映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】レヴェナント:蘇えりし者
2016年01月10日 (日) | 編集 |
The_Revenant-poster-400.jpg 

レヴェナント:蘇えりし者(
2015)アメリカ
原題:The Revenant
監督:アレハンドロ・G・イニャリトゥ
脚本:マーク・L・スミス/アレハンドロ・G・イニャリトゥ
出演:レオナルド・ディカプリオ / トム・ハーディ/ ドーナル・グリーソン/ ウィル・ポールター

【あらすじ
奇跡的に一命をとりとめたグラスは、裏切ったフィッツジェラルドに復讐すべく極寒の荒野を行く。


【感想
昨年のオスカー覇者『バードマン』のアレハンドロ・G・イニャリトゥ監督の新作を観てきました。

いわゆる「西部」が生まれるもっと前の1823年、
アメリカではフランスやイギリス、スペインなどの西洋諸国や周辺国から、多くの入植者が新大陸に基盤を作るべくやってきて
混沌とした世界を生き抜いてきたんですね。
本作はそんな時代の荒涼とした雪原を舞台に、仲間への復讐を果たすべくサバイバルする男の物語。
実話として語られてるヒュー・グラスのストーリーをベースにしています。

この映画に出てくるグループは寄せ集めの軍隊みたいなんだけど、熊の皮を剥いだりしてる。
レオナルド・ディカプリオ演じるヒュー・グラスもそのメンバーで
トム・ハーディ演じるジョン・フィッツジェラルドらとともに、ドーナル・グリーソン率いる狩猟チームに所属します。、
ドーナルは『SW フォースの覚醒』でもファースト・オーダーの若き指導者を演じてたけど、出世したなぁ。

任務中にグラスが瀕死の重症を負うところから、彼の復讐とサバイバルの旅が始まります。

しかしこれ、単純にグラスの復讐モノというだけでは語れない映画でね。
もっと深いところに作り手のメッセージが込められている。
死の淵から蘇る(原題の意味です)男がサバイバルの途中で直面するのはとてつもない自然の驚異です。
でも同時に、人間はいかに自然に助けられ生きているのかにも気づかされる。
飢えや渇きを凌ぎ、ぬくもりを求め最小限の欲求を満たすために生き続けるレオの行為が
ものすごく崇高に見え、自然に感謝する気持ちさえ湧き上がるのですよ。

辛いのは、インディアンに対する残虐行為など負の歴史も目撃することになること
これはイニャリトゥ監督ならではでしょう。

撮影は『バードマン』に続いてエマニュエル・ルベツキ。
マジックアワーに集中し、自然光だけで撮ったという映像は荒涼とした雪原の厳しさを映しだし
リアルで壮絶なアクションシーンでさえも美しい。
ルベツキはオスカー3連覇もありえるかも。

リアルであるために役者の負ったリスクも大きかったはずで
みんな大変だったでしょうけど、ほぼ出ずっぱりで自然と格闘したレオの役者魂には敬服します。
これ観たらもう、レオにオスカーあげてくれって思うもんね。
何度顔を背け、息を呑んだかわからんよ。

tom-hardy1.jpg
トムハは前半の怪力振りが好きだけど、今回は汚れ役だね。
でも彼も生きることに必死な一人のサバイバーに過ぎない。
この時代、誰もがサバイバー。移植者も原住民も、クマや自然でさえも。


the-revenant-trailer-screencaps-dicaprio-hardy35.png
グラスがのどを負傷し、言葉を殆ど喋れないという設定もきっと意味があるのでしょう。
熊の着ぐるみ状態のレオがモフモフで可愛い・・というのは置いといてw
人間も自然を生き抜く小さな生き物に過ぎないじゃないかというね。

いろんなメッセージが伝わりますが
とにかく、壮絶で美しく、神聖さに魂を揺さぶられた。大傑作だと思います。


日本公開は4月


ブログパーツ
ウルフ・オブ・ウォールストリート
2014年01月10日 (金) | 編集 |



アカデミー賞の前哨戦の結果も次々に発表され、シーズンたけなわですね。
今月は12日にゴールデングローブ賞授賞式、16日にはオスカーノミネーションが予定されていますので、予想など絡めつつ、恒例のオスカー特集をおっ始めます。

まずは、実業家ジョーダン・ベルフォートの回想録『ウォール街狂乱日記 「狼」と呼ばれた私のヤバすぎる人生』を映画化した『ウルフ・オブ・ウォールストリート』。
ゴールデン・グローブ、ミュージカル/コメディ部門で作品賞、レオナルド・ディカプリオが主演男優賞にノミネートされています。
ウルフ・オブ・ウォールストリート(2013)アメリカ
原題:The Wolf of Wall Street
監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ/ ジョナ・ヒル/ マーゴット・ロビー/ マシュー・マコノヒー/ ジョン・ファヴロー/ カイル・チャンドラー/ ロブ・ライナー /ジャン・デュジャルダン
日本公開:2014/1/31 

20代で株式の世界に入ったジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)は、大胆なアイディアと人を引き込む話術で瞬く間に成功し年収49億を稼ぎだす存在に。ウォールストリートのウルフと呼ばれるようになるが、欲に任せ、違法なことにも手を出したジョーダンはやがて破滅の道を歩む・・

 マーティン・スコセッシとは5度目のタッグとなるレオナルド・ディカプリオがジョーダンをぶっ飛びに演じています。ま、お顔のしわは隠しきれず、20代はさすがに無理やんとは思うものの、ジョーダンのダイナミックな成功がレオの早咲き映画人人生に通じるものがあるからか、このレオは妙に嵌ってました。




 なんせ年収49億円ですから、お金の使い方も桁違い。
その破天荒な日常を映像で見せきるスコセッシの手腕も流石で楽しめたのだけど、3時間近い上映時間の長さもあいまって、セックスとドラッグにまみれのちゃんちき騒ぎには少し飽きましたわ。
レオのベッドシーンはまるでエロくはないものの、なんか生々しくて困った(汗)
それでも話術巧みに人を魅了するシーンなど、レオの演技の上手さを再認識したし、コメディもいけることに気づいたのは収穫。ドラッグでやばいことになるシーンは最高に笑えます。

 共演者ではいくつかの前哨戦で助演男優賞にノミネートされてるジョナ・ヒルがコメディを盛り立て、頑張ってますね。マコノヒーは?と思ったら、彼は前半少し出ただけだった。それでも強力な印象を残すのはさすが。



原作小説を気に入り、映画化を切望したというレオは、ジョーダンの狂乱をアメリカの迷走にかぶせたのでしょう。
才能も使い方を間違えると とんでもないことになる
全てを失って気づいても遅い と、そんな教訓も感じるところだけど
このクレイジーさも人によってはノスタルジックに響くのではないかな。

IMDbでは8.7と高得点ですが、作品賞ノミネートは、セックスとドラッグという題材をアカデミーがどう受け止めるかによるかも。



華麗なるギャツビー(2012)
2013年06月01日 (土) | 編集 |



レオナルド・ディカプリオ
主演で、F・スコット・フィッツジェラルドの小説を映画化した『華麗なるギャツビー』。
1920年代のアメリカを舞台に、華やかなる時代の光と影を描き挙げる文芸作品ですね。
華麗なるギャツビー(2012)アメリカ
原題:The Great Gatsby
監督:バズ・ラーマン
出演:レオナルド・ディカプリオ、 トビー・マグワイア、 キャリー・マリガン、 ジョエル・エドガートン、 アイラ・フィッシャー、 ジェイソン・クラーク、エリザベス・デビッキ
日本公開:6/14
 1922年。中西部から大都会ニューヨークにやってきた作家志望の青年ニック・キャラウェイは、毎夜、豪華なパーティを開いては大騒ぎを繰り返している大富豪ジェイ・ギャツビーの隣家で暮らすことになる。しかし、不思議なことにパーティの出席者の誰も実際にギャツビーに会ったものがいないという。しかし、ある日ギャツビーからパーティの招待を受けたニックは、ついにギャツビーに遭遇する。

舞台となる20年代前半は『ミッドナイト・イン・パリ』でオーウェン演じるギルが憧れた華やかな時代。
ロングアイランドのギャツビーの邸宅で繰り広げられる豪華絢爛なパーティにも、空前の好景気に沸く時代の狂騒が見て取れます。『ムーラン・ルージュ』『ロミオ&ジュリエット』(1997)のバズ・ラーマン監督ということで、映像の華やかさは想像に難くないでしょ。
今回3Dで製作したのも、この時代の賑わいを奥行きとディテールで表現したかったかららしい。
そんなこととは知らず2Dで観てきましたが(笑)

映画は、ギャツビーと出会い、彼の全てを知った青年ニック(トビー・マグワイア)の視点で
ギャツビーの波乱の人生と、彼を取り巻く世間の空虚さを語るもの。



レオの登場まで少々時間がかかり、それまでの喧騒にはちょいと疲れて眠くなるけどw
ファンは久々に熱いレオにキュンとすると思います。
色々に笑わせてくれてナイスでした。
対岸の豪邸に住む人妻にキャリー・マリガン(子犬のようなウルウル瞳で超可愛いけど、今回は賛否がありそう)、その夫にジョエル・エドガートン(←富豪の役は似合わないw)。

ギャツビーの大ロマンス物語でもありますが・・・
これ以上語るのはやめましょうね。
豪華絢爛な映像を堪能し、ギャツビーが駆け抜けた人生を体感してください。




トラックバック一覧

  1. 1. 華麗なるギャツビー

    • [マープルのつぶやき]
    • January 14, 2014 14:21
    • JUGEMテーマ:洋画「華麗なるギャツビー」The Great Gatsby監督:バズ・ラーマン2013年 アメリカ映画 143分キャスト:レオナルド・ディカプリオ     トビー・マクガイア     キャリー・マリガン     ジェイソン・クラーク     ジョエル・








タイタニック(3D版)
2012年04月05日 (木) | 編集 |

『タイタニック』3D版が公開になったので観てきました。
何度か観てるのに新たな発見があって良かった!

blog_import_566b9e8327180.jpeg 

タイタニック(3D版)
2012年(アメリカ)
原題 Titanic 3D
監督:ジェームズ・キャメロン
出演:レオナルド・ディカプリオケイト・ウィンスレットビリー・ゼインキャシー・ベイツフランシス・フィッシャービル・パクストン
【ストーリー】
1912年4月10日、イギリスの豪華客船タイタニック号がニューヨークに向けて処女航海に出発する。出港直前に乗船券を手にした画家志望の青年ジャックは、新天地アメリカを夢見てタイタニック号に乗船。船内で出会った名家の令嬢ローズと恋に落ちるが、出発から4日目の深夜、タイタニック号の船首が巨大な氷河に激突してしまう。(映画.comより)


多くの人に愛され、レオを一躍トップスターにした『タイタニック』。
オリジナル公開から15年ということもあり、今回は内容に触れるものになってるので
未見の方はスルーしてください。

私は今回初めての劇場鑑賞となりましたが、これまでに何度かTVやDVDで観てます。
最初に観たときには、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)が死んだことがショックでね。
ローズ(ケイト・ウィンスレット)がもう少し痩せてたら
ジャックも一緒に助かったんじゃないかと思ったり(笑)
ローズの強さが十分に理解できてなかったんだよね。
でも、2度目に観たときに、ジャックが「しっかり生き抜く」ことをローズに約束させ
ローズはその約束を必死に守ったんだと気づき、その瞬間から泣けて仕方なかった。

そして今回さらに気づいたことが。
ラストシーン、私は前に観たときにはばぁちゃんローズが当時の夢を見てるんだと思ってたのだけど
ばぁちゃんは静かに死んだんですね。(多分)
今まで何観てたんだって話ですけど(汗)
ばぁちゃんの周りには、家族も持ち、当時の女性としては革新的ほど奔放に生きた
ローズの写真が飾られている。
「精一杯生きて、君はここではなくベッドの上で死ぬんだ」と言うジャックの言葉が蘇る。
ローズはジャックとの約束を懸命に守り、精一杯生きてベッドの上で人生を終えた。
そして、タイタニック号でようやく再会を果たすんですよね。
あの時船で死んだ人たちがみんなで二人を祝福する。
ジャックの友人も、船長も、最後まで楽器を演奏していた3人もいる。
85年だっけ?本当に長かったよね。
階段の上でジャックが振り返った瞬間、涙腺再び決壊になりました。

最後まで船上で演奏を続けた3人による楽器演奏が、
タイタニック沈没までの壮絶なカオスシーンに重なり、パニックシーンを物悲しく彩る。
生き延びた人たちも悔いと負いを感じながらの余生となっただろうことも想像できる。
故郷を捨て、アメリカに夢を抱いて移民を果たそうとする人々の思いや
階級の違い、差別意識などもしっかり描かれ、何度観ても飽きない。
やっぱり名作だと思います。