映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】誰のせいでもない
2016年08月23日 (火) | 編集 |

20160823-EverythingWillBeFine-sub4.jpg 

誰のせいでもない(2015
ドイツ/カナダ/ノルウェー
原題:Every Thing Will be Fine
監督:ヴィム・ヴェンダース
脚本:ビョルン・オラフ・ヨハンセン
出演:ジェームズ・フランコシャルロット・ゲンズブールレイチェル・マクアダムス/マリ=ジョゼ・クローズ
日本公開:2016/11/12

【あらすじ
売れない作家のトーマスはある日運転中に急ブレーキを踏む。
すんでのところで停止し、そりに乗った子供が無傷であることに胸をなでおろすトーマス。
呆然と言葉も出ない子供を家に送り届けるも、母親のケイト(シャルロット・ゲンズブール)はパニック状態で家を飛び出す。

【感想

ヴィム・ヴェンダースジェームズ・フランコを主演に迎えた新作のヒューマンドラマです。
事故の際、トーマス(フランコ)が少年にかけた言葉が原題の「Everything will be Fine」。
実はトーマスの気づかないところで一つの命が失われていたんですが、どうやらそれは「誰のせいでもない」事故として処理された様子。トーマスは恋人サラにも「Every thing will be fine」と報告します。しかしながら事故はトーマスやサラ(レイチェル・マクアダムス)、事故にあった少年一家の運命を変えていくんですね。
C7@D_Wenders_Everything-Will-Be-Fine.jpg 

お咎めなしとされたとはいえ、事故が心の底の澱となってしまうのは理解できます。
レイチェル・マクアダムス演じるサラとの関係も、ともに事故のトラウマにとらわれた状態でいたわり合うのは難しい。
 

everythingwillbefine.jpg 

けれどトーマスは編集者アン(マリ=ジョゼ・クローズ)家族と出会い、癒しを見つけることができたんでしょう。心に余裕ができて初めて同じように傷を負った人の心を包んであげることもできたのだと思う。
法的責任はなくても、被害者家族に対する心的責任を負ったトーマスが、新たに負う自身の家族への責任等、淡々とした中にリアルな現実が盛り込まれてますね。
 

ゆっくりと時間をかけてトラウマから解放され成長する話でもあり、11年の歳月の重みも感じます。

今回は2Dで見たけれど、奥底を表現するのに用いたとする3Dがどんなものなのか見たかったかも。もちろん2Dでも、枠越しや、ガラスに景色を反射させる手法などを用いた映像が印象的で、雪の景色の美しさは特筆すべきものがありました。
 

フランコ君はフラットに演じることに徹しているように思いましたが、意図的に演出されたものなのかな。
正直淡々としてスローなので、途中寝たとしても「誰のせいでもない」・・気がする(汗)

終わってみれば原題の「Everything will be Fine」には前向きな希望を感じますね。
邦題とは少しギャップが・・コホンコホン・・

ブログパーツ

[READ MORE...]
【映画】『サウスポー』ジェイク・ギレンホールいつのまにかガチガチマッスル
2015年07月30日 (木) | 編集 |



サウスポー(2015)アメリカ
原題:Southpaw
監督:アントワーン・フークア
日本公開:2016


ジェイク・ギレンホール新作『サウスポー』を観てきました。

ジェイクが演じるのはプロボクサー、ビリー・ホープ
力に任せたボクシングで勝ちを収めるビリーですが、試合が終われば全身ボロボロ。
そんなビリーを妻は心配します。妻の一番の願いは娘と3人家族の幸せ。
妻モーリーン(レイチェル・マクアダムス)を深く愛するビリーですが、短気なビリーが箍を外したことから彼は家庭を失うことになってしまい・・



ボクシングはちょっと苦手で、劇場鑑賞を迷ったんですが・・
これは観てよかった。

ビリーの挫折と再起を描く物語ですが、ボクサーとしてだけでなく、一人の家庭人としての再生のドラマが丁寧で、娘との関係に胸を打たれるのですよ。



まずジェイクのガチガチに鍛えた肉体に驚きますね。
ファイトシーンはプロのスタントということでしょうけど、
頑強な肉体から繰り出すパンチはなかなかさまになってます。

しかしあることから彼はどん底に落ちることになる。
頂上からの転落。プロスポーツ選手の厳しい現実を垣間見た気がします。
ビリーが悲しみに沈む姿には母性本能くすぐられまくりでしたねぇ。



そんなビリーを再起に向かわせる存在として、ジェイクにも劣らない演技を見せてくれるのが娘レイラを演じるオーナちゃん(と読むのかな?)
彼女は家で一番賢くてしっかりもの。
最初はブスっ娘に見えるんですが大きな瞳がレイチェル・マクアダムスに似ています。

監督は『トレーニング デイ』『イコライザー』のアントワーン・フークア
監督自身もボクサーとのことで、ファイトシーンはプロのスタントを使い、リアルな迫力を演出しています。
教養も社会性もない若者がトップに君臨し成金な暮らしを送ることに、苦言を呈す気持ちもあるのかな。

終わってみれば父と娘の物語。
ビリーが本当の信頼を勝ち取り、人間的に成長していく姿に感動します。
勿論ボクシング映画としての盛り上がりもあり、見ごたえのある一本でしたよ。

トレーナーにフォレスト・ウィテカー
ちょっとあしたのジョーが入ってきますよね(笑)



IMDbでも8.0の高得点
日本公開は来年?




【映画】パッション
2015年01月25日 (日) | 編集 |


秘境からのお届け、一本目はじゅりさん絶賛のデ・パルマ作品『パッション』から♪


パッション(2012)フランス・ドイツ
原題:Passion
データ

アラン・コルノーの遺作『ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて』(未見です)をブライアン・デ・パルマがリメイク。上司と部下との女同士のドロドロの確執を描くサスペンス・スリラーです。

一流広告会社で働く女エグゼクティヴ クリスティーンにレイチェル・マクアダムス
パステル系のふんわりとしたファッションに身を包み、一見爽やかで優しげなクリスティーンですが、その実態は部下の手柄を平気で横取する腹黒女。おそらく今の地位に上り詰めたのも、裏で悪どいことのひとつもやってきたんでしょう。
目障りなのは出来のいい部下ってわけで、ノオミ・ラパス演じるイザベルがクリスティーンの餌食になっちゃいます。


お帰りなさい80年代!お帰りなさいデ・パルマ先生!
後半の二転三転のサスペンス劇にすっかりだまされました。

レイチェルの二の腕で柔らかなイメージを生かしながら(違うってw)、狡猾な中身とのギャップを強調させるところもニクい。
イジイジしてても心にドラゴン・タトゥーなノオミも嵌ってました。

ただ、変態性を垣間見せてくれるのに、露出は少な目。
デ・パルマ先生もお歳を召されたかなと少し寂しい。




【映画】 アバウト・タイム ~愛おしい時間について~
2014年03月11日 (火) | 編集 |
 

ホワイトデー企画今日も懲りずにファンタジー・ロマンスで攻めます。
アバウト・タイム ~愛おしい時間について~(2013)イギリス
原題:About Time
監督:リチャード・カーティス
出演:ドーナル・グリーソンレイチェル・マクアダムスビル・ナイ
 
  21歳になったティム(ドーナル・グリーソン)は父親(ビル・ナイ)からこの家の男たちは代々タイムトラベルの力を持つことを知らされる。これまでモテたことのないティムは、女性との出会いにこの力を利用することに決め・・・。 『ラブ・アクチュアリー』のリチャード・カーティス監督によるタイムトラベル・ファンタジーです。ティムは少しだけ過去に戻ることの出来る力を使って、エミリー(レイチェル・マクアダムス)との出会いを少しずつ軌道修正し、彼女のハートを射止めることに成功!

 

って、時空モノラブコメだとそこで完結してしまうんですが
本作はロマンス部分よりも、家族とのつながりに重きを置いていて
想像したのと少しテイストは違っていたものの、暖かい余韻を残す素敵な作品でした。

 

ティムを演じるドーナル・グリーソンはブレンダン・グリーソン息子さんらしいですね。
暗闇でこぶしを握りしめるという、タイムトラベラー史上最も簡単な手段で時空移動してしまうのは、
実は主題はタイムトラベルではないということでしょう。
エンタメ性を期待すると肩透かしを食らうかも。
また、またしてもタイムトラベラーの妻を演じるレイチェル・マクアダムスにしても、本来の魅力を出し切ってるとも思えず、ロマンスとしてはもう一つの印象になるかもしれない。

しかし、「About Time」というタイトルからも分かるように、本作は「時」を描く映画であり、
与えられた時間をどう過ごし、どう生きるかが大切なのだと気づかされます。

そして、タイトルに込めたもうひとつ意味。
その仕掛けに気づくとき、誰もが家族を大事にしようと思うことでしょう。
人の時間には限りがあり、だからこそ人生は輝くのだと教えてくれる作品です。

 

父親役のビル・ナイがとにかく素敵!!
まだ日本公開の情報はないけれど、これは公開して欲しいです。



トゥ・ザ・ワンダー
2013年08月08日 (木) | 編集 |



トゥ・ザ・ワンダー(2012)アメリカ
原題:To the Wonder
監督:テレンス・マリック
出演:ベン・アフレック/オルガ・キュリレンコ/レイチェル・マクアダムス/ハビエル・バルデム
日本公開:8/9
パリで知り合ったアメリカ人ニール(ベン・アフレック)とフランス女性マレーナ(オルガ・キュリレンコ)は、互いに愛し合うようになり、マレーナは10歳の娘を連れ、ニールとともにオクラホマに暮らし始める。しかし、2人の間に次第にすれ違いが生じ・・



 
テレンス・マリック監督の新作です。
パリ。冒頭から小鳥のように戯れるニールとマレーナ
マリック監督の映像は光と影を絶妙に操り、さまざまな角度から愛し合う2人を映し出す。
でも不思議なことに、彼らの顔はフレームアウトして見えないことが多いんですね。
特にベンアフ演じるニールの顔をあまり映さないことに違和感を感じます。

まもなく2人はパリの観光名所でもあるモンサン・ミシェルに移動し
驚愕(wonder)と呼ばれる院内に足を踏み入れる。
タイトルであるTo the Wonder という言葉がここで出てくるのですが
永遠の愛を誓う瞬間、その愛は破滅に向かうこともある
予測不能な奇跡に向かうさまを、To the Wonder としたのかなと勝手に解釈。


異国の地で生きることになるマレーナにとって、自分を闇から救い出してくれたニールは唯一無二の存在。
ところが、最初に感じた一抹の不安の意味を明かすかのように、もともと言葉数の少ないニールがますます無口になり、2人の間に距離が生じ始める・・・
不安に駆られ揺れ動くマレーナを、オルガ嬢が繊細かつ切なく演じていました。




まずは映像の美しさに圧倒されます。
都会的なパリの街と、自然を集めたオクラホマの風景。
マジックアワーに映し出される木々や空
こういうの見ちゃうと、カメラを持って外に出たくなる。


入江を歩く2人の足元をサラサラとこぼれる潮の流れなど
流れる水を多く見せているのも、どこから来てどこに行くのかわからない愛の行方を
象徴しているがごとく。

一度は自分の中にあったと思った神の存在を失い苦悩する神父を演じるハビエル・バルデムによって、永遠なる存在などないのだと思い知る。
ニールの渇望がただの自己チューに終わらないのも、「自分を偽ることの無意味さ」を説く神父の存在によるところが大きい。

ニールが想いを寄せることになる同級生ジェーンにレイチェル・マクアダムス
同じ土地に住み、同じものを見て、同じ経験をしたもの同士に漂う安心感
そんなものをベンアフと2人で醸し出していました。


愛はうつろいゆくもの というのを
荘厳なクラシック音楽と美しい映像で描く作品です。
前作『ツリー・オブ・ライフ』のような突飛な映像がないのもいい(笑)
「えっと、、これは誰の・・」などと考えてしまうところもあるけれど
余計な説明はなくていいかとも思えてしまう。
もはや、映画とはまた違う、独自のジャンルに分類したほうがいいかも。
切ないけれど、彼らとともにこの世界に漂っていたくなるような
一種、中毒性のある映像体験でした。







       

トラックバック一覧

  1. 1. トゥ・ザ・ワンダー

    • [Mangosteen CINEMAlog/追いかけてサムソン]
    • August 14, 2013 15:37
    •     『トゥ・ザ・ワンダー』  (2012) フランスの観光名所、モン・サン・ミシェル。 アメリカ人のニール(ベン・アフレック)とフランス人のマリーナ(オルガ・キュリレンコ)は恋に落ち、ふたりは永遠の愛を確信する。 その後マリーナの連れ子とと
  2. 2. 「トゥ・ザ・ワンダー」(2012)

    • [choroねえさんの「シネマ・ノート」]
    • August 14, 2013 22:48
    • 鑑賞しながら、 マリック監督 の作品のカラーを思い出していましたが、視覚聴覚から感覚的に捉える映画というのでしょうか。絵画というよりバレエなどせりふのないパフォーマンスアートに近いかもしれません。私は「天国の日々」は未見ですが、最初に観た 「ニューワールド」
  3. 3. 『トゥ・ザ・ワンダー』

    • [京の昼寝〜♪]
    • August 23, 2013 12:48
    • □作品オフィシャルサイト 「トゥ・ザ・ワンダー」 □監督・脚本 テレンス・マリック□キャスト ベン・アフレック、オルガ・キュリレンコ、レイチェル・マクアダムス、ハビエル・バルデム■鑑賞日 8月12日(月)■劇場 TOHOシネマズ川崎■cyazの満足度 ★★
  4. 4. トゥ・ザ・ワンダー/TO THE WONDER

    • [我想一個人映画美的女人blog]
    • August 24, 2013 09:55
    • ランキングクリックしてね ←please click 「天国の日々」「シン・レッド・ライン」などのテレンス・マリック監督作 日本で賛否両論だった前作、ブラッド・ピット主演「ツリー・オブ・ライフ」は カンヌ国際映画祭パルムドール受賞 ...
  5. 5. 神との対話~『トゥ・ザ・ワンダー』

    • [真紅のthinkingdays]
    • September 03, 2013 07:08
    •  TO THE WONDER  モンサンミシェルで出逢ったニール(ベン・アフレック)とマリーナ(オルガ・ キュリレンコ)は、運命的な恋に落ちる。パリからニールの故郷・オクラホマ に住み着...
  6. 6. 美しきまでの移ろい

    • [笑う社会人の生活]
    • September 12, 2013 22:19
    • 映画「トゥ・ザ・ワンダー」を鑑賞しました。 男とシングルマザーの女が出会い付き合う アメリカで一緒に暮らし始めるが やがて心が離れていき・・・ こんなことを書いたが、ストーリーはないといったら大袈裟か 愛を、そして その愛の移ろいを見せていく ただ それだ...
  7. 7. トゥ・ザ・ワンダー

    • [いやいやえん]
    • April 23, 2014 09:15
    • 永遠を誓った、愛は色褪せて行く。流れる風景を切り取っていくような映像は、記憶となりやがて永遠に生き続ける。 哲学的な語りとツギハギ映像美によって詩のようになった作品で、愛とは何か、永遠とは何かを問い続ける。 モンサンミシェルで出会い深く愛しあったニー