映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】高慢と偏見とゾンビ
2016年08月27日 (土) | 編集 |
PridePrejudiceZombies-1024x680.jpg


高慢と偏見とゾンビ(2016
アメリカ
原題:Pride and Prejudice and Zombies
監督/脚本:バー・スティアーズ
出演:リリー・ジェームズ / サム・ライリー /  ジャック・ヒューストン/ ベラ・ヒースコート/ ダグラス・ブース
日本公開:2016/9/30 

【あらすじ
片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、裕福な男性との結婚を夢見ながら、日々ゾンビとの戦いに備えスキルを磨いていた。

【感想
英国男優総選挙のっかりシリーズ『英国俳優50人斬り』をスタートしましょう。
1本目は、『シンデレラ』のリリー・ジェームズを主演に迎えた『高慢と偏見とゾンビ』です。

舞台となるのは18世紀後半のイギリス。
この時代、女性には家を相続する権利がなく、男の子のいないベネット家ではお父さんが死んだらいとこのコリンズが家を相続することになるんですって。だから年頃の5人姉妹を抱えるベネット家の最大の関心ごとは姉妹が良縁に恵まれること。そんな折、お隣に富豪の男子が越してきたとあってがぜん盛り上がるわけです。

え?ゾンビは? 
clairestbearestreviews_filmreview_prideprejudicezombies_slaying.jpg 

心配ご無用、ゾンビもしっかり出てきます。
男の子のいないベネット家の姉妹たちは日々ゾンビと戦うし、ダーシーに至っては冷酷なまでにゾンビをやっつける。
でもね、恋愛の機微やらもちゃんと描かれていて思いのほかジェーン・オースティンの世界なんですよ。

英国男優50人斬り、今日は2人一緒に斬っちゃいますが
まずはダーシーを演じるサム・ライリーですね。
b65919b7cab0341e6c09c2d9ff88c21d5423ddbb1a7a6e4cae8ef0cf93d278cd.jpg 

ダーシーと言えば、ハンサムでお金持ちだけど高慢で気難しく、人との付き合いも下手
中流階級を下に見る発言もありエリザベスに反感を食らったりする役どころ。

私はBBC版の『高慢と偏見』は未見ですが、現代版『高慢と偏見』である『ブリジット・ジョーンズの日記』のダーシー役のイメージからして、コリン・ファースがピッタリなんだろうと思います。サム・ライリーは暗めで人づきあいが下手そうではあるけれど、複雑に屈折してシニカル、それでいてそこはかとなくユーモアを醸し出すコリンのダーシーには及びません。それでも、根の誠実さは感じられて、エリザベス役のリリーとの相性もいい。
二人の喧嘩シーンも壮絶で、アクションコメディとしても見せ場を作ってくれました。
2DBE495E00000578-0-image-m-24_1445728155499.jpg 

50人斬りもう一人は、ベネット家のお父さん、Mrベネットを演じたチャールズ・ダンス。
女系家族の中にあって、結婚結婚とうるさいお母さんとは違って穏便で事なかれ主義。しっかり者のエリザベスをとても愛していて、よき理解者でもあるという役どころですが、正直言うとダンスさんにはちょっと物足りないなぁ。
できればゾンビになった姿を見たかった(笑)


ともすれば退屈になりがちな文芸ものですが、ゾンビを投入したことで、私みたいな人間にはとても見やすいものになってました。ただし、コアなホラーファンや純粋な文芸もの好きにはどっちつかずってことになるのかな。
とはいえ、人間VSゾンビの戦いはシビルウォー的な迫力もあり、全体にわたって手抜きなし。
多分ろうそくの灯りだけで撮影したのかなと思われる、室内の舞踏会シーンなども趣があり。

なかなかのクオリティですぞ。



ブログパーツ



[READ MORE...]