
そういう意味で、ジョセフ君の表情や動きを細かに映し出す本作は、まさに見たかったものが見れたという感覚。

でも誰よりも感慨にふけったのは、プティさん自身だったのではないかな。

夢をかなえ見下ろすマンハッタンの街並み、地上から拍手を送る市民
全て懐かしくご覧になったことでしょう。

何よりも感謝の対象であるツインタワーがそこにない今、
プティさんだけでなく、マンハッタンの人々も、美しくそびえるツインタワーの映像に感動したと思いますね。
ラストシーンの見せ方も上手い。

911について映画の中で一切触れてはいないけれど、これはプティさんの偉業をたたえるだけでなく
在りし日のツインタワーを懐かしむ映画でもあるのでしょう。

プティさんに技術を提供した曲芸師を演じたベン・キングズレーが教えた「salute」。
これ日本語でどう訳せばいい?
敬礼とか、感謝のあいさつ・・そんな対訳で表現しきれないめいっぱいのsaluteを
ジョセフ君がワイヤー上で表現するシーンが美しく、静かな感動がありました。

3Dでご覧になった皆さんが「体感できる映画」と絶賛してますね。
さすがゼメキス。
殺人もカーチェイスもない静かなアクション映画です。

仲間との連携も見所の一つ。これは面白かった。

thewalk.jpg



ブログパーツ


デンゼル・ワシントン『フライト』
2013年02月08日 (金) | 編集 |




フライト
(2012)アメリカ
原題:Flight
監督:ロバート・ゼメキス
出演:デンゼル・ワシントン、 ドン・チードル、ケリー・ライリー、 ジョン・グッドマン、 ブルース・グリーンウッド
 メリッサ・レオ


旅客機で機長を務めるウィップ・ウィトカーは、高度3万フィートで起きた不慮のエンジントラブルからとっさの判断で不時着に成功し、多くの人命を救う。マスコミはその偉業を称え、一夜にして国民的英雄となったウィップだったが、血液中からアルコールが検出され……。

奇跡的な不時着を成功させ、大惨事となるはずだった飛行機事故から多くの人命を救うことになったパイロットのウィップ・ウィトカー(デンゼル・ワシントン)。
ところが血中からアルコールが検出されたことから、一転、疑惑の人となってしまいます。
彼はヒーロー?それとも犯罪者?

監督は『キャスト・アウェイ』以来実写を監督するのは12年ぶりというロバート・ゼメキス
やっぱりゼメキスにはアニメやCGファンタジーでなく、実写の世界に帰ってきて欲しいですよ。




トラブル発生から不時着までの数分間の緊張と迫力はさすがゼメキスと思うところ。
しかし、この映画はパニックアクションものではなくて
その後のウィトカーの葛藤が主軸なわけですね。

映画の前半、ウィトカーが喫煙のために病院の非常階段に行き
マリファナ中毒で収容されたヒロイン(ケリー・ライリー)と出会うシーンがあります。
そこにやってくる一人の癌患者の台詞が、この映画のテーマでもあったと思います。
「自分が癌になったことも、ウィトカーが事故を経てヒロインに出会ったことも
神の意思によるもの。全ては神にコントロールされている。」

と書くと宗教くさくてピンと来ないし、癌患者のたわごとと軽く見過ごせるシーンなんですが、
これが意外にもあとに大きな意味を持ってくるのです。

神に象徴されるのは結局は人としての尊厳。
そう気づくとき、映画はとても爽快で感動的なものになりました。

適度にユーモアを交えているのもゼメキスらしさでしょう。
コメディ部門を担当するのはジョン・グッドマン。デンゼルとのタッグが痛快です。
 ドン・チードルはウィトカーを無罪に導こうとする弁護士役。
登場人物中、ウィトカーのことを本当に考え、正しく導く者は誰なのかを見極めながら鑑賞するのもいいでしょう。

アカデミー賞脚本賞ノミネート
珍しく意思の弱いグレイゾーンの主人公を演じたデンゼル・ワシントンですが、最後にはきっちりカッコいいところを見せてくれます。アカデミー主演男優賞にノミネート

日本公開は3/1~

★★★★