映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ポンヌフの恋人
2013年03月05日 (火) | 編集 |



ホーリー・モーターズ』を観て、レオス・カラックス作品を観てみようと思いました。
ポンヌフの恋人(1991)フランス
原題:Les amants du Pont-Neuf
監督:レオス・カラックス
出演:ドニ・ラヴァン、 ジュリエット・ビノシュ、 クラウス=ミヒャエル・グリューバー、 ダニエル・ビュアン、 マリオン・スタレンス、 エディット・スコブ
パリで最も古い橋とされるポンヌフ橋を本物そっくりに再現したらしく
物凄くお金のかかった映画らしいですね。

『ホーリー・モーターズ』で11人の人間を演じて見せたドニ・ラヴァンが演じるのは
ポンヌフ橋に暮らす大道芸人の浮浪者アレックス。
ある日、彼の寝床とする場所にやってきたミシェル(ジュリエット・ビノシュ)と出会います。
ミシェルは絵の才能を持ちながら、失恋と不治の眼病に絶望し、放浪を始めた女性。
浮浪者仲間のハンスに追い出されそうになるミシェルを構ううち恋に落ちるアレックスですが・・




道路で朦朧としてはシェルターに運ばれる、アレックスはそんなことを何度も繰り返しているようなのですが、身体も丈夫そうな彼が何故ホームレスなのか。
その背景は語られませんが、薬に頼らなければ眠れないところから、過去のある男であることは窺えます。
そんなアレックスがミシェルに思いを寄せるのに時間はかかりません。
初めて守るべきものが出来たのかもしれない。
けれどアレックスにとって、ミシェルが世間を捨てたものであることが肝心なようで
彼女が社会に戻ることを望んではいないのです。
ピュアゆえに社会の底辺でしか生きられない男の悲哀が漂いまくるのですよねぇ。

溢れ出る映像美から、監督の才能は十分に感じ取れます。
アレックスの夜の大道芸シーンは、ドニ・ラヴァンのパフォーマンスの凄さもあって見所のひとつですね。
二人を小人のように見せる実験的なシーンも面白い。
しかし、物語の〆方があまりしっくり来ない。
悲劇的な終わり方の方がアレックスの刹那な生き方に合ってると思うのは残酷かな。
よりピュアな物語に昇華できるすんでのところで、無謀な方向転換をしたという印象なのがちと残念です。

ちなみに・・・
『ホーリー・モーターズ』でも気になったのだけど、
本作でも夕焼けの浜辺をビノシュと駆け抜けるドニさんのシルエットには面食らうよね(笑)

あと『ホーリー・モーターズ』でモーションキャプチャーのスターを演じるシーンの
アクションは凄すぎてきっと吹き替えなんだろうと決め付けてたけど、
本作での宙返りとか見ると、『ホーリー~』でも本人がやってるのかなと思ってみたり。
なんにしてもドニ・ラヴァンの身体能力の高さには驚きます。


★★★★


スポンサーサイト
ホーリー・モーターズ
2013年03月02日 (土) | 編集 |



日本では4月に公開らしいフランスの鬼才、レオス・カラックス監督による幻想ドラマ『ホーリー・モーターズ』を観ました。
ホーリー・モーターズ(2012)フランス/ドイツ
監督:レオス・カラックス
出演:ドニ・ラヴァン、 エディット・スコブ、 エヴァ・メンデス、 カイリー・ミノーグ、 ミシェル・ピッコリ
 ひとつの人生からもうひとつの人生へ、旅を続けるオスカーの1日。
ある時は富豪の銀行家、またある時は殺人者、物乞いの女、怪物、そして父親へと、次々に姿を変えてゆく。(公式サイトより)

レオス・カラックス監督のほかの作品は、『TOKYO!』のオムニバスの一編を見かけて
途中でリタイアしたんだったか、最後まで観たんだったか・・
とにかく「何これ?」って思ったのだけは確かで、今回もデジャブな登場人物も出てきます。
が、、なんでしょうねぇ。この世界。



ある朝、富豪風の男オスカー(ドニ・ラヴァン)は、豪邸から出て、子供たちに見送られながら仕事に出かける。白いリムジンに乗り込むや、その日の予定をチェック。
運転手兼秘書風の初老の女性セリーヌによると、「本日の予定は9件」。

するとおもむろにカツラをとかしはじめ、リムジンから出てきたオスカーは
なんと乞食女の格好で、紙コップを手に物乞いを始めるのですよ(汗)

そして「予定の9件」を次々にこなすオスカー氏に唖然・・・
どうやら、リムジンで準備を施し「別人の人生を演じる」のがオスカー氏の仕事のようなんだけど
その理由も、おきていることが幻想なのか現実なのか、まるで解らず。
愛や悲哀に満ちた人生を一気に辿ることの意味合いを考えるまもないままに
見事な変装振りとめくりめく不思議映像を、文字通りポカーンと眺めることになりました。



なんなんでしょうか、この映画(汗)
お口アングリになったあと、思わず吹き出してしまうし
モーションキャプチャーってこうやってるのかぁなど興味深いシーンもあり
理解を超えて面白いのは確かなんだけど
実験的というか、発想のぶっ飛び具合は半端ない。
巨匠って凄いこと考えるなぁ ってことで、私には評価不可能。
監督のほかの作品観てみよう。。




 



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。