映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】デイ・アフター 首都水没
2016年09月15日 (木) | 編集 |
e6ddb60da8a6d807776fcfe871e5c4b7.jpg  

デイ・アフター 首都水没(2007 イギリス/南アフリカ/カナダ
原題:Flood
監督:トニー・ミッチェル
脚本:ジャスティン・ボドル  / マシュー・コープ
出演:ロバート・カーライル
 ジェサリン・ギルシグ/ トム・コートネイ/  ジョアンヌ・ウォーリー/ デヴィッド・スーシェ/ 
 マーティン・ボール/トム・ハーディ

【あらすじ
スコットランド地方がハリケーン並みの暴風雨に襲われる中、エンジニアのロブ(ロバート・カーライル)はテムズ河口に設けられた巨大堤防・テムズバリアの点検にやってくる。ロブと疎遠になっている父親で天才科学者であるレナード(トム・コートネイ)は以前から指摘しているバリアの欠陥から、暴風雨による高波がロンドン市街を襲う危険性を気象庁に指摘するが・・

感想
主にテレビドラマの分野で活躍するカナダ人監督トニー・ミッチェルによるディザスター映画です。
主演にロバート・カーライル、若きトムハがちょい役で出ております。

いや~、はしょったね。
冒頭、いきなり洪水が起きてトムハが流され、カーライルさんが河に飛び込み、みんなあたふた。
てっきりダイジェスト版の予告が始まったのかと思いきや、本編だったっていうね
何が何だかわからず、観てるこちらがパニック状態。そっち系のディザスター映画?
長けりゃいいってもんじゃないけど、短けりゃいいってもんでもないでしょうよ。
ついでに言うと、いかにも『デイ・アフター・トゥモロー』にあやかったこの邦題はなんだんねん。
flood480.jpg
これ、でもダイジェスト版(笑)のあとは、洪水の被害を食い止めるため奮闘する人々の姿を描いていて結構まじめな映画なんですよ。

日本も津波対策に大防波堤を作るという話があったけど、あれどうなったんだっけ?
ロンドンではテムズ川にテムズバリアという障壁があって、これが水位を調整し災害に備えているらしい。
映画の中では、天才科学者のレナードがバリアの問題点を指摘し、独自に研究を進めていた。
未曽有の災害が起き、政府はそれまで無視していた博士に相談し、なんとか解決策を探ろうとするわけ。
Flood-20073.jpg
博士にはバリアの建設に関わったエンジニアの息子ロブ(ロバート・カーライル)がいて、確執のあった父と息子の和解がドラマを盛り上げるという作り。
トムハはこの頃はまだ無名の若造ですが、先輩格のビル(一枚目の写真左:荒井注さんじゃないよ)と一緒に地下鉄内で洪水に遭遇し、サバイバルするザックをアクション交じりに演じていて、出番は少ないながら光るものがあるよ(ひいき目)。
fd02ff8ac2b94c24c1aba6d2d713df0b.jpg
ちなみに今日(9/15)はトムハの39回目のお誕生日💛


全体としては、水没するロンドンの街など、どうやって撮ったんだろうと思う映像もあるけれど、サバイバル系のパニックアクションを期待すると、期待外れとなるかな。パニックシーンと役人たちが机上の論を闘わせるシーンが交錯するためリズムが悪いんですよね。

Flood4.jpg

こちらキャンベル副首相

あとどうしても冒頭のダイジェストが後を引き、途中まで乗り切れないのがイタい。
無駄に思うシーンもあったので、もっとうまく繋いでほしかったという印象です。

ところで、トムハ演じるザックはその後どうなったのかな。完全に無視されてましたね。
トムハシーンを編集したものを見つけたので貼っておきます。
これ見ると今回見た中に入ってなかったシーンもあるんだよね。オリジナルは何分だったんだろう。

ということで、今日はトムハとカーライルのお二人を斬りました。
「英国男優50人斬り」ただいま16人。・・・終わらんな(笑)



ブログパーツ



[READ MORE...]
ラビナス
2015年01月14日 (水) | 編集 |


何を思ったか、ブログ村で「英国俳優大好き」なるトラコミュを作っちゃいました。

参加してくれたsaoriさんお勧めの『ラビナス』がとっても面白かったので、今日は「クリス・プラットを探せ」をお休みしてこちらの感想を。




ラビナス(1999)アメリカ
原題:Ravenous
監督:アントニア・バード
出演:ガイ・ピアースロバート・カーライル/デヴィッド・アークエット/ジェレミー・デイヴィス/ ジェフリー・ジョーンズ/ジョン・スペンサー/スティーヴン・スピネラ/ビル・ブロークトラップ
 

ストーリー
1847年、メキシコ・アメリカ戦争の最前線で戦い戦死したと思われたたボイド大尉(ガイ・ピアース)は、死体の中から発見された。しかし帰還を祝う席で出されたステーキを食べられず将軍の機嫌を損ねシェラ・ネバダ山脈の西にあるスペンサー砦に赴任させられる。

私は全然知らなかったんですが、これカニバリズムを描いたホラーサスペンスなんですね。1999年の作品ということで少々内容にも触れて書いていきます。





主演はボイド大尉を演じるガイ・ピアース。ガイ君は最前線で怖気づき、助けを呼ぶ仲間の声を聞きながら、死んだ振りをしてやり過ごした男。しかも死んだ仲間を食べて生きながらえていたようで・・。

そりゃ祝いの席で冴えない顔にもなるわな。小さな隊の守るスペンサー砦に左遷されたガイ君は、そこでロバート・カーライル演じるコルホーンと出会い、さらに運命を狂わされることになる、、という話。






いやはや、これ面白かったわ。

死んだ振りして生き延びたボイドは当然ながら罪の意識に苛まれるのですが、それ以上に彼を苦しめるのが「人肉の魅力」(笑)そんな彼の前に現れるコルホーンもまた人食いに嵌ってしまった男でしてw

欲望に抗おうとするボイドと快楽を享受するコルホーン、カニバリズムに魅せられた二人の壮絶な闘いが繰り広げられるわけですねぇ。面白いのは人肉を食べると元気百倍になり、死にかけていてもゾンビみたいに蘇ること(笑)

でもはまったら最後、どこまでも強欲になってしまうところが恐ろしい。これカニバリズムを題材にしたホラーサスペンスの形をとってるけれど、恐らく欲に魅せられたアメリカの姿を描いているんでしょう。

メキシコ・アメリカ戦争を舞台にしてることや、インディアン、メキシコ人、信仰に篤い者などが順番に殺されていくことからも想像がつきます。最後に二人が迎える決着は納得のいくものでした。しかもやっぱりね。。とちょっと皮肉を覗かせるところもうまい。

ということで、今日の英国俳優はガイ・ピアースロバート・カーライルのお二人。苦悩するガイ君もセクシーだったけど、いっちゃってるロバート・カーライルもすごいね。

二人の壮絶なる死闘を拝めたのも拾い物。アクションよし、ブラックなホラーコメディとしても楽しめました。



デヴィッド・アークエット入りシチュー美味しそうだったわw