映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】誘拐の掟
2015年05月19日 (火) | 編集 |


誘拐の掟(2014)アメリカ
原題:A Walk Among the Tombstones
監督:スコット・フランク
日本公開:2015/5/30

作品情報

 あらすじ
 1999年。ニューヨーク中が連続誘拐殺人事件におびえる中、元刑事のマット(リーアム・ニーソン)にある依頼が舞い込む。それは妻を誘拐された夫からの、犯人を見つけ出してほしいというものだった。

感想
ローレンス・ブロックの『獣たちの墓』を『
ルックアウト/見張り』のスコット・フランク監督/脚本で映画化した犯罪サスペンス作品です。




冒頭、リーアム・ニーソン演じる刑事マットは休憩中のバーで強盗事件に遭遇。
犯人を執拗に追い、2人を射殺、一人に怪我を負わせ事件を速攻解決するマットだったが、彼はこのあと刑事を辞める。

数年後、私立探偵として生計を立てるマットのもとに、妻を誘拐された男から「犯人を捜して欲しい」との依頼が舞い込む。
妻はすでに殺害されていたが、依頼者の希望に応じる形で捜査に乗り出すマット。
しかし新たな誘拐事件が発生し、マットは猟奇殺人犯相手に身代金引渡しの交渉に臨む事になる・・・

犯人探しのミステリーという部分はサラリと流れていくものの
本作は第二の誘拐が起きてからが最高に面白い。

一見、お金にも名誉にも執着がなさそうなマットが
身代金引渡しの交渉で何故ここまで捨て身になれるのかと
素朴な疑問が沸きあがるわけですが、彼の背負ってきた十字架の重さを知り、彼が実行しようとしていることに気づくとき、とてつもなく心を動かされるんですよね。
ちなみにトレーラーは見せすぎなのであえて貼ってません。

冒頭でこそ『96時間』並みに強いニーソンを見せつけるものの
実は彼の真骨頂は、哀愁と優しさを感じる穏やな人間性。
本作では本来のニーソンさんの魅力を堪能できます。


ニーソン以外のキャストのキャラクター構築もいいんですよね。
妻を殺された依頼人(ダン・スティーヴンス)はヒリヒリするような存在感で映画に緊張感を与えているし、犯人グループの漂わせる不気味な残虐性もいい。表情や仕草で2人の関係性とその推移を表現させる演出も秀逸です。



作にはニーソンの相棒となるホームレスの黒人少年が出てくるんですが
出番は多くはないものの、マットとの友情を深めていくさまが心地いいんですよね。
何よりも彼の存在価値を感じるのはラストシーン!!

言葉を交わすわけでもなんでもない、見逃しそうなほどに地味なこのシーンで
ニーソンの長年の苦しみが静かに溶けていくのが感じられて泣けてしまった。

終盤の緊張感も半端なく、これ最高に面白かった。
ちなみに原作はかなりグロい展開になるようで、リベンジを重視したものを好むのなら
原作を読むのがいいかも。
獣たちの墓 (二見文庫 ザ・ミステリ・コレクション)


おそらくはレイティングにも配慮したと思うんですが
映画はニーソンさんの贖罪を中心に深いドラマで魅せる作品になっています。




雪原サバイバルで涼もう『THE GREY 凍える太陽』
2012年08月18日 (土) | 編集 |
最近DVD-Rの保管方法を模索して
新しい収納グッズを一個購入してみました。
良ければいくつか買い足そうと思うけど、どうだかなぁ。
リストを作れるサイトもあったので、リストアップしたり
カテゴリーに合ったものを収納してみたりで、時間とられてます。
前置きが長くなったけど、そんなわけで今日は移動記事(笑)
公開が始まった、リーアム・ニーソン主演の新作『THE GREY 凍える太陽』
暑い季節にはピッタリですねw




THE GREY 凍える太陽
2012年(アメリカ)
原題:
The Grey
監督:ジョー・カーナハン
出演:リーアム・ニーソンフランク・グリロダーモット・マローニーダラス・ロバーツ



石油掘削に向かう男たちを乗せた飛行機がアラスカに墜落し、
過酷な自然の中でサバイバルを強いられる姿を描くという作品です。
最近発表された、米タイム誌が選ぶ「寒そうな映画」ベスト10にもランクインしてたけど舞台が冬のアラスカの雪原ってことで、なんと気温マイナス40℃、
一面グレイの世界で繰り広げられるサバイバル劇なんですね。

雪原でのサバイバルというと、イーサン・ホーク主演の『生きてこそ』を思い出すけど、本作では人を食べません。
今回の最大の敵は飢えではなく、狼!
生存者たちは、狼から逃れ、無事に生還できるのか・・・

クラッシュシーンは息を呑むほどリアルだし
狼に立ち向かうシーンも多く、人間VS野生の闘いはなかなかの迫力。
この映画では、実際に狼を殺していることから
動物愛護協会からネット上でボイコットを呼びかけたという作品でもあります。
前にどなたかがけれど、本作では生存者個人個人にスポットを当て
それぞれの人生を浮き彫りにさせているのが、単なるサバイバルものに終わってなくていい。
 



主演のリーアム・ニーソンは、遺族のために亡くなった人たちの財布を集めます。
そこには愛する人たちの写真があり、彼らの人生が垣間見れるんですね。
子供を愛する父親であり、敬虔なクリスチャンであり・・
生存者死に様にも、それぞれの生き方が投影されている。
死を目の前にどう生きるか、というところも興味深いところ
生をリスペクトし、安らかな死へと導く・・というと語弊があるかもだけど
そんなことを感じ、不思議と穏やかな気持ちになる作品でした。
        
2/10/2012付けの旧ブログ記事から引っ越しました



★★★☆


マイケル・コリンズ
2012年03月09日 (金) | 編集 |






マイケル・コリンズ
1996年(米)
原題:MICHAEL COLLINS
監督:ニール・ジョーダン
出演:リーアム・ニーソン 
    エイダン・クイン 
    アラン・リックマン 
    ジュリア・ロバーツ 
   スティーヴン・レイ 
    チャールズ・ダンス 
    イアン・ハート

【ストーリー】
1916年、アイルランドの革命軍はイギリス軍の強大な軍備の前に敗北。逮捕された兵士コリンズは釈放後、独立運動の新しい担い手としてゲリラ活動に精を出す。彼の強力な指導によって、英国は苦戦を強いられた。やがてコリンズは英国と休戦協定を結ぶが、ここで結ばれた条約をめぐってアイルランド軍は分裂し……。

今月のキーワード「アイリッシュ」ということで
今日はアイルランドの伝説的な革命の闘士マイケル・コリンズの半生を描く本作を。

長年のイギリスの支配からの独立を求め、ダブリンで
イースター蜂起が起きたのが1916年。
指導者デ・ヴァレラ(アラン・リックマン)が投獄され不在の中、独立軍を率いたのがマイケル・コリンズ(リーアム・ニーソン)。
やがて彼らのゲリラ運動に手を焼いたイギリスが休戦を求め英愛条約を提示するのが1921年。
ところがそれはイギリスへの忠誠とアイルランドの分割を謳うもので、革命家たちの求める真の独立ではなかったことから
彼らの中で分裂が起きるわけなんですね~。
映画はIRAの歴史とともにある、独立運動と内戦の推移を描くものではあるけれど
細かいところで史実と異なっていて、映画のためのフィクションとなってる部分もあるとのこと。

コリンズを演じたリーアム・ニーソンは、カリスマ性のある若き闘士を好演。
同じ組織で同じ目的をもって戦ってきた仲間と、敵として戦わなければならない悲しみも
いっぱいに表現してくれました。

映像はかなりの迫力で、想像以上に大作でした。
アイルランド人監督のニール・ジョーダンにとって、アイルランドの歴史を語ることは
生涯の命題でもあるのでしょう。
リーアム・ニーソンはじめ、出演者の多くがアイルランド人で固められていたのも印象的。
映画を観て思うのは、アイルランドの愛国心の深さと戦いの歴史の悲しさです。
アイルランド全統一までは完全な平和と言えないのかな。
それでも条約を受け入れたコリンズが劇中、今ある条件の中で平和に生きる術を模索すべき
というようなことを言っていたのが心に残りました。監督の思いでもあるのかな。






THE GREY 凍える太陽
2012年02月10日 (金) | 編集 |

 
『特攻野郎Aチーム THE MOVIE』のジョー・カーナハン監督、
リーアム・ニーソン主演の新作サバイバル・アクション・ドラマです。
 
ザ・グレイ(原題)(2012) 
監督:ジョー・カーナハン 
出演:リーアム・ニーソン/フランク・グリロ/ダーモット・マローニー/ダラス・ロバーツ
ジョー・アンダーソン/ノンソー・アノジー/ジェームズ・バッジ・デール
 
石油掘削に向かう男たちを乗せた飛行機がアラスカに墜落し、
過酷な自然の中でサバイバルを強いられる姿を描くという作品です。
 

最近発表された、米タイム誌が選ぶ「寒そうな映画」ベスト10にもランクインしてたけど
舞台が冬のアラスカの雪原ってことで、なんと気温マイナス40℃、
一面グレイの世界で繰り広げられるサバイバル劇なんですね。

雪原でのサバイバルというと、イーサン・ホーク主演の『生きてこそ』を思い出すけど、
本作では人を食べません。
今回の最大の敵は飢えではなく、狼!
生存者たちは、狼から逃れ、無事に生還できるのか・・・
 

クラッシュシーンは息を呑むほどリアルだし
狼に立ち向かうシーンも多く、人間VS野生の闘いはなかなかの迫力。
この映画では、実際に狼を殺していることから
動物愛護協会からネット上でボイコットを呼びかけたという作品でもあります。
目を覆うようなシーンもあるため、苦手な方は要注意かな。
 
けれど、本作では生存者個人個人にスポットを当て
それぞれの人生を浮き彫りにさせているところが普通のサバイバルアクションと異なるところ。
 
主演のリーアム・ニーソンは、遺族のために亡くなった人たちの財布を集めます。
そこには愛する人たちの写真があり、彼らの人生が垣間見れるんですね。
子供を愛する父親であり、敬虔なクリスチャンであり・・
生存者死に様にも、それぞれの生き方が投影されている。
死を目の前にどう生きるか、というところも興味深いところ
生をリスペクトし、安らかな死へと導く・・というと語弊があるかもだけど
そんなことを感じ、不思議と穏やかな気持ちになる作品でした。