映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】『SCUM/スカム』初公開! 世界のどす黒い危険な闇映画 第二弾
2014年10月15日 (水) | 編集 |
 

中休みは特集を離れ、日本公開作品をチェック
『荒野の千鳥足』に次ぐ≪初公開! 世界のどす黒い危険な闇映画≫第二弾『SCUM/スカム』を観てみました。
SCUM/スカム(1979)イギリス
原題:Scum
監督:アラン・クラーク
出演:レイ・ウィンストン /ミック・フォード / ジュリアン・ファース/ フィル・ダニエルズ
日本公開:2014/10/11
イギリスの少年院に収監されたカーリンは、施設を牛耳る少年や監守らによる不条理な暴力に耐える日々を送っていた。
やがてカーリンは、閉鎖された世界で生き残る術を身につけていく。
 
 
1970年代イギリスの少年院を舞台に、院内の不条理な暴力と陰惨な管理を描く作品です。
もともとBBCのテレビムービーとして製作されながら、過激な内容が問題となりお蔵入りになったものを、
監督のアラン・クラークと脚本のロイ・ミントンが映画として作り直し、執念の公開に至ったのだとか。

少年院での暴力を赤裸々に描く作品としては『孤島の王』が記憶に新しいですね。
そちらは施設側の絶対的な支配に院生たちが大掛かりな脱出作戦を繰り広げるさまがスペクタクルな見せ場となる作品でした。

 

本作でも院生たちは施設側の支配に屈辱を受けるわけですが、最初は地味目に展開し、
むしろ院生内での勢力争いがメインになります。

暴力で仲間を制し、やがて新たな勢力が台頭していく様子はボス猿の王座争いのごとし。
更生施設であるべき少年院で暴力を制すために暴力が生まれるのは皮肉なものです。

少年院側の陰湿な管理にも反吐が出る思い。
ある事件を機に、少年たちの怒りが怒涛となって押し寄せるクライマックスその後唐突に、
しかも淡々と映し出されるラストシーンにはやるせなさだけが残ったなぁ。
 
 

主人公のカーリンを演じるのは本作がデビュー作というレイ・ウィンストン
若くて優しいお顔のウィンストンが、やがて院内で生きるすべを身につけていく少年を好演してました。
 
ちなみに、ウィンストンが靴下にビリヤードの玉を入れたもので敵対する仲間を殴るシーンがワンカットで描かれていて、
マジで殴ったのかと気になったんですが、実際はスタッフが床に寝転び、ピンポン球入りの靴下と交換しているとのこと。

リアリティを出すために工夫されてるんですね。
愛情のない弾圧は怒り以外に何も生まないと感じた一本です。


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。