映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】リベンジ・トラップ/美しすぎる罠
2016年05月29日 (日) | 編集 |
アトランダム映画祭」のっかり特集2本目
今日は勝手に非コンぺ作品
ロザムンド・パイク主演の日本未公開(ソフトあり)のサスペンスです。



Return-To-Sender-Banner-image.png 


リベンジ・トラップ・美しすぎる罠(2015)
アメリカ
原題:Return to Sender
監督:フアド・ミカティ
脚本:パトリシア・ビーチャム/ ジョー・ゴセット
出演:ロザムンド・パイク/シャイロー・フェルナンデス/ニック・ノルティ 
日本未公開


【感想
優秀なナース、ミランダ(パイク)はある日訪ねてきた若い男にレイプされてしまう。

Return-to-Sender-Rosamund-Pike-Shiloh-Fernandez.png  


レイプ犯はまもなく捕まり収監されるが
何故かミランダは獄中の犯人に手紙を送り続ける。
しかし犯人は受け取りを拒否し、手紙は「送り主に返送されたし」とスタンプを押され舞い戻る・・・

そこから原題の「Return to Sender」となるわけですが
「何故か」とあおってみる私の努力も、この邦題によってあえなく粉砕されますよね(笑)
なにこの豪快なネタバレ

まぁね、二匹目のドジョウ狙いで『ゴーン・ガール』のロザムンド・パイクを起用しただろうことは想像に難くなく
観る方としてもそれは覚悟のうえでロザムンド嬢の怪演に期待してみてるわけだから、
ネタバレでもいいっちゃいいんですが・・
問題は内容です。

untitled.png 


ロザムンド嬢はいいですよ。やっぱり怖くて。
ほぼ予測通りにことが運ぶのもある意味すがすがしい。
でももう少し面白くなれた気がしてならないんだなぁ。


ミランダの潔癖症はどこから来たのかとか、母親との関係とか、
邦題がこれなんで言っちゃいますが、
それらが彼女のリベンジにどう係わってくるのかを掘り下げれば確実に映画は深みを増すはずなのに
こうした伏線になりそうな部分がさらりとスルーされていくのが歯がゆい。
全体にテンポも遅くなかなか次のアクションに移らずじれったいし。
エンディングを観客に任せているのも、なんだかなぁ
と、だめだししてしまったけど
ロザムンド嬢の演技は勿論、彼女の抜群のプロポーションや
ウィリアムのお気の毒さ、あと、ひねりがなさすぎて笑いを誘うところが見どころかな。

レイプするのも相手を選ばないとえらい目のあうという教訓ですね。
でも、リベンジはもっと盛大にやってほしかった(笑)

監督はフアド・ミカティ・・
ミキティじゃないよ(笑)


ちなみにこの「Return to Sender」は
私も前の住人の手紙が届いたときなどによく使ってました。



ブログパーツ
スポンサーサイト
エドガー・ライト監督『ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!』
2013年08月24日 (土) | 編集 |



エドガー・ライト監督のSFアクション・コメディ。
『ショーン・オブ・ザ・デッド』『ホット・ファズ』とあわせて3部作の完結編とされる一本です。
ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!(2013)イギリス
原題:The World's End
監督:エドガー・ライト
出演:サイモン・ペッグ、 ニック・フロスト、 パディ・コンシダイン、 マーティン・フリーマン、 エディ・マーサン、 ロザムンド・パイク
日本公開:2014年春
 【ストーリー】
青春をともに過ごした仲間5人が、ゲイリー(サイモン・ペッグ)の呼びかけで20年ぶりに集まった。
いまや中年の彼らがやろうとするのは、かつて完遂することが出来なかった12軒のパブ・マラソン。
しかし、その頃街ではとんでもないことが起きていて・・

いや~、面白かった。




今回お馬鹿5人組を演じるのは、おなじみサイモン・ペッグニック・フロストに加え、パディ・コンシダインマーティン・フリーマンエディ・マーサンという顔ぶれ。

最初は気乗りのしなかった面々も一旦集まると、じきに昔の心が蘇る
お酒が入り、徐々によっぱになる様子が楽しくて、ニマニマしながら見ちゃいます。

でもエドガー・ライト監督作品だからね、ただの同窓会で終わるはずがない。
最後のパブの名前がThe World's Endということから想像つくと思うのだけど
久々に帰った故郷なのに、何だか変・・と気づくときには、街はどえらいことになってる
でも発起人のゲイリーにはある思いがあって、何が何でもゴールを目指したいわけですね、はい。

今をときめく中堅どころの共演陣が脇をがっちり固め、それぞれのキャラが輝いてる。
体を張ったギャグやアクション、未知なる敵の思いがけない動きなど
オーソドックスから新鮮なものまで、笑いの要素満載。
加えて、友人たちがみな仕事や家庭を持ちしっかり生きてるのに、一人取り残される40代男の悲哀など、センシティブな部分も描かれ、可笑しいだけのコメディに終わってないのがいい。
サイモンとニックの友情の描き方にはしんみりさせられました。三部作の最後と思うと余計にね。

ただ、サイモン演じるゲイリーの初心はどう貫徹されたのか、顛末は目標に見合ったものだったのかなど、やや曖昧な描き方になっているのは残念かな。

とはいえ、SF要素は痛快で、ホラーの名作へのオマージュにもニンマリ
アポカリプトを描くものとしては、その完結の仕方に監督の優しさを感じます。
下ネタ頼りのハリウッドコメディとは格の違いを見せ付ける一本ですね。


      

トラックバック一覧

  1. 1. 「ワールズ・エンド」はジョン・カーペンターファンの私にうれしい映画、面白い。

    • [今昔映画館(静岡・神奈川・東京)]
    • April 26, 2014 15:43
    • 今回は新作の「ワールズ・エンド」を川崎チネチッタ5で観てきました。消費税の増税に伴い、映画のプログラムが値上がりしていました。まあ、仕方ない部分もあるのですが、3%から5%になったときにこういう端数の出る値上げをしたっけかなあ。 1990年、イギリス郊外の
  2. 2. ワールズ・エンド 酔っぱらいが世界を救う!

  3. 3. ワールズ・エンド/酔っぱらいが世界を救う!

    • [いやいやえん]
    • October 16, 2014 08:47
    • 【概略】 学生時代に達成できなかった“ひと晩に5人で12軒のハシゴ酒”をするべくイギリス郊外の街に戻って来たアラフォー男たち。だが、街の人々は何者かに操られており…。 SFコメディ 「ショーン・オブ・ザ・デッド」「HOT FUZZ/ホット・ファズ -俺たちスーパ



アウトロー
2013年05月10日 (金) | 編集 |




アウトロー(2012)アメリカ
原題:Jack Reacher
監督:クリストファー・マッカリー
出演:トム・クルーズロザムンド・パイクリチャード・ジェンキンス、ベルナー・ヘルツォーク、デビッド・オイェロウォ
 白昼に5人が射殺される事件が発生。現場に残された証拠から、元米軍スナイパーのジェームズ・バーが逮捕されるが、警察の尋問にバーは黙秘を続け、“ジャック・リーチャーを呼べ”と謎のメモを残した・・

原題のタイトルロールでもある「ジャック・リーチャー」をトム・クルーズが演じ
銃撃事件の真相を追うミステリー・アクションです。
このリーチャーという男は元軍人の捜査官として、郡内の事件を解決していたツワモノながら、今はクレジットカードや免許証など現代社会に生きる形跡を持たず、ゴーストのように生きる一匹狼。
こんなやつどうやって探すネンと途方に暮れる警察と弁護士の前に、リーチャーが自ら姿を見せるところが面白く、リーチャーとバーの関係にも興味を惹かれます。




警察の集めた証拠品から事件にいくつかの疑問点を見出だすリーチャーが
バーの弁護人であるヘレン(ロザムンド・パイク)の協力を得て、真相を解明していくという話ですが、
天下のトム・クルーズが、安物の服を着て、バスを利用する男という普段のギャップも面白い。
しかもバスは上手い具合にプロットに活かされています。
でもまぁ、ミッションシリーズとは正反対のアナログな男でもトム・クルーズはカッコいい。
本作では、前半は鋭い謎解きをしてみせ、後半は息も止まりそうなカーチェイスなど
アクションで魅せてくれます。

とびきりクールかと思えば、ヘレンに手を出すなと悪者に脅しをかけるトムちんの熱いこと。
終盤の大もの俳優の活躍も爽快だったけど、本作は「思わぬ助っ人」の描き方がいいね。
影の悪人をベルナー・ヘルツォークが演じていて、素人っぽい大物加減が役に合っていた印象。
相変わらず悪と善の判別がつきにくいリチャード・ジェンキンスもミステリーを撹乱する役割を担ってました。

銃器も車も持たないリーチャーだからこそ、悪人との素手の戦いは意味があると思ったけれどそれならば大物をしとめる手段も何か他の手がなかったのか。。と感じたのは私だけかな。

とはいえ、謎解き、アクションの両方を楽しめる快作でした。





トラックバック一覧

  1. 1. 映画:アウトロー Jack Reacher なぜ最近 カーアクションで全く「燃えないか」の理由を一発で悟る(笑)

    • [日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜]
    • May 11, 2013 07:48
    • トム・クルーズ製作・主演。 これだけでイヤな予感が走る。 というのは最近、彼の「ドヤ顔」に少々うんざり気味だった私。 もし130分にも渡り、それを見せつけられたら...と思うだけでゾッとした(笑) だが映画が始まってみれば、それは杞憂に終わった。 とう...
  2. 2. アウトロー ジャパン・プレミア

    • [風に吹かれて]
    • May 13, 2013 10:08
    • トムの新シリーズとなるか公式サイト http://www.outlaw-movie.jp2月1日公開原作はリー・チャイルド著作のジャック・リーチャーシリーズ (講談社文庫)監督・脚本: クリストファー
  3. 3. 映画「アウトロー」 2013年 監督 クリストファー・マッカリー

    • [アンダンテ あっち行って ホイ♪]
    • May 16, 2013 10:46
    • アメリカンな映画〜トム・クルーズは相変わらず イヤミなく格好良い役でした ハイテク全盛の現代に 携帯なし・クレジットカードなし〜のアナログ人生を送るアウトロー  ジャック・リーチャーが主人公 トムはーチェイスと肉弾戦をスタントなしでこなしたとか
  4. 4. 『アウトロー』

    • [cinema-days 映画な日々]
    • May 20, 2013 23:08
    • 女弁護士と被疑者に呼ばれた 一匹狼の元米軍秘密捜査官が 連続狙撃事件の真相を探る... 【個人評価:★★★ (3.0P)】 (劇場鑑賞) 原題:Jack Reacher 原作:リー・チャイルド『ワン・ショット』
  5. 5. アウトロー

    • [マープルのつぶやき]
    • June 24, 2013 13:52
    • JUGEMテーマ:アクション映画全般 「アウトロー」原題:Jack Reacher監督:クリストファー・マッカリー原作:リー・チャイルド  「One Shot」2012年   アメリカ映画   130分キャスト:トム・クルーズ     ロザムンド・パイク     リチャード・ジェン
  6. 6. アウトロー

    • [いやいやえん]
    • July 02, 2013 10:12
    • トム・クルーズ主演。 シリーズものの原作の何作目かの映画化なので、主人公が何者なのか、どういう経緯でアウトローとなったのか、その辺が描かれず突然登場するので、ある意味で「謎の男」というグレーな男を演出するのにはむいています。悪く言えば説明不足ではある
  7. 7. アウトロー

    • [THE MOVIEST CINEMER]
    • July 02, 2013 12:32
    • 観られた方の評では「予告詐欺」なんて声もあったこの作品 その評が気になっていながらシネコン上映がネックで劇場鑑賞を断念したのですが 今回DVDがレンタル開始になってたので観る事ができました...



バーニーズ・バージョン ローマと共に
2013年01月25日 (金) | 編集 |




バーニーズ・バージョン ローマと共に(2010)カナダ/イタリア
原題:Barney's Version
監督:リチャード・J・ルイス
出演:ポール・ジアマッティダスティン・ホフマンロザムンド・パイク、ミニー・ドライバー、スコット・スピードマン


2年前に、ジョニー・デップがゴールデン・グローブ賞のコメディ/ミュージカル部門に
2作品でノミネートされながら受賞を果たせず、ファンをガッカリさせたことがあったけど
その年に主演男優賞をゲットしたのが本作のジアマッティ。
『アリス~』と『ツーリスト』のジョニーじゃ、そりゃ太刀打ちできません。

冒頭、ポール・ジアマッティ演じる中年のバーニーが夜中に電話をかけ
「妻を出してくれ」と伝えると
「ミリアムは寝ている。しかも彼女はもう君の妻じゃないよ」と電話の主。

時間は遡り、酒と煙草をこよなく愛する若きバーニー・パノフスキーの
2度の結婚を映し出します。
その2度目の結婚式で出会う美しい女性がミリアム(ロザムンド・パイク)。
なんとバーニーは結婚式の最中にミリアムにノックアウトされ、
以来彼女に猛アタックを仕掛けるのです。




結婚してるのにそんな馬鹿なと相手にしないミリアムが
どうしてバーニーと結婚することになったのか
はたまた、それほど愛したミリアムとの間に何があったのか を
興味津々に観進めることになるのですが・・・



ジアマッティ演じるバーニーは、シニカルで自己中だったり
およそ人に気に入られようとする人ではないのね。
だけど観ているうちにだんだんに愛しくなってくるのは
いつだって自分に正直で、ミリアムへの深い愛に迷いがないから。
でも愛しすぎるゆえに愛を失うことになったり
殺人事件の容疑をかけられたりと、バーニーの人生は波乱に満ちている。

「Aランクのコメディアンがたくさんいたとしても
コメディと悲劇と両方に通じ、幅広い年齢を演じきれる俳優はそうはいない。
バーニー役は彼しか考えられなかった」という監督の言葉どおり
ジアマッティはドンピシャのキャスティングでしょう。




ダスティン・ホフマン演じる父親は風変わりだけど、
バーニーが間違ってないと思えば、とことん応援し支持する男。
そんな父を尊敬する息子バーニーとの信頼関係が微笑ましくて
映画に心地よい味付けとなっています。

タイトルのバーニーのバージョンとは、
罪の意識や後悔に満ちた彼の人生を振り返り、もしも違うアプローチをしていたら
違ったバージョンを生きられたかもしれないということかな。
でも、ミリアムと蜜のように幸せなときを過ごしたのも事実。
酸いも甘きもあって、自分の人生のバージョンなんでしょうね。
最後は切なさと優しさとにジーン。
監督はTVドラマ『CSI』シリーズの監督を務めるリチャード・J・ルイス
久しぶりに映画らしい映画を観たと感じた一本です。

ところで
若いときをイタリアで過ごしたバーニーだけど・・・
副題の「ローマと共に」ってなに?^^;

原作がカナダの著名な作家のものという関係か、アトム・エゴヤンやクローネンバーグ等
4人のカナダ人監督がカメオ出演してますので探してみてね。

1/19~公開中

★★★★



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。