映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け
2013年03月12日 (火) | 編集 |


『キラー・スナイパー』関連作品特集中~。
今回はフリードキンの監督作品ではなく出演作品です!








キング・オブ・マンハッタン(2012)アメリカ
原題:Arbitrage
監督:ニコラス・ジャレッキー
出演:リチャード・ギアスーザン・サランドン、ティム・ロス、ブリット・マーリング、 レティシア・カスタ、ネイト・パーカー



マンハッタンを舞台に会社を救うため危険な賭けに出るマネー王の5日間を描くサスペンス。
主演にリチャード・ギア
監督は本作が長編デビューとなる新鋭ニコラス・ジャレッキー

ニューヨークのヘッジファンド会社のトップ ロバート・ミラーは金融界を牛耳る男。
しかし彼は大きな投資に失敗し会社は破産の危機にあった。
見せ掛けの財産を保つため友人から借り入れし、ある銀行と売却に向け交渉中だが思うように運ばない。借入先のジェフリー(ウィリアム・フリードキン)からは返済期限を5日と迫られる窮地に立たされる。
そんな折、ミラーは疲労から事故を起こしてしまい・・

「会社の損失を隠したまま、5日で売却に持ち込む」というのと
「事故の隠蔽」という二つのことを同時進行させる映画です。

事故後に警察の捜査が入り、事故の隠蔽を手助けすることになる黒人青年ジミーが証拠隠滅の罪に問われることに。
裁判をめぐる攻防が見もので、30代前半の監督が脚本もこなしているのには驚きます。

思えば事故現場から逃走し、会社のことを第一に考えるミラーには共感できないものがあり、欲の絡み合う汚い物語ですよw
それを面白い映画にしてしまうのは、脚本の上手さゆえでしょう。
しかし、5日間で裁判まで入れ込むとは強引で、ツッコミどころもある。
それも許せるのはひとつにはギア様の頑張りによるところも大きい。
多くの人の暮らしが自分の手にかかっていると信じるミラーの一途さと、ギア様のいつにない生き生きとした演技にはひきつけられます。
妻にスーザン・サランドン、娘に『アアザー・プラネット』のブリット・マーリング、警察にティム・ロスとキャストが好演。
欲望絡み合うドラマにあって、ジミー役のネイト・パーカーの誠実さが、ドラマを引き上げます。
彼はトム・ハーディに似ていて魅力的でした。覚えておこう。






ロジャー・エバート氏も2012年のトップ10の5位に入れていてましたが
なかなか面白かったですよ。

最後に、ミラーの人生ってなんだろうと感じさせるところにも、この映画の上手さがありました。
フリードキンの演技はオフィシャルサイトの予告編からもご覧になれます。

日本公開は3/23から

オフィシャルサイト






■トラックバックいただいてます


Tracked from 今昔映画館(静岡・神奈川.. at 2013-03-27 14:18 x


タイトル : 「キング・オブ・マンハッタン」は大物の割に普通に情けない..
今回は新作の「キング・オブ・マンハッタン」をヒューマントラストシネマ有楽町1で観てきました。ここはフラットな座席でスクリーンが低めなので、前に座高の高い人が座ると画面の下側が隠れちゃう。座って背伸びするってのも限界あるから、困っちゃうよなあ。 投資会社のオーナーで大富豪のロバート(リチャード・ギア)は、慈善事業でも有名な人。妻のエレン(スーザン・サランドン)は慈善事業に熱心で、娘のブルック(ブリット・マーリング)とピーターは投資会社の重役です。今、彼は自分の会社と銀行の合併を進めていまし......more



Tracked from 勝手に映画評 at 2013-03-31 17:12 x


タイトル : キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け / Arbitr..
マンハッタンでの株取引を描いた作品としては、『ウォール街』、そしてその続編の『ウォール・ストリート』があるが、これは株取引ではなく、ヘッジ・ファンドを巡るやり取り。リチャード・ギア、文句の付けようがないくらいダンディーですね~。まぁ、それは言わずもが......more



Tracked from kintyre'.. at 2013-08-02 23:50 x


タイトル : 映画『キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』を観て
12-28.キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け■原題:Arbitrage■製作年、国:2011年、アメリカ■上映時間:107分■観賞日:3月24日、ヒューマントラストシネマ渋谷(渋谷)■料金:1,800円 □監督・脚本:ニコラス・ジャレッキー◆リチャード・ギア(ロバート......more



Tracked from 日々 是 変化ナリ ~ .. at 2013-08-03 08:40 x


タイトル : 映画:キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け Arbit..
主演はリチャード・ギア。日本で今の彼のイメージは、山田洋次監督演出のコマーシャル「寅さん」だろうか(笑)その彼が、この映画ではなかなか怪しい人物を演じる。自分の投資会社を運営し、NYリッチ生活を満喫する経営者。なのだが!同時に以下の2つが、わ......more



Tracked from ★yukarinの映画鑑.. at 2013-10-08 12:55 x


タイトル : キング・オブ・マンハッタン -危険な賭け-
【ARBITRAGE】 2013/03/23公開 アメリカ PG12 107分監督:ニコラス・ジャレッキー出演:リチャード・ギア、スーザン・サランドン、ティム・ロス、ブリット・マーリング、レティシア・カスタ、ネイト・パーカー 期限は5日、隠蔽、過失、黙秘、運命は誤算に揺れる&hel......;more











顔のないスパイ
2012年03月07日 (水) | 編集 |


顔のないスパイ
2011年(米)

原題:The Double

監督:マイケル・ブラント
出演:リチャード・ギア  
    トファー・グレイス
    スティーヴン・モイヤー  
    オデット・ユーストマン 
    スタナ・カティック  
    クリス・マークエット  
    テイマー・ハッサン
    マーティン・シーン
【ストーリー】
米ワシントンで上院議員が殺害される事件が発生し、その手口から死んだとされている旧ソ連の伝説のスパイ、カシウスの存在が浮上する。米ソ冷戦時代にCIAで活躍した元諜報部員ポールは、事件の謎を解明するために呼び戻され、若きFBI捜査官ギアリーと組んで捜査にあたることに。(映画.comより)

ロシアと関係のあった上院議員が殺害され、
その昔カシウスを追っていた元CIA捜査官ポール(
リチャード・ギア)が呼び戻されます。
おちおち引退もできないとは、お気の毒です。

「カシウスは死んだ。議員殺害は模倣犯による仕業だ!」と主張するも聞き入れられず
ポールはFBIのカシウスフリークの若造ギアリー(
トファー・グレイス )と組まされ
捜査することになる・・という話です。

原題のダブルからも想像がつくと思うのだけど、これは二重スパイを描くサスペンスなんですね。
ところが、その正体が早々に明かされるため、
誰が二重スパイかを期待して観ると肩透かしに感じるかもしれません。

でもその構成からわかるように、作品としては
上院議員殺害の真相を解き明かしつつ、
今なぜカシウスなのか、あるいは、本当にカシウスの仕業なのか から始まって
思わぬ真実が見えてくるというところに重きを置くものになっています。
真実を追うものに危険が迫るという展開はスリリングで
二重スパイとして生きる人間の苦悩と葛藤の描き方も丁寧でした。

監督は『3時10分、決断のとき』『ウォンテッド』などの脚本を手がけた
マイケル・ブラントで、これが監督デビュー作とのこと。
ポールが少年野球を観戦するシーンだけでも
腕時計をしていないことや、小さな男の子への思いなど伏線を仕込んでる。
そのあたり脚本家の出らしい仕事ぶりで、良かったですよ。

ただ個人的にはスパイものに疎いこともあり
スパイとして生きる人間の義務感みたいなものや、スパイとして活動する仕組みなどがわかりづらかった。
同じ組織にいながら、まるで正体を知らないものなんだろうかとか
「?」に思うところもあったのよね。
ギアリーの同僚に「FBIに勤務していながら長官の姿は拝んだことがない」
などと発言させていたのは、
言い訳け軽く先手を打ったつもりかな(笑)

ロシアの工作員の面々についてももう少しわかり安いと良かったな。
そもそもロシアから入ってくるのに、メキシコ人と一緒にボーダーを越えてくるって
それ逆に大変じゃね?(笑)

終わってみれば「ダブル」ね~と感心する仕上がりです。