映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
サイド・エフェクト
2013年02月12日 (火) | 編集 |
スティーヴン・ソダーバーグ、本当に最後?




サイド・エフェクト 2013年(アメリカ)
原題:Side Effects
監督:スティーヴン・ソダーバーグ
出演:ジュード・ロウルーニー・マーラキャサリン・ゼタ=ジョーンズチャニング・テイタム


インサイダー取引で捕まった夫マーティン(チャニング・テイタム)が4年の刑期を終え帰ってきたことは
妻エミリー(ルーニー・マーラ)の精神を波立たせた。
エミリーにはうつ病の既往があり、生活環境の変化が病状を悪化させたのだ。
ある日、ついにエミリーは駐車場の壁に自ら車で激突し病院に収容される・・




エミリーを演じるのが『ドラゴンタトゥーの女』のルーニー・マーラ
病院で精神面の治療にあたることになるのが、ジュード・ロウ演じる医師ジョナサン・バンクス。
彼が処方した試薬の副作用から、エミリーの周囲である事件が起きてしまうという設定。
エミリーは夫の逮捕により、裕福な結婚生活が一瞬にして消え去り
以前かかっていた精神科医のゼタ姐さんの治療も受けれらない ってなところがミソ。




脚本は『コンテイジョン』のスコット・Z・バーンズ
今回も医療サスペンスの体をなしてはいるけれど、
幸せに貪欲な人々が繰り広げる泥仕合も唖然とする作品です(笑)

いきなりやってくるクライムシーン等、まさにgo haywire!
『エージェント・マロリー』を思い出し、必死で笑いをこらえちゃいましたw
スリラーだけどコメディとしても通用する面白さなんですよね。
ソダーバーグうまいよなぁ。引退考え直して欲しいですよ。

幸せそうな妻の姿から表情の消えた病的なエミリーまで
ルーニー・マーラは地味に上手い。

マーティンのママを演じたのが『コンプライアンス』のアン・ダウドだったけど地味に埋もれてましたね。
出来ればルーニーちゃんをエプロン一枚にして、身体検査して欲しかったw


大好きなジュードについても書きたいけど、ネタバレしそうなのでこのへんで。
あまり情報を入れずに観ることをお薦めします。
狐と狸の騙しあいを楽しんでください。

日本公開は秋!

★★★★


ドラゴン・タトゥーの女
2012年02月21日 (火) | 編集 |
スウェーデンの傑作ミステリー『ミレニアム ドラゴンタトゥーの女』のハリウッドリメイクとなる
デヴィッド・フィンチャー版です。


blog_import_566ba131d6ac9.jpeg 

 ドラゴンタトゥーの女 (2011) アメリカ
アメリカ 監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ダニエル・クレイグルーニー・マーラ/クリストファー・プラマー
   ステラン・スカルスガルド

「ミレニアム」という月刊誌の編集長であるジャーナリストミカエルの元に40年前に失踪した少女の捜査依頼が届き天才ハッカー リスベットと協力して、事件の謎を解いていくというお話です。
 失踪したハリエットが残した暗号や、依頼者が集めた写真などを糸がかりに真実に近づいていくというミステリーの面白さは健在で変にアクションに頼らない、地道さが魅力の作品ですね。

 オリジナルを観てるのもあって、わかりやすかったのは良かったし、面白く観ることができました。
ただ全体的に単調に感じてしまったのはなぜだろう。
すでに結末を知っているせいなのかと、帰ってオリジナルを見直したのだけどやっぱりオリジナルが緊張感もあって面白いんですよね。
生々しい描写に、大げさ気味の音楽でドラマを盛り上げるオリジナルに対し、
フィンチャー版はややあっさり。変ところでグロな描写はあるけどね。 

今回はリスベットに『ソーシャル・ネットワーク』のルーニー・マーラが抜擢されたことでも話題になりましたが
ゴスファッションで自分に近づくなオーラ出しまくりのリスベットが捜査を進めるうちにミカエルと互いに仕事の能力を認め合うようになる。
人との係わりがオリジナル以上に苦手なリスベットの描き方にちょっとだけユーモラスな味付け。
時々見せる素の表情が可愛くて、ルーニーのリスベットはオリジナルとは違った魅力がありました。
お身体も綺麗よね。
日本版はベッドシーンに大きなぼかしが入ってると聞いたけど、そっちがよっぽどボケですよね^^;

ミカエルに扮するのがダニエル・クレイグですがダニエルさんは、はっきり言って何演じても同じに見えちゃう(笑)
ジャーナリストなのにボンドなイメージなもんだから、
危険に迫っていく時も百戦錬磨な気がして、あまり緊張を感じないんだよなぁ。
オリジナルのミカエルは、リスベットとHしたあとから、にやけ顔になる人間くさい(単にすけべ?)ところが好きだったので、ダニエルさんにもあれやってほしかったです(笑)

かっこいいオープニングには血が沸きましたが 個人的にはフィンチャー作品、実は苦手気味、、
というか、良さをが理解できない未熟者なので(汗)比べてしまうとオリジナルに軍配かな。
オリジナルはその泥臭さがリスベットの根底にある悲しみとマッチしていた。
ただし、フィンチャー版は過去の幼少時代のフラッシュバックを見せていないわけで
リスベットの心の闇の描き方がそもそも違う。
そうなれば、フィンチャー版は人間不信にあるリスベットの、淡い初恋物語ということもできますね。
ちょっと切ないラストで終わるのも、よい締め方でした。

ルーニー・マーラはオスカー主演女優賞にノミネートの快挙です。