映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】ラ・ラ・ランド
2016年12月19日 (月) | 編集 |
la-la-land-sing-dance-trailer.jpg
 ラ・ラ・ランド(2016 アメリカ
原題:La La Land
監督/脚本:デイミアン・チャゼル
出演:ライアン・ゴズリングエマ・ストーン/キャリー・ヘルナンデス/ジェシカ・ローゼンバーグ/ソノヤ・ミズノ

【あらすじ】
オーディションに落ちて意気消沈していた女優志望のミアは、ピアノの音色に誘われて入ったジャズバーで、ピアニストのセバスチャンと最悪な出会いをする。そして後日、ミアは、あるパーティ会場のプールサイドで不機嫌そうに80年代ポップスを演奏するセバスチャンと再会。初めての会話でぶつかりあう2人だったが、互いの才能と夢に惹かれ合ううちに恋に落ちていく・・(映画.com)


14年に『セッション』で映画界を沸かせたデイミアン・チャゼルの長編監督作品2本目にして、オスカー作品賞有力候補の『ラ・ラ・ランド』を観てきました。

わが地方は日中もマイナス9℃という猛烈な寒気に見舞われてますが、本作が往年のミュージカルをほうふつするとのうわさを聞いてか、ご年配の客が多かったです。
私ははっきり言ってミュージカルは苦手で、今日の客の期待するような感じだったらどうしようと思ってました。
ところどころ、そっち系?と思わせるところもあってビビりかけだけど、後半は目くるめく映画のマジックにハートを完全に持っていかれました!
もうこれはミュージカルというジャンルに収まらない、なんというか新しいジャンルだと思う。
デイミアン・チャゼル最高だぜー。
La-La-Land-Movie-2016.jpg
タイトルの「ラ・ラ」というのはLa Laすなわちハリウッドを有するロサンゼルス、ロスのこと。
この映画は夢を追い求めながらロスで暮らすミア(エマ・ストーン)とセバスチャン(ライアン・ゴズリング)のお話です。
出会った二人は互いの夢を応援します。
でも女優志望のミアはオーディションをいくら受けても受からず、ジャズクラブを持ちたいセバスチャンは好きでもない音楽でお金を得るしかないのが現実で、互いに自信を無くしかけている。ここにはこういう女優の卵やミュージシャンが数えきれないほどいて、多くは夢をあきらめLAを去ることになるんでしょうね。

映画は、果たして二人は夢を実現することができるのか、はたまた恋を実らせることができるのかを、ダンスや歌いっぱいで見せてくれます。2人のシンプルな歌声も素敵。観る前はエマの歌声が気に入っていたのに、映画の中ではゴズリングがいい。彼はピアノも実際に弾いていて、それだけでも惚れ惚れなのに、驚くことに監督はそれをワンテイクで撮ってるんですよ!! ピアノシーンだけでなく、ダンスシーンもワンテイクだったと思う。途中でそれに気づいてマジかとガン見しちゃったもんね。

監督の演出はクラシックなテイストを維持しながらも自由で美しく斬新。
終盤の興奮はネタバレしたくないので書けないけど、切なくて愛おしい最高の一本。
ゴズリングの人気も沸騰すると思うな。
主題歌もかなり好き。オスカーにどのくらい絡むかも楽しみです!




ブログパーツ







【映画】『マネー・ショート 華麗なる大逆転』・・副題変だよ
2016年02月04日 (木) | 編集 |
TheBigShortCSHeader.jpg 



マネー・ショート 華麗なる大逆転
2015)アメリカ
原題:The Big Short
監督:アダム・マッケイ
脚本:アダム・マッケイ/チャールズ・ランドルフ
出演:
スティーヴ・カレルクリスチャン・ベイル/ ライアン・ゴズリング/ ブラッド・ピット

【あらすじ
休金融トレーダーのマイケルはサブプライム・ローンが数年以内に債務不履行に陥る可能性がある事に気付くが・・


【感想
『マネー・ボール』のマイケル・ルイスの『世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち』を原作とする金融ドラマ。

『俺たちニュースキャスター』や『俺たちステップ・ブラザース-義兄弟-』などのコメディ派のアダム・マッケイが金融ドラマを撮って、しかもオスカー作品賞にノミネートされたことでも話題です。

もうひとつ話題なのはブラッド・ピットスティーヴ・カレルクリスチャン・ベイルライアン・ゴズリングといった人気スターたちが集結したこと。

彼らが演じるのはいずれも金融界のつわものたち。
ベイル演じるのは神経学者であり、今はヘッジファンドでアナリストをするマイケル・バリー。
マイケルは分析結果からサブプライム・ローンが近い将来やばいことに気づき、銀行などに進言するも相手にされません。
バブル期にある当時、住宅金融は安定と信じられていたんですね。

映画の中では出てきませんが本物のマイケルさんはアスペルガーで、天才だけど人間関係を上手く保てないちょっと変わり者。
オフィスでドラムを叩き、自分の変な髪形を棚に上げ、人にその変な頭は自分で切るのかとか言っちゃう男をクリスチャン・ベールが絶妙に演じてます。
ちなみに画像右は本物


635862279168182754-michael-burry.jpg 

マイケルは分析結果を踏まえ住宅ローンのクレジット・デフォルト・スワップ(CDS)なる取引に投資する。
これは債務不履行などが生じた場合、取引先の金融機関が損失額を補填する仕組みらしく、ローンでの破産者が出れば出るほどマイケルが儲かることになるらしいのね。って良く分からずに書いてるので用語の使い方も間違ってるかもしれません。

その動きに気づいた狡猾な投資家ライアン・ゴズリングがヘッジファンドのカレルさんを誘い、
若い投資家にアドバイスを求められた元銀行マンのブラピが彼らを手助けしたり・・・
世界的な金融崩壊を逆手に取る投資家たちがいたという話。


正直、株もやらない金融音痴の私には、ベイルらの暗躍が金融システムにどう影響したのかとか、難しすぎてわからない(汗)色々に複雑ですから。



bigOriginal.jpg 


にも関わらず楽しめるのは、キャラの利いたキャストの演技やマッケイのユーモアセンスによるものも大きいですね。
一番のお笑い担当がカレルさんでなくライアン・ゴズリングなのは意外性もあって楽しい。
へんなヅラで観客に向かって話すのと、いつもアシスタントとセットなのが笑える。
カメオのスターを使って難しい仕組みを平たく説明しようとする演出も有効です。

ただね、これイケイケドンドンな話じゃなく、邦題の副題にあるように華麗でもない。
だって、サブプライム・ローンというのは主に貧しい人たちが利用したローンで
焦げ付きは彼らから夢のマイホームを奪い、バランスを失った金融界は世界を巻き込み崩落したんだもんね。
彼らは当然罪悪感にも駆られます。

リーマンショックはどうして起きたか、その裏で金融マンはどう暗躍したか
それらをユーモアを交えつつも、シニカルに怖い話に仕上げ
しかもエモーショナルに描きあげたアダム・マッケイの知性を感じる一本。

もしも経済学者なり国なりが正確に経済を分析していれば、
あるいはマイケル・バリー氏の分析を深刻に受け止めていればリーマンショックは起きなかったかもしれない

この映画は一つの教訓を示すものでもあり、カレルさんに言わせるとホラーだそうです。

私が置いてけぼりを食らった部分も投資に興味のある人は楽しめるんじゃないかな。
あと、マイケル・ルイスの原作を読んでおくと助けになるようです。



ブログパーツ

【映画】ライアン・ゴズリング初監督作品『ロスト・リバー』
2015年06月12日 (金) | 編集 |


ロスト・リバー(2014)アメリカ
原題:Lost River
監督:ライアン・ゴズリング

あらすじ
ゴーストタウンと化したある街で、息子2人と暮らすシングルマザーは生活に瀕していた。

感想
貧困にあえぎながら突破口を見出そうとする人々の物語。
ライアン・ゴズリングの初監督作品ということで楽しみにしてました。

どこかのサイトで映画祭かプレミアで上映され最後は会場から失笑が起こったと紹介されていたので、ハードルを上げずに観ましたけど・・
あら、面白く観ちゃったわ。

舞台は経済破綻によりゴーストタウンと化したとある街。
そこに暮らすシングルマザーのビリー(クリスティナ・ヘンドリック
子供たち二人との生活に困窮し、家を奪われようとしている。
一家の長男ボーンズ(イアン・デ・カーステッカー)は廃墟のくず鉄を拾って家計を助けるが、街の不良ブリーにそれさえも阻止される状況。
幼なじみのラット(シアーシャ・ローナン)はこの街の衰退はダム建設のため、
あるものを湖底に沈めたからだと言うが・・。



まず自然光のみを使ったという映像が印象的です。柔らかな陽光を受けるシーンはマリック風、暗い室内を映し出すシーンでは色彩含めレフン風。ダークでグロテスクなナイトクラブの雰囲気はリンチなど、諸監督の影響を受けていそう。
地域住人も取り込み、苦しい状況を生きる人々をドキュメンタリーとファンタジーを融和させた感じは『ハッシュパピー』にも似ています。



ゴズリング自身、美しいシングルマザーに育てられ、周りの男を母を狙う狼のように感じていたとのことで、長男ボーンズがゴズリングの視線ということになるのでしょう。
ナイトクラブのシーンやブーリーの登場するグロテスクなシーンはまさに悪夢的。
この恐さがあるからこそ、観ているほうはそこから抜け出すことを祈らずにおれないし、最後には『ギルバート・グレイプ」に似た爽快感もある。
映画祭での失笑も作品全般に対してではなく、あるシーンの映像からじゃないかな。
私も思わず吹き出したもの(笑)

次に何が起きるか判らず緊張したし、美しく怪しい映像にも魅せられた。
ゴズリングの変態性を集約したようなベン・メンデルソーンや、
『マッドマックス』に出てきそうなブリー役のマット・スミス
ラットのお婆ちゃん役のバーバラ・スティール(『血塗られた墓標』!!w)など個性的なキャストもいい。

全部ひっくるめてゴズリング風ってことで。
私は応援したいです。

2015/6/12投稿

オンリー・ゴッド
2013年10月24日 (木) | 編集 |



「復讐を描く映画」シリーズ、今日は来年の1月に日本公開が決まった『オンリー・ゴッド』
ニコラス・ウィンディング・レフン監督・脚本、 ライアン・ゴズリング出演によるクライム・スリラーです。
オンリー・ゴッド(2013)デンマーク・フランス
原題:Only God Forgives
監督:ニコラス・ウィンディング・レフン
出演:ライアン・ゴズリング、 クリスティン・スコット・トーマス、 ヴィタヤ・パンスリンガム
日本公開:2014/1/25
訳あってアメリカを追われたジュリアン(ライアン・ゴズリング)は、バンコクでボクシング・クラブを経営しているが、裏では麻薬の密売に関わっていた。ある日、兄のビリーが殺され、犯罪組織の長である母、クリスタル(クリスティン・スコット・トーマス)はジュリアンに復讐を命じる。

これヘンテコな映画だった~w

息子ビリーを殺されたマフィアの女ドンのクリスタルが、復讐を果しにタイにやってくる。
ビリー殺しに元警察が絡んでいたことから、矛先を変えた復讐劇が始まる・・
はずなんですが、この警察が思いのほか強く、映画は予想外の方向へ走り出します。


ドライヴ』コンビ再び!ですから、
私なんかは当然ゴズリングに「ドライバー」のキャラをかぶせるわけですよ。
実際寡黙なジュリアンは繊細ながら危険ななにかを孕んでそうで
どんな惨劇が起きるのやらと、ドキドキしながら観るのだけど
なんか途中から様子が違ってくる。

「ん?」
「あれ?」
「はぁ~??」みたいなw




レフン監督らしいサディスティックなヴァイオレンスは健在です。
しかし今回それを実践するのが元警察のおっさん!
まず、タイの警察はどうなってるんだと目がテンになりますよ(笑)
しかもおっさん、何故か途中途中まじめにカラオケを歌うんです(爆)
シュールですがな。





お洒落でイケイケな大阪のオバハン風のクリスティン・スコット・トーマスの
ビッチな迫力も可笑しく、彼女の演技の幅には感服。

ゴズリングに関しては、敢えて言及しないことにしますが
終わってみれば、マザコン男のレクイエムと云ったところか。
ノアール風ではあるものの、ジャンルでいうとコメディなのかな?(笑)
『シン・シティ』に似た妙な可笑しさがあるんだよねぇ。
監督は日本通なのかな(笑)

デンマーク映画だけあって、全編暗めの画面に
血を思わせる赤い照明、それにブルーのモビール越しの映像がスタイリッシュ。
しかし台詞も少なくスローな展開ゆえ、気合を入れないと睡魔に襲われるかもしれません。

万人にはお勧めできないけど、虚無感にそこはかとない可笑しさが趣となって
嫌いじゃなかったです。







ライアン・ゴズリング『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』
2013年04月17日 (水) | 編集 |



今日はエバート氏塗りつぶしの一本。
『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランス監督とライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ新作です。
プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 (2012)アメリカ
原題:The Place Beyond the Pines
監督:デレク・シアンフランス
出演:ライアン・ゴズリング、 ブラッドリー・クーパー、 エヴァ・メンデス 、 レイ・リオッタ、ベン・メンデルソーン、 ローズ・バーン、 マハーシャラ・アリ
日本公開:5/25~
 
ゴズリング演じるルークは各地を転々としながら、祭りのショーで危険なバイクスタントを生業とする男。
ある時、ルークはかつての恋人ロミーナと再会。ロミーナ(エヴァ・メンデス)が自分の子供を産み育てていたことを知り、その地に留まり、子供を養うことを申し出る。
小さな修理工場で仕事を得るルークは、やがて銀行強盗に手を染めることに・・



銀行強盗の後、バイクを使って逃走するシーンの大半が長回しで撮られ迫力です。
しかしある失敗から、逃走中、新米警官のエイヴリー(ブラッドリー・クーパー)に追われることに。
映画は、ルークとエイヴリーの人生を絡ませながら、二世代に渡る「父と子」の関係を描くもの。



ルークの背景は語られず、孤独な天才ライダーという設定が『ドライヴ』に似てますね。
またしてもその腕前を犯罪に生かすことになるのだけど、今回は「我が子のため」であるところが
ようやく得た小さな幸せにすがるようで切ない。
後半はブラッドリー演じる警官エイヴリーの人生にシフト
彼も正義感に溢れ、野心家である一方、心の闇を抱え込むことになる男。
ルークの相棒を演じるベン・メンデルソーンしかり登場人物は善と悪の両方を持ち合わせている。
それが人間だという監督の主張ですね。
警官仲間のレイ・リオッタが醸しだす緊張感は半端なく、サスペンスを盛り上げてくれました。


正直、子供の世代が描かれる後半は助長に感じてしまったのだけど、
終わってみれば、哀しみのループを閉じるには必要だったんだなと思う。
一枚の写真が魔法のように長い間のわだかまりを溶かし
エンドロールになってジワジワと感動がこみ上げてくる作品でした。

ちなみにタイトルのThe Place Beyond the Pinesは舞台となるニューヨークのスケネクタデイが
モホーク語で「松平原の向こう」であることから。
今のところ(アカデミー関連作品を除いて)今年一番ですね。
ゴズリングとメンデルソーンのワンちゃんダンスシーンは、ひと時心が和み最高でした!(笑)




      

[READ MORE...]