映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】僕のワンダフル・ライフ
2017年07月15日 (土) | 編集 |
27-dog-purpose.jpg
僕のワンダフル・ライフ(2017
アメリカ
原題:A Dog's Purpose
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:K・J・アパ/ブリット・ロバートソン/ジョン・オーティス/デニス・クエイド/ペギー・リプトン
【あらすじ】
ゴールデン・レトリバーの子犬ベイリーは、自分の命を救ってくれた少年イーサンと固い絆で結ばれていく。やがて寿命を終えたベイリーは、愛するイーサンにまた会いたい一心で生まれ変わりを繰り返すようになるが、なかなかイーサンに遭遇できない。3度目でようやくイーサンに出会えたベイリーは、自身に与えられたある使命に気づく。(映画.comより)


【感想】
今日はラッセ・ハルストレム監督の新作
50年間に三度転生した犬と飼い主の絆を描くファンタジー・ドラマです。

bailey-ein-freund-fürs-leben-2
幼い少年イーサンに飼われた犬のベイリー
ベイリーの台詞は『アナと雪の女王』でオラフの声を当てたジョシュ・ギャッドが担当していて、犬ゆえに少々ボキャブラリー不足、でも意外に観察力はしっかりしていて、彼のおっとりしたナレーションがまた楽しい。

とってもいい子のイーサンだけど、アル中の父親の存在がイーサンの人生に暗い影を落としていく
イーサンとともに成長し、固い絆で結ばれていくベイリーもやがて年老いて・・
でもご安心あれ、ベイリーは新しいワンコとして生まれ変わるのです!(笑)

原題は「ある犬の目的」
ベイリーが何度も生まれ変わる そのわけは・・って部分は
人間様の自己中心的な発想に思えたりもするんだけど
さらりと描かれる転生と言う部分に、意味を与えるかどうかは観る人の宗教観とかによっても違うかな。
なんにせよ、大切なペットを失くし「愛犬にまた会いたい」と思ったことのある人には、これはたまらないはず。
ワンコ好きさん必見の最高にハートウォーミングな一本です。
Dogs-Purpose-2017.jpg
ところでね、この映画で犬への虐待があったと聞いて、凄く残念に思っていたんだけど、中年期のイーサンを演じたデニス・クエイドによると、TMZで流された、「嫌がるシェパード犬を笑いながら流れの速い水の中に落とそうとする」フッテージは、映画撮影者とは全く関係のない何者かによるものだったらしいんです。
スマホ映像を後半の本物の撮影シーンと合体させているというから悪質。投稿者は特定されてないらしいですがプレミアの前に公開されて、プレミアは中止。ラッセ監督は動物虐待者と批判されたそうだからなんとも酷い話ですよね。
実際には安全に配慮され撮影されたらしいので、虐待の噂を信じて観るのをやめるという人が少ないことを願います。

ブログパーツ









[READ MORE...]
セイフ・へイヴン
2013年09月21日 (土) | 編集 |



今日も10月公開作品から
ラッセ・ハルストレム監督の『セイフ・ヘイヴン』。
暗い過去を持つ女性の再生と、新天地でのロマンスを描くラブ・ミステリーです。
セイフ・へイヴン(2013)アメリカ
原題:Safe Haven
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:ジョシュ・デュアメル、 ジュリアン・ハフ、 コビー・スマルダーズ、 デヴィッド・ライオンズ
日本公開:2013/10/26
冒頭、何かから必死に逃げる女性(ジュリアン・ハフ)。
追ってくる警察をすんでのところでかわし、バスで逃走に成功。
長い時間をかけて辿りついた小さな港町で、ケイティと名乗るその女性は生活を始めます。
まもなく雑貨店の店主(ジョシュ・デュアメル)と出会い、恋に落ちる二人。
ケイティの過去に何があったのか、彼女はこの地で幸せになれるのか 
といった作品。



ケイティの秘密については、どこかで観たことある・・と感じるものの
恋に落ちる相手が、2人の子供を持つ男やもめであることから
彼の家族のコーピングも絡めたお話になっているところが新しい。
途中いくつかの「あれ?」を投入しつつ秘密に迫っていくさまも
ひとひねり加えたミステリーな仕上がり。
デヴィッド・ライオンズの好演により、追うもの追われるものの攻防はかなりスリリングで、ジュリアン・ハフとジョシュ・デュアメルのロマンスとのバランスもよく
思った以上に面白く観ました。子供たちも可愛いかったなぁ。

人は誰でも再生し、幸せになることができる。
そのメッセージの発信元にも感動するんですよね。

ちなみにヘイヴン(haven)とは、港や安息地を意味する言葉
ラッセ監督らしい優しい作品でした。


砂漠でサーモン・フィッシング
2012年07月24日 (火) | 編集 |
今日はエミリー・ブラントユアン・マクレガーを主演に迎え、
「中東イエメンで鮭釣りを!」というプロジェクトに取り組む人々の姿を描く、
ラッセ・ハルストレム監督の新作『砂漠でサーモン・フィッシング』。
日本では13年のお正月第一弾として公開が決まっているようです。






砂漠でサーモン・フィッシング
2011年(イギリス)
原題:Salmon Fishing in the Yemen
監督:ラッセ・ハルストレム
出演:エミリー・ブラントユアン・マクレガークリスティン・スコット・トーマス
アムール・ワケド


 
イギリスの国立水産研究所に勤めるフレッド博士(ユアン・マクレガー)の元に
イエメンの大富豪の代理人ハリエット(エミリー・ブラント)から一通のeメールが届く。
それは「イエメンに鮭を放流したいが、協力してもらえないだろうか」というもの。
金持ちの冗談と、即座に「無理」と返信するフレッドだったが
中東との交友関係改善を模索する英国首相側のプレス(クリスティン・スコット・トーマス)が
「いいニュース!」と白羽の矢を立てたことから
フレッドは国の仕事の一環としてこの壮大なプロジェクトに加わることになる・・という話。


これね、劇場予告で観て、かなり惹かれたんですが、
早口イギリス英語の聞き取りに自信がなくてDVD鑑賞になりました。
でも凄く好みの作品で、これは劇場で観たかったぁ。




ユアン演じるフレッドは、釣り好きで純粋な心を持った学者。
はじめは突拍子もないと思えたプロジェクトだったけど、
イエメンの富豪モハメッドから話を聞いてみると
案外可能かと思い始め、プロジェクトに嵌っていく。

エミリー演じるハリエットとともに問題を解決していくうちに
彼女に惹かれていくんですが、ハリエットには付き合い始めて
間もない兵士の恋人がいる。しかし恋人はアフガニスタンに派兵され・・。

とまぁ、フレッドにも妻がいるわけで、主演2人の恋の行方を絡めながら
壮大なプロジェクトの進行をダイナミックに描く作りです。




モハメッドの夢も、単なる金持ちのたわごとでなく
平和的な思いのこもったプロジェクトなんですが
ハンドバッグを提げるように、普通に銃を携帯してる国の話だから(汗)
複雑な政治事情から、プロジェクトに異論を唱える輩もいて、
映画にサスペンスフルなドキドキを与えます。

純粋でひたむきなユアン、知的で自然体なエミリー
クリスティン・スコット・トーマスが男勝りなイケイケプレス長を演じ
これまでと違ったイメージで、コメディ部門を担当してるのも楽しく
キャストそれぞれが心情を判りやすく演じているのが凄くいい。

夢を諦めず、自分らしく生きるために頑張る人々を描いた
ラッセ監督らしい優しい作品でした。

★★★★