映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) | 編集 |
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【追悼】ジョン・ハート『10番街の殺人』
2017年01月30日 (月) | 編集 |
10-Rillington-Place.jpg
 10番街の殺人(1971 イギリス
原題:10 Rillington Place
監督:リチャード・フライシャー
脚本:クライヴ・エクストン
出演:リチャード・アッテンボロー
ジョン・ハート/ジュディ・ギーソン/パット・ヘイウッド/イソベル・ブラック/ミス・ライリー

【あらすじ】
アパートの管理人クリスティ(R・アッテンボロー)は、医師と偽って女性に声をかけ、部屋に連れ込んでは次々と殺していた。ある日、上階に住む若い夫婦が妊娠をめぐって争っている事を知り、二人に中絶を持ちかける・・・

【感想】
  ジョン・ハートの追悼に出演作品をいくつか観ます。
まずは初期の出演作品から、リチャード・フライシャーが実際にあった殺人事件を題材に描く犯罪サスペンス。
若い夫婦がアパートに越してきたらば、そこの管理人がとんでも連続殺人犯だった!という怖い話。

カタカナで書くとわからないけど、ジョン・ハートのハートはHurt 痛み。
映画の中で何度も死んだハートは、『エイリアン』の死にざまに代表される身体的な「痛み」はもちろん、広い意味の「痛み」を伴う役が多い気がしますね。
10-Rillington-Place-Richard-Fleischer-1971-1.jpg
本作でジョンが演じるのは10番街にあるアパートに越してくる妻子持ちの工員ティム。
妻が新しい命を宿しても、育てる余裕も、堕胎するお金さえなく、そのことがすべての不幸を呼ぶことになるのがなんとも痛い。
結果的に妻はリチャード・アッテンボロー演じる猟奇殺人犯、クリスティの餌食になるが、ティムは「不幸な夫」だけでは済まない。クリスティに丸め込まれ、死体遺棄を手伝い、あげく殺人の罪に問われることになるのです。

10-Rillington-1.jpg
見どころとしては、クリスティを演じたアッテンボローの怪演をあげないわけにはいかないですが
不条理に巻き込まれていくジョン・ハートの浮遊感が、映画を面白くしてるとも言えます。
呆然自失の中、虚脱感、憤り、恐怖、悔恨・・色んな思いが駆け抜ける
のちの『エレファントマン』を彷彿とさせる最後のお姿も印象的でした。

john.png
監督のリチャード・フライシャーはじめじめと生々しい殺人事件を再現するのが上手いですね。
本作の舞台は、実際の事件の現場となったアパートだというから恐ろしい。
薄暗いアパート、死体を埋めた穴を掘り返そうとする犬、泣き止まない子供 
土からのぞく足、壁の中の背中等の演出の不気味さも極まる面白い作品でした。

ジョン・ハートの若く美しいお姿を見れたのもよかったなぁ。
というか、知ってる誰かに似てると思いつつ思いだせない・・



お気に入り度3.8

ブログパーツ







スポンサーサイト
タランティーノ『ジャンゴ~』の前に『マンディンゴ』
2012年12月24日 (月) | 編集 |


クリスマスの劇場鑑賞で楽しみにしてるのはタランティーノの『ジャンゴ 繋がれざる者』。(日本公開は来年3月)
今日はその準備としてリチャード・フライシャー『マンディンゴ』を観ました。




マンディンゴ(1975)アメリカ
原題:Mandingo
監督:リチャード・フライシャー
出演:ジェームズ・メイソン/ペリー・キング /スーザン・ジョージ/ケン・ノートン/リリアン・ヘイマン/ブレンダ・サイクス/ロイ・プール



19世紀半ば、ルイジアナの大農園では、マクスウェル親子が血統のよい奴隷を買い集め飼育し、売買するという計画的な“奴隷牧場”を手がけていた。父マクスウェル(ジェームズ・メイスン)の心配事は足の悪いひとり息子のハモンド(ペリー・キング)のこと。やがていとこのブランチを娶ったハモンドだが、ブランチが処女でなかったことに怒り、その愛情を奴隷のエレンへと注ぎ始める。
 リンカーンによって奴隷制度が廃止される20年ほど前のルイジアナの大農場。
ここではマクスウェル父子により、奴隷を飼育し売買する「奴隷牧場」が営まれています。
鎖に繋がれ、せりで落とされる黒人奴隷は家畜同然。
父マクスウェルが自分のリウマチの毒を吸わせようと
黒人の子供を足置きにするのには驚きました。


そんな傲慢なマクスウェル一家ですが、一見立派な邸宅に住みながら
庭は荒れ、家の中も古くてその暮らしぶりは意外にも質素。
息子の嫁にもらうブランチの家も落ちぶれ貴族と、
本作では白人の斜陽化も描いているのが興味深いところ。

 黒人にしても、生活していくためには仲間への迫害に目をつぶり
僕として働くより他にない。
けれども本当にそれでいいのかと葛藤し始めるわけですね。
この映画に出てくる黒人たちは白人よりもずっと知的で人間的に見えます。
 
 ちなみに、タイトルのマンディンゴとは高値で取引された
美しく頑強な肉体を持つマンディンゴ族のこと。
ハモンド夫妻と男女のマンディンゴが異人種間で抱き合う姿が描かれたポスターが
奇麗事を並べた『風と共に去りぬ』のパロディであることは一目瞭然でしょう。
『マンディンゴ』はハリウッドで最も人種差別な映画の一本に挙げられる衝撃の問題作です。

 インタビュー記事でタランティーノは「『ルーツ』は奇麗事にまとめられ、真実を語ってはいない」と言っていて、『ジャンゴ~』では『ルーツ』で語られないリアルな問題を描くことに力を注いだ様子。
タランティーノが奴隷問題の真実にどこまで迫るのか。楽しみですよね。








見えない恐怖
2012年12月10日 (月) | 編集 |







見えない恐怖(1971)イギリス
監督:リチャード・フライシャー
出演:ミア・ファロー、 ドロシー・アリソン、 ロビン・ベイリー、 ノーマン・アシュレイ




叔父と同居している盲目の娘が、ある日、家に帰ると人の気配がない。風呂に入ろうと、湯舟に手を入れると、そこには叔父の死体が……。
ミア・ファロー演じる盲目の少女が何者かに襲われる恐怖を描くサスペンス。

 家に転がる叔父一家の惨殺死体、
ヒロインの目が見えないことから、彼女に迫る恐怖を知るのは観客のみで
踏みそうで踏まない床のガラス片など、様々なハザードがスリルを守り立てます。

 犯人と思しきをブーツのみで見せるという演出も不気味。
私たちも恐怖の対象が見えないヒロインの不安を追体験することになります。

 サスペンスの演出としては時代を感じるところだけど
結局は、こんなことで一家を惨殺するんだ・・という犯人像に薄ら寒いものが残る。
通り魔事件の横行する今見るほうが、リアルに怖いと感じる作品かもしれません。







ソイレント・グリーン
2012年03月04日 (日) | 編集 |


ソイレント・グリーン
1973年(米)
原題:SOYLENT GREEN

監督:リチャード・フライシャー
出演:チャールトン・ヘストン
   エドワード・G・ロビンソン
   リー・テイラー=ヤング
   チャック・コナーズ 
   ジョセフ・コットン
   ブロック・ピータース 
【ストーリー】
2022年、爆発的な人口増加と環境汚染に見舞われたニューヨーク。合成食品ソイレント・グリーンの製造会社社長が殺された事件を捜査する警官は、背後に食糧危機打開のための政府の陰謀がある事を知る……。



今月のキーワード「緑」

今日は2009年9/26付けの過去記事を移動、加筆しています。

50年後の近未来を描いたSFもの。
といっても映画の制作が73年ですから、この映画で描かれる2022年はわずか10年後に迫ってます。

まぁ10年でこうはならないだろうとは思うものの
土壌汚染のため食物も動物も消え去り、味気ない合成食品に頼らざるを得ない様子や
人口過密で、職にあぶれ、家も持たない人たちが教会で重なり合うように暮らしてるとこなんか 結構鋭いところはついてるよなぁという感じ。
ストーリーはチャールストン・ヘストン扮する刑事が、合成食品製造会社の社長が殺された事件を追う過程で、食料危機打開に関する政府の陰謀に気づいてしまうというもの。
とにかくその陰謀がブラックで恐かった。
実際の社会でも、もしかしたら・・・なんて、考えたら何も食べられなくなります。

今だと放射能汚染なんてことまで気になるから、
土に生えてる野菜は怖いから、ビタミン剤や補助食品ばかり摂取する世の中になる
なんてこともありえそうだし、
そうなると企業や政府の陰謀渦巻き、この映画と同じ状況に陥ることもあるんじゃ・・
と限りなく妄想してしまう。食の問題は年々リアルになってきますね。

タイトルのソイレント・グリーンはこの大企業が製造する人気の合成食品の呼び名でした。
途中、ソイレント・グリーンの供給が不足して暴動が起きた時に
パワーショベルが登場して、人をすくって処分しちゃうところにはびっくり。
シニカルな描写ですよね。

あと印象に残ったのは、「ホーム」と呼ばれる施設の存在。
ちょっとネタバレですが、人々は最期を迎えるためにこの「ホーム」に行くんですね。
子供がいないと自分の老後や最期というのはやはり気になるもので
自分の「死」を選ぶ権利があってもいいのではないか。こんな最期ならいいかと思っちゃったな。

前半が単調なのが残念ですが、後半のブラックな展開には引き込まれます。
陰謀に気づいてしまうチャールストン・ヘストンの姿は『猿の惑星』と重なりますね。
レタスやお肉を美味しそうに食べて泣いてしまうエドワード・G・ロビンソンの表情も印象的でした。
こんな世界にならないように願いたいものです。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。