映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】クリード チャンプを継ぐ男
2015年12月13日 (日) | 編集 |

Creed-Movie-Poster.jpg
クリード チャンプを継ぐ男
(2015)アメリカ

原題:Creed
監督:ライアン・クーグラー
脚本:ライアン・クーグラー/アーロン・コヴィントン
出演: シルヴェスター・スタローン/ マイケル・B・ジョーダン/ テッサ・トンプソン  /フィリシア・ラシャド  / アンソニー・ベリュー

【あらすじ】
静かにレストランを営むロッキーの前に一人の青年が現れた。
かつての盟友アポロ・クリードの息子と名乗るその青年はロッキーにトレーニングを依頼する。。

ロッキーシリーズが新しくなって復活!!!!
なんとアポロの息子が現れて、ロッキーの指導の下チャンピオンを目指そうというのです。

タイトルのクリードはアポロの苗字だったのね
そんなことさえ知らない私ですが、いやぁ、これは面白かった。


アポロの息子アドニスを演じるのは『フルートベール駅で』のマイケル・B・ジョーダン
一年かけてトレーニングしたらしい身体も凄いことになってて、リアルな強さを感じさせてくれました。
対戦相手の方が見劣りして、ただの風呂上りの兄ちゃんに見えたもんね(笑)

監督は『フルートベール駅で』で注目を浴びたライアン・クーグラー
『ロッキー』シリーズの大ファンで台詞も覚えてると言うだけあって『ロッキー』愛に溢れる仕上がり。

オマージュたっぷりのトレーニングシーンが懐かしいやら、エイドリアンのいないロッキーの心情が胸に迫るやら
そこここで胸が熱くなってかなわんかった。
アポロに大きな恩があるロッキーと
伝説のアポロを父に持ちながら、父を知らずに育ったアドニスの親子のような師弟愛を描くなんて
監督は上手いところついてきたなぁ。
いまどきのアイテムもたくさん出てきて
2人の世代のギャップをユーモアで見せているのも楽しいですが
なんといっても抜け殻のようなロッキーと、自分が信じられる何かを求めてさ迷うアドニスと
2人の魂のふれあいが素晴らしいんですよ。
ジョーダンも映画賞のいくつかで主演男優賞にノミネートされてるし
スタローンもゴールデン・グローブ賞助演男優賞にノミネート!

これで二作目という新人監督がここまでの作品を撮りあげるとは
最後にロッキーのテーマが流れるとアドレナリンも一気に噴出でした!

ロッキー公開から来年で40年
新たな始まりですね。


日本公開は12/23日からです



[READ MORE...]
フルートベール駅で
2013年08月05日 (月) | 編集 |



サンダンスで審査員賞と観客賞を受賞した『フルートベール駅で』を観てきました。
フルートベール駅で (2013)アメリカ
原題:Fruitvale Station
監督:ライアン・クーグラー
出演:マイケル・B・ジョーダン/メロニー・ディアス/オクタヴィア・スペンサー/アリアナ・ニール
日本公開:2014/3/21
2009年、新年が明けたばかりのオークランドの地下鉄内で、22歳の黒人青年オスカー・グラントが、駅の保安員に無抵抗のまま射殺されるという事件が起きました。

本作はその事件の当事者オスカーの一日に焦点を当てた実話ですが、そのことを知らなくても、映画の冒頭に、事件を遠巻きに見る映像が流れるため、何が起こるのかは想像ができるつくりです。



こうした事件が起きると、白人警官による黒人への行き過ぎた暴力が問題となり、人種問題へと発展します。オスカーの事件でも、彼が黒人でなければ事件は起きただろうかと思ってしまいます。
けれど、映画はあえそれに触れず、オスカーと彼を取り巻く人々との関係を淡々と見せる描き方。
まずはオスカーという一人の人間に注目して欲しいということのようですね。




オスカー(マイケル・B・ジョーダン)の最後の一日は、大晦日にして母親の誕生日。
家族が集うオスカーの実家の暖かいこと。
オスカーにはヒスパニック系のガールフレンドがいて、4歳になる娘もいる。
喧嘩っ早いところもあり、刑務所に入ったこともあるけれど根は優しくて子煩悩。
そんなオスカーが、これまでの生き方を悔い、真っ当な道を歩こうと気持ちを新たにする。
神の導きのような神秘的な力を感じてしまうところだけど
迎える新しい一年がどんなに素晴らしい年になっただろう。そう思わずにいられません。

フラッシュバック的に描かれるオスカーの刑務所でのワンシーンで
オクタヴィア・スペンサー演じる母親が、あえて息子を突き放し、刑務所を去るという場面
ハグを求め暴れるオスカー。
終盤、このシーンが伏線になっていたと気づき、流石に涙が溢れました。

製作にフォレスト・ウィテカー
監督のライアン・クーグラーはオスカーとは同じ歳という若手で、これが初めての長編作品。

誰にも家族や愛する人がいて、支えあったり、誇りを失わないように懸命に生きている
黒人も白人も命の重さは同じ・・そんなことを感じる作品でした。




トラックバック一覧

  1. 1. フルートベール駅で

    • [CINEmaCITTA']
    • December 10, 2014 19:27
    • 【フルートベール駅で】 Fruitvale Station アメリカ 2013   製作 :フォレスト・ウィテカー 監督・脚本 :ライアン・クーグラー 出演 :マイケル・B・ジョーダン / メロニー・ディアス / オクタヴィア・スペンサー 他 (サンダンス映画祭:作品賞、観客賞 イ