映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【映画】キャロル
2016年03月15日 (火) | 編集 |
 carol-departmentstores-960x0-c-default.jpg 

キャロル
(2015)イギリス/アメリカ/フランス
原題:Carol
監督:トッド・ヘインズ
原作:パトリシア・ハイスミス
脚本:フィリス・ナジー 
出演:ケイト・ブランシェット / ルーニー・マーラ / サラ・ポールソン/ ジェイク・レイシー / カイル・チャンドラー/  ジョン・マガロ/ コーリー・マイケル・スミス/ ケヴィン・クローリー 
   
【あらすじ
1952年、クリスマス目前の活気あふれるニューヨーク。フォトグラファーになる夢を持ちながらどこか満たされない日々を過ごすテレーズは高級百貨店のおもちゃ売り場でアルバイト中、ゴージャスな毛皮のコートを着た女性キャロルの優雅な佇まいに釘付けとなる・・・
 

【感想
アフターオスカー特集中です。
今年度の主演女優賞は『ルーム』のブリー・ラーソンが強かったですね。
誘拐監禁中のヒロインという題材の目新しさもあり、ディカプリオ同様、後半は頭一つリードしての受賞でした。

さて、今日はケイト・ブランシェットが主演女優賞に、ルーニー・マーラが助演女優賞にノミネートされた『キャロル』。
美しい人妻キャロル(ケイト・ブランシェット)と、デパートでアルバイトをしていた若いテレーズ(ルーニー・マラ)が出会い
恋に落ちるさまを描くロマンス映画です。

タイトルロール、キャロルを優雅に演じたブランシェットは完璧だったんじゃないでしょうか。
ただ『ブルージャスミン』のときのような意外性はなく
彼女ならこのくらい軽いよねと思えてしまうところがちょっと気の毒。

あえて意外というなら、ベッドシーンでのブランシェットの背中が主演男優賞だったこと(笑)
おかげでルーニーの初々しさは際立ち、私としても『アデル、ブルーは熱い色』を観たときの後ろめたさや居心地の悪さを感じずにすみましたが。

勿論同性愛など認められない時代の出来事でもあり、2人の苦悩はあったはずだけど
映画は事前にサントラを聴いてイメージしていたよりずっとドライ。
それは映画の前向きな描き方にも起因してる気がします。

ちょこちょこネタバレになるので、以下「続きを読む」方はご注意ください。

ブログパーツ
[READ MORE...]
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。