映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】サウルの息子
2016年05月02日 (月) | 編集 |
Brody-Son-of-Saul-1200.jpg 

サウルの息子(2015)
ハンガリー
原題:Son of Saul
監督:ネメシュ・ラーシュロー
脚本:ネメシュ・ラースロー  / クララ・ロワイエ
出演:ルーリグ・ゲーザ/ モルナール・レヴェンテ/ユルス・レチン/  トッド・シャルモン /  ジョーテール・シャーンドル 

 【あらすじ
アウシュヴィッツの収容所でゾンダーコマンダーとして働くハンガリー系ユダヤ人のサウルは、ある日ガス室でまだ息のある少年を発見する・・


【感想
アカデミー賞外国語映画賞を受賞したハンガリー映画。
1994年のアウシュビッツの強制収容所を舞台に、ゾンダーコマンダーとして働くユダヤ人サウルの孤独な狂気を描く作品です。

主人公のサウル(ルーリグ・ゲーザ)は収容所でくる日も来る日も同胞のユダヤ人をガス室に誘導し、その後の死体の片づけをしている。カメラはサウルのクローズアップをとらえ、その背景に死体処理の様子がぼやけた映像の中映し出される・・。

痩せこけた全裸の死体が引きずりまわされ片付けられるその背景の映像がホラーでねぇ。
ピンボケの撮影手法は、直接的なグロにベールをかけるから恐怖が安らぐかというと逆で、
そこで起きている一部始終をかえって想像してしまうし、匂ってくるような生々しさが半端ない。
収容所で起きていることが混乱とカオスでしかなく、ぼやけた映像はサウルの混乱そのものでもあるでしょう。

ある日、サウルは一連の作業中、ガス室で死に損ねた少年を発見。
サウルはある行動に出るんですが・・

16-10-2015-1_son-of-saul.jpg

これが初監督作品というハンガリ―出身のネメシュ・ラーシュローは10年の構想を経てこの映画を作り出したのだとか。実際にホロコーストを体験した生存者から話を聞きリアリティにこだわったことが伺えます。

同じホロコーストもので父と息子を描いた『ライフ・イズ・ビューティフル』を「違う」と言い切る監督が
本作で描こうとしたのは怒りと混沌に満ちたホロコーストの真実。
父と息子の描写でさえ混乱の中の狂気でしかないところがむなしいんですが
誰をサウルを咎めることができるでしょうね。

以下ちょっとネタバレします




[READ MORE...]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。