映画の感想や好きな俳優の情報を発信します。新作以外はネタバレあり。
【映画】母の残像
2016年09月27日 (火) | 編集 |
louderthanbombs_onesheet_final-US-20160226-02.jpg


 母の残像(2015 ノルウェー/フランス/デンマーク/アメリカ
原題:Louder Than Bombs
監督:ヨアキム・トリアー
脚本:エスキル・フォクト/ヨアキム・トリアー
出演:ガブリエル・バーン
ジェシー・アイゼンバーグイザベル・ユペール/デヴィン・ドルイド /エイミー・ライアン
レイチェル・ブロズナハン
日本公開:2016/11/26

感想
ラース・フォン・トリアーを叔父に持つノルウェーの精鋭ヨアキム・トリアーによる家族ドラマです。
英国男優50人斬り、今日は渋いところでガブリエル・バーンいきましょう。

Louder_Than_Bombs_2015_720p_WEB_DL_mkv_000492229.jpg
ガブリエル・バーン演じるジーンは戦争写真家として活躍した妻イザベル(イザベル・ユペール)を3年前に交通事故で亡くしている。
イザベルの回顧展が開かれることになり、長男ジョナ(ジェシー・アイゼンバーグ)も帰省し、親子3人が顔をそろえた。
ジーンはこの機に次男のコンラッド(デヴィン・ドルイド)に、イザベルの死の真相を話すことを決心するが、心を閉ざしがちなコンラッドと向き合う機会を持てないでいる・・・



監督の前作『オスロ、8月31日』はルイ・マルの『鬼火』にインスパイアされて撮ったという、自殺を決めた青年の2日間を描く繊細な作品でした。

本作は「イザベルの死は自殺の可能性が高い」ことを軸に、そこに至るイザベルの思いや、残された家族の3年間を浮き彫りにしていく作りで、登場人物は違えど前作の続編に近い形ではないかと思います。

今回もイザベルの虚無感が画面いっぱいに広がるのだけど、前作と違うのは虚無感を生むきっかけや原因が少しずつ差し込まれていること。
理解ある振りをしすぎて無関心と取られたり、すれ違う夫婦が痛々しい。
でも、こういうのが亀裂を生むと気づけば、自身を振り返ることもできるんですよね。

ゲームや幻想に没頭し、死にとりつかれたように見える次男コンラッドが初めて涙をこぼすシーンは印象的です。
母の姿を重ねていた同級生のメラニーの生々しさに触れたあの瞬間、彼は母の幻影から解き放たれ、生を実感したのではないか。
hero_Louder_Than_Bombs_Still.jpg
コンラッド役のデヴィン・ドルイドは思春期の危うさと成長をみずみずしく演じ、演技派の共演者の中にあって一番の存在感でした。

一見何の問題もないように見えたジョナも壊れかけている。
そんな一家が集い、言葉を交わし合うことで、何かが変わり始める様子もあたたかい。
いい映画でした


しかし!

個人的にはラストシーンに2つの思いがよぎったんだよね。

そこネタバレになるので未見の方はご注意ください。






















[READ MORE...]
オスロ、8月31日
2012年12月10日 (月) | 編集 |
前哨戦たけなわ、気になる作品たちが続々ノミネートや受賞を果たしてますが
7日に発表されたボストン・オンライン映画批評家協会賞外国語映画賞受賞、作品トップ10にも選ばれた『Oslo, August 31st』というノルウェー作品が気になったので観てみました。



オスロ、8月31日
2011年(ノルウェー)
原題:
Oslo, August 31st
監督:ヨアキム・トリアー
出演:
Anders Danielsen Lie, Hans Olav Brenner, Ingrid Olava 
  

冒頭、石を抱えた青年が川で入水自殺を図るというショッキングなシーンから始まる本作。
青年の名はアンデシュ。結局は未遂に終わり、麻薬依存症のため入所中の施設に戻ると、彼は予定していた就職の面接を受けに故郷オスロに赴く。そこで旧友たちを訪ねるアンデシュだったが・・

ノルウェーで注目される監督の一人ヨアキム・トリアーは、ルイ・マルの『鬼火』の放つ強烈な孤独感に心を動かされた経験からこの映画を作ったのだそうです。


また、自身の故郷であるオスロを舞台にしたのは、同じようにつるんできた仲間が
いつのまにか別の道を歩き、中には麻薬に溺れ道を外してしまうものもいる
その不思議な感覚とやるせなさを「オスロ」を舞台に描くべきだと思ったからだそうです。

『鬼火』からインスパイアーされたということで想像できるでしょうが
本作はアンデシュの最後の2日間を描くもの。



面接の前に元ジャンキー仲間の親友宅を訪ね、自殺をほのめかした後
友人と道で別れるシーンがあります。



馬鹿なことを考えるなよと釘を刺した後、アンデシュの後姿をしばらく見送っいていた友人が、しばらくしてくるりと背を向け自宅へと歩き出す。その直後にアンデシュが友人を振り返るんですね。
そこに背を向け歩く友の姿を見た瞬間、アンデシュの顔がかすかに歪み目に絶望の色が浮かぶのです。おそらくは「この世の誰も自分のことなど気にしていない」と感じたであろうアンデシュ。演技も素晴らしいですが、演出の巧みさにはうなりました。随所に漂う孤独感がたまらないのです。

主演のAnders Danielsen Lieはアンデシュの怒り、悲観、かすかな希望、諦め、受容といった感情の流れを巧みに演じていて見事。
知的な作品だと思いました。

★★★★


 

[READ MORE...]